自賠責保険請求権の時効中断申請書

弁護士(ホーム) > 法律書式集 > 自賠責保険請求権の時効中断申請書
2014.9.19mf更新
弁護士河原崎弘

交通事故に際しての 自賠責保険 の被害者請求に関しては、傷害、死亡の損害賠償請求権は、原則として事故時から2年(傷害の場合は、自己の翌日から、後遺症による損害賠償請求権は、症状固定日の翌日から2年、被害者死亡の場合は、被害者死亡の翌日から2年)で、時効になります。ただし、2010年4月1日以降発生の事故について、自動車損害賠償保障法改正により保険金等の請求権の時効が2年から3年になりました。
交渉が長引いた場合、保険会社に対してこの時効中断申請書(用紙は保険会社にあります)を提出することにより時効中断できます。
なお、加害者に対する損害賠償請求権の時効は3年です。

自賠責保険請求権の時効中断申請書見本

時効中断申請書
火災海上保険株式会社 御中平成   年  月  日
申請者
住所
氏名                        印
被害者との関係 (本人) (加害者側) (その他)(   )
下記自動車事故にかかる自動車損害賠償責任保険金の請求に関し、下記理由により請求が遅延していますので、民法147条に基づき時効中断をご承認下さるよう申請いたします。
1. 自賠責証明書番号 第              号
2. 保険契約者名
3. 被害者名
4. 事故日平成  年  月  日
5. 時効中断申請理由


6. 初回損害賠償請求日平成  年  月  日
承認書
上記の申請に基づき本件の時効中断を承認します。
なお、本承認による事項中断期間は平成   年  月  日までですから、お早めにご請求手続きされるようお願いいたします。
(ご照会先)

受付印          承認 印

  1. 時効の起算日は加害者請求の場合には損害賠償日の翌日、被害者請求の場合は原則として事故日の翌日で、有効期間はそれぞれ3年間となります。
  2. 本書は2通とも提出して下さい。1通を承認書としてお返し致します。
  3. ご請求の際は本承認書を必ずご添付下さい。

判決


弁護士(ホーム) > 交通事故 >