眼内レンズとは

眼内レンズとは、白内障手術で濁った水晶体の代わりに眼の中に挿入する人工のレンズです。

全ての眼科に共通ではありませんが、多焦点眼内レンズ等は患者様が選択出来る場合もあります。

眼内レンズは、眼の中にあるレンズの機能を持つ2つの部位、角膜と水晶体、そのうちの水晶体の代わりとなります。白内障では、水晶体が濁ってしまい、ものが見えなくなってくるため、水晶体を取り除き人工のレンズを挿入します。
眼内レンズは、白内障手術にかかわる様々な物品や機器の中でも最も術後の視機能(見え方の質、生活の質)に影響するものです。
人工のレンズなので、厳密に白内障になる前までの水晶体と同じレベルの機能に戻るわけではありませんが、多くの方は眼鏡等を併用することで、白内障になる前の状態に近い生活ができるようになります。

現在使用できる眼内レンズは機能・形・費用等多種多様で、患者さんはインターネット等でたくさん情報を得られますが、どのレンズが良いのか、何を選べば良いのか、そもそも患者様が選ぶものなのか、そういった悩みや不安も増えてきています。

多種多様な眼内レンズ

眼内レンズの歴史

まだ浅い眼内レンズの歴史

眼内レンズが開発されたきっかけは、第二次世界大戦中のある出来事でした。
イギリス軍の戦闘機が被弾して操縦席の窓(風防と言います)が割れたのですが、その破片がパイロットの眼に刺さってしまったのです。それを取り出すことができないので放置したのですが、感染症等を起こさず眼の中に存在し続けたのです。これをヒントに眼内レンズが開発されました。

この風防の素材が、PMMAと呼ばれるプラスチック、いわゆる硬いアクリル樹脂です。PMMAの眼内レンズは今でも手術の種類によっては使用されています。

PMMA のレンズは、硬くて折り曲げることができず、眼内に挿入するのは6〜10㎜程度の創口を作成して挿入しなければなりませんでした。
白内障手術の進歩の一つに創口の小型化をあげましたが、眼内レンズの歴史の中の最も大きな変革として、折り畳んで小さい創口から挿入できるレンズが開発されたことがあります。しかもこの変革はここ20年程度のまだ新しい出来事なのです。最初はシリコーンと呼ばれる皆さんの身の回りにもある調理器具にも使われているような柔らかい材料が使われ、現在はさらに進化した柔らかいアクリル素材が主流となっています。

眼内レンズの変遷

眼内レンズの素材と構造

主流は柔らかいアクリル製

眼内レンズは、光学部、と呼ばれるレンズの役割をする部分と、それ以外の支持部、と呼ばれる眼の中で動かないように安定させる台座のような部分があります。
光学部は円形で直径5〜7㎜程度あり、少なくとも眼内レンズはそれよりも大きいことになります。これを小さい創口から入れるために考えられたのが、折り畳める眼内レンズです。

折り畳むレンズ、英語でFoldable(折り畳める)IOL(眼内レンズ)と言います。最初に作られたFoldable IOL はシリコーン製でした。その後、より小さな創口から、そして他に様々な機能を持たせることを目的として、素材を柔らかいアクリルで作成した眼内レンズが開発されました。また、光学部と支持部も以前は異なる素材で作られたものが多かったのですが、最近の眼内レンズは同素材のものが主流になっています。

眼内レンズの構造

眼内レンズの安全性

皆さんが生きている間は大丈夫

眼内レンズは、数十年持つとされており、眼内レンズが作られるようになったきっかけにもあるように、今までの実績でもそれは確認されています。

各種の材料はISO という国際基準に則って作られ認証を受けており、様々な試験をクリアーしています。また、眼内レンズは滅菌されているため、眼内レンズそのものの原因で感染症になるようなことも基本的になく、素材自体の生体適合性も良いとされています。

しかし、なんらかの原因で挿入した眼内レンズの位置がずれてしまったり、または、他の病気になってしまった場合には、摘出する場合もあります。

国際基準の認証を受け、様々な試験をクリアーしています

眼内レンズの様々な種類と機能

眼内レンズは、手術の際に作る創口の小型化への寄与だけが進歩したわけではありません。
初期のレンズは、透明で、ピントも1つの距離にしか合わず(単焦点)、レンズの構造的要因からくるボケなども存在しました。しかし、最近のレンズは、薄い黄色の着色、ピントも複数の距離に合うレンズ(多焦点)、元来持っていたボケをより少なくする(非球面)設計、乱視のあった人の矯正用等、高機能なものも出てきています。

黄色着色眼内レンズ

昔の眼内レンズは無色透明でした。近年、薄い黄色着色のレンズが増えてきています。
その理由はサングラスと同じで、無色透明だと光の入る量が多くなりすぎて、日中等は眩しくなってしまうためです。

実は、水晶体も加齢に伴って少しずつ黄色く着色されてきます。ですから、黄色い着色の眼内レンズの方がより水晶体に近い状態と言えるでしょう。

最近では、濃い着色レンズ、薄い着色レンズ、光の持つヒトの概日リズムと言われる体への影響を考慮したレンズも出てきました。しかし、これらの実際の差は大きくないとされています。どういった着色眼内レンズを使用するのか、興味がある場合は、担当医に質問をしてみても良いでしょう。

様々な黄色着色眼内レンズ

焦点(ピントの合う距離)の数

ピントの合う部分が1個の眼内レンズを単焦点眼内レンズ、複数ある眼内レンズを多焦点眼内レンズと言います。ヒトの水晶体は、様々な部分にピントを合わせることができますが、多焦点レンズとは少し異なり、同時に複数の異なった距離にピントは合いません。様々な距離にその都度瞬時に合わせることができる、ということです。

単焦点眼内レンズの場合

これに対して多焦点眼内レンズは、最初から複数の距離にピントが合っている構造になっています。最近の多焦点眼内レンズは、焦点が2個のものと3個のものがあります。

ボケの程度

光はレンズによって曲げられます。レンズは一見、完全球面体の一部分を切り取ったような感じがしますが、実は完全球面状態のレンズでは、厳密には光が1点に集まらないのです。このレンズを「球面レンズ」と呼びます。これに対して、意図的に光がなるべく1点に集まるようにレンズの表面のカーブに手を加えたものが「非球面レンズ」と呼ばれ、最近の眼内レンズはほとんどがこちらになります。

非球面レンズは日常的に多く使用されており、カメラのレンズや望遠鏡のレンズも非球面レンズです。モノを見る時のボケ具合(どれだけハッキリ見えるか)を左右する技術です。

球面タイプの眼内レンズ

レンズに入る光が斜めであればあるほど、光は強く曲がる。
球面タイプの場合の焦点 球面タイプの眼内レンズ見え方
1点に光が集まらず、ボケて見える

理想の眼内レンズ

レンズのどこを光が通っても1点に光が集まる
非球面タイプの場合の焦点 非球面タイプの眼内レンズ
光が1点になるべく集まるようにレンズの表面に手を加えて微調整

乱視の矯正

眼鏡を作るときに、乱視の有無を言われることも多いと思います。モノを見た時にブレて見えたりする、多くの人が持っている乱視ですが、これはもう一つのレンズである角膜の形状が大きく影響しています。

正常な角膜は綺麗なカーブを描いたレンズですが、レンズのカーブが歪んでしまうと、レンズを通してみた像も歪んでしまいます。これを乱視と呼びます。水晶体を取り除いても角膜で発生する乱視はなくなりません。これを矯正する機能を持った眼内レンズを、Toric(トーリック)眼内レンズと言います。

これらのレンズ選択は、多焦点眼内レンズ以外は眼科医が選択するものです。
単焦点眼内レンズは基本的に保険診療の対象となっており、実際の日常生活上では大きな差が無いという意見が多くあります。
また、眼内レンズの種類は多岐に亘りますので、必ずしも国内で使用できる眼内レンズが全て眼科にあるわけではありません。

ただし、多焦点眼内レンズや乱視用眼内レンズに関しては、患者様の意向を伺って使用する場合が多くあります。
多機能な眼内レンズが近年増えてきており、その中には保険が適用されないものや、海外製で輸入を必要とするものもあります。これらを選ぶ場合は特に、そのレンズに対して知識を持っている眼科や眼科医に相談をする必要があります。
医師から紹介されない場合もありますが、ご自身で質問してみるのも良いでしょう。

多焦点眼内レンズ

以前は、焦点が複数ある多焦点眼内レンズは、国内ではほとんど使用されていませんでした。
しかし近年、多焦点眼内レンズの特徴や良さが理解され始め、急激に使用数が伸びてきています。
多焦点眼内レンズも最近は複数の種類が出始めていますが、どこの眼科でも扱っているわけではありません。
また、必ずしも全ての患者様に多焦点眼内レンズが向いているわけではないところも、難しい部分です。

良く聞かれる宣伝として「眼鏡が不要」という文句がありますが、眼鏡が完全に不要になるわけではありません。
しかし、精度の高い検査と、優れた手術、そして適切な多焦点眼内レンズを使用することで、ほとんどメガネが不要になる事はあり、それによって患者様は非常にハッピーになります。
基本的な考え方は、単焦点眼内レンズと比較して、日常でのメガネの使用頻度を減らす、と考えれば良いでしょう。

多焦点眼内レンズの種類

現在国内で使用されている主流の多焦眼内レンズは焦点が2つのレンズです。
遠くと近く、という二つ距離の焦点ですが、中間の距離の見え方や、極端に近い部分、極端に遠い部分の見え方は悪くなります。それらの部分を補助する場合は眼鏡が必要になります。

しかし、最近は海外で使用されていてまだ日本に入ってきていない多焦点眼内レンズで、焦点が3つあるレンズも出てきており、これらは病院ごとに直輸入をして使用されています。
よりメガネの使用頻度を減らす事、そして、国内の主流の多焦点眼内レンズのデメリットな部分を補う機能を持っている事等が、人気の理由です。

ページ上部へ