名取佐和子作品のページ


1973年兵庫県神戸市生、明治大学卒。ゲーム会社「ナムコ」に就職、2001年に退社しフリー。10年「交番の夜」にて作家デビュー。15年「ペンギン鉄道なくしもの係」にてエキナカ書店大賞を受賞。

 


                   

「図書室のはこぶね The Ark of Libray ★★☆


図書室のはこぶね

2022年03月
実業之日本社

(1600円+税)



2022/04/11



amazon.co.jp

県立野亜高校の図書室から始まる、ミステリ? いや高校青春ストーリィ。

主人公は3年生の
百瀬花音。女子バレー部のエースでしたが、右足首の剥離骨折等で引退試合にも出場できないまま引退、間もなく行われる体育祭にも参加できず、という状況。そのため、体育祭準備が忙しい友人から頼まれ、図書当番の代打を引き受けた、という次第。
その花音にいろいろ指導してくれるのが、同じ3年生で図書委員一筋の
俵朔太郎
そしてその日、花音は、10年前に貸し出されたまま返却されていなかった
ケストナー「飛ぶ教室の本を見つけます。
何故今頃になって本は戻されたのか。誰が、何の目的で返却しようとしたのか。
そこから始まる、本を巡るミステリと思いきや、それだけのストーリィではないのです、本作は。

体育祭の最後に行われる
“土曜のダンス(土ダン)”は、野亜高校創立当初から40年続く伝統行事であり、体育祭の名物で、全クラスで争う競技。
ストーリィはそれを巡る意見対立へと進んでいきます。

野亜高校・・・“ノアの方舟”ならぬ、図書室の“方舟”ということか。はて何の意味?となることでしょうけれど、そこが本作の肝となります。

訳あって逃げ込んできた1年生、体育祭実行委員からの圧力を避けるためやってきた2年生の生徒会長らを交え、ベテラン司書の
伊吹、教師、高校OBまで大勢を巻き込む、大きな膨らみをもつ青春ストーリィとして展開していきます。
あぁこの感じ、まさに私好みの高校青春ストーリィです。
本作が掲げたテーマは、決して高校だけに留まるものではなく、社会全体における問題でもある、という処が堪らなく良い。

登場人物の皆が皆、面白いのですが、とくにベテラン司書=伊吹の存在が喰わせものです。
実り多い高校青春ストーリィとして、是非お薦め!

※本好きとしては、本作に登場するオリジナル検索機<
本ソムリエ>に興味津々。是非使ってみたい!

月曜の本/火曜のパソコン/水曜の蔵書検索/木曜のハンバーガー/金曜のホワイトボード/土曜のダンス/日曜の図書室

        


   

to Top Page     to 国内作家 Index