CyberLibrarian

【注意】 このドキュメントは、W3CのOWL Web Ontology Language Test Cases W3C Recommendation 10 February 2004の和訳です。
このドキュメントの正式版はW3Cのサイト上にある英語版であり、このドキュメントには翻訳に起因する誤りがありえます。誤訳、誤植などのご指摘は、訳者までお願い致します。

First Update: 2005年6月25日 | Last Update: 2005年6月25日 | セマンティック・ウェブ関連用語集


W3C

OWLウェブ・オントロジー言語
テストケース

W3C 勧告 2004年2月10日

本バージョン:
http://www.w3.org/TR/2004/REC-owl-test-20040210/
最新バージョン:
http://www.w3.org/TR/owl-test/
旧バージョン:
http://www.w3.org/TR/2003/PR-owl-test-20031215/
編集者:
Jeremy J. Carroll, HP <jjc@hpl.hp.com>
Jos De Roo, AGFA,<jos.deroo@agfa.com>

このドキュメントに対する正誤表を参照してください。いくつかの規範的な修正が含まれているかもしれません。

この規範バージョンは、複合形式のドキュメントです。単一のHTMLファイルから成る規範外のバージョンは、3つのサイズで提供しています:、および特大。このドキュメントのテストは規範外の形式でも提供しています:承認済みテストのZipアーカイブテスト・ウェブサイト

翻訳版も参照してください。


要約

このドキュメントは、ウェブ・オントロジー・ワーキンググループによって承認された、ウェブ・オントロジー言語(OWL)のテストケースを含むと同時に提示します。テストケースの多くは、ウェブ・オントロジー言語(OWL)の正しい使用法、およびその構成要素の形式的な意味について説明します。その他のテストケースは、ワーキンググループによって検討された問題の解決について説明します。OWLドキュメントとOWLドキュメントのチェッカーの適合性が明記されています。

このドキュメントのステイタス

このドキュメントは、W3Cメンバーおよび他の利害関係者によりレビューされ、W3C勧告として管理者の協賛を得ました。勧告の作成におけるW3Cの役割は、仕様に注意を引き付け、広範囲な開発を促進することです。これによってウェブの機能性および相互運用性が増強されます。

これは、6つからなるOWL、ウェブ・オントロジー言語のW3C勧告の1つです。2004年2月10日の公開に向けてW3Cセマンティック・ウェブ・アクティビティアクティビティ声明グループ憲章)の一部としてウェブ・オントロジー・ワーキンググループによって開発されてきたものです。

これらのドキュメントの初期バージョンで示されたOWLの設計は広くレビューされており、ワーキンググループの技術要件を満たしています。ワーキンググループは、必要に応じて修正を加えながら受理した全てのコメントに取り組みました。勧告案バージョン以後のこのドキュメントに対する変更の詳細は、更新履歴に記述されています。

コメントはpublic-webont-comments@w3.orgアーカイブ)で歓迎され、関連技術の一般的な議論はwww-rdf-logic@w3.orgアーカイブ)で歓迎されます。

実装のリストが利用可能です。

W3Cは、この事業に関するあらゆる特許の開示のリストを維持します。

この項は、このドキュメントの公開時のステータスについて記述しています。他のドキュメントがこのドキュメントに取って代わることがありえます。現行のW3Cの刊行物および技術報告の最新の改訂版のリストは、http://www.w3.org/TR/のW3C技術報告インデックスにあります。


目次


1. はじめに

ウェブ・オントロジー言語(OWL)の定義の一部として、ウェブ・オントロジー・ワーキンググループは一組のテストケースを提供します。このドキュメントでは、これらのテストケースを提示します。これらは、このドキュメントが属している[OWL Semantics and Abstract Syntax]で示されているOWLの規範的な定義に対し、例を提供し、明確化するためのものです。

このドキュメントは、W3Cウェブ・オントロジー・ワーキンググループによって作成されているOWL(ウェブ・オントロジー言語)の記述の構成要素の1つです。[OWL Overview]ドキュメント・ロードマップの項は、それぞれの異なる部分について、また、それらがどのように適合し合うかについて記述します。

このドキュメントは、使用した各種のテスト、およびテストを提供する形式について記述しています。テストの集合の代替形式が提供されます。これらは、できればエクストリーム・プログラミング[XP]のような、テスト駆動開発プロセスの一部として、テスト・ハーネス中のOWL開発者が使用するのに適するように意図されています。これらの代替形式の一部として使用されるmanifest(マニフェスト)ファイルの形式が記述されています。

規範外の付録では、このドキュメントは、これらのテストの作成および承認のプロセスについても記述しています。

1.1. 適合と範囲

このドキュメントでは、[OWL Semantics and Abstract Syntax]に関し、様々な適合レベルが定義されています。

しかし、テストケースは、いくつかの重要な問題について語らないため、OWLの適合テスト・スイートにはなりません。このドキュメントをOWLの完全な仕様と見なすことはできません。

テストは、問題解決策を示し、OWL名前空間の用語の使用法と意味を示します。

他にも様々なテストがあります。文献や既存システムに起因するものもあれば、OWL Fullの完全な実装の困難さを示す意図のものもあります。

2. 成果物(規範)

テストケースの一部として含まれている成果物:

注: 他のファイルは、成果物の一部ではないウェブサイトのトップURL下にあります。

2.1. 規範的なステータス

成果物のうち、規範的なテストは、このドキュメントに含まれているもののみです。他のすべての成果物は参考情報です。さらに、勧告ドキュメントは、適合ステートメント、テスト・データ(RDF/XML[RDF Syntax]で指定されている)、サポートしているドキュメンテーションを除いて参考情報です。

2.2. エキストラ・クレジット・テスト

ウェブ・オントロジー・ワーキンググループは、このドキュメントのほとんどのテストが適切に実装されるのを見てきました。しかし、効果的な実装が著しく困難なものもあります。これらは、エキストラ・クレジット・テストとラベル付けされています。このようなテストは、OWLのセマンティクスを示しますが、優れた相互運用性を提供できるほど広範囲には実装されない機能を使用しているかもしれません。

エキストラ・クレジット・テストの一般的な例は、すべてのOWL Fullの非含意性および整合性のテストがエキストラ・クレジット・テストであるというものです。これは、通常のOWL Fullの実装は、含意性を証明するけれども非含意性を証明することができないという理由によります。

このドキュメント内ではエキストラ・クレジット・テストを「EC」とラベル付けし、マニフェスト・ファイルではEXTRACREDITというステータスでラベル付けしています。

この名前は、そのようなテストを成功裡に実行するような実装は期待できず、成功するものはエキストラ・クレジットを獲得することを示しています。

3. テスト・タイプ(規範)

各テストは1つ以上のRDF/XMLドキュメントおよびManifestファイルで構成されます。1つのドキュメントのテストは、そのドキュメントのある性質を示します(1つのOWL知識ベースとして見た場合)。2つ以上のドキュメントのテストは、その2つのドキュメントの関係を示します(複数のOWL知識ベースとして見た場合)。

Manifestファイルは、ManifestNNN.rdfと名付けられています(NNNにはテスト番号が入る)。これには、テスト・タイプを示し、テストを記述している(RDFによる)メタデータが含まれています。

さらに、メタデータは、各テストや各テストの各ドキュメントに適した言語レベルを示します。各RDF/XMLドキュメントに対し、[OWL Semantics and Abstract Syntax]の構文規則で規定されているように、OWL Lite、OWL DLあるいはOWL Fulであるといった、1つの言語レベルが示されます。セマンティック・テストに対し、1~2つの言語レベルが示されます。セマンティック・テストに対し、言語レベルOWL Fullが示される場合、そのテストは[OWL Semantics and Abstract Syntax]RDF-Compatible Model-Theoretic Semanticsに準じています。セマンティック・テストに対し、言語レベルOWL LiteあるいはOWL DLが示されている場合、そのテストは[OWL Semantics and Abstract Syntax]Direct Model-Theoretic Semanticsに準じています。セマンティック・テストに対し、言語レベルOWL Liteが示されている場合、そのテストはOWL Liteサブ言語の機能のみを使用します。

テストのうちのいくつかは、あるデータ型が[OWL Semantics and Abstract Syntax]データ型マップでサポートされていること、またはされていないことを要求します。これらはテストで示されます。テストで使用される他のデータ型も示され、これらがデータ型マップでサポートされていてもいなくても、テストは適合しています。[XML Schema Datatypes]のデータ型xsd:integerxsd:stringは、サポートされていなければならないため、使用されたり要求される場合であっても示されません。

3.1. OWL名前空間の不正使用に関するテスト

これらのテストは1つのドキュメントを使用します。これはbadNNN.rdfと名付けられています。このドキュメントは、OWL勧告では定義されていないローカル名を持つOWL名前空間の使用を含んでいます。OWL構文チェッカーは警告を与えるべきです(SHOULD)。

注: 選択されたローカル名はDAML+OIL名前空間で定義されているため、これらのテストはDAML+OIL[DAML+OIL]からのマイグレーションに役立つことを目的としています。

3.2. 含意テスト

これらのテストは2つのドキュメントを使用します。1つはpremisesNNN.rdfと名付けられており、もう1つはconclusionsNNN.rdfと名付けられています。conclusions(結論)はpremises(前提)によって含意されます。 このような含意はOWLセマンティックス[OWL Semantics and Abstract Syntax]で定義されています(OWL Full含意も参照)。

3.3. 非含意テスト

これらのテストは2つのドキュメントを使用します。1つはpremisesNNN.rdfと名付けられており、もう1つはnonconclusionsNNN.rdfと名付けられています。nonconclusionspremisesによって含意されません。このような含意はOWLセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]で定義されています(OWL Full含意も参照)。

テスト・インポート-002は、例外的に3つめのドキュメントを含んでいます。

3.4. トゥルー・テスト

これらのテストは1つのドキュメントを使用します。これはconclusionsNNN.rdfと名付けられています。conclusionsは、OWLセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]から導き出されます。これらのテストは、前提が空である含意テストの特例です。

3.5. OWLテストに対するOWL

これらのテストは1つのドキュメントを使用します。これはconclusionsNNN.rdfと名付けられています。これらは、トゥルー・テストの特例です。conclusionsは、OWL Fullセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]から導き出されます。このテストは、OWL Full自身のプロパティーおよびクラスを記述するためにどのようにOWL Fullを使用することができるかを示すことを目的としています。

3.6. 整合性テスト

これらのテストは1つのドキュメントを使用します。これはconsistentNNN.rdfと名付けられています。ドキュメントは、OWLセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]で定義されているように整合性がありますOWL Full整合性も参照)。

3.7. 矛盾性テスト

これらのテストは1つのドキュメントを使用します。これはinconsistentNNN.rdfと名付けられています。ドキュメントは、OWLセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]で定義されているように整合性がありませんOWL Full整合性も参照)。

3.8. インポート含意テスト

これらのテストは2つ以上のドキュメントを使用します。1つはpremisesNNN.rdfと名付けられており、もう1つはconclusionsNNN.rdfと名付けられており、残りはsupportNNN-A.rdfのような名前を持っています。support(サポート)ドキュメントは、premisesドキュメントのインポート閉包に含まれています。conclusionsは、premisesインポート閉包によって含意されます。このような含意はOWLセマンティクス[OWL Semantics and Abstract Syntax]で定義されています(OWL Full含意も参照)。

3.9. インポート・レベル・テスト

これらのテストは2つドキュメントを使用します。1つはimportsNNN.rdfと名付けられており、もう1つはmainNNN.rdfと名付けられています。これらのテストはowl:importsmainドキュメントのサブ言語レベルの間の相互関係を示します。

4. 適合(規範)

4.1. ドキュメント適合

4.1.1. 構文適合

OWL Fullドキュメントは任意のRDF/XMLドキュメント[RDF Syntax]です。

OWL DLドキュメントは、対応するRDFグラフ[RDF Concepts]インポート閉包[OWL Semantics and Abstract Syntax]RDFグラフ形式のOWL DLオントロジーであるようなOWL Fullドキュメントです。

OWL Liteドキュメントは、対応するRDFグラフ[RDF Concepts]インポート閉包[OWL Semantics and Abstract Syntax]RDFグラフ形式のOWL LiteオントロジーであるようなOWL Fullドキュメントです。

4.1.2. セマンティック適合

Dに対応する抽象オントロジーOI満たすようなTに関して、ある抽象OWL解釈Iが存在する場合に限り、OWL LiteあるいはOWL DLドキュメントDは、データ型マップTに関してOWL DLで整合性があり、その場合、O分離された語彙を持ちます([OWL Semantics and Abstract Syntax]を参照)。

Dに対応するRDFグラフを含む、あるインポート閉包コレクションにおけるすべてのRDFグラフをIが満たすようなTに関して、あるOWL Full解釈Iが存在する場合に限り、OWL FullドキュメントDは、データ型マップTに関してOWL Fullで整合性があります

4.2. ドキュメント・チェッカー適合

この項では、[RFC 2119]にある、しなければならない(MUST)、してはならない(MUST NOT)、すべきである/する必要がある(SHOULD)、および、することができる/してもよい(MAY)という語句を使用します。

4.2.1. 構文チェッカー

OWL構文チェッカーは、ドキュメントを入力として受け入れ、LiteDLFullOther(その他)のうちの1つの語句を返します。

返し値は、以下と適合しなければなりません(MUST)。

Lite
入力ドキュメントは、OWL Liteドキュメントである。
DL
入力ドキュメントは、OWL DLドキュメントであるが、OWL Liteドキュメントではない。
Full
入力ドキュメントは、OWL Fullドキュメントであるが、OWL DLドキュメントではない。
Other
入力ドキュメントは、OWL Fullドキュメントではない。

さらに、OWL構文チェッカーは、[RDF Schema for OWL]にあるものを除いて、ドキュメントに対応するRDFグラフ[RDF Concepts]が、接頭辞http://www.w3.org/2002/07/owl#から始まる任意のURI参照を使用する場合、警告を出すべきです(SHOULD)。

OWL構文チェッカーは、インポート閉包の演算中に生じるネットワーク・エラーを報告すべきです(SHOULD)。

4.2.2. 整合性チェッカー

OWL整合性チェッカーは、ドキュメントを入力として受け入れ、Consistent(整合)、Inconsistent(矛盾)、Unknown(不明)のうちの1つの語句を返します。

OWL整合性チェッカーは、インポート閉包の演算中に生じるネットワーク・エラーを報告すべきです(SHOULD)。

OWL整合性チェッカーは、そのデータ型マップ[OWL Semantics and Abstract Syntax]でサポートされているデータ型を決定する手段を提供しなければなりません(MUST)(例えば、それがサポートしているドキュメンテーションでそれらをリストアップすることによって)。

OWL整合性チェッカーは、モデル理論[OWL Semantics and Abstract Syntax]を決定する手段を提供しなければならず(MUST)、それは、(直接モデル理論セマンティクスあるいはRDF互換モデル理論セマンティックスのどちらか)を使用します(例えば、それがサポートしているドキュメンテーションで)。

OWL整合性チェッカーは、信頼できるものでなければならず(MUST)、チェッカーのデータ型マップに関し、入力ドキュメントに整合性がある場合にのみConsistentを返し、入力ドキュメントが整合性がない場合にのみInconsistentを返さなければなりません(MUST)。

入力ドキュメントが、OWL整合性チェッカーデータ型マップでサポートされていないデータ型を使用する場合、警告を出すことができます(MAY)。

OWL整合性チェッカーは、十分な(しかし有限の)資源(CPUサイクルおよびメモリ)があり、ネットワーク・エラーがないという前提で、常にConsistentあるいはInconsistentのいずれかを返す場合は、完結しています(complete and terminating)。OWL LiteおよびDLに対しては、完結する整合性チェッカーを構築することが可能であり(言語は決定可能である)、OWL fullに対しては、完結する整合性チェッカーを構築することは不可能である(言語は決定不能である[Practical Reasoning])ことがわかりました。

OWL整合性チェッカーのデータ型マップは、少なくとも[XML Schema Datatypes]xsd:integerxsd:stringを最小限にサポートしなければなりません(MUST)。

OWL整合性チェッカーは、Unknownを返すべきではありません(SHOULD NOT)。Unknownは、必要となることもありますが、望ましいレスポンスでありません。

OWL整合性チェッカーには4つの異なる適合クラスが定義されています。

OWL Lite整合性チェッカーは、OWL Liteドキュメントを入力として受け入れるOWL整合性チェッカーで、直接モデル理論セマンティクスを使用します。

OWL DL整合性チェッカーは、OWL DLドキュメントを入力として受け入れるOWL整合性チェッカーで、直接モデル理論セマンティクスを使用します。

OWL Full整合性チェッカーは、OWL Fullドキュメントを入力として受け入れるOWL整合性チェッカーで、RDF互換モデル理論セマンティクスを使用します。

OWL Full整合性チェッカーデータ型マップは、[RDF Concepts]rdf:XMLLiteralもサポートしなければなりません(MUST)。[RDF Semantics]を参照。

完全なOWL Lite整合性チェッカーは、完結するOWL Lite整合性チェッカーです。

注: OWL DL整合性チェッカーがOWL DLドキュメントには整合性があることを示しても、OWL Full整合性チェッカーは同じドキュメントが矛盾していることを示すことができます(例えば、テストThing-005Thing-004や、AnnotationProperty-001AnnotationProperty-002を比較してください)。あらゆるOWL DL整合性チェッカーOWL Lite整合性チェッカーでもあります。

注: 資源の限界を超えた時には、完全なOWL Lite整合性チェッカーは、OWL Liteドキュメントに対しUnknownを返すことができます(MAY)。

注: この項の「完全」(complete)という語句の用法は、記述論理コミュニティーの慣例に従っています。他のいくつかのコミュニティーでは、「完全」という語句は、論理推論システムによる矛盾の検知を指す、より弱い意味で使用されます。(訳注:「complete and terminating」という語句を「完結する」と訳しています。)

5. OWL実装テスト(参考情報)

5.1. OWL構文チェッカー

テスト・ファイルのいずれかと共に提示された時には、OWL構文チェッカーは指示された結果を返さなければなりません。これはエキストラ・クレジット・テストを含んでいます。

5.2. OWL整合性チェッカー

OWL整合性チェッカーは、適切な整合性テストおよび矛盾性テストを用いてテストすることができます。適切なテストとは、レベルが適切なもので、チェッカーはテストに対する適切なデータ型をサポートします。テストのレベルは、使用されているセマンティック理論を示し、ファイルのレベルと異なっているかもしれません。例えば、テストThing-004は、OWL DL整合性テストとしては整合性がありますが、OWL Full整合性テストとしては矛盾しているOWL DLファイルを含んでいます。

以下の両方を満たす場合、OWL整合性チェッカーは、テストに対する適切なデータ型をサポートします。

適切なデータ型をサポートするOWL Lite整合性チェッカーは、OWL Lite整合性テストからのファイルと共に提示された時には、ConsistentあるいはUnknownを返さなければなりません。

適切なデータ型をサポートするOWL DL整合性チェッカーは、OWL DLあるいはOWL Lite整合性テストからのファイルと共に提示された時には、ConsistentあるいはUnknownを返さなければなりません。

適切なデータ型をサポートするOWL Full整合性チェッカーは、OWL Full整合性テストからのファイルと共に提示された時には、ConsistentあるいはUnknownを返さなければなりません。

対応する矛盾性テストは、InconsistentあるいはUnknownを返さなければなりません。

完全なOWL Lite整合性チェッカーは、サポートされていないデータ型の使用のいかんを問わず、OWL Lite整合性あるいは矛盾性テストにおいてUnknownを返すべきではありません。

上記の制約は、エキストラ・クレジット・テストにも当てはまります。正しい応答(つまり、Unknown以外)を返す整合性チェッカーは、エキストラ・クレジットを獲得します。

6. マニフェスト・ファイル(参考情報)

Manifestファイルは、RDFテストケース[RDF Tests]用に開発されたRDFスキーマに従います。

これは、http://www.w3.org/2002/03owlt/testOntologyにある、OWLテスト・オントロジーで宣言されている少数の新しいプロパティーおよびタイプによって強化されます。

特に、それぞれのテストは、それ自身のManifestファイルを持っており、フラグメント識別子testを含んだManifestファイルのURLから成るURI参照で識別できます。

テストは、以下のrdf:typeのうちの1つを明示します。

otest:NotOwlFeatureTest
OWL名前空間の名前の不正な使用に関するテスト。
otest:PositiveEntailmentTest
含意テスト。
otest:NegativeEntailmentTest
非含意テスト。
otest:TrueTest
トゥルー・テスト
otest:OWLforOWLTest
OWLテストに対するOWL。
otest:ConsistencyTest
整合性テスト。
otest:InconsistencyTest
矛盾性テスト。
otest:ImportEntailmentTest
インポート含意テスト。
otest:ImportLevelTest
インポート・レベル・テスト。

otesthttp://www.w3.org/2002/03owlt/testOntology#に結び付き、rtesthttp://www.w3.org/2000/10/rdf-tests/rdfcore/testSchema#に結び付きます。)

テストの原作者の名前は、dc:creatorプロパティーを使用して示されます([Dublin Core]を参照)。

テストの記述は、rtest:descriptionプロパティーの値として(XHTMLマークアップ[XHTML]を使用して)示されます。

OWL課題リスト[OWL Issues]からの課題は、もしあれば、rtest:issueプロパティーの値です。

OWL名前空間からの、適切な言語機能は、もしあれば、otest:featureプロパティーの値です。

テスト・データ付きの入力ドキュメントは、rtest:inputDocumentプロパティーの値としてか、rtest:premiseDocumentおよびrtest:conclusionDocumentの両方の値として示されます。インポート含意テスト、インポート・レベル・テストおよびtest imports-002に対するサポート・ファイルは、otest:importedPremiseDocumentの値として示されます。

ファイルとテストの両方に関連づけられている適合性のレベルは、otest:levelプロパティーで示されます。各ドキュメントに対する値は、otest:Fullotest:DLotest:Liteotest:Otherのうちの1つです。各テストは、明示的に1~2のレベルに関連づけられています。otest:Liteに関連づけられている場合、暗黙的にotest:DLに適しています。

テストで使用されるデータ型は、otest:usedDatatypeプロパティーで示されるか、そのサブプロパティー(otest:supportedDatatypeあるいはotest:notSupportedDatatype)のうちの1つで示されます。これらは、使用されているデータ型マップが、データ型がサポートするか、個々にはサポートしない場合にのみ、テストが有効であるということを示します。

テストのrtest:statusは、付録Aのプロセスを反映します。これは、以下のレベルの1つとして示されます。

APPROVED
これは、ウェブ・オントロジー・ワーキンググループによってテストが承認されており、開発者がそのような機能を実装することが期待されることを示します。
EXTRACREDIT
これは、ウェブ・オントロジー・ワーキンググループによってテストが承認されたが、開発者がそのような機能を実装することは期待されないことを示します。
PROPOSED
これは、テストが承認待ちであることを示します。
OBSOLETED
テスト(提案済み、あるいは承認済み)は、適切ではなくなりました。
REJECTED
ウェブ・オントロジー・ワーキンググループはテストを拒否しました(不使用です)。

7. OWLテスト(規範)

目次

目次

7.3. 付加的な記述論理テスト

これらのテストは、文献(例えば、[Heinsohn et al.])によるものか、Network Inferenceによるテスト・スイートとして知られているものか、ワーキンググループによって開発されたものかのいずれかです。

この項では、以下の名前空間の接頭辞が追加使用されています。

oiled
http://oiled.man.example.net/test#

名前空間宣言に対して使用されるN3構文[N3]では、これは以下のようになります。

名前空間:
@prefix oiled: <http://oiled.man.example.net/test#> .

目次

目次

目次

目次

目次

目次

7.4. その他のテスト

これらのテストは他のいかなるカテゴリーにも当てはまらないものです。[OWL Guide]からのものもあれば、OWLの多様な局面を反映するものもありますが、ワーキンググループが正式に扱った課題ではありません。

目次

目次

目次

目次

7.5. エキストラ・クレジット

いかなる実装もこの項のテストをうまく実行することは期待できず、うまく実行するものはエキストラ・クレジットを獲得します。

実装が完全に解釈することを期待するのが妥当でない事柄についても言及しうることを示すという明確な目標のもと、[OWL Semantics and Abstract Syntax]で指定されているように、OWLのセマンティクス(特にOWL Full)を例示するのが意図です。

目次

A. テストの作成、承認、および更新(履歴、参考情報)

この付録では、このテスト・スイートの開発中に使用されたプロセスについて記述します。

A.1. 作成

テストはワーキンググループのメンバーが作成します。 これを容易にするために、(オプションの)テスト・エディタが提供されます。その後に、テストはテストのウェブサイト上のしかるべきディレクトリに置かれます。 これは、W3C CVSサーバ[W3C CVS]へのCVSアクセスを使用して行われます。

テストが作成されると"PROPOSED"(提案)というステータスが与えられます。テストの作成者は新しいテストのディレクトリに、以下を明記したマニフェスト・ファイルを作成します。

A.2. 承認

週1回の電話会議や対面による会議において、議長の裁量で個々のテストやテスト群がワーキンググループにかけられます。

テストは、ワーキンググループの決定で承認され、'APPROVED'(承認)や'EXTRACREDIT'(エキストラ・クレジット)のステータスが付されます。

ワーキンググループは、他の要素と同様に、好評なテストそして/または実装報告を考慮に入れることができます。

ワーキンググループがテストを承認すれば、テストケース・ドキュメントに含まれます。

ワーキンググループはテストを拒否することができ、その場合、ステータスは"REJECTED"(拒否)に変わります。これは、テストの逆が受け入れられたことを示すものではありません。理論的には正しいテストを拒否する、スタイル上やその他の理由があるかもしれません。

ワーキンググループには、このプロセスとの適合性やOWL草案との適合性とは無関係にテストを承認または拒否する全面的な裁量権があります。

新情報を踏まえて、さらに議長の裁量で、ワーキンググループは、あらゆるテストケースに関するあらゆる事前決定をレビューすることができます。"OBSOLETED"(廃止)のステータスはテストが適切ではなくなった場合に使用できます。

A.3. 更新

編集者は、承認済みおよび提案済みテストに対して編集上の更新を加えることができます。これは以下を含みます。

B. スタイル上のプレファランス(参考情報)

以下のスタイル上の規則にはプレファランスがあります。 これらの規則は、いずれも義務ではありませんが、テストの作成者は、これらの規則に従えばワーキンググループの合意を得やすいということに注意べきです。

B.1. RDF/XMLの使用

テストは、通常、RDF/XMLで表されるべきです。

以下のRDF/XML文法規則[RDF Syntax]は使用されません。

  1. プロパティーの属性。
  2. rdf:parseType="Resource"

B.2. xml:baseの使用

テストとマニフェスト・ファイルには、ドキュメント要素にxml:base属性[XMLBASE]が含まれているべきです。これは、実際に検索可能な、ドキュメントのより望ましいURLを示すべきです。

相対URIを含まないファイルは、xml:base属性を省略することができます。

B.3. .rdf接尾辞の使用

テストおよびマニフェスト・ファイルは、".rdf"接尾辞を使用すべきです。URIはそうするべきではありません。xml:base宣言に使用されるURLは接尾辞を持ちません。

B.4. example領域の使用

テストおよびマニフェスト・ファイルのすべてのURLは、最後から2番目の要素として"example"を付したドメイン名を使用するものを除き(例えば、"http://www.example.org/ontology#prop")、検索可能なウェブ資源であるべきです。

B.5. 著作権

以下の著作権宣言がXMLコメントとして全てのテスト・ファイルに含まれるべきです。



<!--
  Copyright World Wide Web Consortium, (Massachusetts Institute of
  Technology, European Research Consortium for Informatics and 
  Mathematics, Keio University).
 
  All Rights Reserved.
 
  Please see the full Copyright clause at
  <http://www.w3.org/Consortium/Legal/copyright-software.html>

  $Id: Overview.html,v 1.9 2004/02/10 15:29:21 sandro Exp $
-->

B.6. 記述

記述は、

記述は、XMLコメントとして各テスト・ファイルに含まれ、RDFコンテンツとしてマニフェスト・ファイルに含まれるべきです。

B.7. ディレクトリ構造

主として、あるOWLプロパティーやクラスに関連するテストは、クラスのそのプロパティーのローカル名を使用して命名したディレクトリに入れるべきです。

さもなければ、ある課題に関連するテストは、課題番号をOWLの課題リスト[OWL Issues]から抜き出してI3.4のように命名したディレクトリに入れるべきです。

B.8. テスト・ナンバリング

各ディレクトリは、001から連番付けされたテストを含むべきです。

単一ディレクトリ内の2つのテストが同じ番号であってはなりません。

テストの各ファイルは、名前の終わりに(接尾辞の前に)テストの番号があるべきです。

残りのファイル名は、テスト・タイプの規則に従うべきです。

注意: ディレクトリ内の承認済みテストは、必ずしも近接した番号でなければならないということはないでしょう。

注意: これは、RDFコア・テストケースのナンバリング規則とは異なっています。

B.9. テスト・データのトリプル形式

承認済みテストと提案済みテストは両方とも、RDF/XML(その規範形式である)およびトリプル形式の両方で示されます。これは、[RDF Tests]で記されているN-triplesと同様に、トリプルを主語、述語と目的語で記載します。以下の規則が追加使用されています。

以下では、下記の名前空間接頭辞が使用されます。

rdf
http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#
rdfs
http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#
owl
http://www.w3.org/2002/07/owl#
xsd
http://www.w3.org/2001/XMLSchema#
first
#で連結された最初のファイルのURL。最初のファイルは、premisesNNN.rdfbadNNN.rdfconsistentNNN.rdfinconsistentNNN.rdf、またはimportsNNN.rdfテスト・タイプによって異なる)という名前のものです。(トゥルー・テストOWLテストに対するOWLには使用されない。)
second
#で連結された2番目のファイルのURL。2番目のファイルは、conclusionsNNN.rdfnonconclusionsNNN.rdf、またはmainNNN.rdfテスト・タイプによって異なる)という名前です。

名前空間宣言に使用されるN3構文[N3]では、最初の4つは以下の通りに表示されます。

名前空間:
@prefix rdf: <http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#> .
@prefix rdfs: <http://www.w3.org/2000/01/rdf-schema#> .
@prefix owl: <http://www.w3.org/2002/07/owl#> .
@prefix xsd: <http://www.w3.org/2001/XMLSchema#> .

他の名前空間がテスト・データで明示されています。

目次


D. 謝辞(参考情報)

Jeremy Carrollは、イタリアのW3Cの事務所と、Jeremyが客員研究員を務めるIstituto di Scienza e Tecnologie dell'Informazione "Alessandro Faedo"Consiglio Nazionale delle Ricerche(イタリア学術会議)の一部)での受け入れに対し、Oreste Signore氏に感謝いたします。

以下の方々は、このドキュメントにテストを提供してくださいました。Sean Bechhofer、Ian Horrocks、Peter F. Patel-Schneider、Jeff Heflin、Dan Connolly、the Guide editors、Jonathan Borden、Charles White、Martin Durst, Masayasu Ishikawa、Jim Hendler、Herman ter Horst、Dave Reynolds、および編集者。

Ian Horrocksは、このドキュメントの適合性の項に貢献してくださいました。

Sandro Hawkeは、テスト結果のページを作成してくださり、勧告候補段階の間に非常に役に立ちました。

我々は、勧告候補の間にテストの報告やその他のフィードバックを下さった以下の方々に感謝します。Ken Baclawski、Sean Bechhofer、Ian Dickinson、Michael Grove、Sandro Hawke、Ian Horrocks、Minsu Jang、Gary Ng、Mehrdad Omidvari、Bijan Parsia、Peter F. Patel-Schneider、Dave Reynolds、Rob Shearer、Evren Sirin、Charles White、およびYouyong Zou。我々は、これらの報告書を作成するシステムの開発を手助けしてくださった他の多くの方々に感謝します。

このドキュメントは、総じてウェブ・オントロジー・ワーキンググループ内で積み重ねられた議論の結果です。このワーキンググループのメンバーは、Yasser alSafadi、Jean-Francois Baget、James Barnette、Sean Bechhofer、Jonathan Borden、Stephen Buswell、Jeremy Carroll、Dan Connolly、Peter Crowther、Jonathan Dale、Jos De Roo、David De Roure、Mike Dean、Larry Eshelman、Jerome Euzenat、Tim Finin、Nicholas Gibbins、Sandro Hawke、Patrick Hayes、Jeff Heflin、Ziv Hellman、James Hendler、Bernard Horan、Masahiro Hori、Ian Horrocks、Jane Hunter、Rudiger Klein、Natasha Kravtsova、Ora Lassila、Deborah McGuinness、Enrico Motta、Leo Obrst、Mehrdad Omidvari、Martin Pike、Marwan Sabbouh、Guus Schreiber、Noboru Shimizu、Michael K. Smith、John Stanton、Lynn Andrea Stein、Hermanter Horst、David Trastour、Frank van Harmelen、Bernard Vatant、Raphael Volz、Evan Wallace、Christopher Welty、Charles White、Frederik Brysse、Francesco Iannuzzelli、Massimo Marchiori、Michael Sintek、およびJohn Yanosyです。

E. 勧告案以後の更新

この項では、このドキュメントとOWLテストケース勧告案との間の変更点を示します。

OWLとRDF Semanticsとの整合性を保つため、データ型理論という用語の代わりに、データ型マップという用語を使用します。これは、miscellaneous-204miscellaneous-205、およびI5.8-012のテストの記述などで幾度か発生しました。最終的には、これらは他の軽微な書き換えが必要となる結果的となりました。

RDFおよびOWLドキュメントへの参照をアップデート。

4.2.2項の終わり近くに段落を追加し、OWL Full整合性チェッカーのデータ型マップ(RDFセマンティクスからのデータ型マップ)が、rdf:XMLLiteralに対するエントリーを含んで「いなければならない」(MUST)ということを明確にしました。これにより、PRドキュメントで既に暗示されていた要件が明白になります。また、リンクを変更することにより、OWL Full整合性ドキュメントの定義におけるデータ型マップがRDFセマンティクスで定義されているとおりであることを明確にしました。

結果的に、RDFセマンティクスへの参照を明示しました(この参照は、OWLテスト勧告案で暗示されていた)。

rdf:XMLLiteralはOWL Fullで必要なデータ型であるため、OWL Fullに適用できないテストmiscellaneous-205のメタデータの誤りを修正しました。 この変更は、テストのヘッダーから「Full」という語句が削除された形で見えます。

OWLテストの勧告候補および勧告案におけるこの誤りは比較的害がないようでした。

F. 参考文献

規範的

[OWL Semantics and Abstract Syntax]
OWL Web Ontology Language Semantics and Abstract Syntax, Peter F. Patel-Schneider, Patrick Hayes, and Ian Horrocks, Editors, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-owl-semantics-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/owl-semantics/にあります。
[RDF Concepts]
RDF Concepts and Abstract Syntax, Graham Klyne and Jeremy J. Carroll, Editors, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-rdf-concepts-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/rdf-concepts/にあります。
[RDF Syntax]
RDF/XML Syntax Specification (Revised). Dave Beckett, Editor, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-rdf-syntax-grammar-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/rdf-syntax-grammar/にあります。
[RDF Semantics]
RDF Semantics. Patrick Hayes, Editor, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-rdf-mt-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/rdf-mt/にあります。
[RFC 2119]
RFC 2119 - Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels . S. Bradner, IETF. March 1997. このドキュメントは、http://www.ietf.org/rfc/rfc2119.txtです。
[RDF Schema for OWL]
http://www.w3.org/2002/07/owl. Mike Dean, ed. World Wide Web Consortium.
[XML Schema Datatypes]
XML Schema Part 2: Datatypes.. Paul V. Biron and Ashok Malhotra, eds. W3C Recommendation 02 May 2000. 最新版は、http://www.w3.org/TR/xmlschema-2/にあります。

参考情報

[RDF Tests]
RDF Test Cases, Jan Grant and Dave Beckett, Editors, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-rdf-testcases-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/rdf-testcases/にあります。
[OWL Guide]
OWL Web Ontology Language Guide. Michael K. Smith, Chris Welty, Deborah L. McGuinness, Editors, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-owl-guide-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/owl-guide/にあります。
[OWL Overview]
OWL Web Ontology Language Overview . Deborah L. McGuinness and Frank van Harmelen, Editors, W3C Recommendation 10 February 2004, http://www.w3.org/TR/2004/REC-owl-features-20040210/ . 最新版は、http://www.w3.org/TR/owl-features/にあります。
[DAML+OIL]
DAML+OIL (March 2001) Reference Description. Dan Connolly, Frank van Harmelen, Ian Horrocks, Deborah L. McGuinness, Peter F. Patel-Schneider, and Lynn Andrea Stein. W3C Note 18 December 2001. 最新版は、http://www.w3.org/TR/daml+oil-reference.にあります。
[Dublin Core]
http://dublincore.org/documents/
[N3]
Primer: Getting into RDF & Semantic Web using N3 Tim Berners-Lee, Dan Connolly
[OWL Issues]
Web Ontology Issue Status.Michael K. Smith, ed. 26 Feb 2003.
[W3C CVS]
Use of CVS in W3C (member-only link). Henrik Frystyk Nielsen, Gerald Oskoboiny. 2002.
[XHTML]
XHTML 1.0: The Extensible HyperText Markup Language, W3C Recommendation, S. Pemberton et al., 26 January 2000.
http://www.w3.org/TR/2000/REC-xhtml1-20000126にあります。
[XMLBASE]
XML Base, J. Marsh, Editor, W3C Recommendation. World Wide Web Consortium, 27 June 2001. このバージョンのXML Baseは、http://www.w3.org/TR/2001/REC-xmlbase-20010627/です。 XML Baseの最新版は、http://www.w3.org/TR/xmlbase/にあります。
[Practical Reasoning]
Practical reasoning for expressive description logics, I. Horrocks, U. Sattler, and S. Tobies, 1999, in Proc. of LPAR'99, vol. 1705 of LNAI.
[XP]
Extreme Programming Explained: Embrace Change, Kent Beck. 5 Oct 1999. Addison-Wesley. ISBN 0201616416.
[Heinsohn et al.]
AI 68 (1994) pp367-397.
[DIMACS]
Satisfiability Suggested Format challenge@dimacs.rutgers.edu ftp://dimacs.rutgers.edu/pub/challenge/satisfiability/doc/satformat.texにあります。 May 8, 1993.
[DL 98 Systems Comparison]
DL Systems Comparison at 1998 International Workshop on Description Logics (DL 98). Peter F. Patel-Schneider, Ian Horrocks. June, 1998.