熊野古道 小辺路 伯母子岳
■ホームに戻る
■古道トップに戻る
■奈良歴史散歩
(2013年6月23日) 
伯母子岳は熊野古道小辺路歩きの際、大股から腰抜田まで伯母子峠を越えたが伯母子岳のピークに登らずに通り過ぎてしまった。
せっかくすぐ近くまで登ったのに、と損をしたような気持ちを引きずっていた。

いずれ登れるだろうと思っていたが、なかなかその機会がこなかった。
ここは登山道までの林道からの景色も小辺路と同様に雄大で、頂上に向かっての山歩きなしで、車などでも高野・熊野の山並みは楽しめる。

しかしやはりピークはきわめたい。

1時30分近くに登りはじめた。これは1344mの高さの山を往復11km歩くのには少し遅い出発である。
いつものことであるが、いけるところまで行こうということで歩き始めた。

ルートはのっけから公園のようなきれいな道ではじまる。
天気がもっとよければなおいいのだが、梅雨の終盤でまだ天気が悪い。
天候が悪くなれば引き返す気で歩き出したのである。

歩き始めて5分くらい歩いたところでストックを忘れたことに気づき、取りに戻った。
これで出だしで10分ほど遅れた。モッタイナイ。

鹿が出迎えてくれた。
最近は、熊野や吉野の山で鹿に出会わなかった時の方が少ない。それほど鹿は増えている。

伯母子岳への道は散歩道のようなきれいな道が続いている。
アップダウンは何度もありそれなりの疲労感はあるが、概ねラクチンなわかりやすい道である。

出発が遅かったので、写真を撮ったり休憩したりしていると時間がおしてきた。

頂上まで1.7kmの地点まで来た時すでに4時30分で、そのまま頂上を目指すと往復2時間かかり、それからさらに3時間の帰りの道があるので、ハイキングをしに来たつもりで引き返すことにした。

頂上まで1.7km地点でコーヒーを湧かして飲んだ。ブナ林の中は暗かった。

もと来た道を引き返し、登山口の車の所に着いたのは5時50分であった。
頂上に登っていたらきっと8時を過ぎてしまうところであった。

伯母子岳
(眺望がすばらしい)  
伯母子岳
(登りはじめの案内板。 13:28)
伯母子岳
(13:28)
伯母子岳
(13:33)
伯母子岳
(13:45)
伯母子岳
(13:46)
伯母子岳 伯母子岳 伯母子岳
(きれいな花が咲いている) 
伯母子岳 伯母子岳 伯母子岳
伯母子岳
(敗残兵?)
伯母子岳
(公園のような道)
伯母子岳
(14:40)
 伯母子岳
(15:00)
伯母子岳
(15:15)
伯母子岳
(16:25)
伯母子岳
(17:17)
伯母子岳
(17:20)
伯母子岳
(17:51)
伯母子岳
(17:36)
伯母子岳
(18:20)

(2013年6月23日)
カメラ:ニコンD90
ニコンD40x
レンズ:タムロン18−200mm
    シグマ18−200mm

▲ページトップ
■山のページに戻る
■伯母子岳2へ 
■ホームページ