東北地方には渋い狛犬がたくさんいます。関西圏では十の神社を回るとみな同じような狛犬ばかりで、ああ、狛犬ってこんなもんか……と思ってしまう人が多いのですが、東北の狛犬はどれも少しずつ違っていて、しかも個性的な逸品が揃っています。
 私と一緒に狛犬を巡る旅に出ましょう。(目次の中の神社名をクリックすると、当該ページにジャンプできます)


岩手県の狛犬




◆盛岡市内の狛犬


盛岡市内の狛犬・目次
聖寿禅寺 スタートはこちらから。なぜか禅寺に狛犬が……。
護国神社(盛岡) 入口すぐの量産型はつまらないけれど、奥の昭和15年製作の狛犬はなかなか。
盛岡八幡宮 妙に頭が小さい虎風の狛犬(昭和7年)と、高い台の上にのっている狛犬(大正13年)。
盛岡天満宮 啄木の詩に詠まれた素朴な江戸はじめ。


◆遠野市周辺の狛犬


遠野市周辺の狛犬・目次
伊勢両宮神社 遠野には焼物の狛犬が多い。
遠野八幡宮 ここの狛犬も新しい焼物狛犬。昭和4年。
常堅寺 これが有名な頭に皿がある「河童狛犬」と、山門脇に、もう一対立派な狛犬が。
倭文神社(遠野市土淵) 地図に載っていなかった旧村社。古くて小さな狛犬が私を呼び止めた! 宝永年間以前(?)の超名品。
六神石神社 山奥の神社に宝永七年の「江戸はじめ」が! 倭文神社の弟分?
日出神社(上郷町) ファンキーな顔の焼物狛犬。昭和16年。
  

青森県の狛犬




◆三戸郡周辺(含・岩手県二戸市)の狛犬


三戸郡周辺の狛犬・目次
八坂神社(岩手県二戸市金田一) 明治6年製作の個性的な作品。
三嶽神社(西越) 風格のある狛犬。大正14年。
三嶽神社(戸来) キリスト来日伝説の地。一の鳥居から順番に、大中小と三対の狛犬がいる。
新山(夫婦)神社(倉石村) 夫婦松が御神体の神社。境内にある天満宮のトルソー狛犬もなかなか。


◆弘前市周辺の狛犬


弘前市周辺の狛犬・目次
黒石神社 黒石市に四つ脚立ちの狛犬がいた。明治44年。
弘前八幡宮 ここは狛犬の宝庫。参道口の「犬顔」狛犬と、拝殿裏にいた慶長年間の狛犬。
保食神社 町外れにいた、不思議な「青い目の天狗狛犬」。
革彦稲荷 キツネだけれど、明治18年のなかなかの作。
羽黒神社(岩木町) これは珍品! 羽の生えたオカマ狛犬。明治20年。
岩木山神社 有名な玉垣狛犬の他、全部で三対の狛犬がいる。
稲荷大神(鰺ヶ沢町芦萢) 地味だが、慶応元年の年代物。
香取神社(鰺ヶ沢町) ちょっとひしゃげた個性的な顔。昭和8年。
三新田神社(木造町) 船水忠吉作。明治25年。
大雷神社(柏村) 耳に特徴がある。明治37年。
八幡宮(五所川原市) 荒れ果てた草ぼうぼうの神社にいた、日本一顔の平べったい狛犬。明治25年。

◆続・弘前市周辺の狛犬


続・弘前市周辺の狛犬・目次
乳井神社 弘前市乳井では石工親子3人による狛犬競作が見られる。
戸隠神社 乳井神社の境内にある神社。
神明宮 弘前市乳井では石工親子3人による狛犬競作が見られる。
猿賀神社 南津軽郡尾上町猿賀。狛犬がいっぱい。
胸肩神社 安政年間の逸品。
弘前八幡宮 弘前を訪れたら必見。道路脇の犬顔の狛犬は名工・山内三次郎作。神殿には寛文4(1664)年の笏谷石狛犬トリオの1つが。
熊野奥照神社 弘前八幡宮のと兄弟と見られる寛文4年の笏谷石狛犬。
加茂神社 弘前市高杉。2対。
赤倉大神 弘前市高杉にある末社。今イチ。
鬼神社 鬼伝説で有名な神社。小説『鬼族』にも登場。必見。
大石神社(弘前市貝沢) こちらは末社。
大石神社(中津軽郡岩木町) こちらが本社。慶應元年のもっこり狛犬。
赤倉神社(中津軽郡岩木町) 異様な雰囲気の神社。
貴船神社(弘前市十面沢) なんかしょぼい顔の狛犬が。
巌鬼山神社 全部で4対。必見。
高倉神社 西津軽郡鰺ヶ沢町小屋敷町。
香取神社 弘前市富栄。
神明宮 弘前市富栄。ライオン型。
熊野宮 弘前市堀越。3対。
  

▲さあ、まいりましょう!
HOMEへ 狛犬ネット入口目次へ

狛犬かがみ全国書店にて発売中!
『狛犬かがみ A Complete Guide to Komainu』 全128ページ A5判 オールカラー(バナナブックス 2006年9月15日発売 1700円税込)
狛犬文化を体系的に解説・解明。全ページカラー。収録画像400点以上。日英両国語完全対応。日本が誇る狛犬文化・狛犬芸術の全貌を初めて全世界に発信! 詳細情報はこちら
アマゾンコムでの注文は→こちらから