Home浜松雑記帳目次>2006.7年写真本文へジャンプ

2006年・2007年 写真
 


ものの5分で消えた浜松での初めての虹(2007.2.18.)

掛川城
山内一豊も住んだという小さいながらキリッとしたお城です。「霧吹きの井戸」の伝説がある井戸も現存していて、その昔、敵に包囲されて絶体絶命の危機に際し、その井戸が霧を吹き上げて城をかこみ、敵の目をくらましたということでした。昔話は大げさでイイですね。


掛川城


名古屋城

 名古屋ドーム フラワードーム2007
(ナゴヤドーム開館10周年記念(2007.3.19.)











 

島田バラ園 (2008.5.21.)










二年目の薔薇
垣根に這わしたツルが伸びて、二回目の花が咲き始めました。
終の棲家には有り難いアクセントです



送信されてきた美しいバラの写真(宮本先生撮影)(2007.9.27.)


一輪のグロリオサ (木村先生撮影)2007.10.22.





護国山安寧祥寺(雄踏)の桜 2007年 (2007.4.05.


里の茶室


城跡の菖蒲2007.6.23.


(城跡公園の詩碑)


村松城跡公園への道村松城跡公園 09.10.


中央に雲がかかった妙高山(新潟県)

秋野不矩美術館
秋野不矩(あきのふく)美術館
浜松へきて一年もたってから、なんと、和歌山からのお客様にお教えいただいた美術館です。激動の20世紀を生き抜いた女流画家秋野不矩、91歳で文化勲章を受け、2003年、93歳で亡くなった彼女は、50歳を過ぎてからインドに魅せられ、インドを描きつづけました。
ユニークな構図と色は、落ち着いた雰囲気で気持ちが和みますが、激しい自然の迫力もしっかりと伝わってくる絵に驚きました。2007.5.28
.


(美術館エントランス)


(浜松市秋野不矩美術館の入場券)

蘭の里堂ヶ島(伊豆)











2007.6.03.

龍譚寺
浜松市引佐町にある龍譚寺(臨済宗妙心寺派は、彦根藩主井伊家代々の菩提寺です。
小堀遠州の手になる名庭園と左甚五郎による龍の彫刻があり、鄙には稀な手入れの行き届いた寺です。
早春の半日ドライブにはもってこいの道のりでした。
(2007.3.3.)








紅葉の龍譚寺  2007.12.6. 

浜松雑記帳の目次へ

最新の更新ページへ

Home>旅目次  浜松雑記帳  花目次  料理ワイン目次  エッセイ目次