貸金の証拠を確保する電話会話録音ができない

弁護士(ホーム)金銭貸借、保証、債務整理、破産の法律相談 > 貸金の証拠を確保する電話会話録音ができない
Last updated 2015.5.29mf
弁護士河原崎弘

相談:貸金の証拠確保

私もお金を貸していますが、借用書なしです。
私がお金を貸した相手に電話すると、相手は出ません。携帯に電話にかけても、発信者番号通知で私とわかると、相手はすぐに留守電に切り替えてしまうし、また、番号非通知でかけても同様のことをするので、話ができません。相手が電話に出ないので、当然、録音できません。
相手は、他にも債務があり、債権者からの電話から逃げるためにやっているようです。そのため、私は、電話の録音も、借用書を書いてもらうこともできません。
初めから内容証明郵便を出して、反応を探りたいのですが、どうでしょうか。

回答:内容証明郵便がいい

既に敵対関係になっていますから、初めから、内容証明郵便でよいです。 内容証明郵便で取立ができたケースがあります。 返事がなければ、再度、出して下さい。内容証明郵便はお金を貸した証拠になります。
内容証明郵便の次は、裁判手続き(支払い督促少額訴訟)です。
登録 Aug. 2, 1998
港区虎ノ門3丁目18-12-301(神谷町駅1分)河原崎法律事務所 03-3431-7161