USBケーブル

 Nuprime uDSDは大変快調です。ただ、付属のUSBケーブルは、ちょっと細くて、 アマゾンなら500円くらいで買えそうな代物。音が良い悪いの問題より、オーディ オマニア的に愛着が持てないのです。

 せめて金メッキ端子のもっと高級なのにしたいものだ、と思いまして、探しましたところ、私のシステムの金属ケーブルのほとんどで採用 している某メーカーのUSBケーブルがなかなかよさそう。

 長さも1.2mのがあって 私の目的にちょうどよかったので、買ってみました。8000円くらいでした。  

 ちなみに、「USBケーブルで信号ロスするわけないだろ、エクセルファイルの データが変わったのなんか見たことないし!」という説は誤解があると思いま す。オーディオのUSB送信はアシンクロナス方式なので、通常のデータ転送とち がって、例えばパルス性のノイズが入ってデータが読めなかったとしても、再受信はせず、そのまま再生します。だからUSBケーブルで音が変わりうるし、変わるなら、データロスがあったということです。変わらなければ、ロス無しという ことで、それはそれでよい。  


 さっそく交換しました。箱までちょっと高級。太めですが、柔らかく、高級感 があってなかなかよろしいです。音もよくなりそうな予感がしながら、試聴開始 です。  

「おや、良くなったのか?」と一瞬思いましたが、もう一度、付属品に戻してみると、「いやー、やっぱり同じだ」と感じました。

 そこで、もう一度、高級な方にしても、これは変わってないと思います。その後もう一回繰り返しましたが、音は変わってないと結論しました。  

 これでシグナルロスはなさそうとわかったのですから、まあ安心です。音が変わったら、むしろ、それじゃもっとノイズに強そうな線にしなけりゃ、というこ とになってしまったと思います。


 
ところで、これで終わってはつまらないので、うちにあるUSBケーブルの中 で、「一番音が悪そうなの」を探してきました。10年以上前の、プリンター切替機のおまけについてきたケーブル。細くはないですが、USB1.0の時代だと思います。

 「さすがにこれなら音が悪くなるだろ!」 と本気で期待しながら試聴。

 いやー、残念ですが、変わりませんね。ちょっと意外でもありますが、まあ、 1〜2m程度の転送距離ではデータはロスしないということです。

まあ、私の聞き分ける能力がないのかもしれないのですが、そうだとしても、すくなくとも、この変更での音の差は、DACとか、CDドライブとかの音の差よりははるかに少ないとは言ってよいように思います。USBケーブルですごく音が変わるという状況も、どうやってそんなにデータロスをするのかを考えると、少々問題ありの気がしなくはないし・・・。ま、変わらないで、ちょっとホッとしてます。


 今回買ったものは、金メッキ端子も、コードの質感も高級感があって、損した気はしていません。買う価値ありだったと思いました。

 長さも0.2mから4mまで選べて便利です。音をそのものは変わらなかったので、誤解があるといけないのでメーカー名は匿名としておきますが、私は大変満足しています。今後もこのメーカーのケーブ ルを愛用したいと思います。

                       2016年2月

オーディオのページトップへ