河港 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


冬の港ターミナル
夏のターミナル

 河港のターミナルビル。鉄道駅からの市電の終点にもなっていた。  (上2001年3月,下2002年8月撮影)


   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





劇場 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


劇場


 町の中心からアムールの河岸に行く途中にあるドラマ劇場  (2001年3月撮影)


   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





デパート (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


デパート


 市内で見かけた百貨店。これはロシアの各都市にあるのと少しも変わらない。  (2001年3月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





抑留日本人の記憶 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


ホテル



 さきの大戦でソ連軍の捕虜となってシベリアに抑留された日本兵の中にはこの方面の収容所に移されて強制労働に従事させられた人も少なくない。BAM鉄道の建設にも動員されたという。左の写真は日本人が建てたと言われるホテル。右下の写真は、そのホテルのすぐそばにあった鎮魂碑。日本の墓参団かそういった関係者が建立したものであろう。  (右下2002年8月,その他2001年3月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る

春の鎮魂碑 夏の鎮魂碑




教会 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


建設中の教会 完成した教会


 「コムソモリスク」という市名に何が似つかわしくないと言って教会ほど不釣り合いなものはないが、ソ連崩壊後の人々への宗教への回帰を反映してか、ここでも教会の建設が進められていた。  (左2001年3月,右2002年8月撮影)



  前のページへ  次のページへ  目次へ戻る


つらら (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


つらら


 市郊外のピオネール・キャンプにある温水プールの軒下にできた立派なつらら。春の彼岸過ぎだというのにロシアはやっぱり寒い。いや、それとも、こんなつららができるのは暖かい春がやってきた証拠?  (2001年3月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る