simt3



 マインドフルネス心の世界遺産

 

ブログ  〇日本文化の根底にあるもの  〇マインドフルネス心の世界遺産リスト 〇心の世界遺産プロデューサー

 

http://www.ne.jp/asahi/sindaijou/ohta/

準備中です。

 

日本には世界に発信できる深い霊性がありました

世阿弥、芭蕉、利休、親鸞、道元、良寛、白隠、仙香A夏目漱石、田中正造、田宮虎彦、岡本かの子、川端康成、志賀直哉、遠藤周作、武者小路実篤、宮沢賢治、平塚らいてふ、永井隆、神谷美恵子、森田正馬、金子みすず、 高橋新吉、永田耕衣、片岡仁志、河井寛次郎、東山魁夷、不染鉄、高山辰雄、大山忠作、熊谷守一、西田幾多郎、久松真一、西谷啓治、鈴木大拙、滝沢克己、井筒俊彦など。

ほかに、鈴木大拙によって紹介された妙好人、神谷美恵子によって紹介された詩人(志樹逸馬)

(親鸞、道元、良寛、白隠、仙壕ネ外の宗教者は、記載していません。宗教者は多数います。)


 日本的霊性は現在の宗教で、庶民に教えることがなくなったと言われています(鈴木大拙、竹村牧男など)。 現代の宗教にはないが、深い自己存在=日本人に多く自覚されたので「日本的霊性」という。西田幾多郎の絶対無、人格的自己。
 この方向を見すえたマインドフルネス心理療法で、心の病気が改善し、予防できます。自己を探求するからです。
 深い自己は、襌や念仏をしない人にも自覚されています。逆に宗教をする人にも自覚されていません。 一部、秘密の室内で指導することもあるようですが、1億人中、苦悩しない5百人のものでしょう。そのような人は、苦悩して自殺などしません。苦悩する5千万人のものではありません。 いくら、すぐれているといっても、現実の苦悩する人を導かないのであれば、社会の苦を無視、傍観しているのですから、出離的です。社会で働く人のものとはなりません。秘密とされていますから、消滅しているかもしれません。しかし、5千万人もの人の苦悩を解決する「やさしい」手法は消え去っては困ります。
 日本人は多くの人が自己とは何か(実在論)、苦や世界をどうみるか(認識論、認知論)、どのように実践行動すれば苦悩や問題が解決するか、世界がよくなるか(実践論、行動論)を絶えず探求して、表現してきました。 西洋には多くない(ゼロでは」ありませんが)ということは、日本人の生活、精神構造が独特なのでしょう。
 日本人の文化の背景には、独特の実在論、認識論、実践論があります。これは、現代では、「
マインドフルネス」といっていいものです。マインドフルネスには、実在論を言わないもの、限定された認識論、静かな場所での実践論に限定されたものがブームになっていますが、日本の哲学は、人生すべての局面での実在論、認識論、実践論をすでに完了しています。これを活かしていかねばなりません。

 

参考書:鈴木大拙「日本的霊性」角川ソフィア文庫

 

日本的霊性を基礎にしたマインドフルネス自己洞察瞑想療法(SIMT)

 

     意志的自己レベルのSIMT

     叡智的自己レベルにSIMT

     人格的自己レベルのSIMT=(絶対的主体道、久松真一)

 

 

西田哲学の認識論、実践論、実在論

     自己洞察瞑想療法(SIMT)の基礎となる西田哲学

 

新刊(2021年)のレッスン1〜12の背景の哲学、心理学