TEAC PD-301B
CDプレーヤ




その他のオフィス用機材
Klipsch R-51M スピーカー
DENON DP-300F ターンテーブル
Ortofon 2M Bronze カートリッジ

EK Japan TU-8200R 真空管アンプ


 アナログのみだったオフィス用システムに、一応CDも再生できるようCDプレーヤを入れました。主システムと逆に、ここでは、
ボトムエンドだけどマニアック、がテーマなので、現在の市場では、ほぼ一択で、3万円台で買えるTEAC PD-301になります。

 なかなかお手軽で便利に聴けますので、私はPD-301の存在を支持します。

 ただ、オーディオ的には
アナログレコードのほうがよいと感じました。カートリッジ Ortofon 2M Bronze だけでもPD-301より高いのですから、当たり前かもしれない。PD-301の音は、フラットで力強いのですが、高域はアナログレコードに一歩譲ります。2M Blue のままだったら、対等位だったかもです。

 ドライブ音が気になる、との評価もあったので、耳を澄ませて聴きました。まったく無音のアキュフェーズDP-720に比べたら大きいものの、騒音は微かで、問題なしだと思いました。

 小さく、可愛く、精密加工でデザインもよく、なかなか楽しい機材です。

2021年6月6日


オーディオのページのトップへ