水沢秋生作品のページ


兵庫県生。出版社勤務等を経てフリーライター。「ゴールデンラッキービートルの伝説」にて恩田陸選考による第7回新潮エンターテイメント大賞を受賞。


1.
ゴールデンラッキービートルの伝説

2.
わたしたちの、小さな家

  


     

1.

「ゴールデンラッキービートルの伝説」 ★★ 新潮エンターテイメント大賞


ゴールデンラッキービートルの伝説画像

2012年01月
新潮社刊

(1500円+税)

  

2012/02/05

  

amazon.co.jp

小学校最終学年の3組に集まった生徒たち。
彼らの今現在と6年3組当時が、一人一人交互に語られていきます。
今も小学校当時の性格そのままだったり、その頃の予想とは全く違った大人になっていたりと、そこは様々。
そうとは知らないまま、付き合っている相手が小学校当時の同級生と繋がりがあったというエピソードが本書中幾つかの部分に散りばめられていますが、それを紐解いてみるのは作者から読者に提供されたおまけの楽しみでしょう。

幾つもの物語の中にあってその主となるのは、男子2人+女子1人によるひと夏の友情と冒険の物語。
その対象となるのが本書題名となっている
“ゴールデンラッキービートル”、廃材置き場に置き捨てられた古いフォルクスワーゲンです。
彼ら3人の冒険物語は、小学校の頃親しんで読んだ
M・トウェイン「トム・ソーヤーの冒険」のように懐かしい。
また、何人ものクラスメイトの現在過去を見ていると、つい自分の小学校時代を振り返りたくなります。
高校、中学、それ以前の小学校時代となると何と遠いことか。正直に言って、自分を取り繕う知恵もなかった自分の地そのままだった時代、思い出したくない同級生や、思い出したくない記憶もあったりします。
そんな中で、いつかまたきっと会おうと再会を約した相手があったというのはどんなに幸せなことかと思います。

過去は失われたものではなく、今も奥底で生き続けているという作者のメッセージが嬉しい。
小学校時代への尼酸っぱいノスタルジーを引き起こしてくれるところに本作品の魅力あり。

1.ウサギを殺したのは誰?/2.魔女とモデルガン/3.ジャンクショップのキセキ/4.虹の環/終章

 

2.
「わたしたちの、小さな家 ★★


わたしたちの、小さな家

2015年12月
光文社

(1600円+税)


2016/01/25


amazon.co.jp

大学生の片倉希は、翻訳家の祖母と古い一軒家でずっと2人暮らし。
両親は希が幼い頃に事故で死んだと聞かされているが、どういう訳か自宅には2人の写真すら残っておらず、希は両親のことを全く知らないままに生きてきた。
それでも優しく思いやりのある祖母、大切な友人、そして付き合い始めた恋人に囲まれ、それなりに落ち着いた生活を希は送っています。

そんなごく普通の日常にどんな謎があるというのでしょうか。しかし、希は時折り家の中に、何か得体のしれないものの存在を感じることがあった。
そしてついに、祖母が突然倒れた時から、その謎がフタを開けます。それは希の両親の死にも繋がる謎だった・・・。

少々不穏な雰囲気があるといった程度のごく平凡な日常光景から始まるストーリィでしたが、クライマックス場面での切れ味鋭いスリル感は、もう酔いしれる程に圧巻!
久方ぶりに味わったこの感覚は快感と言えるくらいです。
そして全てが決着した後の平穏な静けさ、直前の場面と対照的だからこそ胸に残ります。
この快感は、お薦め!

 


  

to Top Page     to 国内作家 Index