近藤純正ホームページ

近藤純正ホームページ

◎河川水温の変動幅は源流点近くで小さく距離と共に大きくなる。しかし、 下流では流れた距離と無関係になり下流の気象条件で決まる。 (1月22日) 「身近な気象」→「M106.河川水温は流れた距離とともに変わる」
◎高・低緯度間の熱輸送、台風の流跡線から求めたエネルギー供給源、 下層大気の巧妙な乱れをアナログ記録から読み解いてみた。 (1月25日) 「身近な気象」→「M105.風の働きー輸送と拡散、災害と恩恵」
◎放射冷却の基本、盆地では斜面冷気流の発生で放射冷却が大きいこと、 樹木の近くでは夜間の気温が下がりやすいことを解説した。 (1月12日) 「身近な気象」→「M104.放射冷却、盆地では?樹木の近くでは?」
◎大都市の気候が変わったこと(高温化・乾燥化、霧日の減少)を解説した。 (1月12日) 「身近な気象」→「M103.大都市の気候はどう変わったか?」
◎温暖化で降水量や大雨日数が変化するか否か、観測から知ることは誤差が 大きく困難。降水量の源である海面の蒸発量を計算してみた。 (12月25日) 「身近な気象」→「M102.温暖化で降水量が増えることは観測できるか?」
◎地球温暖化・気候変化の原理をやさしく解説した。 (12月20日) 「身近な気象」→「M101.地球温暖化を起こす引き金は何か?」

御用紙物語 土佐和紙の紙芝居 和紙絵画 長瀬文恵ちぎり絵 折り紙作品 川井淑子の創作
楽しい美術館 知人や家族の作品 小さな旅 歩き旅/旅の便り 所感 環境問題などの短文新作

気候観測応援会  気候観測所に関する情報 誠一の教室  雑文(準備中)
身近な気象  温暖化、放射冷却、氷山の運搬新作 写真の記録  観光、イベント、気象観測所
研究の指針  風、熱収支・水収支、温暖化問題新作 読者の広場  感想文、質問と回答
プロフィール  自己紹介と著作一覧表 リンク 気象・気候や環境関連

・・・・・('04年1月開設)