2005.8.14−19 登山

エサオマントッタベツ岳は帯広市の西、日高山脈の北部にある。百名山の幌尻岳からは新冠川をはさんで南東方向の位置にある。顕著な二つのカール、北東カールと北カールを持つ。通常、エサオマントッタベツ川を遡行して北カールに入る登路がとられている。カールの手前には長い滑滝がある。エサオマントッタベツ岳から南には稜線上にペテガリ岳まで踏み跡がある。北側の戸蔦別岳や幌尻岳との間は、新冠川から北カールに入るルートが利用されている。

    (この山行の満足度  とても良い)

カムイエクウチカウシ山   →戸蔦別岳(沢登り(戸蔦別川、新冠川))   


エサオマントッタベツ岳(えさおまんとったべつだけ)--標高1902m--北海道

→エサオマントッタベツ岳  →景観、行程地図  →展望


  1. 登山行程
  2. ワンポイント