売掛金を貸金にする準消費貸借契約の場合の消滅時効

弁護士(ホーム)法律事務所金銭貸借、保証、債務整理、破産の法律相談/弁護士の債権回収 > 売掛金を貸金にする準消費貸借契約の場合の消滅時効
2014.9.24mf
弁護士河原崎弘

相談:貸金に切替えた準消費貸借の場合の時効

当社は、衣料品販売の仕事(婦人服の卸)をしています。当社が、顧客の会社(衣料品の小売業)に販売した代金が、滞り、260万円にもなってしまいました。当社は、新規の販売を止め、顧客の要望で、売掛金は貸金に切替え、月額10万円の分割で支払ってもらうことになりました。
ところが、最近、この分割金の支払いが滞りだしました。この2年間ほど支払いがありません。
商品の売買代金は2年間で消滅時効にかかると聞きましたが、当社の債権も時効消滅しているのでしょうか。

弁護士の回答:貸金として時効期間を計算する

滞納している売掛金を、債務者が一括して支払えず、分割払いにするには、債務弁済契約書 にする場合と 準消費貸借契約書にする場合があります。前者は、単に分割払いにする場合、後者は、貸金に切り替える場合です。

債務弁済契約にする場合は、新債権(債務)と旧債権(債務)は同じですので、消滅時効期間に変化はありません。商人の売買代金債権の消滅時効期間は、各弁済期から2年です(民法173条1号)。
他方、準消費貸借契約書にした場合は、売買代金債権が貸金債権に変化します。 売買代金債権で消滅時効期間が2年であったのに、貸金債権になったので、消滅時効期間は5年となります(事業者=商人の場合、商法522条)
相談者の場合は、準消費貸借をしたのですから、債権の時効は5年に延びています。
債務弁済契約にした場合と貸金にした場合は、以下のように違います。

債務弁済契約と準消費貸借契約の違いの表
旧債権新債権債権の性質
債務弁済契約売買代金債権売買代金債権変らず
準消費貸借契約売買代金債権貸金債権変化する

判決

登録 2009.12.27
(虎ノ門 弁護士河原崎弘)