本文へスキップ

熊野古道 京都   

熊野古道の始まりは京都から   

熊野古道といえば、畿内から紀州・熊野三山へと通じる由緒ある参詣道です。
熊野古道は京都の街中にもあります。熊野詣をした天皇の熊野詣の旅は当然京都から始まっています。私も京都を歩きました。

ギャラリー

南禅寺
電車と地下鉄を乗り継いで、南禅寺についたのは11時であった。熊野古道 京都
訪れるのは20年ぶり位である。
南禅寺は、瑞竜山太平興国南禅禅寺と正称し、禅宗の臨済宗南禅寺派の総本山ということである。
740年前の文永元年(1264年)に亀山天皇がそのもとを築いたという。
ここの方丈は国宝で、襖絵などは見事なものばかりである。
境内を走るレンガ造りの水路はローマ風で、町の水路や護工事などもせめてこんなセンスで作ってほしいと思う。こんな造形物なら時を経ても古さを感じないし、暖かみがある。
境内にはたくさんの観光客が来ていた。外人が多い。外国の旅人は、南禅寺でもそうだが石庭などが好きなようで、いつまでも座っている人が多かった。
私もこうした庭を見るのは好きである。
隙のない、それでいて余裕すら感じる造形物に、見入ってしまう。外国の古い建物や庭などは、対称なものが多く面白味に欠けるが、日本のそれは端正でありながら流れがあり、いつも新しい発見がある。
南禅寺とともに南禅院を見た。
小一時間南禅寺を見て回り、出たのは昼を少し過ぎていた。
昼食を湯豆腐でと考えたが、どうも高すぎた。それに積極的に食べたいほどの味でない。
南禅寺参拝の記念に、方丈の障壁画と屏風の絵の絵はがきを買った。
写真は、2016年3月11日に再訪したときのものである。
熊野古道 京都 熊野古道 京都
熊野古道 京都 熊野古道 京都
熊野古道 京都 熊野古道 京都
熊野古道 京都