鉄道駅 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


駅舎

 シベリア鉄道の中間地点に近いイルクーツク州タイシェット駅から太平洋側のヴァニノまで4,000km以上にわたって伸びるBAM鉄道がハバロフスクからの鉄道と合流するアムール河畔の町。駅舎の正面にただ「駅」と書くのではなく市の名前が表示されているのはロシアでは少数派。


プラットホーム



 駅舎の脇を回ってプラットホーム側に出てみるとこんな風景。  (2001年3月撮影)


   次のページへ
   目次へ戻る





記念碑 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


建設者達


 町の建設は旧ソ連各地から集まったコムソモール員によってなされた。その業績を称える記念碑。アムール河畔にある。  (2001年3月撮影)


上陸地

   前のページへ
   次のページへ
   目次へ戻る





通り (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


雪に覆われた道


 市内の通りの風景。極東の他の都市と同じように右ハンドルの日本車が非常に多い。  (2001年3月撮影)


自動車の多い通り


  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る





アパート (コムソモリスク・ナ・アムーレ)




 若い町だけに、市の中心部でも周辺部でもこうした高層アパートが多い。  (2001年3月撮影)





  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る




交差点 (コムソモリスク・ナ・アムーレ)


交差点


 市内の中心部に比較的近いところにある交差点の一つ。写真ではよくわからないが、市内を走る市電が非常に古いスタイルの車体で、通りすがりの観光客にとってはなぜかそれが嬉しい。  (2001年3月撮影)



  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る