城門


市内には、何カ所か、かつての時代の城門が残されている。このページの写真は、市の中心部から見てやや北側にある城門。隣接する建物は、琥珀博物館になっている。カリーニングラード州の海岸からは琥珀が算出する。  (2011年12月撮影)

前のページへ 次のページへ 目次へ戻る




城門



 これは、やや東側にある城門。どう見ても、ロシアとは異質なスタイルだ。  (2011年12月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



城門


 やや南側にある城門。裏手は池になっていて、背後から見ることができるのはもちろん、ここの城門は門の上にまで上がれるようになっているので、様々なアングルから写真を撮れる。  (2011年12月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る






大学


 かりーニングラード大学。構内にカント像が立っていた。  (2011年12月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



勝利広場


 勝利の広場に立つ戦勝記念碑と新しい教会(救世主ハリストス大聖堂 )  (2011年12月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




建物



 左は、ゴステレラジオ(RTR)のカリーニングラード支局。右は、カリーニングラード歴史美術博物館。両者は、ほとんど隣接するぐらい互いに近くにある。  (2011年12月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



建物


 町を歩いていると、気のせいか、赤い煉瓦造りの建物が少なくないような…。   (2011年12月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




大祖国戦争の碑



 市の比較的中心部にあるさきの大戦の慰霊碑。バルト海の要衝だったのか、モニュメントが海軍系。   (2011年12月撮影)

前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




大祖国戦争の碑




 上のページの碑からは少し離れたところにある潜水艦乗組員の慰霊碑。   (2011年12月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る