『MadDic』式短縮入力 クイック・リファレンス2


【MadDic II 】
 簡略拗音の一覧は こちら

(1)誰でも思いつく(?)、かなを使ったラクラク入力法

A.長音を前の文字の繰り返しで登録
  例:アート → ああと,ホーロー → ほほろろ,
    オーム → おおむ,コーセー → ここせせ,

B.促音を次の文字の繰り返しで登録
  例:あったかい → あたたかい(笑),石器 → せきき,
    速攻 → そここう(cf. =そくこう ≠そつこう)
    恰幅 → かふふく(=かふ+ふく,割腹 → かつふく)

C.濁点省略
  例:手紙 → てかみ,人間 → にんけん,時々 → ときとき/とき+,
    店舗 → てんほ,乾杯 → かんはい,満腹 → まんふく,

D.拗音の大文字化もあり《特例》
  例:突っ込む → つつこむ(つここむ/つくこむ)
    真っ暗 → まつくら(まくくら)
    立地 → りつち(cf. りっち=リッチ)

(2)意外と思いつかない(?)、簡略拗音入力

A.単純化型
  例:土砂 → どさ,守備 → すび,役所 → やくそ,去年 → こねん,
    宿命 → すくめい,出勤 → すつきん,駿足 → すんそく,玉露 → こくろ,
    数珠 → ずず,患者 → かんざ,近所 → きんぞ,農業 → のうごう,
    歪曲 → わいこく,首相 → すそう,良薬 → ろうやく,興隆 → こうるう,

B.旧読み風型
  1.「〜yuu」が「〜iu」になる。《きうり型・いう型》
    例:九州 → きうしう,週間 → しうかん,宇宙 → うちう,
      柔和 → にうわ,流行 → りうこう(りうかう),悠久 → いうきう,
  2.「〜you」が「〜eu」になる。《せうゆ型・えう型》
    例:教訓 → けうくん,超過 → てうか(てうくわ),表紙 → へうし,
      料金 → れうきん,妙案 → めうあん,幼少 → えうせう,

C.逆輸入型・悄々(しおしお)型《TOKIO型・いお型》
  ‥‥「〜ょう」を「〜お」で 置き換える
  例:東京 → とうきお,証明 → しおめい,特徴 → とくちお,
    氷解 → ひおかい,興味 → きおみ ,明瞭 → めいりお,

D.カタカナ語における拗音について(発音に準じ/慣用に倣う)
  1.拗音を“吸収”する場合 ‥‥ 慣用的なもの。5字以上のもの。
    例:テレフォン → てれほん,チュニジア → つにしあ,
      アーティスト → ああちすと,
  2.拗音を“独立”させる場合 ‥‥ 3〜4字以内のもの。簡略しにくいもの。
    例:ウェア → うえあ,グァム → ぐあむ,
  3.元が漢字の音から来ているもの。
    例:チョウ → ちおお/てふふ/てうう(cf. 蝶 → てふ,超 → てう)
      ギョーザ → きおおさ/きほほざ(cf. 餃子 → きおさ/きほざ)
  4.記号を使った打ち分け方
    例:蒟蒻 → こんなく こんにゃく → こんなく< コンニャク → こんなく>



【拡張MadDic II 】‥‥ 既存読みとのバッ ティングを回避しつつ省力化を図る試み

(1)変則簡略

A.「〜ょく」
  1.「〜き」で 置き換える《リキシキ型・呉音型》
    例:入力 → にうりき,変色 → へんしき,直接 → ちきせつ,
  2.さらに「〜き」を「〜く」に《拡張リキシキ型・菊畜陸型》
    例:開局 → かいきく,職人 → しくにん,勅撰 → ちくせん,

B.「〜ゃく」
  1.「〜yak」を「〜eki」で 置き換える《漢音型・ヤクエキ型》
    例:脈 → めき(cf. まく=幕/膜/巻く,まき=薪/牧/巻き)
  2.さらに「〜き」を「〜く」に《拡張ヤクエキ型・エク型》
    例:逆転 → けくてん,磁石 → じせく,嫡出子 → てくすつし,

C.「〜ゅう」
  1.「〜yuu」を「〜u」だけにする《九州流型・特例》
    例:注 → つ,九州 → くす,流星 → るせい,
      住所 → づそ,牛乳 → ぐぬ,
  2.「〜yuu」を「〜iyu」にする《濁音型》
    例:怪獣 → かいしゆ,牛肉 → きゆにく,

(2)変則濁音(人工音尾シフト型

A.旧読み風型 ‥‥ 変則手順が比較的わかりやすい(旧読み再活用型)
  1.「濁点+う」を「〜ふ」で
    例:欠乏 → けつほふ,宿業 → すくこふ,
  2.「濁点+い」を「〜ひ/え」で
    例:犯罪 → はんさひ,黴菌 → はひきん,
      鯨油 → けえゆ,平城 → へいせえ,煎餅 → せんへえ,土塀 → どへえ,
  3.「濁点+ん」を「〜む/ぬ」で 〈…バ行+んはシフト&ホールドの技が使えて便利〉
    例:弁当 → へむとう,伝統 → てむとう,段階 → たぬかい,神殿 → しんてぬ,
      分野 → ふむゃ ,貧乏 → ひむほふ,便秘 → へむひ,
  4.「濁点+っ/つ」を「〜ふ」で 〈特殊型/P型〉
    例:雑誌 → さふし(cf. さつし⇒冊子),十界 → しふかい,合体 → かふたい,
  5.「濁点+っ」を 音尾(促音)省略で 〈合点型/ニホン型〉★
    例:脱皮 → だひ/だぴ,絶対 → ぜたい,牛車 → ぎさ゜, → ざきん,

B.打鍵優先型 ‥‥ 反則技に近いが、打ちやすい(左右交互打鍵型)
  1.「濁点+う」を「〜ゆ」で
    例:同感 → とゆかん,会合 → かいこゆ,
  2.「濁点+い」を「〜に/り」で
    例:外国 → かにこく,税金 → せにきん,洗剤 → せんさり,存在 → そんさり,
  3.「濁点+ん」を「〜ま/な/み/...」で
    例:団塊 → たまかい,段階 → たなかい,電線 → てれせん,禅宗 → せみすう,
  4.「濁点+き」を「〜く」で
    例:感激 → かんけく,溺愛 → てくあい,狼藉 → らうせく,餌食 → えしく,
  5.「濁点+く/つ/ん」を 異動処理(爆)《拡張雑魚型・試案》
    例:学科 → がかつ,楽器 → がきつ,合致 → がちつ,月賦 → げふつ,脱兎 → だとつ,

(3)変則読み呉音読みなどを活用し、“音頭”をシフ トして清音化/直音化する試み

A.直音の濁音の清音化
  1.ザ行をナ行に
    例:児童 → にどう(cf. 小児=しょうに,じどう→自動)
      本日 → ほんにつ(cf. 日光=にっこう)
      人生 → にんせい(cf. 人間=にんげん)
      突然 → とつねん(cf. 天然=てんねん)
  2.ダ行をナ行に
    例:境内 → けいない(cf. 内容=ないよう)
      男優 → なんゆう(cf. 長男=ちょうなん)
      溺愛 → ねきあい(cf. 捏造=ねつぞう/でつざう)
      毒薬 → のくやく(cf. 退く=どく/のく)
  3.バ行をマ行に
    例:幕府 → まくふ(cf. 開幕=かいまく)
      万能 → まんのう(cf. 万年=まんねん)
      微妙 → みみお(cf. 微塵=みじん)
      志望 → しもう(cf. 本望=ほんもう)
      大木 → たいもく(cf. 木曜=もくよう)
  4.ガ行をラ行またはア行に
    例:音楽 → おんらく(cf. 安楽=あんらく,裸=ら)
      軍隊 → うんたい(cf. 運勢=うんせい)
      

B.拗音を含む濁音の直音化・清音化《特例型》
  1.「じゅう」を「にう(≒にゅう)/にふ」で
    例:柔軟 → にうなん(cf. 柔和=にうわ)
  2.「じょう」を「にお(≒にょう)/にほ」で
    例:豊饒 → ほうにお(cf. 囲繞=いにお)
      令嬢 → れいにほ(cf. 姑娘=くーにゃん)
  3.「じゃく」を「なく(≒にゃく)/なき」で
    例:若干 → なかかん(cf. 老若=ろうにゃく,諾,匿)
      弱点 → なきてん(cf. 蒟蒻=こんにゃく,溺)
  4.「じゃ」を「や/だ」で
    例:邪悪 → やあく(cf. 邪馬台国=やまたいこく)
      蛇腹 → だはら(cf. 蛇行=だこう)
  5.「じゅ」を「ぬ゛(≒にゅ゛)」で
    例:襦袢 → ぬはん(cf. 濡=ぬ,〜ず≒ぬ)
      需要 → ぬえう,儒教 → ぬけう,
  6.「じょ」を「の゛(≒にょ゛)」で
    例:女性 → の゛せい(cf. 女人=にょにん)
      突如 → とつの゛(cf. 真如=しんにょ)
  7.「じょく」を「にく/のく」で
    例:侮辱 → ぶにく(cf. 忍辱=にんにく)
      産褥 → さんにく/さんのく(cf. 阿耨多羅=あのくたら)

C.その他・特殊な例
  1.唐音活用
    例:団体 → とんたい(cf. 布団=ふとん)
      暖帯 → のんたい(cf. 暖簾=のれん/のんれん)
  2.「じゅ→ず→づ→つ」‥‥「じゅく/じゅつ/じゅん」などで 特例的に
    例:熟練 → つくれん,技術 → ぎつつ,純粋 → つんすい,
  3.「ば/ぱ→は→わ」
    例:罰 → わつ(cf. 束子=たわし,ジャワ=闍婆,〜羽/把)
      晩酌 → わんさく(cf. 晩上好≒わんさんはお)
  4.いろいろな技の応用例
    例:十分 → つゆふん(cf. 汁≒つゆ,辻=つじ,十=じふ/じっ)
      

(続きは こちら



 (c)1998- 2008:MadKod _m('u')m_


[return]