記事一覧 > この頁
前の頁次の頁

撮影画像分析のための加工


天体写真で光学系の性能評価の一環として、以下のような星像のチャートを作成することがある。 簡単な図なのだが、これを一般的な画像処理ソフトで作成すると、わりあい面倒である。 観賞用の写真の画像処理とは違って、この手の作業は画面を見ながら対話的に行う必然性はないので、 コマンドラインツールで処理すれば楽である。

星像チャート(参考例)
image


【処理例】

▼星像チャート

ImageMgickにより処理する。 まずExcelで画像に応じてコマンドラインを生成する。 次にコマンドプロンプトを立ち上げ、EXcelからコマンドラインをコピペし実行するだけ。
インストールするImageMgick(Windows Binary)のタイプは、付記のリンクにも記載されているが、 とりあえず…Q16-x64-dll.exeを選んでおけば無難。

Excel File
テスト画像

▼その他

1,撮影した画像N枚の中央部を一括してクロップする場合

2,撮影した画像N枚の中央部を一括してクロップして、ファイル名に連番を付加する場合

3,更に画像にファイル名を書き込む場合

以下のバッチファイルのサンプルを、例えばwt2i.batとして保存し「wt2i input output(ext)」という構文で実行する。 ファイルに上記2のような連番を付加しているなら「wt2i ???d*.jpg jpg」とする。

@echo off
if "%~1" == "" (
goto error
) else if "%~2" == "" (
goto error
)

if "%~x1" == ".png" (
goto pre
)else if "%~1" neq "*.png" (
goto main
)

:pre
magick mogrify -strip %1

:main
for %%A in ( %1 ) do (
magick convert %%A -set filename:x "%%t" -font c:\windows\fonts\msgothic.ttc -pointsize 24 -fill black -gravity northwest -annotate 0 "%%[filename:x]" "%%[filename:x].%2"
)
goto end

:error
cls
color e0
echo 「入力ファイル」及び「出力ファイル種別(拡張子)」の指定要!
echo\
pause
color
cls

:end

4,クロップした画像を縦一列に繋ぎ合わせる場合

5,クロップした画像からアニメーションGIFを作成する場合

【付記】

前の頁次の頁

初出:2019-04-14 改訂:2019-09-18
(C) YamD