1980年4月12日(土) 5人バンド
日比谷野外音楽堂


カルメン・マキ、金子マリ、そしてJ,L,& Charによる1日だけの"5人バンド"による日比谷野音が行われた。

800412日比谷野外音楽堂
ご提供は"ひゃー"さん



セットリスト
No.曲名コメント
1. 〜 Satisfaction
2.Rock'n Roll Children
3.Light My Fire
4.
5.Joy To The World
6.ブルース調のインスト曲。
7.Cloudy Sky
8.Finger
9.CharのKeyとB & Drによるインスト曲。
10.グルービンマリのVoにCharのKeyとB & Drの曲。
(M.C)"今日は天気が良くて良かったね。こんなに沢山の人に観られて練習するのはじめてだけどよろしく!。みんな友達みたいなもんだね。"
11.Somebody To Love
12.とりあえずロックンロール
13.
(ENCORE)
14.Restaurant
15.Dog Of The Bay
(M.C)
16.??? 〜 With A Little Help From My Freinds
(M.C)
(ENCORE 2)
(M.C)
17.Smoky当時、チャーがD.J.を担当したラジオ関東の番組"電撃わいどウルトラ放送局"のテーマ曲のために録音された8ビート版による演奏である。
[SONGS]
Total Time: 90
[COMMENTS]
4月の野音はとにかく寒かったとのこと。この日、Charの曲はFingerとRestaurant(だったと思う)の2曲しかやらなかった。1度目のアンコールも終わり、プログラムが終了しても、欲求不満で誰も帰らず(コンサートの出来は凄かったけど、やはりCharの曲を聴きたかった)必死のアンコール拍手で無理矢理ステージに引っぱり出した。メンバーはステージ上で曲の構成を打ち合わせし、"SMOKY"を8ビートではじめた。観客の興奮はピークに達し、前の方にいた観客は命の危険を感じたそうだ(Charも「押さないで」と言っている)。そしてSMOKYが終了しメンバーが引っ込み、客電が付いた後も1時間くらいアンコールの拍手を観客は続けたが残念ながら二度と出てくることは無かった。

下記は当時のPA卓に貼られていた曲構成メモである。

paper1

paper2

この日のライヴの模様はテレビ朝日 "Jam Jam '80"でテレビ放送された。


back to チャーの部屋
back to Pink Cloud(Johnny,Louis,& Char)
back to 1980

80年4月12日 5人バンド
テレビ朝日 "Jam Jam '80"


上記の映像版である。


セットリスト
No.曲名コメント
1.Satisfaction金子マリのボーカルをメインに。
(INTERVIEW)下北沢のパブ"ペーパムーン"で談笑する彼ら。
2.Somebody To Loveカルメン・マキのボーカルをメインに。
(INTERVIEW)下北沢のスタジオ"Mac Studio"でCharの談話。
3.Come On Everybody日も落ちかけ薄暗くなった頃の演奏。
(ENCORE)
4.Smoky日も落ち、すっかり暗い中でのアンコールである。8ビートを基本とする珍しいノリの"Smoky"である。1度目の間奏でステージ前に押し寄せるファン達。一人の女性ファンがステージに駆け上がる。
押さえ気味のリズムで3コーラス目を演奏し、二度目の間奏ではCharのみ演奏を止め、"押したら危ないよ。ロックコンサートでケガすること多いから。みんな、押さないで。立ったその場で。"とM.C.するほどである。
[SONGS]
VTR Total Time: 30
[RECORDING DATA]
VTR from TV Show.
[SOUND QUARUTY]
Special(-).
[SPEED]
±0%
[COMMENTS]



back to チャーの部屋
back to Pink Cloud(Johnny,Louis,& Char)
back to 1980