ウラヂーミル教会 (キエフ)


ウラヂーミル教会 教会に入るのを待つ人々
駅からの通り 教会の前

 シェフチェンコ並木道にあるウラヂーミル教会。偶然なのだが、1996年夏に訪ねたときも2003年夏に訪ねたときも、夏の終わりの何かの祭日にぶつかり、教会には何かの花のようなものを手に持った信者たちでいっぱいであった。教会の前や地下鉄駅から教会までの道筋には、そうした花などを売る人・買う人でごったがえしていた。   (2003年8月撮影)


 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



教会跡


教会跡



 キエフ・ルーシがキリスト教を受容して間もない時期に建てられた教会の跡だという説明を聞いた。(2003年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




イコン


イコン



 ウクライナ国立美術館に展示されていたイコンの一つ。ロシア正教発祥の地だけにイコンのコレクションも豊富だった。(1985年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




ドニエプル川


カネフの船着き場



 ロシアやウクライナでは河川を使った水運も交通手段としては道路上のトラックやバス輸送にひけをとらない重要な位置を占める。写真はドニエプル河畔カネフの船着き場に停泊している客船。 (1996年8月撮影)


水中翼船



 近くにある川沿いの町どうしの行き来には大型の船ではなくこうした水中翼船が活躍する。 (1985年8月撮影)




 キエフの“ウラヂーミルの丘”公園から見たドニエプル河。右の写真でこちらに背を向けている銅像の主は、10世紀にキエフ・ルーシの国教としてキリスト教を受け入れたウラヂーミル公。   (2003年8月撮影)

ドニエプル川 ウラヂーミル公像


前のページへ  次のページへ  目次へ戻る


道路


道路 自転車



 都市と都市をつなぐ道路は何にも妨げられずこうしてまっすぐ伸びる。起伏も大きくないから自転車にもいいかもしれない。 (1985年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る