ホーム > サイトマップ > 映像 > 飛鳥U世界一周写真集 > 8.太平洋東岸(サンフランシスコなど)

飛鳥U世界一周写真集

8.太平洋東岸(サンフランシスコなど)

2007.08.27. 掲載
このページの最後へ
6月14日:厨房見学
6月16日:アカプルコ近くを航行
6月17日:メキシカン・ディナー
6月18日:カボ・サン・ルーカス
6月21〜22日:サン・フランシスコ
6月25日:ヴァンクーヴァー
    
記事の多い「 航海記8.太平洋東岸(サンフランシスコなど) 」に移動する


6月14日:厨房見学

厨房(ギャレ)の見学の前に、フォーシーズンで説明があった。


厨房(ギャレ)の見学の前に、フォーシーズンで説明があった。


厨房の中、馬鹿でかく、ほとんどがステンレス製


1度に400名分を作るには、これだけの巨大な厨房が必要なのだろう。


これは、刃物類の保管庫で、すべて南京錠が付けられている。


ルームサービス用の保管ケースには 「Close this door tight」の注意


厨房から食堂へ料理を持ち出す側の通路は一方通行で内回り


食堂から厨房へ入る時の通路も一方通行で外回り


食堂への出入り口、ここで出入りする者が合流する。


6月16日:アカプルコ近くを航行

アカプルコを近くを通過、キャプテンは飛鳥Uをここに接近してくれた。


アカプルコ付近


サン・フランシスコで下船するフィリピン人スタッフ「Alden」の思い出に、


6月17日:メキシカン・ディナー

メキシカン・ディナーの夜をみんなで楽しく。後でデジカメを構えるのはBOW氏


BOW氏が写した奥様の笑顔


ハイビジョン・ビデオカメラを手に2ショット、SACHIさんのお父様撮影、日付は日本時間


6月18日:カボ・サン・ルーカス

パナマからカボ・サン・ルーカスまでの航路(衛星写真)


メキシコ国旗


1.テンダー・ボートで上陸

飛鳥Uのテンダー・ボートを降ろす作業が始まる。


飛鳥Uのテンダー・ボートが海面に降ろされた。


飛鳥Uのテンダー・ボートがカボ・サン・ルーカス港に向う。


飛鳥Uからテンダー・ボートに乗り移る状況を船尾側より、


飛鳥Uからテンダー・ボートに乗り移る状況を船首側より、


飛鳥Uからテンダー・ボートに乗り移る状況をアップで、


飛鳥Uのテンダー・ボートがカボ・サン・ルーカス桟橋に上陸


2.海上からカボ・サン・ルーカス観覧

カボ・サン・ルーカス港に停泊中の帆船


水鳥の群れ


大型遊覧船「カボレイ」号のブリッジ


遊覧船上で2ショット


飛鳥Uのキャビンから見た岩山群


飛鳥Uのキャビンから見た岩山群


大型遊覧船「カボレイ」号から見た岩山群


三角形の砂浜はアモール・ビーチ(恋人たちの浜)


アモール・ビーチをアップで、


岩山群


岩山群


カボ・サン・ルーカスの象徴、エル・アルコ(EL ARCO)


エル・アルコ(EL ARCO)はアーチ型岩山(Arch Rock)


エル・アルコ


アザラシが1匹岩の上で寝そべっていた。


時計回り(右回り)で遊覧船は進んで行く。


かなり広いビーチが見える。


リゾート・ホテルとそのビーチが遠くに見える。


リゾート・ホテルとそのビーチ


高い絶壁の上に高級住宅群が見える。


同じく高級住宅群


カボ・サン・ルーカスの岩山群をバックに、2ショット


パラ・セールを楽しんでいるのが見えた。


妻はしてみたいと言うが、高所恐怖症の私は真っ平ご免!


6月21〜22日:サン・フランシスコ

カボ・サン・ルーカスからサン・フランシスコまでの航路(衛星写真)


サン・フランシスコ(衛星写真)


ゴールデン・ゲート・ブリッジ(衛星写真)


ベイ・ブリッジとトレジャー・アイアランド(衛星写真)


米国国旗


1.入港

はるか彼方にゴールデン・ゲート・ブリッジ? まだ、人影はまばら


はっきり見えてきたら、デッキにはどっと人が増えた。


快晴で霧もなく、ゴールデン・ゲート・ブリッジははっきり見える。


ゴールデン・ゲート・ブリッジを目前に、デッキは人で埋まった。


ゴールデン・ゲート・ブリッジは、もう目の前に来た。


間もなく、橋の下を通過する。


通過の直前、太陽の光を受けて金門橋は朱色に輝いている。美しい!


12:40にブリッジ下を通過してサン・フランシスコ湾に入った。


橋へ向う1隻のヨットがオシャレだ。


もう、ゴールデン・ゲート・ブリッジは遠くに離れてしまった。


ゴールデン・ゲート・ブリッジが連なるマリン・カウンティーの丘陵


サンフランシスコ湾内北側の島々


中央に見えるのは、連邦刑務所のあったアルカトラズ島


アル・カポネが収容されたこともあるこの刑務所は、今や観光名所


右側前方にベイ・ブリッジとそれに連なるサン・フランシスコの高層ビル


この橋はサン・フランシスコとオークランドを結ぶ。
その中間点にあるトレジャー・アイランドが左手に見える。


ベイブリッジの西側にある、サン・フランシスコ市街の中心部


手前に見えるのはピア39、うしろは高層ビル群


サンフランシスコ北東部、急勾配の坂が3つ見える。


手前がピア39、聳え立つのはトランスアメリカ・ピラミッド、円筒状建物はコイト・タワー


ピア39の西側ドックにあるいかだ。ここに野生のアシカが寝そべると聞く。


サンフランシスコ北東部


急な勾配の坂が3つ見えるサンフランシスコ北東部をアップで、


左にコイト・タワー、右にトランスアメリカ・ピラミッド


左端の煙突状の建物はコイト・タワー、その隣の尖塔はトランスアメリカ・ピラミッド
右側には、サン・フランシスコ湾に向う5本の急坂の道路が見える。


急坂の部分をアップで、


フィッシャーマンズ・ワーフの前、二つのビルの左に見える坂はハイド・ストリート


2.ゴールデン・ゲート・ブリッジ

ブリッジを渡る前に、車窓から見た対岸のマリン・カウンティーの丘陵


マリン・カウンティにある展望台ヴィスタ・ポイントから見たゴールデン・ゲート・ブリッジ
対岸のゴールデン・ゲート・パークが左手に見えている。


ヴィスタ・ポイントから見た対岸のゴールデン・ゲート・パークとゴールデン・ゲート・ブリッジ


ヴィスタ・ポイントから見た対岸のゴールデン・ゲート・パークとゴールデン・ゲート・ブリッジ


マリン・カウンティにある展望台ヴィスタ・ポイントを出て、ゴールデン・ゲート・ブリッジに向う。


ゴールデン・ゲート・ブリッジが近づいてきた。飛鳥U専属カメラマン大須賀氏が撮影中


もう、ゴールデン・ゲート・ブリッジは目前だ!


ゴールデン・ゲート・ブリッジに足を踏み入れた。歩き始めて8分


この橋は、サンフランシスコからマリン・カウンティ方面へ抜ける唯一の道
6車線の道路と歩道を持つ。中央分離帯は、上り下りの交通量によって移動される。


橋を懸垂する鋼鉄製ケーブルは、非常に太く直径90cmもある。


マリン・カウンティ側の支柱を越えたところで、来た道をふり返ってみた。
聳え立つ支柱に圧倒される。バックに見えるのはマリン・カウンティーの丘陵


もう、橋の半分くらいを渡ったことになるだろう。


行く手には、サンフランシスコ側の支柱が待っている。歩き始めて30分


支柱が迫ってきた、飛鳥U専属カメラマン大須賀氏の姿が見える。


巨大な支柱を見上げ、唖然となるばかり。歩き始めて37分


サンフランシスコ側の展望台から見たゴールデン・ゲート・ブリッジ
橋桁の下に見える建物は南北戦争当時の要塞フォート・ポイント。歩き始めて45分


対岸のマリン・カウンティーの美しい丘陵が
ゴールデン・ゲート・ブリッジを引き立たせている。


見る位置を変えてみると、違った美しさがある。


ヴィスタ・ポイントから見たサン・フランシスコ湾、左からトレジャー・アイランド
ベイ・ブリッジ、橋の近くに停泊中の飛鳥U、サン・フランシスコ市街


ヴィスタ・ポイントから見たサン・フランシスコ市街


ゴールデン・ゲート・ブリッジ上から見たサン・フランシスコ湾


少し歩いて、ゴールデン・ゲート・ブリッジ上から見たサン・フランシスコ湾


かなり歩いて、ゴールデン・ゲート・ブリッジ上から見たサン・フランシスコ湾


ゴールデン・ゲート・ブリッジ上から見たサン・フランシスコ湾、ブリッジの前に飛鳥Uが停泊


ゴールデン・ゲート・ブリッジ上から見たサン・フランシスコ湾


サンフランシスコ内に入ったところの、ゴールデンゲートブリッジ上から見た市街


アップで、


サン・フランシスコ湾をバックに、


ゴールデンゲートブリッジ上で、日光完全防御スタイル


太いケーブル、バンザーイ!、後に飛鳥U専属カメラマン大須賀氏の顔が写っている。


ゴールデンゲートブリッジ上を歩く私


ゴールデンゲートブリッジ上で、


ゴールデンゲートブリッジ上で、サン・フランシスコ市街をバックに、


サン・フランシスコ側の見晴台でゴールデンゲートブリッジをバックに、私


3.フィッシャーマンズ・ワーフ

ピア39はフィッシャーマンズ・ワーフの中心で、
ウォーター・フロント再開発計画のモデルになったところ


Kドッグには、野生のアシカが、いかだの上で何頭か寝そべっていた。


4.飛鳥Uが停泊したピア35

飛鳥Uはピア35の東側に着岸しようとしている。


ピア35に着岸した。


飛鳥Uから南方向には、左にトランスアメリカ・ピラミッドと右にコイト・タワー


飛鳥Uの南西方向に見える左下から右上に斜めに走る道路を進むと、
ケーブルカーのパウエル・メイソン線の終点に達する。


飛鳥Uの西方向に見える、真中を走る道路を進むと、ケーブルカーのパウエル・ハイド線の
終点に達する。右上にゴールデン・ゲート・ブリッジが見える。


飛鳥Uから西北西方向を見ると、
遠くにゴールデン・ゲート・ブリッジ、近くにピア39が見える。


飛鳥U船上から見たベイブリッジの夜景


左端はベイ・ブリッジから右端トランスアメリカ・ピラミッドまでの夜景


左にトランスアメリカ・ピラミッド、右にコイト・タワー


飛鳥Uのデッキと一緒に写した夜景、左にトランスアメリカ・ピラミッドとコイト・タワー


飛鳥U船上の西北西方向には、灯りの多いピア39周辺が見える。


ピア39周辺をアップで、横に並んだ点状のライトはゴールデン・ゲート・ブリッジ


5.キャビンで見た、美しいサン・フランシスコ湾の日の出

サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出、南の空から鳥の群


サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出、北から漁船が2艘


サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出


サンフランシスコ湾の日の出、太陽は一段と明るくなった


サンフランシスコ湾の日の出、
右手にベイ・ブリッジのオークランド側、その隣にはトレジャー・アイランドが見える。


6.コイト・タワー

「世界一曲がりくねった坂」の続きを下りて行った。


こんどは上り坂になった。タクシーが来ないので歩いて上った。


コイト・タワーの展望台から北西方向に、ゴールデン・ゲート・ブリッジが見える。
左側の道路は、グリニッチ通り、右側の道路は歩いてきたロンバード通り、
この坂を登りつめたところに「世界一曲がりくねった坂道」がある。


ゴールデンゲート・ブリッジをアップで、


連邦刑務所のあったアルカトラズ島、手前に見えるのはピア39


北方向に、ピア35停泊中の飛鳥Uが見える。


飛鳥Uをアップで、


南東方向には、トレジャー・アイランドまでのベイブ・リッジが見える。


南南東方向には、トランスアメリカ・ピラミッドが見える。


サン・フランシスコで一番高い塔、トランスアメリカ・ピラミッドをアップで、


7.フェリー・ビルディングとマーケット・プレース

フェリー・ビルディング周辺


道路側から見たフェリー・ビルディング


フェリー・ビルディングがリニューアルされ、
1階にショッピングセンター「マーケット・プレース」が作られた。


マーケット・プレースの中


昼食を摂っている人たち


マーケット・プレース入口をバックに、


マーケット・プレース入口をバックに、私も


8.サンフランシスコ・ジャイアンツ球場

サンフランシスコ・ジャイアンツ球場は、AT&T公園内にある。


ジャイアンツ球場のライト・スタンドを越えたホームランボールはこの海へポチャン!


ボールを拾うためにボートが出て、飛び込む人もいるとか?


サンフランシスコ・ジャイアンツのダッグアウト・ショップ


サンフランシスコ・ジャイアンツの球場があるAT&T公園の前で、


ジャイアンツのダッグアウト・ショップの前で、


9.ベイ・ブリッジ

フェリー・プラザから見たベイ・ブリッジ、左端はトレジャー・アイランド


ベイ・ブリッジの中間部分


ベイ・ブリッジのサンフランシスコ側


ベイ・ブリッジをバックに、


10.トレジャー・アイランド(宝島)

トレジャー・アイランドから見た、ベイ・ブリッジとサン・フランシスコ北東部の市街


アップで、


トレジャー・アイランドからみたベイ・ブリッジ


トレジャー・アイランドから見た、ベイ・ブリッジとサン・フランシスコ北東部の市街


より広範囲で見ると、左端にベイ・ブリッジ、中央にピラミッド、右の小高い丘にコイト・タワー


中央の丘の上にコイト・タワー


中央やや左にピラミッド、中央にコイト・タワー、右端にゴールデン・ゲート・ブリッジ


左にトランスアメリカ・ピラミッド、中央にコイト・タワー、右に停泊中の飛鳥U


左に飛鳥U、中央に霧のゴールデン・ゲート・ブリッジ、右はマリン・カウンティーの丘陵


左から、ゴールデン・ゲート・ブリッジ、マリン・カウンティー、アルカトラズ島


アルカトラズ島、バックはマリン・カウンティーの丘陵


11.ロシアン・ヒルにあるロンバード通り

世界一曲がりくねった坂道を、ゆっくり車は下りて行く


「世界一曲がりくねった坂道」は、ロシアン・ヒルにあるロンバード通りのうちの、
ハイド通りとレヴェンワース通りの間の坂道である。


勾配約30度、100mの坂に、8箇所の急な曲がり角が設けられている。


道の両脇に満開のアジサイが植えられている。


ミニ・カーや自転車も下りてきた。


道路周囲の花壇、樹木、オシャレな家が美しい!


やはり、赤いスポーツカーはこの坂に良く似合う。


近くにいた人に頼んで、2ショット


カッコいいスポーツカーが下りてきたので、妻は駆け寄り一緒に撮影を頼む。
しかし、残念ながら記録写真は残っていない!


この坂道を下りてきた。


わずか100mで8曲がりを体験できる「世界一曲がりくねった坂道」


12.チャイナ・タウン

夕暮れのチャイナ・タウン


夕暮れのチャイナ・タウン


13.トランスアメリカ・ピラミッド

コイト・タワーを降りて、モンゴメリー通りを南下すると、
サン・フランシスコで一番高いトランスアメリカ社の本社ビルトランスアメリカ・ピラミッドに達する。


14.ユニオンスクエア

ユニオンスクエアの北側中央にティファニーのビルが見える。


メーシーズ百貨店の2階から見下ろしたユニオンスクエア


ユニオンスクエアに上がると、北側にティファニーのビルが見える。


ユニオンスクエアの西側には、ウエスティン・セント・フランシス・ホテルが見える。


ユニオンスクエアの南側には、メーシーズ百貨店が見える。


ユニオンスクエアに上る途中で、楽しいオブジェを見つけた。


15.ケーブルカー終点の乗車場

マーケット通りとパウエル通りの交差点に、ケーブルカーのターンテーブルがある。


このケーブルカー乗車場の切符売り場


パウエル通りを下ってくるケーブルカーが見える。


ケーブルカーが近づいてきた。軌道は3本、中央の軌道を使って坂を昇降する。


ケーブルカーがターンテーブルに乗った。


人力でケーブルカーの向きを変える。


二人で力を合わせて方向転換完了、これは愉快な仕事だろう?


ケーブルカーの前半分は3人掛け、5人がその外側に立って手すりを持つ構造。
この前半分の車両の中央に運転手が操作する部屋がある。後半分は通常車両


16.ケーブルカーに乗車した

これは、カリフォルニア通りをを上って来るケーブルカー
カリフォルニア線は乗客が少なく、坂の傾斜は厳しい。私たちはこのケーブルカーに乗った。


車両の前半分の中央が運転操作室で、制御レバーのほかに、中央の軌道の間隙が見える。
この軌道がケーブルカーの歯車と噛みあっている。この運転操作室の両側に座席があり、
座席の外側には、手すりに捉まって立って乗る客用の踏み板がある。


車両の後半分は普通の電車並みで、座席は車両の内部両側にある。


ビデオスナップショットを使ったケーブルカー乗車の擬似体験をどうぞ!
この急峻な坂道をケーブルカーは下る。こからヴァーチャル乗車スタート。


1分30秒後、一つ道路を横切った。遠くにベイ・ブリッジが見える。


1分38秒後、次の道路が見えてくる。


1分42秒後、まもなく、次の道路を横断する。


2分37秒後、道路を横断した。


3分06秒後、次の道路が見えてきた。


3分21秒後、まもなく次の道路を横断する。


3分29秒後、道路を横断した。


ビデオ撮影は終り、この写真はデジカメ撮影によるもの。
この突き当たりに、カリフォルニア線の終点の乗車場がある。

正面ビルはリニューアルされたフェリー・ビルディング
ここでカリフォルニア通りは終り、南西方向にマーケット通りが始まる。

マーケット通りとパウエル通りの交差点に、3つのケーブルカーラインの内の
パウエル・ハイド線とパウエル・メイソン線の共通の終点乗車場がある。



6月25日:ヴァンクーヴァー

ヴァンクーバー(衛星写真)


ライオンズ・ゲート・ブリッジ(衛星写真)


ヴァンクーバー市街(衛星写真)


カナダ国旗


1.スタンレー公園
スタンレー公園から見たヴァンクーヴァーの高層ビル群


白い5つの帆を持つカナダ・プレイスに停泊している飛鳥Uが見える。


スタンレー公園にトーテンポールが立ち並ぶ場所がある。


トーテンポール


トーテンポール


トーテンポールをバックに、


スタンレー公園の美しい緑


スタンレー公園の美しい緑


スタンレー公園の美しい緑をバックに、


スタンレー公園の美しい緑をバックに、


岩の上にウエット・スーツの少女の銅像、その頭に白い水鳥がとまっていた。


スタンレー公園から見たライオンズ・ゲート・ブリッジ


スタンレー公園から見たライオンズ・ゲート・ブリッジ


スタンレー公園から見たライオンズ・ゲート・ブリッジ


スタンレー公園から見たライオンズ・ゲート・ブリッジ


対岸に超高級住宅地である西ヴァンクーヴァーが見える。


2.キャピラノ渓谷吊り橋
北ヴァンクーヴァーの、キャピラノ渓谷吊り橋への途中にあるトーテンポール


キャピラノ渓谷吊り橋


キャピラノ渓谷吊り橋


長い吊橋をバックに2ショット


樹木の間に作られた空中散歩道


キャピラノ渓谷吊り橋の空中散歩道で、


キャピラノ渓谷のり橋の空中散歩道で、


キャピラノ渓谷のり橋の空中散歩道で、


キャピラノ渓谷吊り橋横の売店


大きな熊と一緒に、


キャピラノ渓谷吊り橋の駐車場


3.グラウ山、ロンズデル・キー
ロープウエイでグラウ山の山頂に上った。


グラウ山のロープウエイから見下ろしたヴァンクーヴァーの景色


北ヴァンクーヴァーのロンズデル・キーのシーバス発着場所


ロンズデル・キーから見たヴァンクーヴァー市街


カナダ・プレイスに停泊している飛鳥Uが見える


夕陽に映えるヴァンクーヴァーの市街を後に飛鳥U出港して行く。


ライオンズ・ゲート・ブリッジ、ヴァンクーヴァーの街、さようなら


<2007.8.27.>

ホーム > サイトマップ > 映像 > 飛鳥U世界一周写真集 > 8.太平洋東岸  ページのトップへ

9.アラスカへ