大聖堂


 プレゴリャ川(プレーゲル川)の中州に立つ聖堂。この町のシンボル的存在。下段左は、この建物の由緒を説明した掲示。同じく右は、ここで開くクリスマス・コンサートの案内。  (2011年12月撮影)


  次のページへ  目次へ戻る




カントの墓


 大哲学者I・カントは、ここケーニヒスベルグで生まれ、その全生涯を通して、この町を離れて住むことがほとんど無かったと言われる。大聖堂の外壁に、彼の墓がある。  (2011年12月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る



大聖堂内部の装飾



 大聖堂の窓は、ステンドグラスになっていた。 (2011年12月撮影)


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る






大聖堂内部の展示


 大聖堂の中は、カントについての博物館にもなっている。上段の写真は、デスマスク。各国語に翻訳されたカントの著書も収集されていて、下段は、そのうちの日本語のもの。中段右は、カントが生まれる一世紀以上前、1613年のケーニヒスベルグを描いた絵地図。  (2011年12月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




カント島



 大聖堂のある中州は、カント島と呼ばれ、市民が散策を楽しめる広い公園になっている。下段左の石碑は、ユリウス・ルップという人ので、カントに所縁のある人物か? 右は、ケーニヒスベルグ大学創設者の像。   (2011年12月撮影)



  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




カント島


 カント島の一部に、こうした彫刻を集めた一角がある。地元の芸術家の作品か?  (2011年12月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




リブナヤ・ヂェレヴニャ



 直訳すると「お魚村」? でも、漁村というわけではなく、かつて交易の拠点だったのではないかと思う。今は、こうやって川岸にお洒落な建物が並んでいる。右の写真は、古い時代のこのあたりの様子を建物の壁に描いたもの。   (2011年12月撮影)


  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る




ケーニヒスベルグの橋


 かつて、「ケーニヒスベルグの橋」問題というひと筆書きの問題が、数学者の間で考えられたことがあった。プレーゲル川にかかる七つの橋を重複せずに渡って出発点に戻ることが可能かという問題。その七つの橋が現存するわけもないが、市内の橋のうち、ともかく七つを無理矢理撮ってきた。写真は8枚あるが、もちろん上段左と中は同じ橋。   (2011年12月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




ソビエトの家




 ソビエト時代末期に建設がはじまったものの、工事は中断、今世紀になってから工事を再開して完成したものだそうだ。   (2011年12月撮影)

  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る