Char
 
 
   
 
 
YouTube映像
へのリンク
 
 
宇田川寅蔵
三上武志
澤田浩史
   
 
 
中学生の頃
高校生の頃
邦楽
歌謡曲
面白い
 
Google
ウェブ全体を検索 このサイト内を検索



ガラパゴス・サイト便り
待ち遠しい アジアの片隅で

あと何十日。待ち遠しいです。
たとえ緊急事態宣言中でも。
たとえ蔓延防止法が発令中でも。
絶対に中止とか延期とか無観客でなんて言わないで欲しいです。

映画「ザ・ビートルズ:Get Back」公開。
「ザ・ビートルズ:Get Back」先行特別映像|2021年8月27日(金)世界同時劇場公開!


アジアの片隅で 母国で啓発

この歳になっても理解出来ないことばかり。
オリンピックに出場したスポーツ選手が帰国時にコンドームを配布するとか。
日本ではどのように啓発をされるのでしょうか。
気になって昼寝も出来ません。
もしかすると日本のスポーツ選手は帰国しないから対象外なのかもしれませんね。


アジアの片隅で


嫌だなぁ、2020年8月頃に向かって。
既に新聞も、テレビも「感動をもらった」とか「ガンバレ」とか「ありがとう」とか「チーム?」「サムライ?」とか朝から晩まで夜中まで一色傾向。
興味が無い私にはワールド・カップやアジア大会などの時期と同様、新聞もテレビも退屈な媒体になっています。
そういう時期はネットの有りがたさを感じます。
ただネットでもYouTubeで昔のミュージシャンの映像を鑑賞しているだけですが。

と書いてから2年弱の月日が流れ、今は2021年5月。

東京都が立候補した時から懐疑的な東京オリンピックでしたから、それが開催されようが中止になろうが、もともと興味が無いので、それすら興味はないのですが、新聞もテレビも退屈な媒体になってしまうのでしょうか。

主催者IOCに開催都市の東京都は無観客・対面ではなく各国からのリモート形式の試合を提案するのはいかがでしょうか。

海外からの来賓は皆さん、各国からリモートで参加、鑑賞するのはいかがでしょうか。
開会式と閉会式の会場に設営されたスクリーンに網の目のように顔が並ぶ光景。
それも圧巻、迫力ある光景かもしれません。

ヘッダ部の「東京2020大会開催準備」
→左側メニュー部「大会情報」→「開催都市契約」
→ボディ部「開催都市契約(日本語訳)(899 KB)」


毎日、紙の新聞を斜め読みしているし、テレビもつけているから必ず目にするとは思いますが、興味無いから読まないし観ないです。



読書感想文

1970年代後半、3評価を基本に4が時に混ざっているレヴェル以上の中学生が受験する管理教育で有名な県立高校に通学し(私にとっては)抑圧された毎日を過ごしていました。
何度か「態度が悪い」と教員から殴られたりしながら私も何とか卒業した後、その高校で生徒が先生を殴る事件が起こり、高校受験にも偏差値という言葉が出るのかと思った1990年代には偏差値30台の中学生も「あの高校だけには行きたくない」と言われるレヴェルになっていたようです。

あれから45年の年月が流れ1970年代後半に卒業した一部から一部にシラケ世代と呼ばれた高校生も会社などの組織からお役御免の時期を迎えています。
お役御免になったあとの組織や社会はその後は当時の若者たちが中心になります。

先日、本を読みました。

鳴海警備補の「結局、あなたが何がしたかったんですか」と問いかけに対し、逮捕された主犯格が答えたようなことが、数年後には、突然、あちらこちらで起こるように思うのでした。






【S.M.S】 

未来のことより目先の山を乗り越えるためにまずは今!、を続けて早何十年・・・

何はともあれ観に行きませんか。

でもそのような月日を過ごす時も終わりに近づきつつとあると思う2020年の幕開けなのでした。

ところが2020年2月になると武漢市で発生した新しい型のコロナウイルス(COVID-19)が日本を含む世界中に感染が拡大し、社会活動全体が制約を受ける状況になってしまいました。
残念です。



これ以外にも今宵もこんな処で・・・

Char


-->
更新情報 第8.9.90版
最終更新日 2021年 6月23日(水)
1980年  月 日( )? 金子マリ&バックスバニー NHK FM「」でスタジオ・ライヴ

2021年 6月20日(日) Char FM東京 番組「Monthly Artist File -THE VOICE-」放送 2021年6月度パーソナリティ 第3回の感想。

2021年 6月13日(日) マダムギター長見順 with 澤田浩史・岡地曙裕 at 関内 Stormy Mondayの感想。

1977年 8月12日(金) 金子マリ&バックスバニー 民放FM 番組「サントリー・ホワイト・ビートイン」公開録音 at 仙台市民会館大ホール

1979年 7月29日(日) 四人囃子 「包」 at 日比谷野外音楽堂

2021年 6月13日(日) Char FM東京 番組「Monthly Artist File -THE VOICE-」放送 2021年6月度パーソナリティの感想。

1977年 9月19日(月) 金子マリ&バックスバニー at 吉祥寺 曼荼羅

2021年 6月 6日(日) Char FM東京 番組「Monthly Artist File -THE VOICE-」放送 2021年6月度パーソナリティの感想。

1986年 9月 4日(木) ダディ竹千代&東京おとぼけCats at 渋谷Live Inn

1995年11月24日(金) 金子マリ&バックスバニー at 大阪W'OHOL

2021年 5月29日(土) Char Inter FM 897 番組「Love On Music」 ゲスト出演の感想。

1981年  月 日( )? 金子マリ&バックスバニー at ?

____年  月 日( )? 金子マリ at ?


1979年11月10日(土) カルメンマキ 神奈川大学 学園祭 オールナイトロックショーPart.2 「Here We Go」 at 神奈川大学(現・横浜キャンパス) 講堂の更新

1991年 7月12日(金) ジョニー吉長 at 大阪・心斎橋クラブクアトロ

1993年9月18日(土)? MAMA 江戸屋祭 at 日比谷野外音楽堂

2001年 1月 7日(日) Sons Of Blues 新春!南吠える!! THE SAVOY TRUFFLE vs SONS OF BLUES at 大阪Big Cat

1998年 8月22日(土) カルメンマキ '98 水戸 徳川慶喜 歌姫コンサート at 千波湖畔はなみずき公園特設ステージの更新。

1978年 2月26日(日)? 金子マリ&バックスバニー at 次郎吉

1975年8月7日(木) 文化放送 番組「セイヤング"World Rock Festival at 後楽園球場"」放送の更新。

1990年 9月 日( ) ジョニー吉長
FM番組「NIPPON STEEL IMAJICAL STAGE」
ゲスト出演 9枚目のソロ・アルバム「J」のプロモーション
1990年 9月 7日(日) Love Child at 神戸チキンジョージ


1987年 9月 日( ) ジョニー吉長
FM番組
ゲスト出演 8枚目のソロ・アルバム「FREEDOM」のプロモーション


1988年 8月 1日(月) Pink Cloud at 大阪近鉄劇場

1983年11月10日(木)〜16日(水) 原由子 民放FM「コーヒータイム」

1981年9月16日 サザンオールスターズ そちらにおうかがいしてもよろしいですか? at 横浜文化体育館

1989年11月27日 Paul McCartney at Great Western Forum, Inglewood, CA, USA

2021年 4月10日(土) Char ~Char 45th anniversary concert #1~ SHININ' YOU SHININ' DAY at 日比谷野外音楽堂の感想。

2021年 3月13日(土) S.M.S at 南林間 HIDEAWAYの感想。

2021年 2月27日(土) Char Live2021 at かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールの感想。

2021年 2月11日(木) マダムギター長見順 with 澤田浩史・岡地曙裕+CEO at 関内 Stormy Mondayの感想。

2001年12月19日(日) 石田長生 石やんバナナ記念日 at 大阪バナナホール

2001年 9月 8日(土) Char、西慎嗣 エフエム徳島のイベント「エフエム徳島バンドコンテスト BURN2001TOKUSHIMA」にゲスト出演

2004年11月11日(木) BAHO Live Tour 2004 at 神奈川県 杜のホールはしもと

2004年 7月 2日(金) Char 情熱大陸Music Special 「Summer Time Bonanza」 at 国営昭和記念公園

2020年12月13日(日) Char IN CONCERT 2020 “FIRST AND LAST” at 中野サンプラザ ONLINE 生中継配信の感想。

2020年12月13日(日) Char IN CONCERT 2020 “FIRST AND LAST” at 中野サンプラザの感想。

2020年12月 7日(月) マダムギター長見順+澤田浩史+岡地曙裕のSESSION at 関内 Stormy Mondayの感想。

2020年11月21日(土) Char ネット配信「Slow LIVE’20 IN FORUM STREAMING」の感想。

2020年10月17日(土) マダムギター長見順+澤田浩史+岡地曙裕+SPECIAL GUESTのSESSION at 関内 Stormy Mondayの感想。

2020年10月 4日(日) Char "太陽光でロックする!" THE SOLAR BUDOKAN 2020 オンラインフェスの感想。

更新履歴



弊サイトについて


このサイトはさだが個人で1996年12月からお送りしております。

弊サイトの表現レベル
  • 公開当時はNetscape (TM) 4.0 かそれ以降のバージョンを意識してテキストエディターでページをデザインしておりました。
    しかし今はコンテンツの作成はテキストエディターを使用していますが、デザインの確認はInternet Explorerを使用しております。
  • 1998年3月
    • 動画やイラストは使用しません(最低限のスキャナした写真は除く)。2013年10月20日に解除。
    • サウンドは使用しません。
    • フレーム機能は使用しません。
    • 掲示板、チャットの場は設けません。
  • 2000年2月
    • バナー広告は付けません。


弊サイトの内容
  • 1998年3月
    • どの部屋もロック音楽に関係しているのですが、私は今、ここ"TACTFUL WALRUS"で何がしたいか閃きました。祝・開眼!(激バカ)。おお、巨人の星みたいだぞ(大バカ)。で何かと申しますと

      アーティストの音と映像と写真と文章による完全記録を作成する!

      です。パチ・パチ・パチ。をー、素晴らしい野望ですね(爆笑)。
  • 2000年2月
    • 上記から2年となりましたがその野望には程遠い状況です(苦笑)。
      弊サイト内のアクセスはChar,Humming Birdなどミュージシャンの部屋に入り、年代別に辿るか。またはトップ・ページから"What's New(これが新しいかもしれない)"を経て更新されたページへ辿るかの二通りかと思います。
      本当は「テレビ出演情報」「"Cold Air In The House"を演奏したライヴ情報」など自由に検索出来たら良いと思うのですが、利用しているプロバイダーの機能制限もあるし、その機能を作成するのも面倒(^^;。
      それに未整理の資料の掲載、掲載済み資料の誤りの訂正などもやらなくてはいけません。弊サイトもファイル数が600個位になり文書作成の効率化、環境の整備を考えようかな・・・I'm so tired.
  • 2000年4月
    • タイミング良くプロバイダであるASAHIネットから「独自ドメイン(オプションで取得可能)ホームページでCGIの利用が可能」そして「個人ホームページでの営業活動解禁」のメールが届きました。弊サイトは「独自ドメインホームページ」ではなく「個人ホームページ」ですからCGIは引き続き利用することが出来ません。もちろん弊サイトではバナー広告を含む営業活動は行いませんから関係ありません。


弊サイトからのお知らせ
  • 2005年1月
    • 迷惑メール対策の一つとしてプロバイダーのスパムブロックサービスを活用しております。
      ドメイン「mail.goo.ne.jp」、「mail.yahoo.co.jp」、「hotmail.co.jp」、「yahoo.co.jp」、「hotmail.com」などのアカウントからのメールは受信出来ません。


Copyright (C) 1996-2019 Sada.All rights reserved.
ご意見・ご感想、情報交換のお誘いなどございましたら、是非メールを下さい。お待ちしております。