オーディオ用オシレーター(発信器)

TEXIO AG-203E

部屋の音響調整における秘密兵器を紹介します

2012年11月5日


出力端子はバナナからRCAに改造。

 

TEXIO AG-203Eによる部屋の定在波の同定

 DEQ2496のパラメトリック・イコライザー(PEQ)を用いて、部屋の定在波を取り除くことに成功しています。調整方法はこちらをご覧ください。

 壁が完全に吸音する無響室で聞いているのでない限り、部屋の大きさに基づく共鳴(定在波)は、確実にあります。それを取り除かなければ、どんなに高級なアンプとスピーカーを用意しても、部屋の音を聞いているようなものです。

 もちろん、趣味の世界なので、それが好きなんだというのは自由であり、あらゆる調整(トーンコントロールをも)排除する方々を、なんら批判する意図はありません。誤解されないでください。

 例えば、天井の高さが2.4mの日本の多くの家は、70Hzの音は部屋の中央の高さでは消えます。天井と床との反射がキャンセルするからです。一方、その倍の周波数140Hzでは、部屋の中央の高さでは、ピークがでます。それでは、ブーミーな音になってしまいます。逆に天井が高い部屋は音がいいことが多い理由でもあります。

 私の部屋は、これに加えて、前後が4.8mで天井高さの二倍に近く、70Hz付近に、高さの1次共鳴に加え、前後の2次共鳴が加わり、大変なことになってます。

 定在波によって耳の位置でピークになる周波数は、当然ながらカットして取り除くべきです。 定在波が立つということは、耳障りなだけではなくて、左右どちらのスピーカーから音が出ていても、おなじ定位に聞こえるということで、ステレオ定位に大きな悪影響を及ぼします。
 
 一方、定在波により、耳の位置で消える音を、イコライザーで増幅するのは難しいと言えます。部屋の音響的にキャンセルされているなら、ブーストしてても、あまり大きくならないのです。無理にブーストしようとすると、ウーハーに無理がかかり、しかし音はキャンセルされて出ず、百害あって、一利なしなのです。

 加えて言えば、左右の定在波では、谷が頭の真ん中にあるなら、右耳と左耳で位相が反転していることになります。そんな音があってよいわけはありません。
 
 谷も、ブーストどころか、逆に、できる限りシャープにカットしてしまう。その分、その周辺の共鳴ではない音を十分にブーストすることで、低音を豊かにする。
というのが、私の考え方です。
 スピーカーに無理がないよう「谷をブーストするな」という意見はよく聞きますが、「カットすべき」と言う意見は、私は聴いたことがないんです。

でも、共鳴は、それが谷でも、腹でも、カットが正しいと私は思っています。

 

 この定在波の同定には、発信機を使って20Hzからだんだん周波数を上げて行き、音が消える周波数(本当にあるんです)や、音が急に大きくなる周波数を探していきます。それが耳の位置で腹や谷が発生している周波数。その中でも、とくに悪さをしそうな周波数(右と左で位相が逆とか、二つの共鳴が重複していてやたらと大きい音とか)をパラメトリックイコライザーでカットします。

 

 最初、これには、周波数が正確に読み取れる高級なデジタル発信機がいると思って、購入を躊躇していたのですが、ある日ね、思いついたのです。周波数を連続可変して行き、共鳴したところで、それがカットできる周波数をDEQ2496のPEQで探せば、発信機のほうで周波数が正確に読み取れる必要はない、という事実に。

 

 これならアナログの安い発信機が使えます。なかでもTEXIO AG-203E(トップの写真)はコスト・パーフォーマンス抜群で、3万円足らずです。

 周波数は、写真のように、つまみの周囲の目盛でだいたいわかるだけですが(それでも数%程度の精度では読めますけど)、PEQでの調整には全然問題なし。周波数の目盛が正しいかどうかさえ、気にすることはありません。

 要するに、部屋の共振を見つけ、PEQを調整してそれを除去すればいいのですから。

 

 現在の除去状況は、以下のような特性です。

@低域のおおきなうねりは、JBL4344の補正としてC46のイコライザーで実施していたものでしたが、PEQに引っ越してきました。ステレオサウンド誌(2009年夏号)の取材で、「適切な調整」と書いていただきました。

@71Hzの深いカット(1/10oct.)は、左右方向の共鳴点への対応です。左右で位相が反転しており、極めて大きな影響があります。消しても音が変らないの?と思われるかもしれませんが、もともと極端なピークで、この周波数だけものすごく大きな音(しかも位相が左右で逆)なのです。それを周波数スキャンでピークを感じないところまで減衰していますから、調整後の方がはるかに正常な音になります。1/10oct.と非常に狭い範囲を狙い撃ちします。これくらいのピーク、ディップは、現実の部屋にはそもそも山のようにあるんです。このピークをカットしたことで、その周辺を大きくブーストして50Hz以下まで低域をフラットに出せるようになるのです。

@814Hzのピークは、私の部屋で最大のピーク。極めて耳障りで、ピアノのある音だけが、ピーンと部屋中から聞こえるほどです。この調整で、そのようなピアノの音も、なんら違和感なく、定位します。これは劇的です。

@300Hz付近が大幅にカットされていますが、実際には2つのカットです。2つの定在波が近い周波数にあるため、こうなっています。

こんなにカットしたら音が変らないの、とよく聞かれます。しかし、このピークのひどさを聞けば、誰だってカットするのが正しいとわかると思います。とくに左右の定在波は、定位にものすごく悪影響がありました。定在波は中央に定位するので、中央で引いているチェロはしっかり中央に定位するのに、三重奏曲などで、チェロが右にくると、ある周波数(つまり300Hz付近)で、フラッと中央に寄ってくる。おかしいなあ、何でだろう、とずっと思っていました。バイオリンなら演奏者が動くかもしれないけれど、チェロは動けませんよね。いまは、そのようなふらつき現象もほとんどわからないです。

 

 小声で・・・ちなみに、定在波で定位が曖昧になっているのを、音場感豊かな音、と思い違いしているケースが多いような気がします。でも、それは違うのです。非常に正確に定位しながらも、音場感豊かな音ってあるんです。多くの人に知って欲しいです、この事実を。

 

2012年11月5日

 

 

オーディオのページのトップへ