“バットマン ビギンズ” ★☆
BATMAN BEGINS
(2005年アメリカ映画)

監督:クリストファー・ノーラン
脚本:クリストファー・ノーラン、デヴィッド・S・ゴイヤー

出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ケイティ・ホームズ、渡辺謙

 

「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲」以来8年ぶりとなる“バットマン”の映画化だそうです。
シリーズも数作続いてネタ切れになると、そもそも物語誕生の経緯は?というパターンを辿るようで、本作品もその例外にあらず。
何故ブルース・ウェインはバットマンになったのか?、バットマンのコスチューム、秘密兵器はどこから生まれたのか?、等々を解き明かす作品。

前半は、両親を強盗に殺されてからヒマラヤまで放浪し、ブルース・ウェインがバットマンになる決意をするまでのストーリィ。何とここに渡辺謙さんがちょっと登場するのですが、あまり重要な役ではない。
後半はゴッダム・シティに戻ったブルースが、バットマンの道具を手に入れ悪と闘う、“バットマン”本来のストーリィ。

経緯説明はファンとしてはそれなりに納得するものですが、前半と後半という2つのストーリィをくっつけたという感じが残り、その分“バットマン”としては中途半端に終わった印象を受けます。
孤高のヒーロー対風変わりなキャラクターの悪党という本来のストーリィに比較すると、楽しみ度は落ちると言わざるを得ない。
シリアスなストーリィ展開も、それはそれで良いとは思うのですが。

主演のクリスチャン・ベイルが平面的で面白みを欠く分、執事アルフレッド役のマイケル・ケイン、ウェイン産業の発明者フォックス役のモーガン・フリーマンが良い味を出していて、本作品を支えています。

“バットマン”シリーズが好きであれば観てみたら、という作品。

2005.10.29

       


  

to 映画note Top     to 最近の映画 Index