裁判のレトリックと真相


法律の研究者が、

ハラスメント被害者として原告となり提訴した。

所属大学学部の同僚を訴えたのである。

すなわち、法律研究者が主として

他の法律研究者らを訴えたハラスメント裁判である。

この体験を通じて、

司法制度、より具体的には裁判という制度について、

一般の市民がより良く知り、

その実態に気付くべきだと考え、

このサイトを公表するものである。


2017年8月8日公開
2017年8月20日 若干の文章の修正(内容的には同じ)

2017年10月18日 プロフィールにリンク追加

2019年12月1日 プロフィールにリンク追加(明治学院大学事件)

2020年3月5日 若干の文章の追加、修正


リンクを貼る場合にはTOPページにのみお願いします。著作権はこれを保持します。

携帯サイト:裁判のレトリックと真相