天空博物館
博物館入口
現象解説__
観察記録
文献紹介__
関連サイト_
Garden Menu
Interaction
天空博物館__
SF読書録___
etc.____

2001年 (4月〜6月)

2001 (1月〜3月)2001 (7月〜9月)

2001.6.28.

九州方面では豪雨になっているそうですが、 関東は雲は多いものの梅雨の中休み的天気が続いています。 そんな空に、ごくうっすらと、しかも輪郭もはっきりとしないような、 でもたぶん内暈 であろうものが、右下120度分くらい見えました。 12:45頃、五反田にて。

2001.6.23, 25.

飛行機の機長をなさっていらっしゃる藤瀬さんから、 飛行機の操縦席から撮られたものを含めていくつか写真をいただきました。 どうもありがとうございます。
ひとつめは、6/23, 8:30頃に四国上空1000mで撮られたという
内暈です。 左上には上部タンジェントアーク っぽい部分も見えますね。 暈の上下に白く眩しい光のかたまりが見えた、ということなので、 おそらく上下のタンジェントアークでしょう。
内暈(と上端接弧)

次は地上からのの写真です。 副虹もうっすらと見えています。 6/25, 19:00頃、世田谷区深沢からの撮影だそうです。
虹と副虹


もうひとつは、 5/24の項をご覧下さい。 飛行機ならではの光景です。
(6/30記載)

2001.6.19.

今日は、暈ではなく太陽に掛かる 光環が見えました。 ほとんど白く眩しかったのですが、縁の部分がきれいに赤くなっていました。 10:00頃、五反田にて。

2001.6.18.

梅雨の中休みの続きで、雲は多いものの陽は射していました。 もやっとした雲の中、16:00頃には 内暈がうっすらと見えていました。 五反田にて。

2001.6.17.

梅雨の中休みで久々に晴れ間がのぞきはじめ、 低い雲の間から見える空に上から右側にかけて、 最大150度ぶんくらいの 内暈 が見えました。 14:30頃、神奈川県津久井湖付近にて。

2001.6.11.

以前にもメイルをいただいた 北海道十勝は幕別町駒畠の堀内さんから、 6/11の18:40頃、 とても鮮やかな輝くような主虹と、うっすらとした副虹が見られた、 と教えていただきました。 こまはたiNet のページに写真が掲載されています。 ほんと、きれいに見えていますね。 畑やトラクターとの対比もいい感じです。 ありがとうございます。 (6/15掲載)

2001.6.7.

梅雨入り宣言が出た直後に晴れるのはよくある話で^^;、 今朝はなかなか良い天気でした。 とはいえ雲は多く、 8:30頃には、八王子にて、うっすらと 内暈の上の部分と さらに薄く下の部分が見えていました。 そして10:00頃、五反田ではきれいに色の分離した 光環 が見えました。 光環は11:45頃にも見えました。

2001.6.5.

朝から、太陽は透けて見えるものの空一面雲に覆われた天気でした。 8:30頃には、うっすらと 内暈が見えていました (@八王子)。 11:45頃、五反田でも、真上に近い位置の太陽の周りに、 朝よりもさらにうっすらと内暈が見えました。

2001.6.3.

梅雨前線がすぐそこまで来ていますが、 今日は一日中晴天で七月上旬並の暑さだったそうです。 午後は雲もほとんどない空だったのですが、 夕方、飛行機雲から変化したのかな、という感じの雲が太陽に重なり、 きれいな光環が見えました。 雲がそんなに幅広くなかったので、360度分はありませんでしたが、 色付いた輪が幾重にも見えました。 八王子にて、16:30頃。

2001.5.30.

また天気がぐずついてきて、そろそろ関東地方も梅雨入りでしょうか。 今朝はまだ晴れ間もいくらかあって、 内暈の上のほう、 60度ぶんくらいが見えました。 8:30頃、八王子にて。

2001.5.25.

内暈 が見える日が数日続いた後は雨の日が続きましたが、 今日はようやく晴れ間が。 とはいえすっきりとは晴れず雲の多い空で、 高い空には薄雲も掛かっています。 17:30頃見ると、ごくごく薄くですが 環天頂アークが見えました。 太陽の真上から、左には少ししか延びていませんでしたが、 右には30〜40度ほど延びていました。 少し経つと、内暈の一番上にあたる辺りに色の分離したスポットが現れました。 スポット、という程度の大きさしか見えなかったのであまりはっきりとはしませんが、 内暈というよりはどちらかというと 上部タンジェントアーク のようです。 五反田にて。

2001.5.24.

飛行機の機長をなさっている藤瀬さんからいただいた写真の続きです (6/23,25の項参照)。
これはまさに飛行機からでないと見られない、 光輪の写真です。 高い山の上などで見られるブロッケン現象 と同じです。
光輪


撮影者のいるところの影を中心に輪が見えるわけで、 この写真を見ると、藤瀬さんが機首にいらっしゃるのがよくわかります。 なかなかお目にかかれない光景です。 どうもありがとうございます。 (6/30記載)

2001.5.21.

記録更新、5日連続で 内暈が見えました。 見えている時間はちょこっとでややぼやけた感じでしたが、 ほぼ一周分見えました。 10:00頃、五反田にて。

2001.5.20.

今日はほぼ快晴の良い天気でしたが、 ちょっとだけ薄雲がかかったときに、 内暈の左側120度ぶんくらいが見えました。 4日連続は初めてじゃないかな。 14:30頃、調布にて。

2001.5.19.

↓「明日も何か見えるかな」 というわけで三日目です。 辛うじて見えた、という感じでしたが、 12:30頃、八王子で 内暈 の左下60度ぶんくらいが見えました。 北のほうには積乱雲が見えるなあ、と思っていたら、 埼玉方面では雹が降ったところもあったらしいです。

2001.5.18.

暈の見えやすい天気は二、三日続くことが多そうだ、 というわけで、 今日も11:30頃、五反田で 内暈が見えました。 今日も環水平アーク が見えないかな、と思いましたが、見えませんでした^^;。 内暈は、13:00頃、15:00頃にも見えてましたので、 この間にもずっと見えていたことでしょう。 明日も何か見えるかな。

2001.5.17.

オグマバロンさんから教えていただきました。 この日は、10:30か11:00頃から数時間くらい、 千葉県柏市でも暈 (内暈) が見えていたそうです。 ありがとうございます。

2001.5.17.

朝から高い空に刷毛ではいたような筋状の雲が多く出ていました。 というわけで、何か見えるかな、と思っていたら、 早速8:30頃、八王子にて 内暈がところどころ見えました。 雲が動くに連れていろいろな部分が見える感じです。
10:00頃、五反田ではぐるっと一周分見えていました。 12:00頃にも見えていて、そのときはさらに、 とてもうっすらとではありますが 環水平アークも見えました。 長さはけっこうありましたが、 見えるかも、と思ってよく見てみないとわからないであろうくらいの色の薄さでした。 13:00頃には、なにも見えませんでした。

2001.5.14.

台風一号が沖縄付近を通過するころ、 関東地方も早くも高層の雲が掛かりはじめました。 15:00頃には内暈 がぐるっと一周太陽を囲み、右側の 幻日も見えました。 雲がもやもやっとした感じだったので光が散乱されたのか、 内暈も幻日も白く太い感じでした (ほんの少しだけ、色が分離していました)。 太陽高度がけっこうある時間だったので、 幻日は内暈からはやや離れた感じで、少しの間ですが尾を長く引いていました。 五反田にて。

2001.5.11.

10日の木曜日、11日の金曜日と続けて、 埼玉や栃木のほうで激しい雷雨が通過していったようなので、 虹が見えたところもあったのではないかな、と思っていましたが、 やはりあったようです。 17:50頃、 栃木県藤岡町で主虹副虹が見られた、 と青木さんから教えていただきました。
虹は、(日没間近なので) 巨大な二重のアーチを描き、 色も形も鮮やかで、主虹の内側および副虹の外側と その間の明るさの差も、とてもはっきりとしていたそうです。 うーむ、さぞやすばらしい光景だったでしょうね。 どうもありがとうございます。
(5/14記載)

2001.5.7.

連休の終わりになってようやくすっきり晴れましたが、 また明日は雨のようです。 その前兆か、月に掛かる 光環が見えました。 あまりはっきりとした輪ではありませんが、白い中心部を赤い縁が取り巻き、 そこからから外側に黄色味がかって見えたり、 ちょっと紫っぽい部分が見えたりと言う感じでした。 22:00頃、八王子にて。

2001.5.5.

天気のすっきりしないゴールデンウィークですねえ。 八王子にて、15:30頃、ものすごーくうっすらとですが、 内暈が見えていました。

2001.4.24.

一昨日の興奮もまだ冷め遣らぬ、といったところですが、 今日は五反田にて10:00頃、 内暈の上のほうが見えていました。 11:30頃にも見えていて、天頂をやや越えた辺りまで、 北半分が見えている感じでした。 このときは、色が比較的はっきりと分離していました。

2001.4.22.

さて、4/22の環水平アーク ですが、 新聞、 金井さん自然の気象科学館掲示板 への投稿、 そして戴いたメイルから、ほんとうに関東各地で見られたことがわかります。 自然の気象科学館に投稿された情報では、 茨城県の水戸、北茨城、神奈川県の東名高速の横浜町田IC付近、 長野県の佐久付近が挙っています。 メイルで戴いた情報などでは、埼玉県北本市 (阪下さんから)、 栃木県小山市 (遠藤さんから)、 東京都国分寺市 (栗田さんから) がありました。 (どうもありがとうございます)。

ご自分のページに写真を載せていらっしゃる方もいらっしゃいますので、 ご紹介します。

(4/25記載)

追加です。 静岡県富士宮市でも11:00〜30くらいに見られた、 と山根さんに教えていただきました。 (4/30)
教えていただいたみなさま、どうもありがとうございます。

2001.4.22.

4/22の環水平アーク は関東各地で見えたようです。 あれだけはっきりとしていたし、 目につきやすい辺りに現れたために、 多くの人が気が付いたのでしょう。 メイルなどでいただいたものはまた後ほどまとめますが、 とりあえず、新聞の類いでは、 4/23の朝刊の、朝日新聞 (写真は東京の練馬から)、 毎日新聞 (写真は埼玉の桶川から) に出ていました。 読売新聞は埼玉版に出ていたそうです。 (4/23記載)
追加。東京新聞の4/23の朝刊にも出ていました。 写真は大きく、横浜から撮られた 内暈 と環水平アークが写ったものです。 でも、説明が「光の環と彩雲」となっていて、 他にもちょっと変なところが^^;。 気象庁の人の説明が悪かったのか、 記事を書いた人が勘違いしたのか…。 (4/29記載)
さらに追加。 山梨日日新聞では4/23の朝刊の一面に出ていたようです。 甲府市内などからは、富士山上空に環水平アークが見られたそうです。 うらやましい光景ですね。 (5/3記載)
読売新聞の5/22の夕刊の、 読者のニュース写真の四月分の入選作に写真が出ていた、 と太田さんに聞いたので図書館で確認しました。 キャプションが「暈と彩雲」となっているのはまだしも、 紹介文中に「同時に見られるのは珍しい暈と彩雲を…」 というようなことが書いてあるのはちょっと…。 たしかに 彩雲 だったら暈と同時に見られるのはちょっと珍しいですが (暈は氷晶、 彩雲は主に水滴によって、と現れる原因が違うので)、 環水平アーク が見えるときはかなり高い確率で 内暈も見えると思います。
同じように、朝日新聞の読者のニュース写真の四月分 (5/15朝刊) にも、 写真が出ていました。これは、4/22に載ったものと同じです (5/15のほうがだいぶ大きく載っています)。 (6/10記載)

たまたま見た写真の雑誌に、この日に岐阜で撮られた、 とても鮮やかな、 環天頂アーク と思しき写真が載っていました。 撮影時刻は書いてありませんでしたが、 昼に掛けて静岡〜関東で見事な環水平アークが見えたわけですから、 それよりも早い時刻に撮られたものではないかな、と思います。 (8/26記載)

まだまだ増えるこの項目、こんどはヨドバシカメラの情報誌、 The Point Network の 2001年秋号 (62号) に載っているのを発見しました。 4/22に横浜でヨドバシカメラの撮影会がちょうどあったそうで、 その写真コンテストの審査結果のネイチャーの部の特選作品として、 環水平アークの写った写真が選ばれています。 「めずらしい虹」という言及のされ方をしています。 (9/23記載)

ほぼ間違いなく、史上最も多く写真に撮られた環水平アークでしょうねえ^^;。

2001.4.22.

昨日は雨が降って寒い一日でしたが、 今朝は晴れてきました。 八王子にて11:00頃、筋状の雲の中に 内暈 の下のほう60度分くらいが見えたので期待していると、 11:30頃、窓の外を見ると真っ直ぐに近い虹色の帯が! 見事な環水平アークです。 雲が動くに連れて濃くなったり薄くなったりしながら、 30分くらいは見えていました。 見事だったしけっこう長い時間見えていたしで、 思わず何枚も写真に撮ってしまいました。 太陽に近い位置には内暈も同時に見えたり見えなかったり (一周分見えていることもあり)。
環水平アーク
環水平アークのアップ
環水平アークと内暈
(写真をクリックすると大きな写真が見られます)

2001.4.21.

kazue さんから教えていただきました。 富山にて内暈が、 そして、小松空港から羽田空港へ向かう飛行機の中から、 17:50頃、 幻日が (左右とも) 見えたそうです。 kazueさんご本人は確認することができませんでしたが、 内暈の下のほうも見えていたようです。 kazueさんの お気に入りを探しに散歩に行こう虹 〜rainbow〜 のコーナーで写真を見ることができます。 (4/25記載)

2001.4.18.

午後には雨になるらしいということでしたが、 午前中はまだ薄日が射したりもしていて、 10:00頃、五反田でうっすらとですが内暈 がだいたい一周分見えていました。

2001.4.17.

「天気は下り坂で、今日は薄曇り」と朝のニュースで聞いたので期待していると、 さっそく8:30頃、八王子にて内暈 の上半分くらいが見えました。 10:00頃、五反田でも一番上の部分だけ見えていましたが、 観ている間に消えてしまいました。 12:30頃には一周分見えていましたが、13:30頃に見たときには消えていました。

2001.4.15.

雨は結局降らなかったようですが、 天気のぐずついた翌日の快晴の日、 久しぶりに青空を背景にした光環 が見えました。 さほど濃くはなく、意識して観ないとわからないかな、という程度でした。 最初に確認したのが11:00頃、八王子にて。 その後、14:00調布でも見え、 15:00頃にもまだなんとか見えました。

(↑クリックすると大きい写真が見られます)

2001.4.5.

アメリカは Washington州 Seattle にて (イチローを見に行っていた… わけではないんですが^^;)、 8:30 (PST (GMT-0700)) ころ、 環天頂アークが見えました。 下の写真では、空以外には木しか写っていないので、 どこで撮ったんだかぜんぜん判りませんね^^;。
Seattleの空
(↑クリックすると大きい写真が見られます)

2001.4.2.

八王子にて、11:30頃 内暈が見えました。 よし、今日はワイドコンバータ付きで撮れるぞ、 というわけで35mmフィルム換算焦点距離28mm相当で全体を収めることができました。 13:00頃にもまだ見えていました。
内暈全周
(↑クリックすると大きい写真が見られます)


2001 (1月〜3月)2001 (7月〜9月)

Contact: aya@star.email.ne.jp.cut_off_here