サハロフ像 (エレヴァン)




 ソ連“水爆の父”サハロフの像が通りの中央に立っていた。人権活動家でもあった彼が、ナゴルノ・カラバフをめぐるアゼルバイジャンとの紛争の際に、アルメニアを支持したことから、その貢献を称える意味で建てられたらしい。  (2004年12月撮影)



前のページへ
次のページへ
目次へ戻る




芸術家の像 (エレヴァン)


サリャン ハチャトリアン
トゥアニャン ババジャニャン
コミタス サノート・ノヴァ
トマニャン  エレヴァン市内の一角に芸術家の像が集中して立つ地区がある。  (2004年12月撮影)

画家マルチロス・サリャン作曲家ハチャトリアン
詩人トゥアニャン作曲家A・A・ヴァヴァジャニャン
作曲家コミタス作曲家サノート・ノヴァ
建築家トマニャン 
   
前のページへ
次のページへ
目次へ戻る



マテナダラン (エレヴァン)




 世界的に有名な古文書保管所。  (2004年12月撮影)

 前のページへ  次のページへ  目次へ戻る



黄昏 (エレヴァン)



 なんとなく雑然とした雰囲気の中を太陽が沈んでいく。  (2004年12月撮影)

 前のページへ
 次のページへ
 目次へ戻る