裁判のレトリックと真相


プロフィール
名前: 不破 茂
 生年: 1959年
 職業: 大学教員(准教授)。法学者。
 専攻: 国際関係法(私法)及び国際経済法
 学歴: 大阪大学法学部卒業後、
     同大学大学院法学研究科単位取得中途退学
 学位: 法学修士、博士(法学)(いずれも大阪大学)
 職歴: 大学学部卒業後、1年間、大阪市役所行政職(上級)
     1990年(平成2年)に愛媛大学法文学部法学科
      (現在、人文社会学科)に就職した。
     2007年8月 特任講師
     2008年10月 講師
     2017年4月 准教授

 
愛媛大学法文学部は、平成2年当時、法学科、人文学科、経済学科の3学科で構成され、学生募集や教員会議が各学科ごとに運営されていた。その後、法学科と経済学科が合併し、総合政策学科となり、2学科体制となった。平成17当時は、総合政策学科の時代である。さらに、現在は、学部改組に伴い、旧法学科系教員を含む総合政策学科系教員と、旧人文学科系教員とからなる人文社会学科の一学科となっている。旧法学科系教員は、相当数が定年あるいは割愛により異動しているが、人的組織としては異ならない。

授業用HP 寡黙な国際関係法

政治のことなどを語るブログ 寡黙な人のブログ

 お便り

 余りに深刻な内容ゆえ、今この原告はどうしているのだろうと思われるかもしれない。ご心配は無用である。決して間違ったことをしていない。裁判には負けたけれども、信念を貫いた。毎日元気に、以前はしたくてもできなかった大学の業務に励んでいる。「仕事」とは生き甲斐である。半ばこれを奪われた18年間であった。ようやく仕事が十分できるようになった。その喜びを噛みしめながら、教育、研究、その他の業務に勤しんでいる。奉職先大学の所属においても、その努力が必ずや理解されるものと確信している。
 
既に相当の時間を経過したが、所属講座において、多くの教員を巻き込んだ集団的ハラスメントは、掲載した陳述書の通り、ほぼ変わらず継続している。外部の宗教団体と結託して、講座所属教員らが溜飲を下げるという構図も変わらない。大学当局がこのようなハラスメントに留意して解決を促すということも望み得ない。講師昇任時点で、他の教員であれば教授に昇任するような研究業績点数を有していた。その後も、法学教員の中では、群を抜く研究業績を挙げている。2020年時点では、最近の教授昇任者の二倍以上の点数である。再度の裁判しか、他に残された手段が見あたらない。必ず、一矢報いることにする。(2020年9月6日)

謝辞


 大学生の頃、法律相談部という学生サークルに所属していた。また、ゼミナールとしては、民法及び商法を選択し、いずれも学生から司法試験ゼミと言われるような、司法試験受験者の多いゼミナールに所属していた。
 自分自信、司法試験を目指して勉強していたのだが、主として家庭の問題から断念した経歴を有し、その間に知り合った、友人知人らに司法試験合格者が多数いる。彼ら彼女らの多くは、現在、裁判官、弁護士、検察官として活躍している。
 これらの実務家、主として弁護士として活動している人々から、実務の現実について、ほんの断片的に聴いていたことがあった。しかし、実務家一流の誇張だろうと、話半分程度に考えていた。ところが、実際に裁判を当事者として経験してみると、その全てが本当の事であるということが分かったのである。実務家の良く言うような一般的な「話」を参照している。そのような話を聞かせてくれた知人らに感謝したい。
 
 筆者自信の裁判に関しても、様々な実務家や裁判所事務官に、訴訟における「行為」の真意を教えてもらった。
特に、最初の弁護士の訴訟遂行上の問題点を指摘してもらったり、大学との再度の裁判を検討する機会に、松山在住の多くの弁護士諸氏にお世話になった。このサイトを構築できたのも、これらの方々の助言があったおかげである。一々顕名することは避けるが、ここに感謝の意を表したい。


 
明治学院大学事件

 大学教授の不当解雇に関する著名事件です。
「学問の自由と大学の危機」について告発されたご自身の裁判記録を公開されているサイトで、示唆に富む内容となっています。