富安陽子作品のページ


1959年東京都生、和光大学人文学部文学科卒。「クヌギ林のザワザワ荘」にて日本児童文学者協会新人賞・小学館文学賞、「小さな山神スズナ姫」にて新美南吉児童文学賞、「空へつづく神話」にてサンケイ児童出版文化賞、2011年「盆まねき」にて第49回野間児童文芸賞を受賞。

 


           

●「盆まねき」● 絵:高橋和枝  ★★☆        野間児童文芸賞


盆まねき画像

2011年07月
偕成社刊
(1000円+税)

  

2012/01/07

  

amazon.co.jp

毎年夏になると、なっちゃんの家には笛吹山のおじいちゃんから一通の手紙が届きます。
両親曰く、「盆まねき」の手紙。8月のお盆の三日間に親戚の人を集めてご先祖様の供養をする行事への招待状です。
なっちゃんはいつも笛吹山の祖父母の元へ行くのが楽しみ。

お盆の行事の最中、ちょっとした機会になっちゃんは、ヒデじいちゃん、ミチおばあちゃんにお話をねだります。第1章から第3章までは、そんな章。利口ななめくじ、うさぎたちのいる月の田んぼ、河童と、いずれも不思議でファンタジーな話ばかり。
ヒデじいちゃん、ミチおばちゃん2人とも、うそとホラは違うと言い、なっちゃんたちを煙に巻く風。
しかし、なっちゃん自身も本当に不思議な体験をして・・・。

親族が大勢集まっての賑やかなお盆、語られる“お話”を聞く楽しさ。そして読者によっては勿論“お話”自体の魅力。
今や失われつつあるそんな光景にノスタルジーを思わず感じてしまいますが、本書が伝えようとするのは、亡くなった人たちとの繋がりを大切に、ということにあるようです。
最初からそうした作品と思うと、重たく感じてしまいますが、楽しくファンタジーなお話を通じて徐々にそうした処へ導いていく構成になっていますから、心温まりこそすれ、重たいところは少しもありません。お薦めできる一冊です。

盆まねき/1.おじいちゃんの話8/12−ナメクジナメタロウ/2.フミおばちゃんの話8/13−月の田んぼ/3.大ばあちゃんの話8/14−かっぱのふしぎな玉/4.8/15−盆踊りの夜/もうひとつの物語

                 


   

to Top Page     to 国内作家 Index