レクイエム(鎮魂の文集)7
[友人との死別]

親友を亡くした人の文集






癒しの広場


お願い ご投稿の期間は、数か月以上空けてください。







親友を亡くした人の文集

届きますように。

久しぶりだね、あなたが亡くなってから1年とちょっと経ちました。

あなたと出会ったのは0歳の時。
5歳くらいで、お母さん達が離婚しちゃってあなたは引っ越し
ちゃったんだよね。すごく遠くに。
それでも、1年に何回かは絶対に会いに行ったり、
あんなに離れてたのに数え切れないくらい思い出があるんだ。

あなたが病気だって聞いたのは余命があと3ヶ月しかないって時
だったよね。信じられなかったよ。
その時はお互い忙しいとか言って、少し疎遠気味になっちゃって
たからさ、連絡なんて全然取ってなかった。
今思えば本当に馬鹿だったと思う。
忙しいって言ってたけど、あなたは病気と闘ってたんでしょ?
どうしてもっと早く言ってくれなかったのって思っちゃうよ。

でも、そこからの3ヶ月はあなたと過ごした13年間で、きっと1番
濃かったと思う。
昔みたいに沢山会いに行って、色んな話して、沢山泣いて笑って、
本当に嬉しかったんだ。
いっぱい辛かったけど、それでも一緒に居られるのがあんなに
幸せだと思えたのはあなたのおかげだよ。

それから、本当にごめん。ごめんね。
あなたのお母さんを守ってあげられなかった。
あなたが亡くなって半年くらい経った時にね、自殺しちゃった
らしいんだ。もうそっちでは会えてるのかな。
もっとちゃんと話したかったのに、間に合わなかった。
本当にごめんね。これからは、お母さんとゆっくり過ごしてね、

今ね、すごく辛いんだ。あなたが居なくて、あなたのお母さんさえ
守れなくて、もう1人の幼なじみも病気患ってるって知って、本当に
挫けそう。折れそうだよ。なんで私はいつも見守る方見送る方なの
かなぁって。
しかも私の性格、強がりなところのせいで家族にすら上手く辛いって
言えなくて。笑っちゃうんだ。すごくつらい。

何度も、私もあなたに会いに行こうと思った。その方が絶対に楽
だって分かる。でも出来ないよ。あなたの生き方を見たんだもん。
あなたのお母さんの事も知っちゃったもん。

私は生きていくよ。あなたに褒めて貰えるような生き方をしたい。
諦めたくない。私と同じ思いをこれ以上私の大事な人にして欲しく
ない。
それにまだ14年しか生きてないから分からないことが沢山ある。
あなたやあなたのお母さんが死ななきゃいけなかった理由とか
もう色々全部。
それを、これから見つけていっていつか、心から前向きになれる
ようにならなきゃいけない。
だから、頑張るから見ててほしい。

あなたと最後に話せた時に言ってたあなたの夢、結婚したいって。
それがきっかけでウェディングプランナーっていう職業に興味
持ってさ、今目指してるんだ。あなたの夢、違う形だけど私が
叶えるよ。本当はあなたで叶えてあげたい。でも出来ない分、
たくさんの人を幸せにしたいなって思ってる。
それから、あなたと行こうって約束してた海岸。いつか、お金
貯めて絶対に行くからね。その景色見せてあげるから。

そういえば今春なんだけどね、この季節あなたみたいに優しくて
暖かいから、すごく好きなんだ。あなたが傍にいるみたい。
それからあなたを求めて眺めるようになった空。すごく好き。
こんなに優しくて美しい所にあなたがいると思うと嬉しくなる。

長くなっちゃってごめんね。
これからも沢山下向いて泣いちゃうかもしれないけど、私は
生きてくよ。絶対諦めない。あなたの生き方、思いを繋いでいく。

色んな感情をくれてありがとう。
たくさんの思い出ありがとう。
夢をくれてありがとう。
私の1番の幼なじみで親友で家族でいてくれてありがとう。
大好きだよ。


さあ、頑張るよ!



【女性、10代】 2021.02.25

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

おい

Y、元気してるか?

お前とは学校は違うとはいえ、もう小学校からの付き合いで、
もう二十数年になるわな。塾で一緒になって、馬鹿な話しながら
塾行っていたな。思えばもう二十数年前からになるのか。

ご両親からお前が亡くなったって言われて、何が起きたか認識が
できなかった。けど、仲ののいい友達を集めてほしいといわれた
とき、できる限りの事をしようと思って仲間と話したら、地元と
塾の連中たくさん来てくれたぞ。

葬式の前、お前の家にNと一緒に行って、お前と会ったときどう
にも感情が抑えられなかった。ご両親は必死に抑えていたのに。
俺らはどうしようもなかった・・・Nも俺も。何で逝ったんだ、
馬鹿野郎。

お前は、前にお前は親友だって言ってくれたな。俺だってそう
思ってたんだぞ、言わないだけで。俺も地元に戻ってきたから
これから、もっと色々一緒にお前と話ができるなって楽しみに
していた矢先だったんだぞ。

忙しいのは知っていた。おこがましいが、もっとお前の力に
なれればよかったって今でも思っている。地元のあの店と俺の
家で一緒に飲んだのが最後だったなんて今でも信じられんよ。

お前は我慢強いから、つらいなんて言葉一言も言わなかったが、
言ってよかったんだぞ。何度もおこがましいなんていうが、
お前の力になれなかったこと、今でも後悔している。

親・友人想いのやさしい貴様が心底好きだったよ。お前の同僚も
ついこの前会ったとき、みんな心底お前のことが好きなんだなっ
て良くわかったよ。

俺に嫁もできたし、今度一緒に飲みに行こうなって話してたよな。
なんでだよ、早すぎるぞ。馬鹿野郎。

お前の分まで生きるなんていわない。けど、一緒に居てくれよ。
常に、お前は俺の中に居るからさ。

いつまでたっても、お前は俺の心の友だ。だから、別れは言わない。

一緒に生きてくれ。引き続き、よろしくな。



【男性、30代】 2019.06.02

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ひさしぶり

ユーがいなくなってもう一年が過ぎた。

 なんだか長かったようであっという間だった。これから先、
二年・三年経つと周りはユーのことを忘れて「そんな奴いたな」
とかそんな程度に思い出すだけでユーがいないことが当たり前
になっていくのかな。

 でも、多分ミーはどんなに時間がたってもずっと忘れることは
無いと思う。

ユーは親友だよねと言ってくれたのに。

ユーのおかげで変われたのに。

ミーにすがってきてくれたのに。

ユーがどんな気持ちだったかも考えず、ユーがどれだけストレス
を抱えているのかも気付けずに。

ミーは助けるどころかユーを追い詰めた。恩を仇で返した。

ユーがこうなったのはミーのせい。

そんなミーが親友を名乗る資格なんてない。

 ミーが毎月墓参りに行ったのは、親友だからじゃない。友達
だからじゃない。せめてもの罪滅ぼしのため。けど、どんなに
墓の前で謝っても、悲しんでも、もうユーには届かない。

 昔の部活の仲間を一緒に墓参りに連れて行ったのも、親友と
言ってくれたユーにミーが出来る最後の恩返し。
 
 本当はミーもユーを親友だと思っていた。けど、ユーの亡骸
を見ても何も感じなかった。何も出てこなかった。どれだけ
薄情な人間なんだと自分を呪った。

 ただ時間がたつにつれて涙が止まらなくなった。ユーがミー
にとってどれだけ大きな存在だったかがわかった。

ミーはユーにあこがれていた。

みんなに好かれて人気者で。

確かな夢を持っていて。さらにその夢さえも叶えて。

そんなユーに親友と言ってくれたことが何より誇りだった。

けどそれと同時に嫉妬もしていた。自分とは正反対だったから。

ユーがいた頃、ミーがユーを親友と呼ばなかったのはミーの
独りよがり。

被害妄想で自分を追い込んで、何もしゃべれなくなった。

しゃべらなくなれば一人になるのは当たり前なのに。

自分勝手な理想を押しつけて、一人で勝手に失望していた。

それでもユーは親友と言ってくれた。

幼馴染もいるのに。ミーより古くからの友人もいるのに。

他にもたくさん友人がいるのに。

社会人になってもユーは連絡をくれて、次第に昔のように話が
出来るようになった。

ユーのおかげで話せるようになった。あの時は本当に嬉しかった。

だからいつか恩返しするって決めた。

でも結局ミーがしたのは真逆のこと。

 多分これから先、ユー以上の友達は出来ないだろう。ただもう
ユーのことでいつまでも悲しみ続けるのは終わりにしようと思う。

 ミー、会社を辞めたよ。今ならあの時ユーがどんな気持ちで
いたかなんとなくわかる。

 次の会社が決まったら何もかも一から始めようと思う。ユーの
こと死ぬまで後悔して引きずり続けるけど、ユーの分までとは
言えないけど。ユーに笑われないように頑張るから。いつか
そっちでユーに会えると信じてる。



【男性、20代】 2017.12.06

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大切な親友へ

 ユーがいなくなってからずいぶんと時間がたった。ミーはいま
だに違和感が拭えないよ。思えばユーとは16年間ずっと一緒だっ
たね。もう今となっては遅すぎる気がするけど、ここにユーに
伝えられなかった本当の気持ちを記しておこうと思う。

 ユーとの出会いは小学校に入学したときだったね。ユーはミー
の斜め後ろの席にいたのは覚えているけど、何がキッカケで仲良
くなったかはどうしても思い出せないな。けど、そんな昔から
こんな大人になるまで疎遠になることもなく仲良くやってこられ
たのはどうしてだろう。ユーとの相性よかったのかな…

 前にユーが「俺たち親友だよね」「友達だよね」って言ってく
れたことあったよね。その時ミーは「ユーのことは友人とは思っ
ているけど親友とは思っていない」「100%信用してない」って
言ったけど、それには理由があった。

 ミーは一時期誰も友人に思えない時期があった。ユーはもう
知っていると思うけど何もしゃべらなかった時ね。

 その頃はそれまで仲が良かった人も、ユーのことでさえも友人
とは思えなくなっていた。でもユーはそんな何もしゃべらなかっ
た時でさえも「親友だよね」って言ってくれたよね。ミーは当時、
まぁここには書かないけどかなり辛辣で酷いこと心の中で思って
いた。

 そんな中で転機があったのは中学時代の部活の存在が大きいか
な。最初はやっぱり孤立して、早く終れとか思っていたけど、
上手くなるにつれて少しずつほかの人たちとも打ち解けていった。
次第にみんなと話がしたい、ちゃんと自分の言葉で話して本当の
意味で仲良くなりたいって思えた人たちだった。

 結局中学時代じゃ話すことは出来なかった。卒業してみんなと
疎遠になっていく中で、ユーだけはちょくちょく連絡してきて。
高校2年ぐらいの時かな、ユーとまた昔みたいに話が出来るよう
になったのは。あの時は本当にうれしかった。ぎこちないながら
もまた会話が出来るようになって、みんなとも話が出来るように
なった。

 だけどユーがいなくなって初めて気がついた。こうして今話が
出来るようになったのは、ユーがずっと友達でいてくれたから
だって。ユーがいなかったらどうなっていただろう。

 もしかしたら不登校になってヘタしたら自殺していたかもしれ
ない。ユーがいてくれて本当に良かったよ。

 長くなったけど最後に、ミーはいろいろと酷いこと言ってきた
けど本当はずっと前からミーも親友だと思っていたよ。確かに
信用してないのは本当だけど、でも誰よりも信頼していたよ。
ユーには最後まで言葉では伝えられなかったけど、こうしてここ
に記しておきます。

 ユーとはもっといろんな事をしたかった。話したかったことも
たくさんあった。また焼肉屋行って苦しむまで食べたり、もっと
もっと一緒に遊びたかった。これから先もずっとこのままで
いられると思っていた。ユーに親友らしいこと何もしてあげられ
なかった。

 もっと話を聞いてあげられたらユーに彼女が出来ていたかもし
れない。

 もっと励ましてあげられたら、会社を辞めなかったかもしれな
い。

 最後の電話の時、ミーがもっと元気づけて応援してあげられた
らユーは死ななかったかもしれない。一番の親友って思ってくれ
ていたのに、ユーのおかげで話せるようになったのに、結局恩返
しも出来なかった。

 ユーは何でミーを親友って言ってくれたのかな。ミーより古く
からの友人や幼馴染もいたのに。もう確認は出来ないけど、いつ
かミーがそっちに行ったときに教えてほしいな。そっちの世界
ではお互い親友としてまたバカなことたくさんしよう。

 いつになるかわからないけどそれまで元気で、今まで本当に
ありがとう。ユーのことは一生忘れない。



【男性、20代】 2017.04.22,2017.04.29

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

お誕生日おめでとう

一日遅れちゃってゴメンね。でもSの誕生日は忘れてないからね。

この前、地元のみんなで飲んだんだよ。みんなが集まったら、
やっぱSの話題になった。実家も引っ越しちゃったんだってね?
ご両親も弟くんも憔悴しきっちゃってるままだって聞いたよ。

誰もお墓参りに行けてないね。でもさ、出てきたっていいんだよ?
Sだけ若いまんまだから、私がこんなに老けてビックリするだろ
うけど。
きっとまだまだかわいいSのままなんだよね。だからしわが増え
て、育児に疲れてる今の私を見て昔みたいに大笑いしていいん
だよ?

言い忘れたけどね、私もずーっと言ってたあの人と結婚して
お母さんになって、東京から戻ってきたよ。地元のみんなと
仲良く楽しく毎日を過ごしてるけど、やっぱりSがいないって
ことを思い出すと悲しくなる。っていうか、Sのお墓にも行けて
ないからどこかで生きてるんじゃないかなって考えてるの。

私のことが嫌いになってさ、避けてるっていうオチね。それで
もいいから、生きててほしかった。最後の電話を忘れないよ。
絶対一生忘れない。

訃報を聞いたとき「親友のあなただから伝えます。Sもずっと
そう言ってたから」って言われた。親友ってなんなんだろうね。

とりとめのない文章でごめんね。出てきてくれないなら、私は
まだまだそっちには行かない予定だけど笑、いつかそっちで
会えたらまた飲もうね。ますますしわしわのばあちゃんになっ
てるだろうけど、Sもあわせておいてね!

Sの思い出は一生色あせることはありません。本当に大事な友達
です。今でも親友だと思ってるからね。



【女性、30代】 2016.12.05

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

親友の思い出

大学卒業して

社会人になって

ようやく一年過ぎ去る元旦にお前は亡くなった



最初は実感がわかなかった

お前は地方で

俺は都内で

しばらく会ってなかったし

遠すぎて何も感じなかったのだ



大学のころから団体行動が苦手で

飲み会や遊びに参加する確率が

少ない俺は



お前の葬式でさえも仕事を理由に行くのを一瞬ためらった



今思うとほんとに最悪だ



お葬式に参加したがスピーチはできなかった



お葬式では、

周りは泣いていて

みんなはお前のことを親友だったっていっていて

「亡くなってから親友とかいってんじゃねーよ」

などと思っていた

俺が一番お前といたから俺以上の親友とかいねーだろってな



けどなスピーチがはじまってさ、高校からの親友が何人かでて

きて

あれ、俺ってお前にとって本当に親友だったのかなって

不安になったよ



そして過去を振り返った



そこで気が付いた

俺は最悪なことしかお前にしてきてなかったって





俺はグループの集まりが苦手で帰ろうとしたらいつもお前は

ついてきてくれた

授業では喋りながら受けたいって不真面目な友達がいても俺は

無視して前でまじめに受けていたら黙ってお前もついてきて

くれた



俺が一人ランチしていたらお前は隣に座りに来るし

俺がいきなり温泉行きたいってお願いしたら、バイクでかなり

遠くまで連れてってくれた

そのせいでお前はサークルのみんなからあまりいいように思われ

てなかっただろうな

お前が行きたかった集まりをおれは全部邪魔した気がする



それなのに、悪口も文句も言わないでいつも受け入れてくれた



ドライブで遅くなったとき、少し遠回りなのに俺を家まで送って

くれた

家で寝ることがすきな俺は、オールって決めていた日も途中で

帰りたいって、お前にバイクで送ってもらったこともあった



電話はいつもお前からだったし、おれから遊びに誘ったことは

ほとんどない



ここに記すと改めて自分の最悪さに気が付く

俺のどこがよかったのか

今は聞けないのが一番悲しい

そして俺はお前のこと親友っていろんな人に紹介していたけど

お前は俺の事本当に親友って思っていたか聞きたかった



そして俺の嫌いだったところも素直に聞いて直したい



お前はつらかった時一番に俺に電話してくれていた

俺はそれができなかった



けど、こんなくそみてーな俺を大学4年間めげず友達でいて

くれたのはお前だった

お前だけだった



大勢と仲良くなるのが苦手だった俺に

さみしさを紛らわしてくれた



お葬式でお前の冷たくなった顔を見た瞬間おれは、気が狂った

葬式後、声をかけられても無視して速攻帰った



家に着いたら、暗くなっていて、お前の妹さんの泣き叫ぶ姿と

それを抱きしめる弟の姿が

ずっと頭の中で浮かんでいた



そこから俺のクズ生活の始まり

お前のせいにしたくは、ないけど、さみしさを紛らわすために、

いろんなこと付きあっては意味わかんない理由で振って

どんどんみんなから嫌われてった

そして、仕事も休みがちで



人生に疲れた



この苦しさや、親友のお前がなくなったことなんて、会社の人に

とったらなんも関係ないし、こっちにはお前のことを知る、俺の

相談に乗ってくれる人なんていなかったから

ほんとの意味で一人になったんだ

苦しかった

たまに両親から心配の電話らしきものがきていたけど全部

でなかった



家では太陽の光も嫌で

日中もシャッターをしめて引きこもっていた



そんなある春、入社してすぐに、上野公園に

お前と花見に行ったことを思い出した



そろそろ外に出て空気を入れ替えなきゃなって思っていた俺は

夜に上野公園に行った



ビールは二本用意して一人で夜桜をみた

来年も再来年も行くって決めていた



そんなときに思い出した

俺にお前は家族を紹介してくれたけど

お父さんに会いたがっていたお前に

俺は会わせられなかったって



お盆に、俺の両親に無理言って

家族でお前の実家に挨拶しにいった



お前のお父さんとお母さんが出迎えてくれて

線香をあげた



その後

食卓に5人で座って話し始めた



お前の両親が

俺の話をしてくれてた頃のお前の話をしてくれた



俺がみつけられない俺の良さをお前はたくさん知っていた

かみしめていたら、自分の声が泣いていたのに気が付いた



きっとお前の家族はもっと辛いと思う

俺がこんなに落ち込んでいちゃだめなんだよな



そう思うと勇気がでてきた



これからは、人生を楽しもうと思う

きっとまだやってないことたくさんあって

お前がやりたかったこともたくさんあると思う



それを俺がクリアしてく



ギターも始めた

バイクの免許も取ろうと思ってる





いろいろな人を大切にするって約束する

もう親友なんてできないだろうけど

これから出会う人は亡くなってから後悔するような関係には

なりたくない



今はいないけど

彼女ができたらお前のこと話してやる

いつか結婚したら

子供にもお前の話はしてやる





人の死は悲しいけど、お前は死んでも俺の中じゃ最高の親友

だから

それはいつまでもわすれないでおいてやるよ



今は自信をもって言える

お前にとっても俺は親友だったなって



そんな風に思うよ



【男性、20代】 2016.09.24

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

あなたが亡くなり3年になります。私の大親友Wちゃん。

忘れる事出来ません。天気のよい日晴れ間の日は買い物がてら

あなたの住んでいた町まで行きあなたのお墓に行きます。

まだまだ頑張ります。あなたの分まで生きます。守り続けて〜

私の事をついでに我が家の家族一同を見守ってね〰



【 】 2016.05.17

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きなC

C、、、貴方が居なくなって何年だろう?
16年だよ。

小1に出会って誕生日も血液型も一緒なのに、正反対の性格なのに
すぐ仲良くなれたね。

私が虐めを受けてる時Cは自分も虐められちゃうかもしれないのに、
毎日毎日私の隣に居てくれたね。

それがとても心強くて子供ながらにCは私のヒーローだなって
思ってた。


私が転んだり怪我するとオンブしてお家まで帰って手当してくれた
事沢山あったね。

誕生日も一緒にお祝いしたね。

いつも助けて貰ってばっかりだった、、、


Cが小学校卒業と同時に引っ越しする事になって
大人には全然近いけど子供からすれば遠かったから毎週お手紙送り
あってたね。

高校入ってすぐ位に手紙が少し途絶えて何かあったのかな?
って心配してたら、他の友達のお母さんにCちゃん自殺したんだって
って言われて私嘘だと思ってCの家に電話したんだ、、、


おばちゃんが出たからC居る?って聞いたら、、、
C亡くなったのって、、、

私頭真っ白で涙止まんなくてどうしたら良いかわかんなかった。
だってCの亡くなる1週間前の手紙で18になったらバイクの免許
取るんだ。とか先輩に好きな人出来たとか書いてあったじゃん。

信じれなかったよ。
今だってその1週間で何があったのか知りたいもん。


C、、、私の事空から見てる?
今子供3人居るよ!

しかもCの弟と地区一緒で子供同士仲イイよ!
運動会とかでCのお母さん、お父さんといつも話してるよ。


私達の誕生月には毎年ではないけどお線香あげに行くと昔話するんだ。


私はCが大好き!
Cは私の永遠にたった一人の大親友だよ。



【女性、30代】 2016.05.04

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

忘れないことが追悼

君よ、離れてから15年目になる。
僕はなにも変わらない。変わる気がないんだよ。
君が忘れられる哀しさを思えば、記憶も共にして生活した方が
いいと思うに至った。
それが僕にできる追悼だ。
君の幸せになる姿が見たかった。
そうしたらこの恋から解放されただろうに。
今日も僕は生きていかなくてはならない。



【男性、40代】 2016.04.23

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

和木さん楽になりましたか?

昨年暮れ息子さんから喪中のハガキを貰った時にわかには
信じられませんでした でも本当だったんだですね。

高校の三年間おしゃべりしたり、遊びに行ったり同じ部活に入り
楽しかったね 父親を戦争で亡くしお互い一人っ子だったので
気持ちも分かり合え姉妹みたいだったよね
部活のコンクールで大阪に行った帰り皆で宝塚のファミリー
ランドへ遊びに行った事今でもはっきり覚えています。

それと貴女の家は農家だったのでイチゴ狩り、レンコン堀り、
芋ほりと季節ごとに家に泊まりがけで色々経験させてもらったね
忘れられない事ばかりです。

15年前クラス一元気だった貴女が病気で倒れと聞き何度か
お見舞いに行かせてもらったけど段々病状が進み最後に会ったの
は6年前言葉を発せられず私の顔を見るとただ”あーあー”と
声をだし涙を流すだけだったよね そんな姿見られるが嫌だった
のかな? 今は知るすべもありません。

それとその時思い出しても辛いのが両手に軍手を付けていて
両手の親指,人差し指、中指、三本の指先が無いので93歳の
お母さんが来られていたのでどうして?と聞いたところ胃ろうを
していて口さみしいので”かじった”と聞き今でも思い出すと
涙が出てきます。

4年前小学校のクラス会が有りその時会いに行ったんだけど丁度
透析中で会えずに又次回にしょうと思い会わず帰りました
今になったらあの時日帰りは無理なので帰りの時間を遅らせて
でも会って帰ればよかったのにと後悔しています。

三日後にクラス会があるけど行っても貴女にはもう会えないので
出席しません
貴女が亡くなった事認めないといけないのでまだお墓参りには
行きませんでも何時かはお墓参り行きたいと思います。
お嫁さんに教えてもらった戒名を唱え朝晩お祈りしています。
今まで仲良くしてもらって有難う何年後になるか分からないけど
私がそちらに行ったら又仲良くしょうね待っててね。



【女性、60代〜】 2016.04.17

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ごめんね

あなたは私の初めての親友。あなたにとっても、わたしが初めて
の親友。もう出会って12年、親友になってから10年経つね。小3
からだよ、そんな人たち学年で私たちだけ。

それなのに、
あなたが死にたいほど苦しんでいること、なんで気付いてあげら
れなかったんだろう。
あなたは英語の授業のとき、わたしの肩に頭を置いたね。わたし
はあなたの頭をそっとポンポンとしながら、よしよしと言った。
それしかできなかった。
あなたが、頼りたいと、助けてと、死にたいほど辛いんだと口に
できない代わりに預けてくれた頭だったことにわたしは気づけ
なかったよ。
あなたはわたしに精神的に辛いと言ったね。その言葉があなたを
死に追いやったほどの苦しみを意味していたこと、私は気付いて
あげられなかった。
他にも後悔が山のようにあるよ。
あなたにとって一番長い間一緒にいる親友があなたの苦しみに
気付いてあげれなかった。私自身、あなたが頼れるような親友に
なれなかった。あなたのことをもっと気にかけるべきだった。
大切にすべきだった。
本当に、後悔、後悔、後悔で、自分を責めまくる。
わたしも死んで、あなたのところへ行って、こんな親友でごめん
ね、あなたを助けてあげられなくてごめん、今度は苦しみのない
世界で、もう一度わたしと親友をしてと言いに行こうかと何度も
思った。今でも突発的に死にたいと思ってしまうこともある。

でもね。あなたの死から沢山のことを学んだよ。あなたが死を
もって、私に教えてくれたことが沢山あるよ。

今わたしは言葉じゃ表現できない虚しさとか悲しみとか自責の
念を抱えてるけど、誰にも頼らないで死んでいったあなたは
もっと苦しかったはず。そう思うと苦しんでばかりいれない
なって思うよ。私は今苦しいんだ、私は•••って、自分本位に
考えるんじゃなくて、もっと苦しい人がいたんだ、死ぬしかない
くらい苦しい人がいた、でも私は今の瞬間生かされてる。だから
やれることはやるしかないんだ、ってね。

そう、私はなんとかこうして色々なひとの支えあって、生きて
いるから。今わたしは、周りの人の存在の大切さを改めて感じ
てる。
もうこれ以上大切な人たちを失いたくないし苦しめたくないし
傷つけたくない。だから周りの大切な人たちを本気で愛そうって
思ったよ。

今でもあなたの苦しみをわたしが代わってあげられなかったこと、
真に理解してあげられないことを悔しく思う。他人の苦しみは、
同じ経験してないと本当の意味で理解するのは難しいんだって
こと、あなたが教えてくれた。
あなたの「精神的に辛い」の言葉を理解するには、なんの経験も
ないありきたりな私の中に浮かぶ考えじゃ甘かったんだ。

他にもあなたの死からいっぱい考えたことがある。


苦しくて苦しくてさみしくて会いたくてあなたとまた面白い話
しながらゲラゲラ笑いたい、戻ってきて帰ってきてわたしも
そっちに行きたい、と毎日思うけど、あなたが教えてくれたこと
無駄にしないようにこれからは他人の支えになれるように、
やっぱり生きていきたい。あなたの支えになれなかったから意味
ないんだけどね、なんて思っちゃうけどね。それでもあなたが
教えてくれたことを無駄にしないようにしないとね。

このサイトの投稿を読んで、同じような経験をしている人の言葉
に沢山共感して、沢山救われました。わたしのこの投稿が同じ
ように大切な人を亡くして絶望の中にいる誰かの支えに少しでも
なりますように。
時間が解決してくれるだとかその人の分まで生きるだとかその人
があなたが悲しんでるところを見ても喜ばないだとか、確かに
正しいけど、素直に納得できなかったりしました。
この悲しみから何年経っても抜けられそうにないし、死にたいと
考えるほど辛いに変わりないし、彼女が私に最後どんな気持ちを
もって行ってしまったのか分からないから、彼女がどう思うか
なんて、もう考えても不安しかないです。もしかしたらもはや
親友とも見てなかったんじゃないかとか。
まだ考えがまとまらなくて。
だから、結局、わたしは同じような苦しみを経験してる人の素直
な気持ちを読むことが救いになりました。
この投稿が誰かの救いになること心から願います。



【女性、10代】 2016.02.09

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

あれから4年の月日がたちました。
でも私の無力に後悔ばかりです。
今何してますか?
皆の声届いてますか?
2階から聞こえる足音はk?

mの背中に居たのもk? 

すぐそこに来てくれてるの?

皆からの誕生日LINEみた?

皆と集まってはkの話をしてるよ
あんなうるさくて明るいkを失ってから私達は、正直きつい。
後悔から‥一人一人が‥。

大事な親友を失った今私はこれから先何をしたらいいか、
まだわからない
ポッカリ穴が空いたまま

何で守れなかったのかと
先に行って一人にしてしまった事

Kが生まれてきた意味は物凄くあるよ
私の人生も変わった
学校や友達にうんざりしてた
Kが転校生で来た時めっちゃ可愛すぎ思ってさ

Kは言葉ぢゃなく行動で色々な事を私に教えてくれた
弱々な私に‥
流されない強さ
ホンとの優しさ
楽しさ
絆
思いやり
いい意味での怒り
悲しみまでも

こんな人は2度と出会えないと

私達の絆はkでもっともっともっと深くなりました。
誰かが辛くなれば支え合って顔を見る様に、会ったりします。

もー誰も失いたくないこわさがあるよ

Kの所に行けるのであれば正直‥
沢山の想いをくれたkと離れたのは辛すぎるんだ

でも皆には怒られる

だって生きたかったんだもんね

皆もkに会いたい会いたいって

写真みたりビデオみたり声聞いたり

いつか会えるかな

年取ったら皆で呑みまくろ

その前にギューさせて
きもいの言葉は愛情の裏返しってわかってるよバカ

まだまだ泣いてばかりでごめんよ

沢山のありがとう
また、いつかね、絶対、いつか、



【女性、30代】 2016.01.26

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

不思議な一ヶ月間だったよ。居ない筈の君が私の傍に居た。
退院したよって嬉しそうに駆け寄ってきて、長身を屈めて私を
抱き締めた。
細い腕の感触も、薄っぺらい胸板の体温も、耳元にかかる息遣い
まで感じたのに。
退院なんてしてなかったんだよな。もうあの時君は亡くなって
いたから。
ずっとずっと君のお兄さんが、弟くんが、私に話を合わせて
くれてたよ。
ライン返してくれてたの、お兄さんだったんだな。君にそっくり
な文だ。
ごめんな、ずっと受け入れないままでひと月も過ごしてしまって。

本当は多分分かってたんだよなあ。この一ヶ月間、急に頭痛く
なったり、白い顔で横たわった君の夢を見たりしててさ。さっき
まで隣に居た筈なのにいつの間にか居なくなってるとか、急に
横で笑ってたりとかしたし。良く考えたらおかしいよな。

君の手紙を読んで、お墓を見て、急に思い出して、初めて君を
悼んで泣いた。そしたらこのひと月の本当のことも、君との
思い出も全部一気に出てきて、また泣いた。そしたらさ、
ちょっとすっきりしたよ。
単純で勝手だろ。笑ってくれよ。

それだけ君が大切だった。今でもまだたまに君が隣に現れる。
これ妄想なのか本当に君が化けて出てんだか分かんねえな。
訊いても答えてくれねえし。

まあどっちでもいいや。私まだ若いし、ささっと生まれ変わって
近くに来いよ。待っててやるから。
あと、プレゼントありがとうな。一生付けとくよ。私も君が
大好きだ。
じゃ、おやすみ。また今度。



【女性、20代】 2015.10.15

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

やっぱり寂しいもんやな

お前がいなくなってから気づいたけど、俺を遊びに誘ってくれる
友達ってほんと少ないんよ。驚いたなぁ。
別によく誘われたから親友って言うわけではないけどな。
なかなか俺を二人で遊びに誘うやつなんておらんよ。笑
ほんとに。笑←

いなくなってから、お前って親友やったなぁって改めて思うよう
になったな。←

よくサークルの相談乗ってくれてありがとな。
パティシエ目指すって言った時はびっくりしたけど、専門で
めっちゃ頑張ってるお前はすごいかっこよかったよ。
惜しかったな。←

試作で作ったパンは食べたけど、お前の作ったはケーキ食べれず
仕舞いやったな笑
高校卒業してから、弓道の練習サボってたことよく気にしてたなぁ。
俺も問い詰めたことあるけど。
懐かしいな。←

高校に自分の作ったケーキ持っていくから、一緒に行こうぜって
言うのが最後やったなぁ。
あの時バイトとか言って、後にして遅らせたのが後悔してるわ。
もうちょい早く会ってれば、なんか悩みやら聴けたかもしれんの
にな。
なんでやろなぁ。そんな哀しいことあったん?俺に一言くれやな。
やっぱ気になるよ。←

葬式の時に、お前の父さんから、お前の分まで生きてくれって
言われたよ。
それ糧に俺はこれから辛いことあってもその言葉思い出して
頑張るから、そっちで観ててな。
ほんとに、寂しいんやぜ。
思い出すだけで涙出るんやぜ。
たまには、夢にでも出てこいや笑←

あ、そういえばやっと彼女できたよ笑
やっとや。
見せて一緒に遊びたかったわ。

話したいことたっっっっっくさんあるけど、
あと60年くらい待っててな。←

あとさ、浜崎あゆみの「untitled 〜for her〜」って曲聴いたら
哀しいけど、なんとなく頑張れる気がすれん。
俺はお前が先に少しだけ早くそっちに行っただけって考えてる
から、そんな責めんよ。
ただ、ちゃんと待っててな。←
男同士でケーキ食べれる友達おらんくて、寂しいんやぞ。笑
最近、お前と昔いったケーキフェア観て、一緒に行ったこと
思い出すし。
最後に行ったサイゼリヤもあれから行けてないし。
なんやかんやで、大事な思い出だらけや。←


んまぁ、辛いことか哀しいことあったんかわからんけど、
ゆっくり休めや。
何回も言うけど、そっちに俺が行った時は、よろしくやぜ。
楽しい思い出ありがとな。



【男性、20代】 2015.10.13

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集



時間が経ち、周りの人は忘れて行くのに
自分だけが止まって見える。

「何でみんなは前に進めるの?」

「何でみんなは悲しまないの?」

「何でみんなは苦しくないの?」

あの日を忘れて、過ごして居る皆が少しだけ
憎く思える私は…最低かな?

忘れたらいけないのに、忘れかけている皆を
憎んでいる私は…酷いかな?


どうしても言いたい事があるの。

あの日、何で助けたの?

そんなに大切だったかな、自分にとって本当に

大切な人だった?

私はその場に居ないから分からなかったけど…

家族を裏切って、その人は過ごして居るよ。

助ける価値など無かったかもしれない…

とか言ったら怒られるね、ごめん。


周りの友達は、小学生からの付き合いとか

色々とあって長く過ごしてきたかもしれないけど、

私はたったの1年も経たない内にお別れだった。

やり残した事たくさんあるのに…

それを出来て、大切な思い出になって居る皆が

羨ましいと思う。

それと同時にやっぱり、憎いよ。

長く傍に居た親友なのに上辺だけで!って思う。

それなら私の方が!って言いたいくらい。

私と過ごす日々は短かったけど、たくさん笑って

心からの親友は私だけだとお母さんから聞いた時

複雑で今すぐ会いたいって、戻ってきて!って

泣き叫んだ時もあった。


私は依存する訳じゃ無くて、心の底からずっと

皆は忘れても、私やお母さん、お父さんだけは

一日も欠かさずに思って生きるからね!

だから、私にエール送ってくれないかな?

今ね、すごく不安で押しつぶされそうなの。

大丈夫だよって空から後押ししてくれると信じて

過ごすから、笑ってね?

私たちは一つだから、親友だから、大切な親友。

長々とごめんね、またちゃんと会いに行くから

それまで元気で過ごして、会う時は笑顔で会おうね!



【女性、10代】 2015.09.29

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

会いたい

どうしてなの?なんでなの?しか
出てこなくて。
死を選ぶ前にもっと頼って欲しかった。
私の前で強がって欲しくなかったよ。

最初知った時はなんで自殺なんか!って
怒りが強かったけどね。
認めたくないけど
楽になったのかな?って
今は少し思ってるよ。

辛い事沢山あったよね。
よく頑張って最近は充実してた。
認めてあげたい気持ちと
なんでって気持ちがほんと
まだごっちゃかな。

べっ甲ネイルにするってのは?
マツエクは?温泉は?って。
約束してた最近の予定
出来なくなったじゃん。

携帯みても全部思い出す事に
繋がるし会社やご両親への連絡も
正直疲れたよ。認めたくないのに
話したくないのに話さなきゃいけない。

私今何してあげられるのかな?
見つかった場所に花でもと思ったけど
ご両親も場所わからないから
警察に聞いておくって。

検査に一週間もかかるの辛くないかな?
死ぬ時、薬飲んでたから辛くなかったかな?
早く落ち着きたいよね。
何もしてあげられなくてごめんね。

でもほんと話まとまらないけど
私これから1人なんだなぁって。
ずっと一緒にいたじゃん。
なんでも話し合ったしこんな親友
2度と出来ないねって。

おばあちゃんになってから
笑って思い出話する事とか決めてたよね。
遊ぶ友達は居ても親友は二度と出来ない。
どう思ってるかなー?今。
私どうすればいんだろう。

なんか身近なひとが亡くなったら
もっと泣きわめくのかと思ってたさ。
だけど、声も出す気力ないって感じかな。
結構生活の中で全部sに繋がってるの。

だけど今は妙に落ち着いてる。
早く会いたい。
検査中は会えないんだって。
なんかな、バカみたいかな?
親友 自殺 とか検索したりして。
私何したいんだ?

こんな書いたって意味ないって
思ってるけどなんかしたかったんだよ。
笑ってるあんたしか浮かんでこないわ。
いつもありがとうね。



【女性、20代】 2015.09.12

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

6年

あれから6年、早いね。
私が生まれて初めて本音でぶつかって、初めて心の底から
信頼し合えた親友です。

最後にちゃんと会えて良かった。
いつも頼ってばかりでごめんね。私の弱音をいつも聞いてくれて、
助けてくれて本当にありがとう。
本当に本当に、いっぱい笑って泣いて、あなたの居た毎日は
宝物です。生きることの素晴らしさ、人の有り難みを
教えてくれて、ありがとう。

あなたがやりたかった介護の仕事、今しています。
そっちから見ていますか?

人生捨てたもんじゃないって言ってたね。本当にそう思います。
あなたの分も2人分いろんな世界を見せてあげる☆☆
大好きだよ。



【女性、20代】 2015.08.13

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

1年

あれから、1年が経ったね。
あの時約束していた夏の盆踊りが近づいてきたよ。

今年も一緒に踊れないと思うと寂しい。
その瞬間だけでも戻って来てくれないかな〜
相変わらず、そっちでもダンスしているの?

私も相変わらず変わらないよ、
変わったのは君が居なくなったこと、高校に通い始めた
それくらいかな‥
他は何一つ変わらない。


こないだ、お母さんに言われたよ!
あの日から時間は止まって居る。
ただ仕事して、家事をして、そう言って
生きて居るのか、死んでいるのか分からない
そう言われて私も考えてみた。

あの日、何が間違って居たんだろうね。
君が死ぬことなど誰が予測して居たかな、
誰1人居なかったと思うよ。
自分の命を犠牲にして、助けた君は一番輝いている。
そう言われて嬉しい?あの笑顔で喜んでいるのかな?

中々夢に出てこないから、今度は私が苦情を出しに行くよ〜
覚悟して待って居てね!

大丈夫だから、今を大切に生きる。
変なことしたら本気で怒られそうだから。

いつか笑顔でまた会おうね?
盆踊り、気が向いたら遊びに来て?
空を観て踊るから(笑)

泣かないでよ?雨降らせたら承知しないから!
じゃあ、またね



【女性、10代】 2015.07.29

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

止まらない涙

あなたがいなくなって2年半…
「時が止まった」っていうのはこういうことなのかな。
最近よく感じるようになった。
それはあなたの死を徐々に受け入れはじめたからかもしれない。

あなたがこの世で人生を送った時間はたった14年。
そのうち病院で過ごした期間は約3年にもなるんだね。
私とあなたが出会ったのは13歳のとき。お互い闘病中であった。

私は完治して学校に行けるようになった。でもしあなたが地元の
学校に通えたのはたった30分だったね。

あなたを失った今、私は毎日がつらいです。もう一度この世で
会いたいって毎日思って、泣いています。私の涙はあなたに
会えるその時がくるまで枯れません。

最後に…
助けてあげられなくてごめんね。
救ってあげられなくてごめんね。
代わってあげられなくてごめんね。


私は大切な人の死をもって、たくさんの人々があたりまえに
生きている今、この瞬間は実は奇跡で、すばらしい未来を
迎えるためにどんなにつらいことも努力して乗りこえるんだと
学ばされました。



【女性、10代】 2015.05.26

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

親友やったがでしょうか

貴方がおらんくなって一か月経ちました。泣く頻度は減ってきた
気がします。
なんで言わざったがですか、ずっと調子悪いんやって。
急におらんなられて気持ちの収集つかんかったやないですか。

仕事、すぐ戻らんといかんかったですきに、大変やったがですよ。
体調悪いに、なんかなっちゅうがやろうなってわかっちょった
くせに、なんで病院行かんかったがですか。
「もし入院したら遊びにいけんなるから」て、当たり前でしょう、
阿呆ですか。
つか何ですかあの病名。聞いたことないがですけど。
しかも多分ながですよね。わけわからんです、死因くらい
ハッキリさせて下さい。

まだ20代やないですか。早すぎでしょ、何をそんなに急いだが
ですか。
中学で出会って仲良うなってから、お互いの家しょっちゅう
泊まったり、遅うまで話して寝落ちてみたり、
付き合っちゅうがかって言われるばあの距離感でも、友達やった
ですね。

寂しゅうて、会いとうてしゃあないがです。触れとうてしゃあ
ないがです。
ゆっくり言葉を紡いでくれる貴方の手話が聞きたい。
あんたほんまは死ぬかもしれんって分かっちょったがやない
ですか。
その病気のこと調べてもよう分からんかったですけど、予兆
あるがでしょう?

貴方は優しいお人です。
僕なんかよりずっと大変な思いしてきたやろうに、僕のために
泣くお人です。
僕が泣かんから代わりに泣くんやって言うてましたね。ただの
泣き虫なくせに。

ねえ。そろそろ僕落ち着いてきましたき、夢にでも出てきません
かね。
せめてもの伝えさせてください。大好きですよって。
もっと一緒に居りたかったなあとか、欲張ったことは
言いませんき、もう一度だけ、ちゃんとお話したいよ。



【女性、20代】 2015.05.25

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

久しぶり。

もう、あなたがいなくなって5ヶ月。
私は大学生になったよ。
長いのか短いのか。それでもまだ泣いちゃうなあ
本当に会いたい。さみしいよ
もっと遊びたかった
最後にした会話なんて覚えてない
いなくなるなんて思ってなかったから
たまには夢に出てきてよ。ほんまに会いたいんやで

まあ、気長に待つよ
忘れへんから



【女性、10代】 2015.05.17

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

天国の親友へ

Wちゃん元気してますか?悩んで悩んで思いました。
やはりWちゃんのお墓参りは行ってはいけないんです私自身は
行きたいんです。でもいつか必ず行くよ😃だって私の
親友だよ、素直な気持ちで話せるのはWちゃんだけでした。
あなたが居なくなり私の心の中はポッカリ穴が空きました😢
話かけたいよ近くで聞いて欲しい事沢山あるし。ある日自然に
あなたのお墓参りが出来ますように待っててね。



【女性、50代】 2015.03.20

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

伝えたい事がこんなあるのに

自分で自分を辞めたと聞いた時信じられなかった。
亡くなる前の日に電話くれて「約束はもういいから。
迷惑かけてごめんな?」って。
言わないで逝ったら俺が
約束を守れなかった事を悔やみながら
生きる事を分かってたんだろ?
そんなに気を使える優しくて
大好きな親友。
唯一深い話を真剣にできる奴。
お気に入りの夜景に連れてってくれた。

sが旅立ってから2年
この2年間に色んなことがあったんだ
色んなこと学んだ。
これでも成長したんだぜ⁇
今お前がいたらどんな話が出来るんだろう?
って思う。
あの夜景は俺も大好きだし
お前が望んだとおり他の人にも
愛される場所になってるよ。
いつかくるその日までは精一杯生きてあの世出会う時は
俺の生き様ドヤッ!って言って
一緒に酒を飲みかわそう。
叶わなかった夢を叶えてくれよな。
お前は俺の親友であり誇りだよ!



【男性、20代】 2015.05.12

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

誇り高きスナイパーUへ

小学、中学
同じ道を進み、高校から別になり国籍も変わったUよ、お前の
同僚のメールが遅すぎて死んだ事気付かなかったよ。


お前はフランスに入隊、
俺は日本に入隊。
国籍は違えど握ってる物は一緒だったな。


そして、お前が運ばれて来た袋の中の写真見て俺は嬉しかったよ、
お互いに交換した道具使っててよ、もうナイフケースなんて
擦切れてやがったよ。


まぁ、こんなぐらいにしておいて。
「自由に生きて、立派に死のう」
お前はよく言ってたけど
良かったな、実行できて。
お前が守った人は今頃幸せに暮らしてるさ。



最後になるが、俺は俺の部隊で任務に邁進してくる。
お前の日記等を読んで勉強していくさ。
まぁ、辞書片手にだから遅れるけど、できれば日本語で全部書いて
欲しかったもんよ(笑)



それじゃあ今度ウイスキーと葉巻用意しとくぜ



【男性、20代】 2015.05.07

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一番の親友へ

Wさん天国で元気してますか⁉
元気な笑顔が想像出来ます🎵今日は天気も良かったので
あなたの住んでいた町の隣町まで買い物に行きました。
必ずそんなときはあなたの大好きだった曲を聞きながら
運転🚗💨して行きます🎵
やはり思い出し涙😢が出ます🎵良く2人で
カラオケ🎤に行ったね☺隣でハスキーな声で歌う
Wちゃんを思い出します。又行きたいね☺と約束したけど😃
具合悪くなってからはなかなか行けずでした😵
何度聞いても涙😢が出ます😅
又買い物に行く時は思い出しながら聞くよ🎵😂ありがとうね



【女性、50代】 2015.3.4

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

天国の親友へ

Wちゃんどうしてますか?天国で元気してますか?
私はなかなか理解できないです。何故Wちゃんの家族の方は私が
亡くなる2日前に病室訪ねたことをあまり良く思わないんだろう⁉

いくら考えても私の意思で病室に行きました。Wちゃんに会いたい
気持ちが強いからです。確かにWちゃんは痩せてきていて本人も
会うのは嫌だったのかとも思いました💧でも私の気持ちは変わら
ない。
これがもし会うことを我慢したら私は余計に後悔していたと思い
ます。Wちゃん解ってね🙏💦💦解ってくれると信じます。
ありがとう😆💕✨



【女性、50代】 2015.2.10

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一番の親友へ

元気してる?天国でいつも笑っている顔が浮かびます。
あなたがなくなってもうすぐ4か月になろうとしてます。

私はなかなか亡くなった事が受け入れられずいつも空に向かい
あなたに話しかけています🎵あなたの笑顔を想像しては願い事
頼んだりしてます。

あなたはちゃんと私の願い事聞いてくれてるね。必ずお願い事
が叶っています🎵やはり神様になったね😃何故か信じるように
なりました。あなたはちゃんと私の近くに居るんだね。
ありがとう😆💕✨勝ってに話し掛けてもあなたは天国で
仕方ないなぁって聞いてくれてるね🙏💦💦

嬉しくて涙が止まらないよ。
元気でね😃又手を合わせて空に向かい願い事頼むよ🎵



【女性、50代】 2015.2.7

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一番の親友へ

話したい事が沢山あったのに



【女性、50代】 2015.1.22

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

いきなり

いきなりおらんくなって
いきなり会われへんくなってもう2週間
あなたが亡くなったときいてからも2週間
まだしんじられへん。
まだ17歳やったのに
これからいっぱい遊びたかったのになー

一緒に塾行ったり遊んだり、
ほんまに一番一緒におったのがあなたです。
あなたが死んだなんて、実は嘘なんじゃないかって
ほんまに思ってしまう。

ほんまに会いたい。
あなたといたのがつい最近のことで、
ついちょっと前までは普通に話してたのにって

よく夢に出てくるけど
それでも会いたいなー…
こんなんゆってたらきしょい言われそうやけど(笑)
2年毎日やってたLINEももう既読つかへんねんなって
毎日みてしまう
やけどひなの遺してくれたものはほんまにおもろいもの
ばっかで、今でも笑えるで。ふいた

生まれ変わっても会いたいと思ってるから、
私が死ぬまでまってて(笑)

短い間やったけど、ほんまにありがとう。
こんなお礼言うの初めてやな(笑)きしょい?
1番の友達でした。
ずっと友達、
大好きやで

みそ



【女性、10代】 2014.12.28

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きなしんゆう

2014年12月08日
信じられない出来事


12月09日
はる姉から
朝方連絡がきていて
気付かなかった。
気付いたのは夕方。
話を聞いても
理解は出来たが
信じれないが
外で泣いた


12月10日
はる姉とうちとおかんで
逢いに行った。
凄く綺麗な顔してた。
あんな大きな事故して
凄く綺麗で
アホみたいに泣いた。



ねぇ、ひろ?
ボーリングいけたらいくんだよね?
初売り大阪いくんだーって
楽しみにしてたよね?
こうやって
過去の約束を思い出す。


未来は叶わなかったけど
うち過去の思い出に
後悔はないんだ。


どうしてだろ?
色んな想いが
よかったね。とか
苦しかったね。とか
入り交じって
苦しくなるけど
思い出話は
凄く笑顔になれるんだ。


不思議だね。


もっと話したい事あるんだけど
夢に逢いに来てね。
うち、拗ねるぞ?
すねたらめんどくさいだろ?
だから、、、ねっ?
 

最後に形見分けしてもらったの
コテなんだよねw
ホントはあの服。
ひろのお気に入りの服が
よかったんだけど
今度もらってきてもいいかな?
 
また、カラオケ行こうね。
ひろの分も準備しとくから。
あんた、歌うまくて
もう一度聞きたいから
頼むよ。約束もしたしね!



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

あやかへ

あやか、本当にもうこの世にはいないの?

誰もあやかの最期の真相を知らない。

あやかを思い出すと、笑顔しかないよ。

死んだなんて、嘘だよね?
ましてや自分で死を選んだなんて。

あやかは明るくて、美人で、スタイルもよくて、社交的で、
おしゃれで、歌がうまくて、本当に良さをあげるとキリがない。

だから、どうして?何があった?

数年前、あやかの家の近くの飲食店で偶然に会ったよね?
あやかママも昔と変わらず、あやかも何にも変わってなかった。

あの時のバイバイが最期のバイバイになるなんて今でも
信じられない。

あの時、「高校時代から携帯番号変わってないからまたかけて
きてね〜」ってあやかは言ってくれたのに結局かけなくてごめん。

後悔しかない。

亡くなったと聞いてかける事がさらに怖くなって、でも、
信じられなくてかけたけど繋がらなかった。

遅いよね。本当にごめん。

あやかの死を止められなかった事、気づかなかった事、
さよならを言えなかった事、全部ごめんなさい。

こんなあたしなのに、夢に出てきてくれてありがとう。
笑顔を見せてくれてありがとう。

少しずつあやかの死を受け止めていくね。

今年にはいってから大切な人の死の知らせが続いてるんだ。

ひとつづつ受け止めて、これからは冥福をお祈りしていくからね。
天国では、あの頃の笑顔のままで過ごしていてね。

あやかの事は絶対に忘れないからね。楽しい思い出をたくさん
残してくれてありがとうね。

また、夢に出てきてよね。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

抜けられない悲しみ

私は毎日呟きます。
あなたは今何をしていますか?
何もなかったように私は過ごしています。

私達は不登校が行く場所で知り合ったね
最初は親しくなくて挨拶程度だった私達が
仲良くなったのはどうしてだろう…

楽しい日々を過ごし新学期になって元の場所に
戻るため別々の道を歩み始め中々会えなかったね。
連絡もあまり取れなくてすれ違いの日々だった。
たまたま出会った場所に顔を出しに行くと偶然に
あなたが居た。話が積もったね、お互いの事を
報告し合ってあなたは学校に行く時間だからと言って
自分から足を前に向けて入口までゆっくり歩いた。
そして私に背を向けてバイバイ!そう言って歩いた。

私の悲しみは他の人と違う悲しみを持っている。
元々私達は離れて別々の道を歩む運命だったってこと
ただ、出会わなかった日々に戻るだけ…
たったの9ヶ月間それだけなのに…居るのが当たり前
そう考えていた日々を2度と送れないのは心が…
引き裂かれる…どこに行って探しても…もう居ない…

前に進もうとしても私は深い悲しみから
抜け出せない…誰に話そうが…
誰の前で泣こうが…
あなたはもう帰って…来ない…

そして私が悲しんでいる事を知って悲しんでも
私に会いに来ることは出来ない…もう2度と…会えない…

でも………
私にはあなたみたいに変えられない大切な人が居る。
あなたも可愛がっていた妹同然の人
同じ悲しみを与えないように私が生きる。
自分の夢に向かって…振り向かずに進む。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

たぬくん

中学入学時に席が前後だったことから、たぬくんと仲良く
なったね。
女の子に「たぬくん」のニックネームはイヤだったかなぁ。

思い出すのは私がたぬくんに酷い言葉や態度だったこと。
思い出すのはたぬくんの笑った顔。
たくさん迷惑かけて、イヤな言動してたのに、勝手だね。
たぬくんの笑顔ばかりが浮かんでくるよ。

本当は大好きで大切な貴女だったのに、ケンカしたことが
響いて、ぎこちない再会しかできずにいたね。

あの後、何があったの?
あれからどうしてたの?

随分と苦しいことがあったんだね。
悲しくて、寂しくて、孤独だったんだね。

何も知らずにいてごめんなさい。
何の力になれずごめんなさい。

謝りきれない。

まだ受け入れられない。
また会えるような気がしてならない。

会いたいよ。

たぬくん、会いたい。

会ってきちんと仲直りしたい。
それから、たぬくんのためになんだってしたい。

会いたいよ。



【女性、40代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ごめんね

どうして1番辛いときに何もいってくれなかったの
どうしてなにものこしてくれなかったの
頼りなかったかなぁ

四年間も同じ寮で過ごしたじゃん
趣味も合うのが多くて話すの楽しかったでしょ?

来年にあるあなたの大好きな俳優がでてる映画
いっしょに行こうって
何があっても映画みるまでは死なないって
二人で約束したじゃん
まだ途中までしかみてない海外ドラマも
いっぱいあるじゃん

どうして、と思わない日はありません
あのときもっとはやく見つけていたらあなたは助かったのかな
後悔が尽きない日々です
日常の些細なことであなたを思い出します

まだあなたが亡くなって三週間
みんな悲しみを乗り越えようとしてます
でも、みんなあなたに会いたいんだ

わたしもまだまだ悲しいですが
前へ少しづつ進んで生きています

あと八十年くらいしたら殴りにそっちまで行くので
待っててください。
みんなでお前を殴って、抱きしめて、そんで
いつかみたいにカラオケでバカしよう

あなたの笑顔が大好きです

あなたに会えてよかった
四年間と言う短い日々だったけどあなたと過ごせてよかった

はーちゃんありがとう
大好き
また絶対に会おうね



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ありがとう

まだお前がいなくなって3日しかたってないよ
毎日泣いてるうちのことバカにしてるんやろうなって
思うけど、今だけは泣かせて。
友達からお前が亡くなったって聞いたとき
世の中の時間が止まったみたいやった。
いなくなったりしんって思い込んでた。

ほんま大好きなんよ。
なかなか会えんくてなかなか集まれなくて
でも凄く大事だった。
大切でかけがえなくて・・・・・
何でおいていくの?
何で一人でいっちゃうの?
何で一人にするんだよ・・

出会って5年。早かったな。
いーっぱい思い出できたよな。
たくさん笑って泣いて・・・お前と居るの幸せやったよ。
まだ泣いちゃうけど。
まだ立ち直れそうに無いけど・・・
でも、お前に言いたいんよね。


ゆの。
出会ってくれてありがとう。
親友でいてくれてありがとう。
そばにいてくれてありがとう。
ゆのが言ったから。
「元気のないお前は好きじゃない」って。
だから笑うよ。元気でいるよ。
大好き。ゆのの笑顔が大好き。
最後、笑ってるゆのの顔を見て少し安心しました。
友達がいないって言ってたゆの。
そんなこと無いよ。
ゆのはみんなから愛されてる。
ありがとう。また、遊ぼうね。
ふざけて馬鹿笑いしようね。

大好きだよ、ゆの。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一番のたった一人の親友

2ヶ月前に親友を失いました…

小学からかれこれ10年以上の付き合い。
部活もバイトも一緒にしてたな。私が仕事辞めた時は
「俺が社長に頼むから来いよ!!」って言ってくれて
よく世話になった。

趣味も一緒だったからバイクに乗ったり海に山BBQ色々した。
私が事故に遭って大ケガした時も
「仕事に困ったら社長に頼むからね」っていってくれました…。

こんな私ですがずっと親友に親友と言われたことは
今でも忘れません。
またいつか会えるかな…。



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

デコちゃんへ

デコちゃん、あなたが突然いなくなってからもう2年になるんだね。
12月16日、デコちゃんは僕に何の断りもなく逝ってしまいました。
デコちゃんは、他人に対して心を開けない僕にとって
唯一無二の親友でした。
電話で、メールで、一緒に飯を食べながら、いつもバカ話に
花を咲かせていました。
もちろん喧嘩もしたけど、次の日にはいつも通りのバカ話。

今年の12月で二周忌。今更だけど、デコちゃんの不在は
孤独に押しつぶされそうな僕にとって、相当な苦痛です。

不安な時、助けてほしいとき、ああこんな時にデコちゃんが
いたなら、どんなに心強いんだろう…
いつも思っています。

よく京都に行ったよね。その京都で11月24日に試験があります。
試験会場が京都に決まった時、あ、デコちゃんとよく京都に
行ったよな…と思いました。所謂お導きなのでしょうか?
もし余裕があったら、あの時一緒に訪れた場所に
再度行ってみたいと思います。

何かにつけて、デコちゃんの事を思い出しています。
試験の時もそうだけど、いつもデコちゃんの事を
思い出して安心することにしようと思います。

でも、でも、デコちゃんの不在は、やっぱり認めたくない。

デコちゃんが もう僕の事は忘れて…と言ったとしても
僕はデコちゃんの事は一生忘れないし
どう頑張っても忘れる事は絶対出来ません。

デコちゃん、どうかいつも見守っていてください。
いつかどこかで、必ず会おう。

で、ついでに…
試験合格しますように。



【男性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

のぶちゃん元気?

のぶちゃんそっちの世界はどんな感じ?元気でやってるの?
のぶちゃんとは二十数年の付き合いだったね。
最初の頃は恋人で年の差カップル。
別れてからは親友で母親みたいな感じだった。

のぶちゃんが余命宣告されてから約一年間、本当によく頑張り
ました。痛みが酷かったね。
必ずくる悲しい結末と怖さと不安の中で毎日過ごすのは
残酷だったよね。
側で見てて辛かった。でも時間があったからこそ思い出も
つくれたね。
温泉旅行も何回か行けたし桜がみたいなとずっと言ってて
今年一緒に花見に行けたことは良かった。
間に合わないかと思ってたんだよね。本当に喜んでくれて
良かった。綺麗だったね。

ところで、月命日も過ぎたけど全然会いに来てくれないじゃん。
寂しいよ会いたいっす。
死んだら馬券とか宝くじ教えに会いに来るってあれほど約束
したのに。そっちでも大好きなパチやってて忙しいのかな?

のぶちゃんの年齢まであと十四年あるけど結構長いね。
それまで生きているかわからないけどさ。
でも死ぬことは怖くないんだなと思ったよ。のぶちゃんと最後の
瞬間までいたからわかった。むしろ楽しみだよ。また会えると
信じてるしあの笑顔がまた見たいな。
のぶちゃんありがとう。大好きだよ。またね〜



【男性、40代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

チナお姉さんへ

チナお姉さんへ


こんにちは…チナお姉さん
貴方が死んで一年です
時は早いね…

一年前…六月24日…
貴方は死んでしまった…
もうすぐ貴方の命日…

まさか自分の誕生日の次の日に逝ってしまうなんて…

病死した貴方はガンだったね…
私も心臓病が進行してるからもうそっち逝けるかもしれないよ…

十六歳という若さで居なくなった貴方…
私はこの前十二歳になりました!

私は心臓病のせいで毎日つまらなかった…
でも…チナお姉さんが声をかけてくれて
毎日つまらなかったのに…
楽しくなった!

…でも…貴方は死んだ…病室に行ったら…
チナお姉さんのお母さんとお父さんが泣いてた…

すぐわかった…お姉さんにはもう…逢えないって

私は声を殺して泣いた…
泣いて泣いて泣いて泣いて泣いて
気付いたら朝…
泣いたまま寝てしまったんだ…

急ぎ足でお姉さんの病室に行った…
やっぱり居ない…
あぁ…死んでしまったんだ…
泣いた…勿論声を殺して…

そしたら…お姉さんのお母さんが来た…
声をかけて来た
貴方に手紙よって…
読んだんだ…
正直…怖かったけど…

ひとことだった…
「今までありがとう」
これだけ…

チナお姉さん…
こちらこそ…ありがとう!



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

すすまなきゃね

あなたとの関係を親友って言っていいのかな?
少なくともあたしにとって、あなたは大事な人です。



3年前の事ずっと後悔してきました。

中1から高1まで、あたしの話を聞いてくれたあなた。
そんなあなたのあたしへの最期の言葉が「ごめんね」だったこと、
いつもどんなに体調が芳しくない時も笑顔だったあなたの
あたしと過ごした最期の時間が涙で終わってしまったこと、
ずっと後悔してきました。


だから今まであなたとの事、誰にも話さなかった。
それこそ墓場まで持ってくつもりだったの(笑)

でもね、こないだ初めて、自分でも何で言ったのか
分かんないんだけど、友達にあなたとの事話したの。

話を聞いてもらっててね。
なんか、すすまなきゃなって思った。
ねぇ、たぶんあなたもそれを望んでるんだよね?

あなたと過ごした時間が思い出になっちゃうことが怖かった。
あなたがいない現実を受け止めるのが怖かった。
最期にあなたを傷つけてしまったこと、考えるのが嫌だった。

けど、すすまなきゃね。
今までたくさん泣いたし、きっとこれからも泣いちゃうけど、
きっとあなたなら「バカ、大丈夫だって」って笑顔で言って
くれると思うんだ。

ねぇ、えっちゃん。
ほんとにね、ありがと。
ずっとずっと大好きだからね。



いつか会えた時、誉めて貰えるように、私頑張るから。



【10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

悠ちゃんへ

悠ちゃんが死んでからやっと1年が経ちました。

悠ちゃんがいた頃は毎日毎日楽しくって時間が経つのが、
とってもはやくてもっと1日の時間を増やして欲しいほどだった
のに悠ちゃんがいないと未だに辛くて時間が止まったみたいに
1日が長くてしょうがないんだ。

悠ちゃんが自殺する前にかけてきた電話出られなくてごめんね。
もし、電話に出て話聞いてたら悠ちゃんは死ななかったのかなって
今でもよく考えます。

自分だって辛い境遇なのに、
「俺より辛い人、世の中にたくさんいるんだから辛いなんて
言わない」って言って頑張ってた悠ちゃん。
私から見た悠ちゃんは、優しくってとっても強かったです。

悠ちゃんみたいに強く生きれなかった私を守ってくれて
ありがとう。

でもね、悠ちゃん。
絶対に悠ちゃんみたいに強くなるよ。
誰かを守れるくらい強くなるから。
天国で見守っていてください。

15歳になったあきより



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

深い愛情をありがとう。

しゅんすけ兄へ。



しゅん兄と出会って13回目の夏がきました。

私はいつもしゅん兄に偉そうだったから
今日は丁寧に綴りますね。

私がまだまだケツの青いクソガキだったあの夏
生まれた場所も育った環境も全く違う私たちは
遠く離れた東京で出会ったね。

朝まで居酒屋で語ったり……
お城を見に行ったり……
水族館にも行きましたね。

喧嘩して泣かされた時もあったね(笑)


たくさんの思い出をありがとう。


振り返ればいつだって
あなたは私を支えてくれました。


9年前に私が自殺未遂をして
実の家族に罵られ見捨てられたときも
あなただけは私を信じてくれました。

『誰がお前を見放しても
俺はお前の味方でいてやる』

あなたのその言葉、あなたの存在に
感じた事のない安心感に包まれ
命を救われました。

今私がこうして生きていられるのは
他の誰でも何でもない。

あなたがいたから。

私の人生に光を与えてくれました。

いつかあなたに話した
ささやかな夢を諦めずに
追いかける事にしました。


今ここに誓います。


私はあなたのような
自己を犠牲にしてまで他人の人生に
暖かい光を与えられるような
優しさに溢れた看護師になります。

1人でも多くの人に
生きる希望を与えたい。

その夢がいつか叶ったときには
一番に報告にいきます。


しゅん兄


あなたは私の
最初で最後の運命の人です。


あなたが支えてくれたから
あなたが励ましてくれたから

あなたがいたから………


本当は側で見ていてほしいけれど
あなたの姿かたちなくとも
私にはあなたの声が聞こえてる。


あなたがいなくて
辛くて辛くて
悲しくて悲しくて

数えきれないくらい流した涙が
いつか未来に
反映されるといいな。



しゅん兄。


私は前を向いて生きているよ。


遠いところから見ていてください。


いつかまた会えたときは
前みたいに笑顔で抱き締めてください。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

愛様へ

愛ちゃんへ
貴女が居なくなって
何年たったかな?
あの日を今でも思い出す。

愛ちゃんが連れて行かれ
仲間と探した日を
俺達はまだガキだった。
バイクを持ってる奴らで
夜中まで探したよ
真面目な君がさ、

誰にも何も言わず
寄り道するはず無かった。
最後は辛く苦しかったろう、
これから楽しかったのに
全てを奪われて、

奴は貴女とは違う所へ
奴は貴女を苦しめた。
奴は罰を受け死んだよ、

今年も桜が綺麗だよ、
あの時を振り返る季節
だから来てみたよ、
皆と付き合いが薄れたけど
だけど忘れてないから

愛ちゃんがさ
元気なんて判らないけど
俺は元気だよ

いつまでも忘れない
忘れたくない、

優しくていい娘だから
神様が居るなら認めてくれる
早くこっちに帰って

また生きてくれ、



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

さーちゃんへ

ずっと一緒にいて
これからも一緒だと思っていたから
突然の知らせを受けた時から
まだ何も変わっていません。

私の遅い結婚が決まってすぐ
あなたのこれまた遅い結婚が決まって
二人とも幸せを掴んだと思ったから
少しだけ
つないだ手を緩めた瞬間に
あなたは手の届かないところに行ってしまった

今思うと
私は自分の幸せで手一杯で
きっと
あなたもそうだと疑わなかった

あなたの病気を知っていたのに
あなたの病気が喜びさえもストレスになると知っていたはずなのに

結婚式呼べなくてごめんね
お葬式行けなくてごめんね

結婚式もお葬式も
友人代表でスピーチする約束だったのにね

この前お墓に行かせてもらったよ
日当たりのいい教室の窓際で
「あったか〜い」
「ねむ〜い」って言ってたあなたにぴったりの
暖かい日当たりのいい場所で少し笑っちゃった

こんど会うときは
一人だけ年取った私をどうぞ笑ってください

しわの数だけ思い出をもっていくから・・・



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

天国にいる親友へ

俺はあの日のことを忘れられない。
久しぶりの再会がこんな再会になるなんて、部屋に入ると冷たく
なったお前が布団の中にいて「なんで起きねえんだよ。」って
叫んで頭の中が真っ白になった。

お前が死んでから数週間抜け殻状態になってた。
お前は頭はいいしデカイ夢があるのに俺はバカで夢もなんもない
だったら親友より俺が代わりに死ねばよかったって何度も考えた。
でも運命は変えれない。
なら俺がお前の夢を叶えてやる。
頭悪いけど絶対叶える。

正直、お前ともっと遊びたかったしお酒も飲みたかった。
でももうお前はここにいない。
なら俺も夢を叶えて楽しい人生送ってあの世に逝った時、
俺の生涯エピソード語ってやるよ。

だから安心して見守っててくれよ。



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ゆかりへ

遊園地の事故だったから楽しみながら空へいっちゃったのかな?

そうだといいな

それとも怖かったのかな

どっちにしても最後にもう一度会いたかった。

辛いよ。

おじいちゃんが死んだとき、お父さんと叔父さんが 
〈ああすればよかった〉 
〈あの事まだ謝ってなかった〉なんて言ってたのを思い出したよ

あの頃はまだ小さかったからよくわからなかったけど

今ならイヤってほどわかるよ

ごめんね。

ゆかりみたいな友達、またつくれそうにないよ。

今ごろ遅いけど、
一番の友達だったから

親友だったから

神様の近くにいてね。
私がそっちに逝ってもすぐにゆかりのこと見つけられるように

それまではこっちでがんばるから

見ててね

私と出会ってくれて、仲良くしてくれて

ありがとう 大好きだよ



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

あっちゃんへ

5月15日にあっちゃんが亡くなって、ずっと寂しく暮らしています。
今は凄く後悔しています、頭が痛いと電話がかかって来た時に、
藤田保険衛生大学病院に行ってと言わなかった事、ゴルフ場で
ふざけながら血圧測定した時にあっちゃんの血圧が高かったのに
病院に無理にでも連れて行けばなど凄く後悔しています。
約1年6ヶ月経っても忘れる事が出来ないよ。本当に逢いたいです。



【男性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

今どこにいるのかな。

もうすぐこの世を去って丸三年が経つんやね。

まだひょっこりこっちに帰ってくるんじゃないかと思ってる。
声がききたくなったら、携帯にかけてしまう。

自分が本当に嫌でつらい時、いつもMが居てくれたらと思う。 
あなたは私がどんなに嫌な感情を持っていても受け入れてくれた
から。
弱いところがあったからこそ、人にやさしくしてくれた。
温かい人でした。
もっといろんなことしたかったよね。
突然で、本当に本当に無念やったね。

だから今度は私の子どもとして生まれ変わってきてください。
女の子を授かったら、私はひっそりと心の中でそう思って
大切に大切に育てたいと思ってる。

一緒にたくさん楽しいことしよう。
この世でかなえられなかったこと、つきあうから。

待ってます。
あなたに会いたい。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一歩ずつ前へ

大たいお前を見なくなって二ヶ月と1週間ってとこかな。

はじめお前が亡くなったことを知ったとき

正直はじめの1週間は現実をうまく受け止めきれず

よく外へ朝からお前との思い出の場所を練り歩いて

お前を探してたよ。

でもさぁ、周り見渡してもやっぱどこにもいないんだって

思って空を見ながら男のくせに泣いちゃってたんだ><;

お前は空を見ることが好きでよくお前と俺で近くの

高台から空を見上げてたよな。今も偶にRADWIMPSとか

聞きながら空を見るとお前との思い出が蘇ってくるよ。

あとお前は大学行くっていう夢があったよな。

お前の代わりに来年俺が大学行って代わりに

果たしてあげるからお前も天国で新しい第一歩を

踏み出して頑張れよ^^

あと絶対合格して合格通知が届いたらはじめに

天国にいるお前に向かって見せるからな

それじゃ、またな 光

お互いにこれからも一歩ずつ前へ..



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

もう一つの「卒業」

 昨日、小学校の卒業式だったよ。
 あなたの息子さんと私の娘、無事に巣立っていきました。

 お互いの子供達が同い年で、幼稚園入園以来の付き合いだった。
いつも、あなたの家には沢山の親子がお邪魔して、子供達は
賑やかに遊び、母親達が楽しいお喋りで盛り上がってたよね。
 そして、上の子同士が小学校入学。勉強、ついていけるかな。
他の園から入った子達とも上手くやっていけるかな…なんて
他愛もない話をしたりして。
 こんな日々が、当分の間続くんだと、単純に思ってた。

 でも、あなたが”小学生の母”でいられたのは、半年足らず。
持病が元で、ある日突然逝ってしまった…。
 ママ友一同、茫然…何で?有り得ないって。確かに、少し前
から体調が余り良くない、とは聞いていたけれど。
 大人達の心配をよそに、残された幼い子供達は、真っ直ぐに
育っていった。御主人や親戚の人達の温かい眼差しの元で。

 あなたと私は、住む地区も一緒。もしあの頃の様に元気なら、
PTAや子供会の役員も一緒にやってたかも。ぶつぶつ文句を
言いながら、でもやるしかないか!と開き直りながら。
 私が、過去の事をネタにした嫌がらせの手紙を誰かから
送り付けられた時は、「昔がどうであれ、あなたはあなた
なんだよ」って励ましてくれたよね。パート先を、若い正社員に
いびられてたった数か月で辞めた時も、「どーした?何が
あったん?」って電話くれたっけ。
 人付き合いが苦手で取り扱いの面倒な私を、一人の人間として
見てくれてた事、ホントに嬉しかったんだよ。

 あれから時が過ぎ、上の子達は中学生に。男の子と女の子で
ある事、市内一のマンモス校という事もあってか、今は顔を
合わせる時もほとんどないみたい。来月入学の下の子達も、
同じ様になっちゃうのかな…ちょっと淋しいけれど。
 私は、市役所で臨時職員やってます。忙しさを言い訳にして、
あなたのお墓参り、随分御無沙汰しちゃってる。生前にあれだけ
世話になっておきながら…いかんな…。

 昨日の式、息子さんもウチの娘も、緊張した面持ちで卒業証書
を受け取ってたよ。あなたが亡くなった時、まだ幼稚園の年中さん
だったのに、だいぶ大人びてきたなあ。そして、先生達や保護者、
在校生の「おめでとう」の声に見送られて、小学校生活を
終えました。
 そして、私達の”小学生の母”生活も終わりました。上の子達の
入学から8年。相変わらず付き合い下手の私は、誰の事も信じられ
ない…と心が折れそうにもなりました。あなたが元気でいてくれて
たなら…と何度思った事か。
 だけど、いつもでも引き摺ってちゃ駄目だよね。これからは、
前を向いていかなくちゃ。

 今日まで頑張ってきた、私達へ。
 卒業、おめでとう!



【女性、40代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

明日

誕生日が来ると、まりなのメールが届く気がする。

毎年、必ず私の誕生日00:00にメールをくれて、それが当たり前
だったんだ。

無精者の私は、人の誕生日なんて覚えられなくて、まりちゃん
の誕生日も忘れたりしてたのに・・・。
そんな私に、生まれてきてくれてありがとうって欠かさず
祝ってくれた。

私だって思ってたんだよ、本当はいっつも思ってたんだ。

そばにいてくれて、ありがとう。
友達でいてくれてありがとう。
欲しい言葉をかけてくれてありがとう。
暖かさをくれて、ありがとう。
生まれてきてくれてありがとう、って。

ああ、もう。泣かせんな、バカ。

なんで隣にいないの。
うちら、親友じゃん。
なんで電話してこなかったんだってば。
なんで…私が苦しいときばっかり電話してきてさ。
自分が苦しいときにも電話してくればよかったんだよ。
勝手に死ぬなっつーの。

マジもう、寂しくて涙止まんないよ。

いなくなってからのほうが、まりなのことを考えるんだ。
後悔ばっかりの情けない私。

気づかなくて、ごめんね。
ううん、気づいてたのに、ごめんね。

でも、そんな私も、もうすぐまりなが迎えられなかった年齢
を迎えるから。
きつくても頑張って生きるから、見てて。

泣きながら必死で生きる私を笑って見てろ、バカまりな。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

会いたい気持ちを抑えて…。


気づいていただろうか?
こんな悲しみを、

みていただろうか?
この気持ちを…


ただ、ただ、 



−アリガトウー



それだけなんだ。

生きる糧を今は、見つけてるから

そこにいるお前は、お前だし
僕も僕だ



………なーんて、かっこつけみたいに言ったっけ。

涙がね、、出ない…… 怒るか?

いや、笑ってホシイ…

こんな僕を、        ユルシテ…




あははっ!

目から水が出るなっ

決して、   涙ではないからな!

まさか、僕がお前のために泣くかっつうの。

……だまされてんじゃねーぞ!

お前、お人よしだから
あっちで僕以外にだまされたら、

ゆるさないから!


僕は、お前の夢叶えてから
だましに行くから、


それまで


まっとけよ!



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

あれから6年

久しぶりだな。元気にしてるかい?
あれから6年も経っちまった。記憶の中のお前は
あの時のままなのに…

墓参りに行ってなくてごめんな。いつも一緒にいる
ような気がしてさ。
たぶん知ってると思うけど、こないだひろがキックの
チャンピオンになった。嬉しかったなあれは!
コツコツ頑張ってたからなあいつ!その努力が報われると
嬉しいよな。

忙しいと一瞬お前を忘れてしまうときがあるけれど、
いつもこうやってお前を忘れずに俺は過ごしてる。

なぜ自分が生まれてきたのか、あの時お前は自分に
問いただして答えがでなかったんだろうな。
そんなの今の俺も一緒で、答えなんてそう簡単に
見つかりやしないよ。

お前はいつも一緒にいると思っている。いつか
誓った二人分頑張ってやるという気持ちは今も
変わらない。
最近、夢に出てこないけど女でもできたのか?
たまには出てきてくれよ。また一緒にバイク乗って
喧嘩でもしようぜ!

生きていても、死んでいても、辛いときはあると
思うんだ。でも下を向くなよ。下を向いたら
何も見えなくなる。景色が変わって来た時に、
下を向いてしまっていたなら何も気づけないけど、
上を向いてれば、ほんの少し景色が変わってきた時に
気づけるだろ。

いつか俺も死んで、どこかの時代に生まれ変わる。
また同じ時代に生まれて、今度は一緒に成功しよう!

じゃあ元気でな!



【20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

友へ・・・

 昨年の今頃でした・・・
突然、別居中だった奥さんからの電話・・・

 奥さんの声は震え・・・ 「まさか・・・」
出張先の全てをキャンセルして帰省した時、君は小さくなってい
ましたね。

 30年以上、君と永きを友として憚ることなく家族ぐるみでの付き
合い・・・
時には喧嘩して、半年〜1年と会話すらなかったことも少なくな
かったね。
 最後に喧嘩したのはちょっと酷かったけれど、3年の間のブラン
クだった。
そんな君が、唐突に音信不通の私を追ってくれた。
 僕は本当に嬉しかった。
 一杯、色々なことを話したかった・・・

 3年の時間は君を残酷な程、傷つけていた・・・
余りにも残酷な事が君を襲ったことを知った・・・
 そして、その間、親友を気取ってた自分が恥かしかった・・・
そして・・・ 君が最悪の選択をすることを僕は真剣に恐れた。
 僕は不器用だから、ストレートにそれを伝えたよね?

「今、俺が死んだら、最愛の人を傷つける。 だから死なない」
僕は信頼する友の言葉として、それを信じた・・・
数は少なかったけれど、30年の付き合いの中で凄く密度の濃い、
時間を忘れた会話もしたけれど・・・
 だけど、僕は不安だった・・・
 3日、連絡が無かったら不安になって連絡もした・・・
「もう大丈夫だ・・・ 少しづつ、昔に戻ろう」そう思った。

 1年前の週末、僕は家内と「アイツ、連絡無いんだよな・・・ 
大丈夫だと思うけれど・・・ もう遅いし、明日、連絡するよ」
家内も心配していた・・・ 僕も・・・

 だけど、その頃、君は愛する家族に最期の手紙を書いていたん
だね・・・
 忙しさの余り、僕は連絡すら出来ずに居た。
そして、連絡が有ったのは君の携帯から、奥さんの伝言だった・
・・

 結局、僕は君を見送ることも叶わず、小さくなった君に手を合
わすしか出来なかった・・・
 君の愛する家族の支えになろうともしたけれど・・・
どうだったかな?
 役に立てたかな?

 僕は君の友として、役に立てたのだろうか?
あの時、電話してたら・・・ 君は今もつまらない世間話に笑っ
てくれたり・・・
僕の我侭をバカにしてくれてたんじゃないか?
 そんな事を、今更ながらに感じることがあります。
何度考えたって、意味がないこと位は判っています・・・
何度悔いても、意味が無い事位は判っています・・・

 けれど・・・ けれど・・・ この気持ちは薄らぐことはあっても、
後悔の念は消えてくれません・・・

 君は決して器用な人じゃなかったけれど、とっても真っ直ぐだっ
た。
そして、更に不器用な僕に色々な事を教えてくれた。
 僕は君に何も教えられず・・・ 借りばっかりだね・・・
 なのに、そんな賢い君が・・・

 幾ら泣き言や後悔を連ねても仕方ないよね・・・
でも・・・ でも・・・
 もう一度でいいから、君と夜明かしして、話をしたかった・・・

それが・・・ それが、僕の心残りです。

 ごめんなさい、君は重き荷を下ろし、やっと自由になれたんだよ
ね・・・

 そんな君に、僕がこんなじゃ、ダメだよな・・・



【男性、40代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

なぜなの?

誰から見ても、一番仲が良かった私達。
それなのに、なぜ?
病気が進行してから、私とは会いたがらなかったね。
私に会うと、とても辛そうな表情をしていたよね。
そして、亡くなった後・・・・
私は、あなたの家族から何の連絡もなく、
他の友達から聞いたんだよ。
なぜなんだろう。
私には、一生わからないことだよ。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

元気にしてるか?きっとしてるんだよな…

おーい博明元気にやってんのか?
まあついさっき夢で会ったけどな!
前と変わらず一緒に遊んでたんでまあ元気にしてるんだろう。
お前のことをよみんな忘れてねーからさ。
そりゃ毎日のように考えるやつもいりゃ命日になって思いだす
やつもいる。
でもさみんな忘れてねーことは確かだから!俺も嬉しく思うこ
とあったよ正直。

まあお前もゆっくり考えてさ自分の生き方に悔いが残らないよ
うにお互い頑張ろうな!

急に悲しくてどうしようもなくなる時があるんだよ。
お前が泣いてることだって俺は知ってる。
遊びたくなった時は夢の中で遊ぼうな。
俺にとってお前やひろはかけがえのない兄弟分。
お前が生きていればきっと兄弟って呼び合っていたんだろうな。

俺はお前や周りの人間に助けられてなんとか立て直したからも
う心配いらない!本当にありがとな。
やっぱ俺は俺だよ。
そんなに簡単に変わらねーよ!

人はさー辛いことも糧にして生きて行かなきゃいけねーよな。
でもふとお前がいないことを本当に感じた時悲しくて涙が溢れ
るんだよ。
まあまた今度な!
いいか博明約束を一つだけしよう。
自分の行くべき所に行く前の日に絶対夢に出てこい。もう何も
言わずにどっか行くのはやめろ。
お互い悩むことはあっけど生きても死んでも変わらない気持ちっ
ていうものがあるからさ。それを大事にしよう。色々ありがと
な感謝してる。
じゃあまたな!



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

私たちの絆は永遠だよ!

「僕ね、みんなが笑ってる。それが一番大切なの。」
友だち思いだったみーちゃん。素敵な女の子だった。
「だからお別れ遠足は、きっと盛り上がるよ!」
6年生全員参加のお別れ遠足。みーちゃんはとっても
楽しみにしていた。

お別れ遠足当日。
仲のいい子たちと組んだ私たちのグループは、男女関係なく
和気藹々(わきあいあい)としていた。

「ひゃっほーい!たのしーい!」

絶叫系が大好きなみーちゃん。バイキングにのっても、
空中ブランコにのっても、ジェットコースターにのっても、
はたまた360°回転する乗り物でも、ずっと笑ってた。

なのに・・・

なんで死んじゃったの?


中学生のある日。みーちゃんの意識不明の話を聞いた。
なんでも突然倒れたんだって。暑い夏の日だった。

原因は心筋梗塞(しんきんこうそく)。
そして3日後。
みーちゃんは星になった。

みんな泣いてた。お別れ遠足のグループの子も。
男女関係無く泣いてた。
私も泣いた。泣いても泣いても涙がとまることはなかった。

「いい子だったのに」
「なんであの子が死ぬのかしら・・・」
「返ってきてよぉ・・・」
「また一緒に遊園地行こうって言ったのに」

あの日から2年。それでも私たちの生活から、
みーちゃんが消えたことは無い。

「学園祭の出し物何にする?」
「演劇は?」
「メイド喫茶!」
「みーちゃんなら、演劇でメイド喫茶やりそう!」
「そうそう!てか実行委員長やってそう」
「・・・みーちゃんならね・・・」

今ならまだ、戻って来れるんだよ?
だから戻って来てよ。また笑いかけてよ。
その頃はずっとそう思ってきた。

そして私は成人式を迎えた。

懐かしい友だちと再会して、話に花を咲かせた。
昔の写真を見て、笑った。
その後、小学校に行った。
思い出の詰まった小学校。
懐かしい同級生たち。

タイムカプセルを開けたんだ・・・――――。

「懐かしーい!」
「あっ、これ運動会の写真!」
「ねぇ、これ企画したの誰だっけ?」
「・・・オレと陸と祐と・・・美咲」
「あ・・・」

悲しいムードのまま、みーちゃんの書いた手紙をみたよ。


二十歳になったぼくへ!
元気にしてる?
友だちとはどう?

二十歳になったみんなへ!
元気?楽しい?
みんなの笑顔は僕の宝物さ!
永遠の絆!大切にしよう!

「あいつの笑顔のほうが宝物だったよな」
「・・・もうやめないか?」
「え?」
「あいつがいないのは事実。それを受け止めて、
 オレたちは生きていかなきゃならない。」
「・・・そうだよね。私たちの絆は永遠だよ」
「あいつとの思い出。大切にしながら、未来へ進もうぜ」
「みーちゃんも私たちが笑ってないと、悲しむよ!」

みんなで笑いあった。
もう、泣かないよ。みーちゃんとの思いでは、
輝かしくて眩しくて、ひとつひとつが愛しくて、
大切な思い出だから・・・――――!!


みーちゃん、ありがとう・・・――――



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

いない

あんたがいなくなってもう二年たったよ。一回もでてきて
くれないから、やっぱり幽霊はいないのかな。
時々無性に会いたくなるのに。
なんできてくれないのよぅ。
こんなに会いたいのに。
幽霊がいるなら、なんで望んでる人にきてくれないのかな。
おかしいよ。
ねぇゆこ。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

伊藤元気にしてるか?

お前が逝ってしまったあの日から、俺は、お前を忘れたことは
ない。
第一発見者になった俺を含めた三人は、一番お前と仲が良かっ
た三人だと思ってる。
最近、三回忌だったけど、みんな覚えていてくれたな、俺は、
嬉しかったよ。

こないだ霊感の強い人に、見てもらった時、お前はたまに俺の
傍にきて、俺の人生を、自分の人生かのように、感じて泣き笑
いしていると聞いた時、心の中にずっとあった、つっかい棒が
取れた気がした。
お前を死なせたのは、絶対に俺のせいだっていう気持ちは、今
も変わらない。ただ前に、足を出すきっかけが欲しかったのか
も知れない。
憎んでいただろう、友達ってこんなもんかよって。ごめんな、
あの頃の俺は、バカだった、金に目が眩んで、何も見えて
なかったよ。けど今は、前に比べたら真面目にやっているつも
りだよ。お前が生きていた時のことは、大丈夫、一生忘れない
から。

さっきも言ったように、俺は今真面目に頑張ってるからさ、
どうか壁にぶつかった時、背中を押して欲しい。前より強く
ないんだよ俺。お前にいつか、すげー景色見せてやっからな、
それまで絶対に、絶対に諦めねーから。最後に、今でも親友だ
と思ってる。ごめんな俺は、自分勝手なやつでさm(_ _)m

いつかまた会った時、一緒にゲームやろうぜ。お前が唯一俺の
ライバルだからな。



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ありがとう。

始めはさ、信じられなかったんだぜ?お前が死んだなんて。
だってさ・・・、あの日の前日まで、あんなに元気だったじゃん?
俺と馬鹿みたいに笑い合って、通学路を競争したりしてさ・・・。

もう俺さ・・・、十五歳になるんだぜ?もうアレから三年もたつ
んだ・・・。
幼馴染で、小さい頃からずっと一緒に居て・・・これからもずっ
とそれが続くと思っていた。
名前も似てたし、本当の兄妹みたいに感じていた。

俺が小学生の時、虐められてたとき・・・お前、言ったよな?
『虐めなんかに負けるなー!私がついてるから!何かあったら
守ってあげるから、絶対に負けちゃ駄目!』
あの頃はさ・・・、俺、本当に弱かった。だからお前に守られて
ばっかだった・・・。

それから中学生になってさ、俺の虐めも無くなって・・・やっと
お前を守れるようになったと思った。

なのにさ・・・こんなの・・・こんなのってないだろ?
『有希が・・・有希が・・・!!』
あの時の叔母さんの切羽詰った声は今でも忘れられない。

なぁ・・・何でだよ・・・、お前言ったじゃねぇか、私がつい
てるからって・・・。
『私は絶対に作家になるから、祐輝はサッカー選手になってよ
ね!!』
お前・・・そう言ったよな?約束したよな?お前が死ぬ、数日
前に。
あれも嘘だったのか?作家になるんじゃなかったのかよ・・・
!!

お前が自殺なんてさ・・・、俺は今でも信じられない。
あんだけ強かったお前が、俺も励ましてくれたお前が・・・死
ぬなんてさ・・・。
何故か涙は出なかった。いや・・・まだお前が死んだなんて信
じられなかったのかもしれない。

でも・・・無理矢理お前の葬式に連れて行かれたあの日・・・。
お前の亡骸を初めて見たあの日・・・。ああ・・・死んだんだ
な・・・って、やっと納得した。
でも・・・まだ涙は出てこなくて、不思議に悲しいという感情
も沸き立ってこなかったんだ。
本当は誰より悲しいくせに、誰よりも後悔してるくせに・・・
誰よりも・・・本当は誰よりも、泣きたいくせに――・・・・。
家に帰ってからさ・・・、初めてお前の遺言書を読んだんだ。

『祐輝、私が死んで悲しんでる?
 いや・・・祐輝なら、現実を受け止められなくて呆然とし
 てるかな?
 ・・・・ゴメンね?何も相談しなくて・・・・・・怒って
 る・・・・かな?
 私・・・もうこの世界に飽きちゃったんだ。・・・祐輝と
 一緒に居るのは楽しかったんだよ?
 でもさ・・・、新聞を見てもテレビを見ても・・・政治は
 駄目だし、虐めは年々増えるばっかり・・・。
 こんな世界に生きていたくない。唯それだけを思ったの。
 私が・・・生まれ変わる頃にはさ・・・きっと、こんなの
 はなくなってる。 
 だから・・・またきっと、幼馴染として生まれようね?
 大好きだよ・・・・、バイバイ』

読んだ瞬間にさ・・・涙が溢れ出てきたんだ・・・。
今まで全く出る様子のなかった涙がさ・・・。
涙は止まる事を知らぬように少しずつだが確実にかさを増やし
ている。
きっとさ・・・やっと、納得したんだと思う。もう有希はこの
世界には居ないんだってさ・・・。



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

元気にしていますか?

久しぶりに、手紙を書きます。
元気にしていますか?
今は、何を思って、何を考えて、何をしていますか?
あなたが、私達の前から姿を消して、4年半という月日が流れま
した。今思うと、あっという間で、あの日の事が昨日のことの
ように感じます。

あなたと撮った写真は、今もちゃんと持ち歩いてるんだよ!私が
仕事で辛い時、あなたのお墓参りに行くと不思議と次の日には、
元気になったりします。
ずっと、見守ってくれてるんだよね?ありがとう。

今度、友達の結婚式が沖縄であります。
あなたが、命をたった沖縄。
沖縄に行くのは3回目だけど、あなたが命を絶った場所へは行っ
てません。きっと悲しくなるから。
沖縄で1人で何を考えて、何を思って、何で死を選んだの?
“賭け”に出た、あなたの行動は、本当にあなたらしく・・・
でも、私には悲しい現実を突きつけられました。
もう一度、声を聞きたい。一緒にバカやりたい。
ずっと、地元仲間と思ってた。ってか、それ以上だったけど。。
。。

この前は、夢に出てきてくれてありがとう。
本当にうれしかったよ。久しぶりのあなたの笑顔が見れて幸せな
気分になりました。
また、会いにきてね!!
もうすぐ、あなたの誕生日!会いに行くから!!

あなたに出会えた私の人生は、幸せだと自信をもって言えます。
出会えてよかった☆バンザーイ☆



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ゴールド・ウィング〜黄金の翼〜


『翼がほしい!黄金(ゴールド)に輝く翼がほしい!』

みーちゃん、いつも言っていたね。
 
『その翼で、大空を羽ばたくんだ!』

小学5年生にもなって、そんなコトを言うみーちゃん。
普通なら「お子様みたいだ!」とか言われるのに、
みーちゃんなら出来るんじゃないか、とクラス中が思った。

みーちゃんはクラスでも人気者だった。
元気が良くて、おもしろくって、頭も良くて・・・・。
毎日見せる、笑顔はクラスの宝物だった。
でも、たまに見せる、困った顔も怒った顔も、
全部、大切な贈り物的、存在だった。

クラスでもお姉さんみたいで、やさしかった。
学校中の先生に、
「頼りになる子、みんなのお手本。」
とまで言われたみーちゃんは私の憧れだった。

クラスで一番カワイイわけでもなく、
すごい美人でもなく、むしろ男の子みたいなトコロも
あったのに・・・・―――――――。

『え?ボクの夢?そりゃ空を飛ぶことだよ☆
 理由?・・・だってあの空はどの国とも繋がってる、
 国境のナイ世界なんだよ。海はいっぱい泳がないとだし。
  その空を渡っていけば・・・
        大勢の人たちと仲良く出来るじゃん☆』

そう言うみーちゃんの目、光り輝いていた。

みーちゃんが交通事故にあって死んだとき、
私たち、ビックリした。でも・・・・―――――――。

「小さい子を助けようとして、トラックに・・・・・。
           即死だったらしい・・・・・・。」

最後まで、やさしい子だったんだね。
でも、みーちゃんはやさしすぎたんだよって想った。

だけど、みんなでお墓参り行ったら、
そんな想いなくなった・・・・―――――――。

十字架のマークが入ったオシャレなお墓。

「ああ・・・みーちゃんはもう居ないんだ・・・」

って想ったよ。その時―――――――。

『みんな!ボク、飛んでる!!黄金の翼でこの大空を!!
  見て!コレがボクの欲しかった
      ゴールドウィングだ!』
 
私たちは一瞬、大空を仰いだ。
みーちゃんが、羽ばたいているように見えた。
泣くのはやめにした。

待っててね?みーちゃん。広い空で。
私たちが空を飛ぶ日まで。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一緒に見た星

「オレ、将来星座を全部見たいんだ」

そう言っていた秀ちゃん。
たまたま学校の理科見学で近くのプラネタリウムに
冬の星座を見に行った事がキッカケで、
休み時間も星の本とか、いっぱい読んでたね。

「だから美咲も一緒に見に行こう!」

もともとギリシャ神話や星座に興味があった私に、
「この星座の、神話教えて!」とか、
「この本貸してくれない?」って聞いてきた時の、
あの笑顔が忘れられないよ。

「美咲の自由研究、すっごくよかったよ」

小学五年生の時の夏の自由研究。
私が調べた『ギリシャ神話にでてくる神々』に
すごい興味を持ってくれて嬉しかった。

「星がいっぱい見えるトコらしいよ」

六年生みんなで行った、移動教室。
五年生の時行った所の星もキレイだったけど、
そこで見た星は、とてもキレイだった。
おみやげを買うとき、
私とおそろいのキーホルダーを買ったよね?
おもてに私は山羊座。秀ちゃんは蟹座の絵とマークが、
ついたヤツ。裏には星座早見と
「キャンサー」と「カプリコーナス」の文字。

ずっと楽しかったのに・・・・・・
卒業式が終わった数日後、秀ちゃんは星になっちゃった。

秀ちゃん、そっちからは星が見えますか?
ううん、全部の星は見える?
ううん、私は見えますか?

秀ちゃんは見たかった星と一緒に輝いてるんだよね?
秀ちゃんが見れなかった星は私が見るから・・・・

秀ちゃんのキーホルダーと私のキーホルダーと
一緒に見るから・・・・・・・

だから・・・・・・・・

数十年後、私の命の星が流れ星と一緒に流れ消えたら、
いっぱいお話しようね。
光り輝く星を見ながら・・・・―――――――。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

みんなで待ってるよ

3年前の夏だよね?みんなで海に行ってハデに花火やろーゼって
声掛けたの。でも集合時間になってもお前だけ来なかった。
携帯にかけても繋がらずに、家にかけたらお前のお母さんが
『さっき事故にあい即死した』と・・・。

はじめは、冗談にも程があるとみんな信じなかった・・・
信じたくなかった。でもお前は・・・・。

急いで病院に駆けつけたらそこには横たわってるおまえが居たん
だよ。冷たくなって。。。
昨日まであんなに元気で馬鹿みたいに遊んでたのになんで
いきなり死ななきゃならないのさ!?ねえ?何で死んじまったん
だよ!!!!まだ俺全然一輝と遊んでねーじゃん?お前言ってた
じゃねーかよ?『10代のうちに遊びまくろうぜ』って。言った
本人が死んだら意味ねーじゃん!!
頼むからまたひょっこり現れてくれよ。一輝の居場所は
ちゃんとあるんだから。

・・・・・どんなに叫んでも戻ってこないの位分かってる。
でも悔しいよ。そんなに早く逝くなんて。

あの時集合掛けなければ一輝は生きてた。。。ごめんな。
俺たちはあの日からお前の分まで精一杯生きてるからよ。
だからお前も安心して休んでくれな!

毎年お前の命日に、出来なかった花火をすることにしたんだ
お前がいる所までハデに届いてるかな?

今年もまたやるから待っててくれよ?デッケー花火みせてやる
から!それとも現地に直接降りてくるか?みんなビビルぜ(笑)

最後に一言、短い時間だったけど一輝と過ごせてほんとに
良かったと思ってる。いつそっちに逝くかはまだ分からないけど
逝った時はまたみんなで馬鹿みたいに遊ぼうな!!

たまにはみんなの所に来てくれよな。



【男性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

愛の花・・・

「絶対ウソだよぅ・・・・・!」
「先生・・・本当なの?!」
・・・クラスで様々な声が聞こえた・・――――
ただ私一人だけ・・何も分からなかった。

愛が死んだ翌日・・・私は朝から頭が痛かった。
でも、とくに症状がひどいわけでもなかったから、
学校に行って、それで・・・・、

「皆さんに悲しいお知らせがあります・・――――。」
学校に来てから気になってたんだよね。
なんで愛の机に白い菊の花が置いてあったことが。
でも・・・愛が死んだからだったんだね?
それから私は頭痛がひどくなったから早退して・・・
3日休んで・・・学校に行った。

それで貴女の死をハッキリと知った。
泣けなかった・・・・――――。

「死」という事の意味がわからなかった・・・――――。

その夜・・夢を見た、愛と遊んでる夢を。
最初は楽しかったけど、ある所で大きな黒い穴を見つけた。
そしたら愛が私をその穴に突き飛ばしたの。

「私の分も・・・生きて・・」

おきてやっと意味が分かった。

「死」というのは悲しみでもあり、
やさしさや、幸せでもあるって。
だって夢の中の貴女の顔とっても幸せそうだったんだもん。

貴女は「愛」という名のとうりみんなに愛せれてたね。
だって貴女のお墓にはお花が絶えないもの。

ねぇ幸せになってね。天国で。

そうだ今年の貴女の命日には、
アガパンサスをお墓に持っていくよ!

ギリシャ語で「愛の花」っていう意味の花を・・・



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

ねぇ唯ちゃん、貴女がいなくなってもう二年半だよ?
私は貴女を想い出すと涙が止まらないよ。
だって貴女は私の大切な存在だったんだもん。

唯ちゃん事故に遭う直前に私に旅行のおみやげくれたよね?
その後、私を庇うかのように死んでしまったよね?
幸い私は全治一ヶ月の左手の骨折ですんだよ。
唯ちゃんのお葬式の時、私は左手がすごい痛かったよ。
怪我が痛かったんじゃないの。
「私を庇った唯ちゃんはもっと痛かったんじゃないか。」
そんな想いがしてならなかった。
だから痛かったんだよね?
心が悲鳴をあげていたんだよね?

でも、もう大丈夫。まだ不安はあるけどね。
だって唯ちゃんが助けてくれた命だもん。
大切にしなきゃね。

私は唯ちゃんを忘れないよ。
だから唯ちゃんも私の貴女と過ごした日々の
思い出と共に私を見守ってくれるかな?
貴女に出会えて幸せでした。
私は貴女の冥福を祈って今日も生きる・・・。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

未来で会おう

あなたが逝ってしまったとき、あなたを愛した人たちと、あたし
は勝手な約束をした。

2年後に、みんなで会おう。と。
だから、誰も死んじゃだめだよって。

約束の2年が過ぎたよ。
みんな、頑張ってるよ。ちゃんと生きてるよ。

あたし、あなたの命日だった先日、泣かなかった。
やっと心の中で、整理がついたみたい。
お祈りだけして。あなたが次の未来に苦しまないようにお願いし
た。

幸せになろう。

あたしは、まだこの世界で頑張る。
あなたは、次の世界で頑張って。
そして、今度は絶対に自分で自分を殺さないで。

今までたくさんの赤ちゃんをとりあげてきて、この世界で初めて
出会うのがあたし。初めて触れるのはあたし。
あたしが、この仕事が大好きなのは、だからなの。

あなたがまたこの世界に戻ってくるとき、あたしが迎えるお手伝
いができたら素敵ね。

大好き。大好き。大好き。
未来で会える日を待ってる。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ヒデへ

10月6日友人からの連絡

お前が死んだって連絡があった
「はは、冗談だろ?」
「んな死ぬ訳ないじゃん」って

最初聞いた時は何を言ってるんだって思った
連絡してきたヤツは噂だって言うから
「いや噂なら信憑性ないじゃん」って思ってたし

でも事実だったんだよな

ヒデの携帯に何度も電話して
やっとこ繋がった、出たのは妹だった

10月4日…まさか自殺したなんて
自分から命を落とすなんて
ブログを読んでる限りでは
そんな素振りも見せてなかった

もしかしたら俺のせいかもって思った
何かしら迷惑かけてたし
でも遺書には重要な事が書いてなく
短い文章だったみたい

昔から自分で背負い込む感じで
周りには相談する様な事もなかった
親とかにもそうだったみたいだし

冗談でなら俺も思う事はあった
「死んだら楽になれるのにな」って
でも身近でこんな近くで
そんな事するヤツがいるなんて

信じられないっていうより何も考えられない

今まで生きてきた29年間はなんだったんだ?
教えてくれよ、打ち明けてくれよ。
何で一人で抱え込んでいったんだ?

俺もバカだけどお前の方がよっぽどのバカだよ

残されたヤツはどうすればいいんだよ
親は?妹は?俺達はどうすればいいんだよ?

年末には帰るからさ
さようなら、ヒデ

お前の笑顔、声は忘れないから
2006/10/7



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

愛してたよ

 いま、何処にいるんだ?祐一。ずっと、好きだったんだぞ?
俺は、この思いを何処へやればいい。

 お前以外に、好きになるやつは、これからきっといない。
なんで、なんでお前だったんだ?なんで死んだんだよ!!
なんで?なぁ、なんでだよ。

 あの日から、いつもいつも、皆も、俺も、口開いたらお前の
ことばかり。話して、思い出して泣いて・・・まるで俺達馬鹿
みてぇ。

 なんで、子供なんて助けたんだよ。なんで、あんなに綺麗な
顔で死んでたんだよ?嘘だって、言ってくれよ。冗談だって、
いつもみたいに笑って出て来いよ。なんでお前なんだ。



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

親友へ

1月9日信じられへんかった。
連絡きた時も絶対違うって思った。
ニュ−スで名前が出たときも信じたくなかった。
あんたら二人が同時に逝ってしまうなんて。

お通夜もお葬式も涙をずっと我慢してた。
あたしがあんたに最後にできること 仲間を友達を一人でも多く
見送りに連れて行きたかった。だから電話しまくった。
知らん人は しっかりとした人とおもったかもしれんな。
お通夜の日、帰ってきて一人でおもいきり泣いた。
シャワ−で泣き声消して。

もうすぐ9ヶ月。
親子二人でじゃれて写った遺影が忘れられへん。
毎日 あんたの名前を心の中で呼んでる。
9日にいつもあの場所にお花を持っていっては、泣いてるわ。

あんたは、いつも心配かけさせてくれるな。喧嘩もしたけど
でもあたしには なんかほっとかれへん妹みたいな存在やった。
こないだあんたら二人の顔が見たくって 写真をさがしまくった。
結局また眺めては泣いたけど なんだかちょっと気が楽になった
気がする。
飲みすけのあんたと またいつか一緒に飲んで、ぐだぐだ語り明
かせる日を あたしは待ってるから。
今まで頑張ってきすぎた分 ちょっと休んどき。

もうすぐ命日、また花とタバコ持っていくから。
あたしは あんたら二人をずっと忘れへんからな。




【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

あの日

亜由へ

友達が泣いていた。
あたしが訳を尋ねてもただ口を噤んでいた。

「何がそんな悲しいん?また彼氏と喧嘩?」
「違う…うちも訳わからん」
「何よ、まさか人が死んだんでもないのに」

HRで彼女の死が告げられたとき、教室が騒然となった。
いい加減にしてよ、嘘でしょ。
だって昨日まで一緒に帰ってたじゃん―
自殺だった。
そんな兆候ひとつ見せなかった。
涙すら出なかった。
授業中、先生は出席がとれなかった。
初めて先生の涙を見た。
もう出席をとっても二度と返事をするはずもなかった。

あたしは呆然としていた。

信じられないよ
信じられないのに

通夜にも出れなかった
頭がおかしくなりそうだった

一週間経っても涙はでなかった
頭がふらふらしていた

自分宛の遺書が届いたとき

今まで堪えてたもんが一気にあふれ出した。

―ありがとう、なつと一緒に帰んのめっちゃ楽しかったv
 もう一緒に帰れんけど忘れんといてな〜
 ほんとありがとう。感謝しとるよ。

来年の春、あたしらは高校卒業です。
一生卒業式を終えること無かった亜由へ
生まれ変わったらまた一緒に帰ろうね。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

世界で一番大好きな親友へ

あなたが消えて、だいぶ経ったよ。
死んだなんて嘘みたいで今にもひょっこりと、どこからか現れ
そう。

私が幼稚園の時のこと、今でも覚えてるんだ。
なかなか他の子達に馴染めなくて、孤立していた私に「一緒に
遊ぼう」と言ってくれたのは奈央だった。
初めてできた友達だったんだよ。

でも、中学三年の卒業前だった。
奈央が消えてしまったのは。

中学二年の時、奈央とこんな話しをしたね。
「死んだら、どこに行くと思う?」
些細な私の問い掛けに、奈央は笑ったんだよね。
「『ここ』に。」
この時、私はその言葉の意味が分からなくて、疑問に思っただ
けだった。
でも、今なら分かる気がする。
奈央は在るべき姿に戻ると、言いたかったのかもしれない。
実際、どうなの? 夢で会ったら教えてよ?

今、友達もいっぱいできたよ。
奈央のおかげで明るくなれた、そう思ってる。
どこかにいる奈央に、言いたいことがあるの。
笑わないでよ?
「ありがとう、大好き。」
今は楽しく過ごしてるのは、あなたがいたから。
いなくなっても、親友だからね。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

やさしい時間

今年、一番悲しかった日から、あと数週間で丸1年なんだね。
信じられないよ。
あれから、なんてたくさんの哀しみを抱えてきたんだろう。
あれから、なんてたくさんのやさしさを貰ってきたんだろう。

あなたが最後に残した、私が唯一知ることの出来る言葉…
「誰でも良いから、無理やりにでも、『生きろ』って言って欲し
い。でないと、自分を殺してしまいそうだよ」

そう。あなたは、本当は生きたかったんだよね。
あの、最後になってしまった叫び。悲鳴。
生きたくて、生きたくて。
だから、私はあなたが自ら逝ってしまったと思っていないの。
あれは、病気の所為だったんだよ。ね?

あなたが空へ帰って、半年後に、大好きな人のコンサートに行っ
たの。あなたの月命日だったから、形見になってしまったブレス
レットをつけていった。

「生きること」のよろこびを歌ううた。
「きっと、うまくいくさ」と希望を歌ううた。

どれも、心に響かなくて。大好きな人の歌なのに、共感できず、
楽しめなかったことがショックだった。そうさせたあなたを恨ん
だ。

あれからまた半年近くたって、同じ場所で、やっぱりあなたの
月命日の日に、コンサートがあったの。
そしたらね、あの日あんなに心が拒否していた歌たちを、すんな
りと受け入れられてる自分がいた。「そうだね」って共感できた
の。時間ってやさしいね。ちゃんと、知らないうちに心を癒して
くれていたんだ。もうあなたのことを恨まなかったよ。

私は、生きていくから。残された友人達に、またあなたとの様な
別れをさせないわ。




【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きな笑顔

「自殺した人の笑顔ってね、思い出せないんだって。不幸で死ん
だから。ねぇ本当かな?」

「そんなことあるのかねぇ。」
どうしてそんなこと聞くの?私は戸惑った。

あなたが死んでから3年。私はずっとあなたの笑顔を探しつづけ
てきたよ。なのに、浮かぶのはあなたの苦しみや呻きばかり。
そんなんしてるうちに、私あなたがこの身に乗り移ったみたいに
なるときがあった。ズタズタになった。でも、あなたの苦しみは
私には結局わからないんだね。もう死んじゃったんだもん、骨や
墓石は何も語ってはくれない。

でもひとつ。愛する人の自殺っていう事実を私は私の感覚で味
わってきて、今ようやくあなたに問いかけたいことがみつかった。
「あのときあなた、私に問いかけながら、必死で弟の笑顔を探し
ていたのでしょう?」

今はどうかな。天国で二人、一緒に笑ってるだろうか。そうだっ
たならいい。自分をしっかり掴まえて幸せでいてほしい。

昨日の夜、私はあなたのとびっきりの笑顔の写真を部屋に飾った
よ。あなたは写真の中でどれも沢山笑ってるけど、これまでは
嘘っぱちにしか見えなかった。私はそんなあなたを見るたびにム
カついて、睨み付けることしかできなかったから。でも、ようや
く笑い返すことができた。まだまだ素直にゃなれんけどね。それ
でも、心の中にあなたの笑顔を見つけたんだ。

「私は、憶えていたよ。一生忘れらんないよ。」
あぁでも、思いださなきゃよかったかも。思い出したら、ありが
とうとさよならがやってきたんだよ。あなたの笑顔と存在が懐か
しくて、寂しくて、会いたくてたまらなくなって泣いても笑って
も涙がでそうになる。そんな弱さが悔しいから、あなたに負けな
い笑顔で応えてやる。強くなりたい、そう思うたびに自分の弱さ
を思っちゃうよ。でも私はあなたと張り合いながら生きていこう
と思うよ。

あなたが遺書で祈ってくれた私の幸せ。でも私はあなたを失った
ことが悔しすぎて、その言葉たちをまだうまく受け取ることがで
きない。でもその言葉を目指していくよ、一生ね。だから、私の
生き様、みときなさいよ。

とびっきりの笑顔で、天国で会おう。
天国にチャリがあるなら、また二人乗りしよう。転倒の覚悟を決
め私はあなたのチャリの後ろにのる!いくらスリリングでももう
これ以上死ぬことはないだろうからね。




【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

なおきへ

あの日かずのりから電話があった。お前が死んだって。俺は
「嘘やろ?」ってかずのりに言った。そんなの信じされる訳
ないやんか?二日前一緒に大阪で飲んだばっかやったのに。

そしたらおばちゃんにかわって「信じれんかもしれんけど
なおきちゃん死んだんよ」って。俺は電話切った後すぐに
新幹線に飛びのった。

涙がとまらんやった。

樋口はここまでしかうてんかった。
でも甲斐田ならわかるよね?
あたしも樋口も忘れんけんね。毎日考えよるよ。
あたしたちはあんたが大好きやけんね。



【男性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

 

この前ね、あんたが夢に出てきたよ。
いっつもと同じように、「しっかり歩け」って言いよった。それ
はね、自分で良くわかっとる。
あたしは強いけん。心配せんでも大丈夫よ。
こんなことばっかり言うけん、あんたに意地っ張りっていわれる
んかな?あたしが悲しいことがあった時、誰にも言えんでも、あ
んたの前では、ばかみたいに泣きよったね。

あんたの前では素直でおれたはずなのに、あんたに対する気持ち
は、なんにも言えんかった。
今さら遅いかもしれんけど、小学校の時から今までありがとう。
むかついたことも、すかんって思ったことも、
いっぱいあったけど、やっぱり好きやったよ。

覚えとるかわからんけど・・・
成人式のときさ、「おれの初恋はお前やった。」っていってくれ
たよね?
二人とも酔っ払っとったし、あん時ははずかしくて笑って流した。
多分あんたはしっとるやろうけど、あたしの初恋も、
あんたやったんよ。
それが言いたかった。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集



嘘みたいでした。
昨日の夜、君が死んだなんて。
楽しいはずの体育祭、楽しめるはずがなかったよ。
病弱で、小6の時に白血病が発覚して早2年。
14歳でこの世を去ってしまったあやか。
あまりにも早すぎる死でした。

いつか見舞いに行ったときもあたしの手をしっかり握って、
「祐、あたしゼッタイ病気治して学校に行くからね。
 そしたらまた一緒にたくさんたくさん遊ぼうね」
そう云ってくれた。
「約束しよう」
弱々しい小指とあたしの小指をつないだこと、覚えています。
結局その約束も果たせないで終わったね。
君から貰った数々の想い出と手紙を今握りしめています。

あんなに元気だったのに、あんなにたくさん喋ってたのに。
いつもあたしのこと支えてくれた。
お願いです、どうか安らかに眠ってください。
君の分も頑張って幸せに生きるから。
もっと遊びたかった、もっと手紙書きたかった。
こんなことになるなんて夢にも思わなかったよ―
涙が止まらなかった。
人の死がこんなに辛いものなんて思いもしなかった。

たくさんの想い出をありがとう。
Dear my friend.



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

君に 届け。

今日も、何時もと変わりなく時が過ぎていく。
今日も、大勢の人が逝ってしまうのに・・・
誰の眼にも留まる事もなく、消える命が在るのに・・・

時の流れって速いよな。
もう、3年目のカウントが始まった。

あの日、役員を決めるために残された俺は、
「やる奴が居ないならやってもいい」とか思いながらも、
結局、言い出せずにくじで決められて・・・

そんなくだらない事の所為で、何時もより1時間も遅れて
家に帰った。

でも、何時もの笑顔がおかえりって言ってくれなかった。
未だ温かい君の身体からは、鼓動が聞こえなかった・・・

まだ、ありがとうも、ごめんも、何一つ伝えられてないのに・・・

風に乗せて、この歌が君に届いたら、
君は、またここに戻って来てくれるのかな・・・?
夢の中だけでも、逢えるのかな・・・?

何時だって、俺は忘れない。
あの笑顔も、仕草の一つ一つも、最後に流れたあの澄んだ一粒の
涙も・・・温もりも・・・
全部、全部忘れないから・・・



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集



風は何処へ行くのだろう?

世界の果て?
“神サマ”の所?
それとも、君の所・・・?

この声が、どんなに枯れるくらいに叫んでみても、
一晩中、涙を流してみても、
君が還る事は、決して無い

・・・−そんな事は、ちゃんと解かっているのに・・・

それでも、叫んでる自分が居る・・・
それでも、泣いてる自分が居る・・・

そんな自分が追い詰められて、辿り着いたこの景色
優しい風の吹く、この街・・・

そう・・・
俺は、この街で君と過ごした日々を・・・
あの、本当の笑顔で居られた日々を・・・
只の“記憶”で終わらせたくない

だから・・・
“想い出”に変える為に、今日も歩いて行こう・・・



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

愛してるよ

あなたの逝った日は、やっぱり雪が舞っていたの?

降り立った、あなたの住む街は、粉雪が降り積もっていた。

「君住む街へとんでゆくよ」
あなたが辛そうなとき、何度も何度もそう書いたのよ?覚えてい
るでしょう?
あなたが一番辛かったときには会いに行けなかったけど、ちゃん
と約束守ったよ。「あなたの住む街」へ飛んでいったよ。

「愛してる」「愛してる」「愛してる」「愛してる」…
「大好きよ」



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

約束

あの日 電話もらってん 友達から
いっぱい いっぱい 電話もらってん
でも ようわからんくって 
「嫌やわ」ってしか 言えんかってん

通夜も葬式も 出んかったな
「さよなら」 言えれんかってん
「さよなら」 言うのが 怖かってん
もう逢われんと 思いたくのうて

あれから10年たったわ
「おばちゃん」になってもうたわ

約束憶えとるか?
「おまん一生結婚出来へんわ。30になったらもらってやる」って
言ったやん

もうすぐ 30になる まだ独身やわ
早う 迎えにこんか

あれから10年やぞ
生まれ変わって 早うこんか

「一生友達や」って誓ったやろ?
何でもいいで 早う出てこんか

生まれかわったら 絶対 見つけたるでな
うちには分かるように 出てこいな

「さよなら」なんて よう言わん
「ほな、またな」



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

天使になった茉莉花へ

突然、ずっとろくに連絡もとっていなかった友人からのメールで、
あなたのHPを見てほしい。と連絡が来ました。
それから急いであなたのHPへ行ったんだ。ずっと調子の悪かっ
たパソコンが何とか回復したばかりで、ずっとあなたの所へ行く
ことが出来なかった。

あたしたちは同じ病気で、同じ人が集まってくるHPで知り合っ
たんだよね。あなたは自分のHPのbbsで「良くなってきてい
ることを知ってもらえたら、他の人の勇気になると思うんだ」
ねえ、あたしも同じこと考えてたんだ。だから嬉しかった。

あれからもう4年も経っているのに、あなたはあたしの顔すら知
らないままで逝ってしまった。ずるいよ。一緒にディズニーラン
ドに行こうって言ったじゃない。エッセイの続きも書くって言っ
てくれてたじゃない。嘘つき茉莉花。

報せを受けてから、急いでジャスミンの鉢植えを買ったの。
茉莉花の花だもの。結局、渡せなかったけど、あたしの部屋の窓
辺でたくさんの花を咲かせてるよ。むせ返るほどの香り…苦しく
なるくらい。ナースの癖に何も出来なかったあたしを責めるよう
に。
でも、弟くんと約束したもの。あたしは絶対おばあちゃんになっ
て、天寿を全うしてみせる。

あの日、無理してでも会いに行ってよかったよ。初めて会うのに。
やっと会えたのに、どうしてあなたの目は閉じたままなの?でも
ね、ずっと泣けなかったから、苦しかったの。やっと泣けた。

背中にピンクの羽根をつけて…本当に天使になっちゃったんだね。
「神様なんか信じない!」って言ってたくせに、天使になっちゃっ
たなんて、なんだか茉莉花らしいね。
ずうっと「空へ帰りたい」って言ってたね。空はどうですか?
今度こそ笑って、好きなように歌って過ごせますように。

1月6日 天使記念日。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きな真紀へ

真紀へ
真紀が死んでもうすぐ1年たつね・・・
小さいころから一緒で学校にも行ってたね・・・
けど真紀は阪神・淡路大震災で10歳という時のままとまってる
ね・・・ 私は今23歳で大学にいっています

真紀は「ずっと一緒にいようね!!」と言ってたけどもう一緒
にいられないね・・・
真紀は今みんなと仲良くしてる?
私は元気だから気にしないでね!!



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

かんちゃんへ

あの日からもう何年経つのかな?数えてみればもう2年。
今でもはっきり覚えてるよ
かんちゃんが一番仲良かった友達でいっつも一緒に居たね

どうしてかんちゃんが死んじゃうの?私に相談してよ、
泣いていいのに。
遺書読んだよ?なんでごめんなの?
かんちゃん戻って来てよ



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

和真

あの事故から一年が経つな・・・。俺はあの日の朝いつものよう
に走って行くお前の姿を見た。それが最後になるなんて全然思わ
なかった。
和真・・・何故死んだ?何故あんな所で事故なんて起こした?あ
んなに上手い走りをしてたお前が何故?分からないよ俺には。
最近やっとまたバイク乗れるようになったよ。今でもお前が前を
走っている気がすることがある。
でももう二度と俺はお前の後ろを走ることはできないんだよな。
俺は12月に新しいバイクに変えるよ。お前が乗ってたのと同じド
ラッグに・・・。
これからも俺達の前を、俺の前をずっと走ってていつも見守って
てくれよ。それと短い間だったけどお前と出会えて、一緒に走れ
てよかったよ。和真・・・ありがとう



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

一度でいいから、会いたかった蜜ちゃんへ

おととしの冬でした。訃報が届きました。まだ、20代前半の
蜜ちゃんが交通事故で亡くなってしまったと。あまりにも、現実
味がない気がして、ただただ呆然と葉書を見つめてました。そし
て、捨てることも出来ず、しまうことも出来ず、いつも見えると
ころに葉書を置いておきました。しばらくすると、その葉書がな
かったので、同居してる彼に、訊くと、いつまでも目のつく場所
に置いていたら、哀しいばかりだろうから、見えないところにし
まってるよと、言われました。そうだね・・・・・と、彼の優し
い配慮を少し哀しかったけど、嬉しく思ったのも正直言ってそう
でした。

蜜ちゃんとは、あるバンドのサイトで出会いました。非常識極ま
りなかった私は、こんなタイトルの書き込みをしました。「精神
病者は、恋をしてはいけないのですか?」数人のひとびとが、関
係ないこと書くんじゃねーよと言わんばかりのタイトルで、私を
なじってたようでした。が、蜜ちゃんだけは味方になってくれて
いたので、密ちゃんまで批判されてたのです。が、後に訊くとそ
うなってたとは、知らなかったよ〜とのことでした。

それから、メール交換を始めました。色んな話をしました。誕生
日に、プレゼント交換をしたりもしました。密ちゃんは、すごく
喜んでくれて、初めて電話をくれました。明るい可愛い女の子だ
なあとか、純粋な感じだなとも思い、嬉しかったものです。
蜜ちゃんは、私にあるバンドの歌詞に出てくる小さなミラーボー
ルをくれました。楽しみにしといてね、ゆりちゃんが好きそうな
の送ったからって。

蜜ちゃんは、あるバンドも好きだけど、hideさんが大好きでした。
彼の死を悼み、命日は徹夜でhideさんのビデオ大会をするんだっ
て、言ってました。

蜜ちゃんと、ひとつ約束をしてました。hideミュージアムに一緒
に行こうねって。でも、予定した日に蜜ちゃんは仕事が急に入っ
たとの事で、残念ながら最初で最後の会える機会を逃してしまい
ました。もし、会えてたら、蜜ちゃん、運命変わってたのかも?
と、考えることがあります。

しばらくして、そこに彼と行ったよ、蜜ちゃん。写真集を買おう
と思ったけど、どれがいいか分からなかったし、単なる自己満足
を満たしたいだけじゃないかと思って、買わなかったけどさ。

蜜ちゃん。私のことをお姉さんみたいだって言ってくれたこと、
すごくすごく嬉しかったよ。天国では、hideさんに、会えました
か?ちなみに、こないだカラオケであるバンドのミラーボールと
歌詞に出てくる歌を歌ったら、蜜ちゃんのことを思い出して、涙
が出たよ。少し、気がらくになった気がするんだ。やっと、
蜜ちゃんの死をリアルに感じて。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

もうすぐ卒業だよ

もう、あと5ヶ月で2年がたつね。
本当に早いね。

ゆりも、お母さんもちゃんと笑えるようになってるよ。
私も、あのときの辛さが薄れてきたと同時にあなたの声や
しぐさや、色々なことも私の記憶から薄れるようで怖い。
あのとき、あんなに苦しんだのに、テスト直前なのに
ぜんぜん勉強すらできないほど悲しくて、辛くって。

あのときに、もう私の周りの人たちは死なせない。
ゆりも私が守る、私も、自分で命を絶つなんてこと絶対に
しない。って思った。
なのに、今になるとそのときの気持ちが薄れて、つい半年前は
リストカットをしていた。
ゆりにもひどいことしたり、言ったりしてしまった。
あたしはバカだよ・・・ごめん。

あなたが、天国へ行ったのは、私がこんなことしていたから
人の命の重さを教えてくれたんだ、ってそう理解してたの。
それなのに、2年もたたないでこんなことやってて、
ほんとバカだ。
ほんと言うと、私がまたこんなことやってるとまた誰かが
死ぬんじゃないか、って思うの。それが怖い。
なんか妄想入っちゃってるかもしれないけど、怖いんだ。
ほんとに・・・

そういえば、私はあと2ヶ月で入試だよ。
第一高校は○○高校だよ。高校行ってもバドを続けようと思っ
てる。ゆりは、ちょっと遠いけど△△高校だって!
うちらみんなばらばらになっちゃうんだ、さみしいね。
反田先生も、この前の集会で
「もう、君たちも卒業だね。これであと○○○さえいれば
完璧なのにな」
って言ってた。ほんとそう思う。なんで、ここにいないの?
なんで?あと2ヶ月で卒業だって思う反面。
あなたと一緒に卒業できないさみしさがこみあげる・・・
もう、夢には出てきてくれないのだろうか?
夢のなかでもいいからあなたに触れたい。

また、ゆりとちーと私とあなたで一緒に下校できる日を
待っています。
それは何十年後になるかわからないけど、それでも。
あなたに会える日を信じています。
高校へ合格したらまた遊びにいくね、ゆりとちーの3人で・・・



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

アリガトウ・・・・なのかな?

貴方がいなくなって・・・・もう何年になるかな?僕の住む世界
とは違う所に行って・・・・僕のことなど既に忘れているかな・
・・・?
貴方は僕に言うには簡単な、でも僕にはちっとも簡単じゃ無い言
葉をくれた。そしてその言葉を残して・・・・僕の住む世界から
消えてしまった。
それは、(貴方は自分で言っといて気付かなかっただろうけど・
・・)僕のようなのには、とてもとても難しいんだよ。相手が貴
方じゃなっかったら、今でも守ろうなんて無理だった。

・・・現に貴方を失って、僕はその希望を、絶ってしまった事も
有った。その頃、何故だか僕は貴方の夢を見た。何度も何度も、
何年にもわたって。
「ゆうちゃん・・・・・」
今でも覚えてる、僕を呼ぶ声。夢の中でも、何回も貴方は僕を呼
んだ。貴方の、聞き覚えの有る優しい声は、僕を貴方の世界に
誘ってるようだったよ。・・・・でもね、僕は行けなかったんだ。
貴方は、一人で寂しかったの?

そうだよね、子供だったんだもんね。寂しかったよ、僕も、寂し
かった。
でもね、貴方の最後の言葉が直前に頭をかすめて・・・・、諦め
たような、乾いた子供のくせにやけに冷たい・・・何にも世の中
に感心の無い子供の声。
僕は、貴方を見た最後の夢。僕を優しく呼ぶ声に近寄って、一言
だけ、貴方に言ったような気がする。
「ごめんね、こうせちゃん・・・・。」

この夢は、この声は、貴方の声じゃない。僕が一人なのを寂しがっ
て、でも貴方との約束を守りたいから、自分で都合の良い様に作
り出した夢物語なんだ。
貴方に許してもらえれば良いと想って・・・・
「ようやく解かったよ。僕は、貴方との約束だからじゃない。自
分の理解者を・・・探してるんだって。」
それを想った時、貴方が笑った様に想ったのは・・・これも都合
の良い夢物語なのかな?。でもそれ以来、僕は貴方の夢は見ない。

・・・・ねえ、空から見る僕は、どんな風に見えますか?やっぱり、
寂しいですか?

でも大丈夫、貴方は難しい事ばかり言っていたけど、その辺の10
歳の子と、大した差はないんだから。
僕も、「子供」と言うには難しい年になっても、相変らず子供のま
まで、お化けが恐いのも勉強が嫌いなのも直らないし、廻りには迷
惑ばかりかけてるよ。

でもね・・・・理解者、それは出来たんだ。今度・・・・何時かに
なったら、貴方の事も話そうと想ってる。
「昔、友と呼べる子にこうせちゃんって子がいて、その子は僕の一
番の理解者」だって。

・・・・貴方が最後に僕に望んだ約束が、何年もかかってしまった
けど、果せるね。
・・・・アリガトウ、貴方に会えたから、貴方が僕の傍に少しの間
でも居てくれたから・・・僕は。



【男性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

Aちゃんへ

元気にしとるかい。
ってかさ〜、おばけになって出てきてくれるって言ったのに、
あんまり出てきてくれないじゃんっ!!!
しかもさ〜、あたし1才年上になっちゃったんだけど。
やめてよー。ってゆーか天国でも年ってとるのか!
じゃあいーや。笑
それにしても、あたしいま○○○と付き合ってるんです。
知ってると思いますが。
嫌なオモイした?ごめん。だってこんな風になるとはって
感じだったんです、お許しください。笑
今はご存知の通り、超遠距離恋愛ですから、
これを乗り越えたら許してくれたと思ってもよかですか。
よし。というわけで。
あたしもかなりそっちにいきたくなって、一時期本気で悩んでい
たんですが。
うちのパパには逢えましたか。
だってさー絶対もうこの世はつまんないよ!!
あたし毎日何してればいーんだよ?みたいな。
でもとりあえずさ、看護学生やってるよ。
いろいろあるけどね。がんばるさ。オンナは仕事だ。
やっぱさ、19にもなると涙もろくてさ。
最近泣いてばっかで顔がお岩さんみたになっちゃったよ。
なんかもうちょっとで1年じゃん。
そろそろあたしを迎えにくるけ?笑
まあいつでもカモーンですが、
とりあえずその日まで、あたしはあたしでがんばるさ。
だからヒマだと思うけど、待っててくれ。
で、はやくおばけになってでてこい。笑



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

かよちゃんへ

 かよちゃん、お元気ですか? 時間がたつのは早いですね。
もうすぐ一年になります。 あなたは今までも、そして、
これからもずっと、 わたしの友達です。たったひとりの。
楽しかった思い出が、たくさんありすぎて・・・、まだ前を向い
て歩き出せていない自分がいますが・・、これから流れる時間が
少しでも、この悲しみを和らげてくれるものと、そう信じてあな
たの分まで頑張って生きて行きます。 天国から見守っていてく
ださいね。 そして、一つだけ願うことができるならば、今度生
まれ変わってきても、もう一度、わたしの、一番の友達でいてく
ださい。 ゆうたろうも、もう一歳を迎えました。だいぶ大きく
なりましたよ。 あなたが嬉しそうに抱っこをしてくれたことを、
今日のように思い出します。 かよちゃん、あなたが可愛いと
言ってくれた、ゆうたろうを私は立派に育てます。 あなたに笑
われないように・・・。  どうぞゆっくり休んでください。

                      舞子


【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

ゴメンナサイ・

 詩野ちゃんへ・・・

詩野ちゃんがいなくなってしまってから
始めての夏休みが始まりました
夏といえば、プール、詩野ちゃんはかなり泳げて、
学校からも、スイミングスクールからもプールの大会に出て、
1位とか、2位とか、賞をとってたよね。
詩野ちゃんが通っていたスイミングスクールのHPに
詩野ちゃんがのってたよ・・・
もう、貴方がいなくなってけっこうたちましたね。
3月にあった告別式の時のこと覚えてる?
学年全員で詩野ちゃんの好きだった
「花のおくりもの」歌ったの、聞いててくれた?・・・・
詩野ちゃんが亡くなったって聞いた日、
詩野ちゃんの家に行ったら、
お母さん、泣いてた、
プールの記録、どんどんのびてってたんだよね、
それから、去年のクリスマス会の時はゴメンなさい、・・・
あれ、ワザとだったんだ、悪口言っている時に、
「死ねばいいのに」とか言っちゃったんだ・・・ゴメンナサイ
それでね、告別式でそうゆう事も思い出して、泣いちゃった、
担任の先生から聞いたんだけど、
6年2組の名札つけててくれたんだよね。
うれしかった!!!すごく!
これで、手紙を書くのは2回目だね、
告別式のとき、写真と一緒にいれたの、
気付いてくれたカナ・・・?
あ!そうだ!今度好きだったプーさんのストラップあげるね!!
約束!!!
じゃあ、最後に・
ずっと、友達でいてね、ゴメンナサイ・・・



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大切な友達へ

久しぶりです。元気にしていますか??

この前、私の誕生日だったんだよ。ちゃんと覚えてくれてた?
もう、22歳になりました。貴方の誕生日ももうすぐだね。貴方も
生きてたら22歳になるんだよね?天国は年をとるのかな〜?とらな
かったら、貴方だけ若いままなの?どうせ、貴方の事だから『いい
だろ〜。』って自慢するんだろうね。

貴方がこの世からいなくなって5ヶ月。そろそろ夢にでてきてよ。
そろそろ声きかせてよ。もう夏だよ。集合しようよ!
・・・っていっても無理か・・・。せめて夢の中でいいから、遊
んでくだい。貴方の笑顔でたくさん笑いかけて下さい。今、元気
で生活してるって事証明して下さい。そうしたら、もうワガママ
いわないから。


貴方の誕生日に家に会いに行くね。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

Aちゃんへ

何で、死んでしまったの?
私あなたに憧れていたの。
だから妬んでいじわるもしたね。
あなたは、知らん顔して楽しそうにしていたのに・・・・・。

でもお互い、好きだよって言い合ったね。
あなたの、潔さ、人の痛みに対する深い愛情、センスのよさキッ
ト私は、あなたには、かなわないって思って意地悪しちゃったん
だよね。傷ついたよね。ごめんね。許してくれる?

私、今この世で一番汚い人間のような気がします。
生きてて欲しかった。ごめんね。ごめん。心が痛むよ。

目を閉じるとあなたが馬鹿笑いをして(いつもの)『気にしてばっ
かじゃない?あんた関係ないよ』って言うけど、ほんとにあなた
なの?

天国で又会ってくれる?あなたに謝る心より許しを求めている汚
い私。
天国から導いてください。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大切な友達へ

貴方とお別れしてから、もう1ヶ月が過ぎました。私は何も変わ
らなく毎日をただ必死に生きています。そっちの世界の暮らしは
慣れましたか?

毎日、貴方に話かけてる気がします。貴方にとても会いたくなっ
たら、写真をみて心を落ち着かせています。
ねえ、本当に会いたい。会ってまた思いっきり笑いたい。
まだ、貴方が死んじゃったなんて信用できない。まだ、冗談だわ
〜って言ってくれる事、期待してるよ・・。

最近これから先の人生はどうなるんだろう・・・・って考えるの。
あなたのいない人生はすごい不安になる・・・。
今は、貴方のいない現実なんて受け止めれないけど、そんな自分
を弱いなんて思わないし、貴方の事考えて涙が止まらなくなる自
分もかわいそうなんて思わない。

また、前みたいにみんなで集まりたいね。
もう叶わぬ夢かも知れないけど、貴方と過ごした15年間は消える
事のない宝物だよ。私達の友情は永遠だよ。

また手紙書くね。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大切な友達へ

貴方とバイバイしてから、もう2週間が過ぎました。時間が経つ
のは、遅いようで早いですね。この前、貴方の家にいって来たん
だよ。
貴方の小さい頃の写真とかあって、とても懐かしく思いました。
小学校のキャンプで同じ班だったの覚えてる?その時の写真も
あった。

あれから、ずいぶん時が流れて、私も貴方も21歳になったんだ
ね。私には貴方との15年間の思い出があります。どの思い出も、
全部笑ってたよ。貴方の側にいると、本当におもしろくて、抱
えてる不安や悲しい事、全部吹き飛ばされる気分だったよ。い
つ頃から、たくさん遊ぶようになったのかな〜。みんなでボー
リングを毎日のように行ってた時ね、私は貴方と同じチームに
なりたくていつもドキドキしてたんだよ。

貴方は、私にとってとても大切な人。男と女で友情を作るのな
んて難しいって思ってた。実際恋愛感情も少しはいちゃってた
けど・・・。
でも、気まずくならなかったし、お互い彼氏と彼女も出来てそ
れでも側にいて楽しくやって来たのに・・・。なのに、なんで
先に逝っちゃたの?
もう少し側にいて、一緒に笑ってたかったよ。貴方のいない世
の中はなんか、つまんない。地元もなんか寂しくなった気がす
るよ。

もう一度だけでいいから会いたい。会ったらまた欲がでちゃう
よね。また、会えるよね?会ってまた笑えるよね?私がそっち
の世界に逝くのは、まだだいぶ先だと思うけど、それまでそっ
ちの世界で楽しく笑って待ってってね。私がそっちの世界に逝
くときはだいぶ外見も変わってるかも知れないけど、体力とか
なくなってるかもしれないけど、仲間にいれてね。また、みん
なで集まろうね。
ずっとずっと、私達は仲間だよ。



【女性、20代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

私は・・・・?

私は・・・あなたの所へいけるのかな?
私の人生が終わった時に私はあなたのもとへいけるのだろうか・・?



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

かつお君へ

半年前、貴方が逝ってしまってから私の中にある「幸福感」が変
わりました。

10代後半から20代全般という一番変化のある時期を、一緒に
過ごしてきましたね。社会やプライベートで色々悩みがあっても、
決して慰め合うわけでも無かったのに、貴方の存在だけで私の心
は癒されました。何があっても愚痴一つ言わず、人の悪口も言わ
ず、ただひたすら自分自身の弱さを認め努力してきた貴方の存在
に。どんな時でも同じ調子で私に接してくれた貴方の存在に。

そして、貴方の死をもって教わりました。人間は今目の前にある
物は、あって当たり前で、目の前に無い物を探します。無い物が
手に入らないと「不幸」だと思い、あって当たり前な物が、目の
前から消えて初めて「幸せ」を感じるものなんですね。

今、貴方はどこに居るのでしょうか?言い過ぎた事を詫び、言え
なかった事を伝えたい気持ちで一杯です。
私もいずれは貴方の世界に行くことでしょう。年を重ねた私をど
うか見つけてください。待ち合わせ場所で、人混みの中から私を
見つけてくれたように・・



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きな親友へ

こんにちは。あなたは天国で元気にしてるかな?
13という若さで亡くなってしまった。塾へ行くために駅へ
行って、電車にはねられました。あのとき私も塾へいってれ
ばあなたは助かったかもしれない。ごめんね。目撃者が誰も
いないから線路に落ちてしまった原因は分からないけれど、
誰もあなたの最期を見た人も感じ取ったひともいない。私だっ
てそう。それが悔しい、これから修学旅行だって一緒に行け
ると思ってた。一緒に中学校卒業できるとおもってた。悲し
い、悔しい。
でも、私たちはあなたのぶんまでがんばるから、絶対くじけ
ないから、私があなたのところへ行くのはずーっと先になる
けれどそれまで私たちのことを天国で見守っていてください。
大好きだよ。



【女性、10代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大好きな親友へ

久しぶりに何気なく手に取った貴女の追悼文集を読んでいて、愕
然としました。2年前の今日、貴女はたった一人で医者から、末
期がんの告知を受けたんでしたね。次の日、淡々と私に告げた顔
を今でも忘れられません。2ヶ月から半年・・残された時間は短
すぎました。
誰よりも明るく元気な人だったから、信じられませんでした。
その日から、20歳位歳の離れた友人達が協力しあって、共に明
るく戦いましたね。貴女を中心に、不思議な絆で結ばれました。
最後まで明るく皆を笑わして、美人薄命とか言ったりしてました
ね。
出会った頃から最後の瞬間まで、色んな事を教えてもらいました。
勿論悔いはあっただろうけど、それでも残された時間の中で精一
杯頑張って楽しもうとしていた貴女の姿は、脆くて強くて格好良
かったです。
亡くなる前日に、念願のホスピスにもやっと入れて、全てが貴女
の計算通りでしたね。格好悪い事が許せない貴女の、意地という
か女の美学を貫き通したわけですね。
ちょうど2ヶ月と1日で逝ってしまいましたが、最後のホスピス
での1日で、かなり痛みを和らげてもらえたおかげで、すごく綺
麗な笑顔でしたね。最後の夜、泊まり当番だった私は色んなこと
を勝手に話かけて、そのせいか、ちゃんとお別れが出来て良かっ
たです。
私にとって貴女は、母であり姉であり妹であり、誰よりもかけが
えのない友人でした。貴女を失ったらどうしたらいいのか・・・
それがすごく怖かったけど、共に戦った後には、怖くなくなりま
した。
貴女を思う時、そばに貴女を感じるし、またきっといつか何処か
で会えるような気がします。
悲しさはもう感じませんが、寂しさと懐かしさでいっぱいです。
本当にどうもありがとう。つらい人生だったけど、それでも生ま
れてきてくれてありがとう。貴女に会えてよかった。
貴女に笑われないよう頑張って生きていくから、見守っていて下
さい。



【女性、30代】

[先頭に戻る]









親友を亡くした人の文集

大切な友達を自殺で亡くして

x月x日に、大切な友達を、自殺という形でなくしました。

今もたくさんの思いが溢れて、私は泣くことをやめられません。

彼女の最期を思うと、胸が張り裂けそうに痛み、その時間に私の
していたことなど、今までで一番無用なことだったように思える
のです。

あの日から、彼女の時間は止まっているのに、何故、私は生きて
いるのでしょう。
生きて、幸せになることが、彼女のためになるといわれても、ど
うして今幸せになれるでしょう。

こんなに、こんなに、こんなに悲しい!!!
こんな思いをさせた彼女を、そんなになるまで追い込まれた彼女
を救えなかった自分を、恨めしく思うのです。

彼女にとって、私たち友達は、大切な人間だったと、信じていま
す。
親や、私たちを悲しませたことを、後悔、しているでしょうか。

その日の夜、駆けつけた時、お線香の香りに包まれて、穏やかに、
安らかに眠った彼女がいました。

終わりのない涙で頬を濡らした、両親、姉妹の顔がありました。

私たちに、何かできたのかもしれないと、毎日、毎日、思います。
でも、一番近くにいて、支えていた家族にもできなかったことが、
私たちにできたのか、とも思います。

たくさんの、未来がありました。
わたしと同じように、今を生きる当然の義務があり、幸せになる、
義務がありました。
親を悲しませない、親を看取る、義務も。

まだ、25歳でした。


世の中にはこんなに悲しいことがあるんですね。
わたしが高校生のとき、祖母をなくしたときは、こんなに悲し
かった記憶はありません。

でも、わたしはその時も同じように悲しみ、今はその悲しみが思い
出のようになっているのでしょうか。

どこかでこの悲しみのなかにいたい、と思っています。
いつも彼女と一緒にいたいのです。

でも、彼女は望んでいませんね。

私が生きていくこと、幸せになること、忘れないこと、を望んでい
ますよね。

今は、まったく自信はありません。

でも、この悲しみを誰かに、私の両親に、姉妹に、友達に味わわせ
るなんて、そんな恐ろしいこととてもできません。

それだけは、選択しません。

彼女がとても好きだったから、これからの人生、一日でも長く一生
懸命生き、彼女にいつか逢う日が来たら、おみやげ話にします。
今は頑張れませんが、生きていくことだけはできそうです。



【女性、20代】

[先頭に戻る]





掲載希望はこちらにどうぞ




このページからの転載、及び引用を一切禁止します。
Copyright(C) 2000, 2021, Kei Nakahara
なお、各メッセージの著作権はそれぞれの著作者にあり、著作権法で保護されています。