パオロ・コニェッティ作品のページ


Paolo Cognetti  1978年イタリア・ミラノ生。大学で数学を学ぶも中退。ミラノ市立映画学校で学び、映画制作の仕事に携わる。2004年短篇集「成功する女子のためのマニュアル」にて作家デビュー。12年短篇集「ソフィアはいつも黒い服を着る」にてイタリア文学の最高峰であるストレーガ賞の最終候補。初の本格的長篇小説となる「帰れない山」にてストレーガ賞ならびに同賞ヤング部門をダブル受賞。
幼い頃から父親と登山に親しみ、18年10月現在は1年の半分をアルプス山麓、残りをミラノで過ごしながら執筆活動に専念。

 


                                   

「帰れない山 ★★★
 
原題:"Le otto montagne"        訳:関口英子


帰れない山

2017年発表

2018年10月
新潮社刊

(2050円+税)



2018/11/29



amazon.co.jp

山の少年と街の少年、山を舞台にした出会いと友情、2人の半生を描いた長編。

主人公となるのは
ピエトロ。共に山登り好きの両親のもとにミラノで生まれますが、母親が夏を過ごす場所として見つけたモンテ・ローザを望むグラーナ村で、羊飼いの少年ブルーノと出会います。
出会ってすぐ2人は親しくなり、ブルーノに誘われるままピエトロは共に山へ登ります。
その2人を山へ、山へと誘った存在が、ピエトロの父親。最初は息子を連れて、グラーナ村でブルーノを知ってからはしばしば3人で山を登ります。
彼の登山スタイルはストイック。ひたすら先を急いで山を登り、頂上に着けばすぐ降りるというパターン。
レジャーや楽しみとしての登山ではなく、そこに山にこそ人生がある、といった風。それはピエトロとブルーノの2人にも共通するようです。

やがて別れ、長じてからの再会、2人の山での共同作業、そしてまた葛藤・・・・。
ピエトロとブルーノの2人、山ではまるで双子のようですが、夏季が過ぎればピエトロは街に戻り、ブルーノはずっと山の村で生きているという点で対照的。

2人の先々には切なさ限りないものもありますが、それよりも本作で胸打たれるのは、2人の山への思い、山での生活ぶりでしょう。
山の空気の素晴らしさ、都会や街から離れた高地における清々しさ、自由さ、孤高の気高さが、本作の中に充満しています。

なお、本作を読みながら私は、2つの文学作品を思い出させられていました。
ひとつは
ヨハンナ・スピリ「ハイジ、「山は美しいんです!」というハイジの言葉が今も忘れられません。
もうひとつは
ヘルマン・ヘッセ「ペーター・カーチメント(郷愁)、町での暮らしから山の村での暮らしに戻ったペーターには2人と共通するのがあるのでは、と思った次第。

第一部 子ども時代の山/第二部 和解の家/第三部 友の冬

     



新潮クレスト・ブックス

      

to Top Page     to 海外作家 Index