三田誠広
(みたまさひろ)作品のページ


1948年大阪市生、早稲田大学文学部卒。1977年「僕って何」にて第77回芥川賞を受賞。

 
1.
いちご同盟

2.恋する家族

 


 

1.

●「いちご同盟 純愛−中学編 」● ★★

 

 
1990年01月
河出書房新社刊

1991年10月
集英社文庫

2005年07月
第37刷
(390円+税)

 

2007/05/06

「いちご同盟」という表題からは、甘酸っぱいような青春小説を予想してしまうのですが、それは思い違い。
中学3年生の主人公たちにとっては、早くも生死という現実を目にすることとなる厳しいストーリィです。

優秀な1歳年下の弟、ピアノ教師をしている母親という家庭状況にあって主人公の北沢良一は、自分の今後が描けないでいる。学業成績も今ひとつ、都立音楽学校を目指そうにも自分のピアノにかける情熱に確信がもてないでいる。そのためついつい、小学校5年で自殺した少年のことを考えてしまう。
同級生の羽根木徹也は、野球部のエースで女の子からの人気も高い。突然その徹也から試合のビデオ撮影を頼まれた良一は、徹夜に連れられ、重い腫瘍で入院している上原直美を知ることになります。そんな3人を描いたストーリィ。

自分の進路に確信がもてないでいる良一、幾つもの強豪校から誘いを受けている徹也、病気故に何の選択権も許されない直美。この3人の姿は各々対照的でとても鮮やかです。
直美の身を案じていても食欲は起きる、女の子たちと陽気な会話を交わしてしまう、徹也はそんな罪悪感を抱きますが、若さ故にそれも現実でしょう。
自分自身のことさえ持て余しているのに直美のことを気遣う余裕なんてない、それでも良一は直美に惹かれてしまう。
一方の直美は徹也への気持ちがある一方で、限られた生命だからと良一に対する好きだという気持ちを隠さない。
直美の生きた時間は15年と短いものでしたが、直美の両親に絆を与えた点で生きた意味は充分にあっのだと描かれます。
「いちご同盟」とは苺ではなく、十五歳の「一・五」のこと。2人で百歳まで生きて直美のことをずっと覚えていようと2人は約束します。
自分だけのものでは決してない、死んだからといって生きたことが消えてしまう訳ではない、そんな生命の重さを知る青春ストーリィ。読後の余韻は意外と爽やかです。

 

2.

●「恋する家族」● ★★

 

 
1998年05月
読売新聞社刊
(1600円+税)

 

1998/05/28

就職活動に奮闘する仲良し女子大生4人の青春ストーリィ。
青春小説という宣伝文句と、カバーイラストの爽快そうな印象が気に入ってつい買い込みました。

主人公の亜紀らはいずれもW大学の4年生。
普通に就職活動に苦戦しているけれど、彼女らの家族状況は、別居、離婚、行方不明とか、それぞれ問題あり。でも彼女らに暗さはまるでありません。当然のことのように割り切って生活している、表面上は。
4人それぞれ進路に悩みもあるが、それに負けずに精一杯生きているという感じ。
彼女らだけでなく、亜紀の兄(パソコンオタク)、同級生、さらには父親・守夫の世代も、それなりに悩み、苦しみを抱えながら精一杯頑張っている。それぞれ世間にありきたりな悩みであり、そのことが登場人物に親近感を抱かせます。
篠田節子「女たちのジハードのような生々しさ、たくましさはない。そこは女子大生だから。
小林信彦作品のようなノスタルジーの香りプンプンもない、一応青春小説だから。
軽く楽しんで読める作品であり、読後はさわやかな微風を受けたような快さがあります。

  


 

to Top Page     to 国内作家 Index