カルミネ・アバーテ作品のページ


Carmine Abate 1954年イタリア南部カラブリア州の小村カルフィッツィ生。少数言語アルバレシュ語の話される環境で育ち、イタリア語は小学校で学ぶ。バーリ大学で教員免許取得、ドイツのハンブルクでイタリア語教師となり、84年ドイツ語で初の短篇集を発表。その後イタリア語で執筆した91年「サークルダンス」にて本格的に小説家としてデビュー。2012年「風の丘」にて第50回カンピエッロ賞を受賞。現在イタリア北部トレント県で教鞭を執りながら執筆活動を継続。


1.
風の丘

2.
ふたつの海のあいだで

 


                

1.

「風の丘」 ★★★                カンピエッロ賞
 原題:
"La Collina del Vento"  
 訳:関口英子


風の丘画像

2012年発表

2015年01月
新潮社刊

(2100円+税)

 


2015/02/27

 


amazon.co.jp

イタリア半島最南端、海を望み、赤い花の咲き乱れるロッサルコの丘を守って暮らし続けたアルクーリ家の人々を、四世代に亘って描いた物語。

本書の語り手である「
」は四世代の一番最後であり、曽祖父アルベルト祖父アルトゥーロ父ミケランジェロとアルクーリ家の祖父たちが辿った道のりを順々に語り出していきます。
アルクーリ家の人は、男性たちだけではありません。アルベルトの妻
ソフィア、アルトゥーロの妻リーナ、ミケランジェロの妻マリーザ、そしてミケランジェロの妹ニーナベッラ
そしてロッサルコの丘の下に
古代都市クリミサの遺跡が眠っていると信じて疑わない考古学者のパオロ・オルシもアルクーリ家に親しむ一人です。

悪どい地主の冷酷な仕打ち、ファシスト主義者の暴力、そして犯罪まがいの手口で脅す観光開発業者等々、父祖から引き継いだロッサルコの丘をただ守ろうとする一家に様々な困難が降りかかります。
それでもアルクーリ家の人々は厳然と結束して少しも揺るぐことがありません。この一族にとっては土地を守ること=家族を守ること、家族の一人一人を愛することに他ならない、まさにそう言った印象です。
一途に土地と家族を守り、誇りを棄てることなく生き続けてきた家族の物語。その姿は愛おしく、そして永遠性を体現しているかのようです。
家族代々の物語というと、アリステア・マクラウド作品を連想しますが、マクラウド作品が峻厳なイメージを纏っているのに対して、本作品は軽やさが印象的です。
本書題名のとおり、丘を吹き渡っていく風の爽やかさを感じる気分です。是非お薦め。

約束/香り/似た者どうし/風/確証/夢/赤/発掘/真実/エピローグ

          

2.

「ふたつの海のあいだで ★★★
 原題:"Tra Due Mari"         訳:関口英子




2002年発表

2017年02月
新潮社刊

(1900円+税)




2017/03/27




amazon.co.jp

初めて読んだ風の丘が素晴らしかった、アバーテの2冊目。
しかし、刊行順としては本作の方がずっと前で、長編3作目に当たるとのこと。

本作の主要舞台はイタリア南部の
カラブリア地方、ちょうど長靴のつま先に当たる部分です。
その
ロッカルバで、イオニア海ティレニア海の両方を望む丘の上にかつて建っていた宿屋<いちじくの館>
本ストーリィは、焼失したその館の再建をずっと生涯の目的としてきた
ジョルジュ・ベッルーシと、その孫のフロリアンを中心として語られていきます。
主人公となるのはフロリアンで、ハンブルクに暮らす少年。母親はジョルジュの娘
ロザンナで、父親はかつて若い頃にジョルジュと一緒に南イタリアを旅して回ったことのある写真家=ハンス・ホイマンの息子クラウス

ストーリィはフロリアンが母親に請われてロッカルバへ向かうところから始まり、その後4つの「旅」を以て構成されています。
祖父ジョルジュが若かりし時に経験した旅の話、フロリアンがロッカルバにやって来ての話、去る事情から刑務所に7年半収監されていたジョルジュが故郷に戻ってきて館の再建を始める話、再建が叶った後再び旅に出たジョルジュの話。
4つ章に分けられているものの、実際にはそれ以上の数の物語が本書一冊の中に盛り込まれています。
ジョルジュ・ベッルーシの数奇な人生、ジョルジュとハンス・ホイマンの稀な友情、父クラウスと母ロザンナのロマンス、そしてフロリアンと
マルティーナの若々しい恋模様に、ついに祖父ジョルジュと孫フロリアンが気持ちを通じ合わせるまで、そしてその後のフロリアンの奮闘、等々。
登場するジョルジュとフロリアンの一家、その一人一人が魅力的と言って過言ではありません。

熱い心をもったジョルジュ・ベッルーシという人物がとにかく魅力に富んでいるのですが、それ以上に魅力的なのは本ストーリィ全体を通じて感じる、ロッカルバという土地の空気、風です。
フロリアンの住まいであるハンブルクと、母の故郷であるロッカルバという土地の対比があるからこそ強く感じられること。
鮮烈な叙情に溢れた本書、「風の丘」に通じるものがあります。
お薦め!


旅立ち/第一の旅/第二の旅/第三の旅/第四の旅/《いちじくの館》での滞在

  



新潮クレスト・ブックス

      

to Top Page     to 海外作家 Index