ごあいさつ


原発の話

以前は、「核廃棄物の処理」に良い方法が無いという理由で「原発を止める」
事が最良と思っていましたが、色々と現実を知るようになり、単純に原発を
止めると主張する事は、賢くない選択と考えるようになりました。

まず、例え原発を止めても現在所有する核燃料の処理ができない事。
逆に原発で使用した方が、まだ安全な方向であること。
古い軽水炉ではなく、高温ガス炉などの新型原発にすることで稼働リスクはか
なり軽減されること。
日米原子力協定に違反することを回避できない事。
核廃棄物が本当に危険なのは、最初の10年程度であること。
などなどを総合的に考えるとリスクの高い原発は廃炉にし、安全性の高い高温
ガス炉などを都市部近郊に新設すべきであると考えます。

左巻きの方々の極論「放射能は怖い」「戦争は絶対ダメ」という感情論で、実
際の問題について解決策を考えていない(世の中を思考停止にさせている!)
という無責任な主張には、NOと言わなければいけないと思います。幸い日本
は今のところ豊かで余裕があると思われるので、やれるうちに解決すべき事を
解決すべきです。未だに「モリカケ」とか国会で言っている国会議員やマスコ
ミは、退場願いたいです。

2018年7月1日


♪2018年の挨拶集 

♪2017年の挨拶集 
♪2016年の挨拶集 
♪2015年の挨拶集 
♪2014年の挨拶集 
♪2013年の挨拶集 
♪2012年の挨拶集 
♪2011年の挨拶集 
♪2010年の挨拶集 
♪2009年の挨拶集 

今月の見出し!へ
 
 

Back to 平川丈二Home