アリ・スミス作品のページ


Ali Smith  1962年スコットランド・インヴァネス生。ケンブリッジ大学大学院で学んだ後、エディンバラの大学で教鞭を執るが、ケンブリッジに戻って執筆に専念。デビュー短篇集“Free Love and Other Stories”(1995)にてサルティア文学新人賞、長篇“The Accidental”(2005)にてホイットブレッド賞、「両方になる」(2014)にてゴールドスミス賞・コスタ賞・ベイリーズ賞を受賞。

1.
両方になる

2.

 


             

1.

「両方になる」 ★★  ゴールドスミス賞・コスタ賞・ベイリーズ賞
 原題:"How to Be Both" 
    訳:木原善彦


両方になる

2014年発表

2018年09月
新潮社刊

(2400円+税)



2018/10/24



amazon.co.jp

15世紀のイタリア人画家の物語と、21世紀の英国人少女の物語、2つの物語を繋ぐ長編小説。

前半の「第一部」は15世紀、イタリア人画家=フランチェスコ・デル・コッサの物語。
しかし、このフランチェスコ、実は女性。当時、画家になれるのは男性のみ。そのため、画家を目指した時からフランチェスコは男性として生きてきたという経緯。
一方、
後半の「第一部」は21世紀、英国に暮らす17歳の少女=ジョージ(ジョージア)の物語。母親を突然病気で失った後のジョージの、母親との思い出、クラスメイトのヘレナ・フィスカー(H)との関わりが描かれます。

気になるのは、前半と後半、「第一部」と「第二部」ではなく、同じ「第一部」と題されていること。
この意味は、連なる関係にあるストーリィではなく、パラレルワールドのように互いに並列した関係にある、ということではないでしょうか。
そして次に気になることは、2つの物語をそれぞれ見る<目>の存在。前半「第一部」の扉頁には人間の目の絵が描かれ、後半「第一部」の扉頁には監視カメラのような絵が描かれています。

時代も違えば国も違う、それを同様に眺める目など、現実にあるはずがありません。
しかし、小説という世界はそれを軽々と実現してしまう。
だからこそ2つの物語が並列することもありえるし、2つの物語が繋がることもできる、そこに本作の魅力があると感じます。

そのうえで、題名の「両方になる」とはどういう意味か。
そこは、自分でいろいろ考えてみることができる点が、楽しさなのではないかと思う次第。

ただ、このストーリィ構図、中々分り難いです。後半「第一部」は抽象的なところも多いですし。
ひととおり読み終えた後に、もう一度最初から読み直してみる、それが一番良い読み方なのかもしれません。
残念ながら私にはその余裕はなく、一度だけで終わりましたが。

               

2.
「 秋  ★★
 原題:"Autumn"     訳:木原善彦


秋

2016年発表

2020年03月
新潮社

(2000円+税)



2020/07/01



amazon.co.jp

2016年、EU離脱の国民投票が行われた直後の英国が舞台。
 
とある施設で眠っていることの多い 101歳の老人=
ダニエル・グルック。そのダニエルを時々見舞う女性は、大学で美術史の非常勤講師をしているエリサベス・デマンド、32歳
その2人の関係はというと、エリサベスが8歳の時の隣人。その時から、老人ダニエルと少女エリサベスの間には、年齢を超えた友情が結ばれた、という次第。

ストーリィは、エリサベスの行動を主軸にして展開されますが、だからといってエリサベス、あるいはダニエルの物語か、と言えばそうではありません。
現在と過去、2人に関わる部分は断片的に描かれるだけですし、2人と掛け離れた、不穏な気配漂う現代の英国社会光景といったものが散文的に綴られているという印象。

作者のアリ・スミスについては「時代の記録者」という評価がされているようですが、本作はまさにそうした見地に立った作品と感じます。

これといったストーリィがある訳ではない作品ですが、何となく時代の空気の流れといったものが感じられ、印象深い。
また、他にこれといったストーリィ要素がないからこそ、ダニエルとエリサベスの関わり、物語の重要性を説くダニエルとそれに共感するエリサベスとの間の心の繋がりが胸に残ります。
 
※作者のアリ・スミス、“季節四部作”を考えていたらしく、本作品以降
「冬」(2017年)、「春」(2019年)、「夏」(2020年)と続けて刊行されているそうです。
そのうち、本シリーズで刊行されるかもしれませんね。

   



新潮クレスト・ブックス

  

to Top Page     to 海外作家 Index