Octave Phono EQ.2
オクターブ フォノイコライザー EQ.2




オクターブのコンパクトなフォノイコライザー

 プレーヤーが、Pro-Ject Xtension9 TA とトーレンス TD-126 MkIII の二台体制になったので、フォノイコライザーも、もう一台、必要になりましたので、前から気になっていた、OCTAVE EQ.2 という大変コンパクトな製品を導入しました。

ヘアライン仕上げがとても美しい。

 コンパクトとは言え、2016年1月に発売された新設計のイコライザで、その機能も多彩。
 MC入力のインピーダンスは、62Ωから1kΩまで調整可能です。音は、大変に敏感に反応します。



ゲインも4段階に変更できますので、音量を合わせるのに便利です。



 TD-126 MkIII とEQ.2の配置はこんな感じ。
 配置上、デジタル系の中に置かざるを得ないのでノイズには最大限の気を使います。



EQ.2がアルミの台(自作)に載せてあるのは、DEQ2496(の電源部)から距離を稼ぐためです。
直置きでは実測でノイズが検知できましたので。


写真の上側が直置きの時のノイズ、下がアルミ台の乗せた場合。
これ以上離してもS/Nが改善しないのも確認しました。

再生音量が同じになるようにゲインを調整した上で、Pro-Ject Xtension9 + EA-3-IIの場合と同じ、約-78dBのノイズレベルです。
MacintoshC1100のフォノ入力の「ノイズ計測不能」にはかないませんが、フォノイコライザーとしてはかなり良い方だと思います。


背面の配線が少し見えてしまうので、不細工な自作アルミホイル巻き二重シールド線ではなく、Pro-Ject Xtension9TAに付属してきたのと同等のオルトフォン製二重シールドPhonoケーブルをおごっておきました。

下の写真は、付属の外部電源。

小さくてちょっと頼りなげですが、
Medical Equipment という表示があって、仕上げもよく、信頼性はありそう。先端にはノイズ除去のフェライトもついています。ドイツ製だし・・・。
実は、ローノイズを謳う大型電源も試しましたが、音はなにも変わりませんでしたので、小さくて便利なこちらの付属電源を使います。

音の特長
 負荷インピータンス設定で音が変わりますが、EA-3-II(470Ω固定)に近い500Ωで音の差を比べると、
高域は若干ソフトですがトライアングルは鮮明で定位も明確、中域は充実、低域は少し強調(EA-3-II以上に)、という印象。
どんなジャンルにも威力を発揮しそうなイコライザーです。



(2020年1月30日)
(2020年2月8日追記)

 


オーディオのページトップへ