ローベルト・ゼーターラー作品のページ


Robert Seethaler  1966年オーストリア・ウィーン生。作家・脚本家・俳優。数々の舞台や映像作品に出演後、2006年「蜂とクルト」にて作家デビュー。「キオスク」等で人気を博す。14年刊行の「ある一生」がロングベストセラー。15年グリンメルズハウゼン賞を受賞。16年ブッカー国際賞、17年国際ダブリン文学賞のショートリスト入り。

 


                                   

「ある一生」 ★★☆
 
原題:"EIN GANZES LEBEN"     訳:浅井晶子


ある一生

2014年発表

2019年06月
新潮社

(1700円+税)



2019/07/16



amazon.co.jp

20世紀初頭、アルプスを望む山岳地帯で、ひたすら地道に生きた一人の男が語った人生譚。

主人公は
アンドレアス・エッガー
私生児として生まれ、実母の義兄である大農場主
フーベルト・クランツシュトッカーに引き取られて育ちますが、幼い頃からその扱いは住み込み労働者とまるで異ならず。
そのクランツシュトッカーに殴られ、片脚に障害が残る。
それでも18歳になって独立し、懸命に働いてなんとか我が家を構えます。
宿屋の使用人として雇われた
マリーと出会い、工夫を凝らしてロマンティックに求婚、家族という幸せを手に入れます。
仕事も山岳ロープウェイの建設会社に移り、それなりに満ち足りた生活。でも、その幸せは突如として絶たれてしまう。

生涯残った障害、悲劇、そして戦争、捕虜、その後は山岳ガイドとして生きていく。
それなりのドラマありと思えますが、エッガー本人としてはただ地道に、目の前にある道を生きただけなのかもしれません。

名も知れぬ男性の、地味な人生かもしれませんが、そこにはストイックな生き方を感じます。
ふとアリステア・マクラウドのハイランダーたちの姿を思い出しますが、彼らに較べると本書のエッガーは、実に穏やか。

概ね満足のいく人生だったというエッガーの一言には、彼の生きた道の見事さを感じさせられます。
幸不幸、成功したかどうかという結果ではなく、自分がすべきことを十分にやって来た、という充足感がそこにあるからなのでしょう。
頁数も 150頁程度。シンプルなストーリィですので、とても読み易い。 お薦めです。

     



新潮クレスト・ブックス

      

to Top Page     to 海外作家 Index