広場 (キエフ)


ミハイロフスカヤ広場


 ドニエプル河を見下ろす川岸の“ウラヂーミルの丘”公園のすぐ上にある再建されたミハイロフ修道院前の広場。前方はソフィア寺院。  (2003年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




レーニン像 (キエフ)


レーニン像


 並木道の入り口に今でも立つレーニン像。台座の「レーニン」の文字はウクライナ語。  (2003年8月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る




慰霊碑 (キエフ)


殉難者慰霊碑


 ミハイロフスカヤ広場に新しく建てられていた慰霊碑。ウクライナでは1930年代スターリンの強制的な「農業集団化」によって多くの犠牲者が出たが、その人たちを追悼するもの。  (2003年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る



ロシアとウクライナ友好の碑 (キエフ)


友好の碑

 川岸の高台でもとりわけ見晴らしのクレシャチ公園ににあるロシアとウクライナの友好の碑。もちろんソ連時代からあったものだが、ソ連という同一の国にありながら“友好の碑”が必要なほど、古くからロシアとウクライナの関係は微妙だったということでもあろう。  (2003年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




ケーブルカー (キエフ)


フニクラ



 河港と川岸の高台を結ぶそのケーブルカー。  (2003年8月撮影)

前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




石像 (キエフ)


祈り 母子


 “ウラヂーミルの丘”公園で見かけた石像。母子像に雀の一家がとまっているのが何となくユーモラスに感じられた。  (2003年8月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



地下街 (キエフ)


エレベータ


 フレシャチク大通りの地下には、ソ連時代には想像もできなかったような近代的な地下街ができあがっていた。独立広場の下もそうなっているが、写真はフレシャチク大通りとシェフチェンコ並木道との接点、昔からある大きなルィノックの前。  (2003年8月撮影)

  前のページへ
  次のページへ
  目次へ戻る