藤原顕仲 ふじわらのあきなか 康平二〜大治四(1059-1129) 号:帥兵衛佐

摂政実頼の裔。大宰帥権中納言資仲の三男。母は右大弁源経頼女。のち陸奥守基家の猶子となった。従四位下左兵衛佐に至る。保安元年(1120)、出家。
元永元年(1118)か二年頃、内大臣忠通家の歌合に参加。また藤原俊忠家や源雅定家の歌合にも列席している。「堀河百首」の作者。書も能くしたという。金葉集を難じて『良玉集』十巻を撰したが、散逸した。金葉集初出。勅撰入集四十三首。

権中納言俊忠卿の家の歌合にさみだれの心をよめる

五月雨に水まさるらし沢田川まきの継橋うきぬばかりに(金葉138)

【通釈】梅雨のためだろうか、水嵩が増したなあ。浅いと言われる沢田川に渡した真木の継橋が、浮いてしまうほどに。

【語釈】◇沢田川 山城国の歌枕。泉川(木津川)の支流かという。催馬楽に「沢田川袖漬くばかり浅けれど恭仁(くに)の宮人高橋渡す」。◇まきの継橋 川に柱を立て、槙(杉や檜の類)の板を渡して継いだ橋。

【補記】長治元年(1104)五月二十六日、藤原俊忠が自邸で催した当座歌合、三番右持。

【他出】左近権中将俊忠朝臣家歌合、定家八代抄、新時代不同歌合、歌枕名寄、井蛙抄

【主な派生歌】
沢田川まきの継橋うきぬれば人もわたらず五月雨のころ(慈円)
沢田河まきの継橋中たえて霞みぞわたる春の明ぼの(藤原家隆)

中院入道左大臣、中将に侍りける時、歌合し侍りけるに、五月雨の歌とてよめる

五月雨に浅沢沼の花かつみかつ見るままに隠れゆくかな(千載180)

【通釈】梅雨で水嵩が増し、浅沢沼の花菖蒲は、見る見る水面に隠れてゆくよ。

【語釈】◇中院入道左大臣 源雅定(1094-1162)。元永元年(1118)五月、自邸で歌合を主催した。◇浅沢沼 大阪の住吉神社近くにあった沼。浅沢は万葉集以来の歌枕で杜若の名所。「住吉の浅沢小野のかきつはた衣に摺り付け着む日知らずも」(万葉巻七)。◇花かつみ 不詳。アヤメ科の水草を言うか。マコモとする説もある。「かつみ」は「かつ見る」を導くはたらきもしている。◇かつ見るままに 見るはしから。わずかに見えていたのが、あっと言う間に隠れていった、ということ。

【主な派生歌】
しらせばやすがたの池の花かつみかつみるままに浪にしをるる(式子内親王)
野辺はいまだあさかの沼に刈る草のかつ見るままにしげる頃かな(藤原雅経[新古])

不被知人恋

知らせばや新桑(にひぐは)まゆのかきこもりいぶせきまでに忍ぶ心を(堀河百首)

【通釈】あの人に知らせたい。蚕が繭の中に籠っているように、思いをひたすら隠し、鬱々と塞ぎ込むほど堪(こら)えている、この恋心を。

【語釈】◇不被知人恋 人に知られざる恋。◇新桑まゆ 桑の新葉で育てた蚕の繭。万葉集に「新桑まよ」とある。

【補記】新千載集には「堀川院百首歌に、忍恋」の詞書で載る。

【参考歌】作者未詳「万葉集」
垂乳根の母がかふ蚕(こ)のまよごもりいぶせくもあるか妹に逢はずして

朝日子や今朝はうららにさしつらん田面(たのも)(たづ)の空に群れ鳴く(堀河百首)

【通釈】今朝は朝日がうららかに射しているようだ。いつも田んぼにいる鶴が、空に群がって鳴いているのが聞えてくるよ。

【語釈】◇朝日子 朝日に同じ。

【他出】和歌童蒙抄、和歌色葉、色葉和難集、題林愚抄

【参考歌】曾禰好忠「好忠集」「続詞花集」
峰に日や今朝はうららにさしつらむ軒の垂氷の下の玉水

堀河院御時、百首歌たてまつりける時、旅の歌

さすらふる我が身にしあれば象潟(きさかた)海士(あま)の苫屋にあまたたび寝ぬ(新古972)

【通釈】よるべもなく流浪する身の私だから、象潟の漁師の薦葺きの小屋で、何度も旅寝したことだ。

【語釈】◇象潟 出羽国由利郡象潟(きさがた)。かつて潟湖があった。◇苫屋 菅や萱などの草で編んだ薦で葺いた小屋。

【補記】堀河百首、題「旅」。

【本歌】凡河内躬恒「古今集」
夜をさむみ置く初霜をはらひつつ草の枕にあまたたびねぬ
  能因法師「後拾遺集」
世の中はかくても経けり象潟や海人の苫屋をわが宿にして


更新日:平成15年03月21日
最終更新日:平成15年03月21日