高野史緒作品のページ


1966年茨城県生、お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程修了。95年、第6回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作「ムジカ・マキーナ」にて作家デビュー。2012年「カラマーゾフの兄妹」にて第58回江戸川乱歩賞を受賞。


1.
アイオーン

2.
カラマーゾフの妹

 


   

1.

●「アイオーン」● 


アイオーン画像

2002年10月
早川書房刊
(1900円+税)

 

2003/11/30

 

amazon.co.jp

SF歴史叙事詩とでも言ったらよいのでしょうか。
オフ会でわざわざ戴いた本で、今まで余り読もうと思わなかったジャンルの作品と言えるでしょう。
率直に言って、読み始めてすぐ自分には合いそうもないなぁと思いました。しかし、どんな構想に立ったストーリィか頭に入ってくると、こういう趣向があるのか!と興味を覚えたのも事実。
しかし、結局は最後まで納得できないまま読み終えてしまったことを思うと、所詮好き好きの問題と言わざるを得ません。

ストーリィは13世紀暗黒時代のフランスから始まります。
最初戸惑いましたが、要は、現在までの歴史と似ながらも、根本を異にしている歴史小説。
古代ローマ帝国は現代と変わらぬ科学上の発展を遂げ、人工衛星を打ち上げていたばかりか、深刻な放射能汚染を後世に残してしまったというのが、本書における歴史。
科学と信仰の間を彷徨う医師・ファビアンを主人公に、マルコ・ポーロまで登場し、伝説上の都市パルミラ、ビザンティン帝国の首都コンスタンティノポリス、女性のアーサー王ニカイア宗教会議、巨人との戦いという歴史が繰り広げられます。
擬似的歴史を楽しめるかどうかが、鍵。

プロローグ/エクス・オペレ・オペラート/慈悲深く慈愛あまねきアッラーの御名において/栄光はことごとく乙女シオンを去り/太古の王、過去の王にして未来の王/S.P.Q.R/トランペットが美しく鳴り響くところ/エピローグ

      

2.

●「カラマーゾフの妹」● ★☆          江戸川乱歩賞


カラマーゾフの妹画像

2012年08月
講談社刊
(1500円+税)

2014年08月
講談社文庫化

  

2012/08/22

  

amazon.co.jp

江戸川乱歩賞受賞ということで読んでみた一冊。
受賞ということがなかったら、いくら「カラマーゾフ」の名が題名にあったとしても読むことはなかったでしょう。
本書は
ドストエフスキイ「カラマーゾフの兄弟」の続編、その13年後の物語。

原作では、3兄弟の父親フョードルが殺され、裁判で長男ドミートリーが犯人とされシベリア流刑されましたが、彼は真犯人だったのか。本作品は、内務省で未解決事件の特別捜査官となっている次男イワンが、事件の再捜査を行うというストーリィです。
いわゆる他作家による「続編」ものですが、内容が真犯人探しに絞られているため、続編というよりも、高野さんによる真犯人推理を小説化した作品という印象です。
元々原作は、
三男アリョーシャを主人公とする壮大な物語の前章として書かれた物語。したがって原作のような深遠な物語には到底なりえませんが、とはいっても「カラマーゾフ」の続編的な作品を書くのは、大胆にして勇気のいることだよなぁと思います。

高野さんの結論については、原作の向こうを張る以上そうなるよなぁとは思うものの、納得感は殆どありません。
また、表題となっている“カラマーゾフの妹”に果たしてどれだけの意味があったのか。
なお、本書を読むについては、原作を読んでおくことが欠かせないと思います。

    


   

to Top Page     to 国内作家 Index