ホーム > サイトマップ > 出版 > サイト記録 > サイト内容のDVD記録


サイト内容のDVD記録

2016.08.26. 掲載
このページの最後へ

目次
1.はじめに
2.サイトの内容の定期的保存を望む理由
3.定期的保存の活用
4.保存再生可能期間は最低どれほどが必要か?
5.保存・再生方法の検討
6.保存用光ディスクの作り方
7.保存したサイト内容の再生
8.記録媒体の更新


1.はじめに

今年80歳を越え、体力の低下を自覚するようになり、サイト「中之島のBOW」の将来について決める時がきたと考えた。

私は、書きたいことがある間は、記事を書き続けたく思っている。しかし、体力や知力がそれを許さない状況になるかも分らない。そして、死ぬ時は必ず来る。

著作を業としない人間としては、かなりの数の記事を書いてきた。公開した文書に限れば、雑誌への投稿、書籍の共同執筆、単行本の出版、このサイトに掲載した記事がある。

公開した文書の中で、死後にも残しておきたいものが幾つかあり、そのほとんどは、このサイト「中之島のBOW」に掲載した記事である。


2.サイトの内容の定期的保存を望む理由

ゴールが近づいて来たことを知ると、自分の生きてきた行程を記録に残して置きたいという気持ちになるのは、人間の本能かも分らない。

人生の終わり近くで、自分の人生を回想して、自分史を記録することも意味はあると思うが、その途中で記した記録は、それに劣らないか、それ以上の意味があると思う。

私は時代に恵まれ、20年前から自分のサイトを開設し、その時々に、思う存分記事を書いて来た。また、その個々の記事には、他の記事や記事の中の部分に、できるだけリンクを張り、サイトの内部もインターネットの超ミニチュア的構造になっている。

最近は、記事を書くだけでなく、リンクをチェックすること、掲載記事の内容の修正、追加、削除などにも努め始めた。これまでは、記事を書くのは好きだが、推敲が苦手で、その暇があれば、別のしたいことをする生き方をしてきた。しかし、それが最近嫌ではなくなった。できるだけ、自分が納得できる文書にしたい気持ちになっている。耳が非常に遠くなったことも、このことに関係しているのかもしれない。

ということは、後のサイトの内容の方がより望ましいものになる可能性がある。しかし、それを記録で残すことは、定期的にサイトの内容を記録することでしか得られない。

そのわけは、サイト「中之島のBOW」のデータは、私のPCのHDDと、サーバーAsahiNetのHDDに保存されているが、記事の追加や修正、削除など変更を加える度に、そのデータは当然変わるからである。

サイトの内容の記録保存の方法を確立し、一度実現しておけば、定期的保存を行うことは容易になる。そのため、サイト開設20周年に当たる本年8月15日に、サイト内容保存ディスクを作成した。

この方法では、オフラインでのデータ再生となり、アクセスカウンターが働かないので、index.html を開いてもアクセスカウントは表示されない。そのため、オンラインで index.html を開いたホームページの画像も一緒に取り込んでおく必要がある。


3.定期的保存の活用

サイトの内容の定期的保存の最大の活用は、サイトの最終記録ないし、最終に近い時期の記録が残せることである。その保存媒体が光ディスクのようなダビングが容易なものであれば、複数個のコピーを残すことができる。これは、私の最も望むところで、その光ディスクを家族、知人、希望される方に差し上げることができる。

そのほか、時間推移によるデータの比較などに利用できる資料となるかもしれないが、それについては余り関心はない。


4.保存再生可能期間は最低どれほどが必要か?

私がこのサイトの内容記録を見てほしい人で、一番若いのは3番目の孫0歳である。だから、30年くらいは保存再生ができることが望ましい。

保存するメディアは、現在のところ、光ディスクが長寿命で、保管方法が適切であれば30年は大丈夫のようである。3種類の光ディスクの中で、DVDであれば記憶容量は4.7GBあり、十分大きく、問題はない。


5.保存・再生方法の検討

保存・再生方法の条件
1)パソコンのOSはWindowsである(これまで、シェアを独占的に占めてきたOSだから)
2)その最新のOSであるWindows10で再生できる(将来も再生可能の確率が高い)
3)特殊なアプリを使わず、長期間使用された実績のあるソフトを使う
4)できるだけ、シンプルで手間がかからない

以上の条件に合ういくつかの方法を試行し、比較検討を行った。

その内の一つに、2011年に考案した電子出版の方法があるが、手順が少し複雑なので、これをできるだけシンプルにした。

Windows10からは、ディスクをパソコンに挿入すると、「タップして、このディスクに対して行う操作を選んでください。」のメッセージが表示され、すぐにはオートラン(自動再生)にならない。

これをタップ(クリック)すると、「このディスク に対して行う操作を選んでください。メディアからのプログラムのインストール/実行、その他の選択肢として、 フォルダーを開いてファイルを表示、 何もしない」の画面が表示される。

「メディアからのプログラムのインストール/実行」を選ぶと、このステップを経て、index.html ファイルがオートラン(自動再生)される。

このように、オートランは、Windows 7 までの OS ように、即再生と言うわけにはいかず、2ステップの手動操作が必要なセミ・オートランになるが、多量のファイル群の中から index.html を探し出して、それをクリックして直接起動する(開く)操作よりは簡単なので、この方式は取り入れることにした。

もしも、将来のOSで、この方式が外されることがある場合や、うまく働かない場合に備えて、 index.html を直接起動することも可能にしておき、それを分りやすく実行する方法を考案した。


6.保存用光ディスクの作り方


図1.保存用光ディスクを作る行程

 1.デスクトップに作業フォルダを作る

 2.サイト用フォルダ内のフォルダとファイルのすべてを、作業フォルダにコピーする

 3.作業フォルダに以下の3つのファイルをコピーする

  autorun.inf
  メモ帳かテキストエディタを使って、中身が以下のファイルを作る
  [Autorun]
  open=mmatrun.exe index.html

  mmatrun.exe
  Vectorよりautorun.inf-作成ウイザードをダウンロードし、
  この中からmmatrun.exeを取り出す

  中之島のBOW.html
  作業用フォルダ内にある index.html ファイルをデスクトップにコピーし、
  ファイル名を 中之島のBOW に変更し、
  作業用フォルダ内に移動する

  これはファイル群の一番最後に配置され、日本語名なので見つけやすい
  実質は index.html なので、これを起動すると、あとは index.html を開いたと同じ結果になる

 4.作業フォルダのデータをディスクに書き込む

  Winodwsに付いている光ディスク書き込み機能を利用するか、ライティングソフトを利用する
  多機能で便利なため、私は専らライティングソフトを使っている。現在は B's Recorderを使用

 5.ディスクにラベル印刷をする

サイトの内容を記録したDVDにラベル印刷しておく。これはテンプレートを作っておき、記録した年月日を書き換えるやり方が実行しやすい。


図2.サイト内容を保存した光ディスクのラベル

 6.電子出版への応用

2001年に、サイトに掲載した記事をタイトルにした電子出版を考案し、その作成法を実用電子出版の名前で掲載した。

その後、2009年まで合計9種類の電子出版物を刊行しただけで中断している。その理由は、インターネットが爆発的に普及し、検索機能も高まり、直接パソコンでWebサイトを見る方が簡単だからではないかと思っている。

今回、サイト内容のDVD記録を行うにあたり、その方法ができるだけシンプルになるように工夫した。その結果、実用電子出版よりも格段に分りやすく、簡単に作れる方法を考案できた。

これから電子出版物を作る場合、この方法を活用すれば超簡単に実行できるであろう。
それには、index.html の代わりに、タイトルのHTMLファイルを使い、このファイルのファイル名を日本語にリネームした タイトル名.html ファイルもつけ加える。

あとは、必要ないくつかのファイルやフォルダを加えるだけでよい。多くの場合、DVDでなくても、CDで十分収まるだろう。


7.保存したサイト内容の再生

Windows 7までは、パソコンのディスクドライブに、DVDやCDなどの光ディスクを挿入すると、オートラン機能付きに設定したディスクの場合、そのまま自動再生された。

Windows10では、5.保存・再生方法の検討で述べたように、ディスクを挿入すると、「タップして、このディスクに対して行う操作を選んでください。」のメッセージが表示され、タップ(クリック)すると、選択画面が現れ、「メディアからのプログラムのインストール/実行」を選ぶと、index.html ファイルがオートラン(自動再生)される。

ただし、読み込みにかなり時間がかかることを承知して、読み込みが終わるまで待つ必要がある。

このとき使われるブラウザは、そのパソコンの常用ブラウザに設定したブラウザが選ばれる。

もし、オートランが働かない場合は、エクスプローラで光学ドライブを選び、ファイル一覧から、「中之島のBOW.html」を選んで、ダブルクリックして起動することができる。

この場合、「中之島のBOW.html」を右クリックして、「プログラムから開く」を選ぶと、そのパソコンに収まっているブラウザが一覧表示される。その中のブラウザを選択することで、常用ブラウザ以外のブラウザで開くことができる。

最後に、以上のいずれのやり方でも、index.html ファイルが表示できないとか、フリーズしてしまう場合などには、一旦ディスクを取り出し、パソコンを再起動してやり直すと、成功する可能性が高い。


8.記録媒体の更新

光ディスクは、保存メディアの中では長寿命であるとされているが、保管状態の影響を受けるのは当然と思われる。そこで、例えば、5年とか10年とかで、データの移し替えをするのは効果があるだろう。

また、光ディスクに代わる、より優れた記録媒体が現れ、評価が定まれば、それにデータを移し替えることも実用的である。

いずれも、私がこの世に存在しなくなってからの話だが(笑)。

<2016.8.26.>

ホーム > サイトマップ > 出版 > サイト記録 > サイト内容のDVD記録   このページのトップへ