田丸雅智
(まさとも)作品のページ


1987年愛知県生、東京大学工学部、同大学院工学系研究科卒。2011年「物語のルミナリエ」に「桜」が掲載され作家デビュー。同年樹立社ショートショートコンテストで「海酒」にて最優秀賞を受賞。ショートショート作家。


1.日替わりオフィス

2.ショートショート千夜一夜


3.インスタント・ジャーニー

  


     

1.
「日替わりオフィス ★☆


日替わりオフィス

2015年09月
幻冬舎刊

(1300円+税)

2018年12月
幻冬舎文庫化

2016/07/31

amazon.co.jp

仕事、職場、会社員を共通項としたショートショート集、18篇。

星新一さん逝去後はショートショートの楽しみが失われてしまったような気がしているのですが、時折りこうしてショートショート集に出会えるのは嬉しいこと。
ただ、どれを読んでも星さんのショートショートとはどうも違うなぁと思うのは、星さんの文章が独特なものであったからなのでしょう。

ともあれ、奇想天外な発想がショートショートの持ち味。
その点では
「奉公酒」「背中をさすると」「人材派遣」「来世研究所」など面白いですし、「恋子レンジ」「印鑑騒動」「もち肌の女」「客観死」などはオチの一文が面白い。
また、
「発電女子」は、最近の女子パワーを感じさせる一篇で、インパクトは強いなぁ。

ポケットのあいつ/奉公酒/アイデア、売ります/靴の蝶/背中をさすると/恋子レンジ/副業/指猫/印鑑騒動/人材派遣/来世研究所/もち肌の女/黒の会社/ガラスの心/移ろい/客観死/放浪の人生/発電女子

              

2.
「ショートショート千夜一夜」 ★☆

ショートショート千夜一夜

2016年07月
小学館刊
(1300円+税)

2018年07月
小学館文庫化

2016/08/22

amazon.co.jp

多摩坂神社、その参道に出ている屋台等を舞台にした、ちょっと幻想的な処のあるショートショート集、20篇。

“ショートショート”というとどうしても星新一さんと比較してしまうのですが、本書は幻想的な趣向である所為か、田丸さん独自の世界を感じます。少々堀川アサコ作品を連想させる処もありますが。

私が特に気に入ったのは、
「燈明様」「ヒモくじ屋」「雨ドーム」「指輪投げ」「夕焼き屋」「さくら隠し」といった篇。

いずれにせよ本書、満足できるかどうかは、読み手の好み次第という処が大きそうです。


燈明様/ヒモくじ屋/雨ドーム/人魚すくい/絵描きの八百屋/粉もん体質/ストライプ/神輿の神様/ラムネーゼ/バベルの力/皮財布/鼻ガンマン/巻舌/獅子舞の夜/指輪投げ/壺のツボ/人面屋/九須/夕焼き屋/さくら隠し

      

3.

「インスタント・ジャーニー Instant Journey ★☆


インスタント・ジャーニー

2017年02月
実業之日本社

(1500円+税)


2017/02/15


amazon.co.jp

日本全国、世界各地、主人公たちが出かけた先で出会った不思議なこと等々を描いたショートショート。

出版社の紹介文を読んで、旅行にまつわるショートショートと思っていたのですが、どうも私の勝手な思い込みだったようです。その点は少々期待外れでしたが、それはそれで楽しめるショートショート集。

ショートショートの魅力はその着想にもありますが、私としては最後のオチがあってこその面白さ。
その点で面白かったのは、
・ホームが列車のように走り出す
「ホーム列車」
・ペルーの土地売りに学んだ女性の結婚戦略を描いた
「ペルート土地売り」
・最後の妻の一言が痛快な
「理屈をこねる」
・ちょっぴりホラー風味の
「火の地」
・この着想は凄い、と感じたのは
「帰省瓶」
そして最後の
「セーヌの恋人」は、幕を下ろすのに相応しい篇。

ホーム列車/ペルーの土地売り/ポートビア/生地屋のオーロラ/理屈をこねる/シャルトルの蝶/火の地/風の町/東京/Blue Blend/虚無缶/マトリョーシカな女たち/花屋敷/Star-fish/帰省瓶/竜宮の血統/砂寮/セーヌの恋人

    


  

to Top Page     to 国内作家 Index