アルメニア北部地方





 アルメニアの北部地方の町の風景。右下はジリジャンの町。残り3枚は同じ町なのだが、名前がわからない。自動車で走った距離からするとアラダルディのような気もするが。いずれにしても、このあたりはある程度の高さのある山岳地帯で、大きな町は谷の位置にでき、他方、山の上にも人々が生活している。  (2004年12月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る


ハフパット修道院





 その山上にある修道院。ユネスコの世界遺産に登録されていると聞いた。  (2004年12月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



セヴァン湖




 グルジアのトビリシからアルメニアのエレヴァンへ向かう途中にある美しい湖。 (右:1984年8月,下:2004年12月撮影)





 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る


ガルニ




 エレヴァン郊外の荒涼とした山中にある古い遺跡。ギリシャの神殿を思わせる石造りの建物があったが、これは近年になって再建されたものだそうだ。  (上・右:1984年8月,下2004年12月撮影)


 すぐ上の写真は、神殿の近くにある浴場跡の床に描かれた絵。

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る