Community Space ボスの展望台ボスのTwitter文学/響子の小倉百人一首/<61~80>

         響子の・・・ 小倉百人一首  

     4 <61 ~ 80 /完 >   (2015年/7月30日~翌/1月30日) 


 
                           
    

トップページNew Page WaveHot SpotMenu最新のアップロード         担当: 里中 響子 

                               

【61番 → 伊勢大輔】  いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな
【62番 → 清少納言】   夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂(あふさか)の 関はゆるさじ
【63番→左京大夫道雅】   今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな
【64番→権中納言定頼】   朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々(せせ)の網代木(あじろぎ)
【65番 → 相模(さがみ)  恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ
【66番 → 大僧正行尊】  もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし
【67番 → 周防内侍】  春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
【68番 → 三条院】  心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな
【69番 → 能因法師】  嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり
【70番 → 良暹法師】  さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮
【71番 → 大納言経信】  夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆(あし)のまろ屋に 秋風ぞ吹く
【72番 → 佑子内親王家

紀伊】
 音に聞く 高師(たかし)の浜の あだ波は かけじや袖の 濡れもこそすれ
【73番→前中納言匡房】  

 高砂(たかさご)の 尾上(をのへ)の桜 咲きにけり

                     外山(とやま)の霞(かすみ) 立たずもあらなむ

【74番 → 源俊頼朝臣】  (う)かりける 人をはつせの 山おろしよ はげしかれとは 祈らぬものを
【75番 → 藤原基俊】  契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋も去(い)ぬめり
【76番 → 法性寺入道

前関白太政大臣】

 わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波
【77番 → 崇徳院】  瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の われても末に あはむとぞ思ふ
【78番 → 源兼昌】  淡路島(あわじしま) かよふ千鳥の なく声に 

               幾夜(いくよ)寝ざめぬ 須磨(すま)の関守
(せきもり)
【79番→左京大夫顕輔】  秋風に たなびく雲の 絶えまより もれ出づる月の 影のさやけき
【80番→待賢門院堀河】  長からむ 心も知らず 黒髪の みだれて今朝は ものをこそ思へ

 

                                上から ・・・下へ            

 7月 30日

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(566)

【61番 → 伊勢大輔】(いせのたいふ、いせのおおすけ/平安時代中期の女流歌人。大中臣輔親の娘。祖父

                    は・・・【49番 → 大中臣能宣】(★ みかきもり 衛士のたく火の 夜はもえ 昼は

                    消えつつ ものをこそ思へ)で・・・伊勢祭主、後撰和歌集の撰者の1人、三十六歌仙

                    の1人です。父/大中臣輔親も伊勢祭主、中古三十六歌仙の1人。伊勢祭主の家系

                    で、歌人の家系です。

                    伊勢大輔は・・・高階成順に嫁し・・・康資王母・筑前乳母・源兼俊母など優れた歌人を

                    生みました。中古三十六歌仙女房三十六歌仙の1人です。)


★ いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな


  < その昔…

         奈良の古き都に…

                咲き匂った八重桜…

            それが今日は…

                    九重の宮中に…

                           美しく咲き誇っています… >


岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(567)

「このは…

『詞花集(/『詞花和歌集』(しかわかしゅう)は・・・八代集の第六にあたる勅撰和歌集) - 巻1』詞書に…

<一条院の御時、ならの八重桜を人の奉りけるを、その折御前に侍りければ、そ

の花を題にて歌よめとおほせごとありければ>

…として、載っています。

有名な歌で、分かりやすい歌ですよね…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(568)

<いにしへ = 古><けふ = 今日><八重桜><九重>対応させ…巧み

にまとめています。

<九重>皇居のことで、宮中をさします。昔の中国では、宮門九重に巡らせた

(/大昔にあった物や出来事から、こう呼ばれました。

このは…詞書にありますが、作られた時の背景が重要です。



 8月 3日

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(569)

伊勢大輔(いせのたいふ、いせのおおすけ)は…一条天皇中宮/彰子に仕え始めた、新参

若い女房です。彼女は…代々伊勢祭主の家系であり、また代々歌人の家系に生ま

れていました。


春たけなわの宮廷…

女房や殿上人(てんじょうびと/五位以上の人、及び六位の蔵人(くろうど)で殿上にのぼることを許された人が、

花やかに集います…


そこに…奈良僧都(そうず/僧官の1つ。僧綱のなかの第2位。推古 32年 (624) 年に、この官位が設けられ

た。正五位または正四位に叙された。)から、大ぶり咲き誇った八重桜が届けられまた…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(570)

宮廷の花やかさは…

見事な八重桜の到着で、いっそう花やぎ…

そこに大ぶりの八重桜が、凛(りん)と匂うように輝き…

宮廷の花やかさは極致に達していました…


使者から八重桜を受け取り、御前に捧げる役割は、古参/紫式部に与えられていま

す。でも彼女は、そのような事で、ひけらかす必要のない人柄でした。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(571)

そこで、新参伊勢大輔に、まさに、持たせようと思い…

「今年のお取り次ぎは、新しくいらした方にどうぞ」

…と言います。

すると道長(/中宮・彰子の父親で、時の権力者)声が掛かります。

「うむ、それもよい。新参の伊勢に頼もう。ただし、桜を受け取る時には、歌を詠

まねばならぬぞ」

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(572)

「おお、そういえば・・・」

…並み居る、公達(きんだち/1、 親王・諸王など、皇族の人々。2、摂関家・清華家(せいがけ)などの子弟・子

女)1人が言います。

「伊勢大輔どのは名高い歌詠(うたよみ)のお家柄。ここはぜひ、佳(よ)き歌のあるべ

きところ」

一座視線は、伊勢大輔に集まります。

彼女家名を背負い、一世一代の事態緊張します。でも、紫式部洞察力は、彼女

なら出来る…と見抜いていたのですね。



 8月 4日

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(573)

さあ…伊勢大輔が、小さな唇を結び…うなづきます…


★ 「いにしへの・・・」


彼女が、緊張した若い娘の声で、緩やかに
(うた)始めると…華やいだ宮廷の中

が、水を打ったように静まり…聞き耳を立てます。彼女頭の中には、が湧く様に

が浮かんで来ます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1      

                                                               『石山月』 (月岡芳年『月百姿』) ・・・『源氏物語』を執筆する紫式部

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(574)

★ 「・・・奈良の都の・・・八重桜・・・けふ九重に・・・にほひぬるかな・・・」


並みいる女房殿上人達が…水を打った静けさから…ドッ沸きかえり宮廷感嘆

の声に包まれます。

「見事じゃ!」と…道長も言ったのでしょうか。

紫式部も、新参大仕事に、にうなづき返します。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1     

                                                                  ( 『紫式部日記絵詞』 より )/・・・画中表示・・・

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(575)

中宮/彰子は…自分の所新参女房才気を、大いに喜ばれ…それでは、と返歌

お返しになられました。


★ 「九重に・・・にほふを見れば・・・桜狩(さくらがり)・・・

                  重ねてきたる・・・春かとぞ思ふ・・・」


彰子伊勢大輔<九重>をふまえ、宮中は去ったが、重ねて春が来た様

、と詠みます。が散った後に、八重桜が満開になるわけですね。




 


 


 






 


 


 8月 8日

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(576)

当時宮廷人達は…

こんな風に遊び学び研鑽(けんさん/学問などを磨き、深めること)を重ね、宮廷運営していた

わけです。天皇家があり、藤原氏摂関政治を行い…権謀が渦巻く中でも、素朴に

耳を澄ませ女性も輝いていました。

平安時代日本の人口は…およそ600万人台で、横這いで推移しています。そうした

中での、古の王朝ですね…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 伊勢大輔   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(577)

このは…

すらりと詠めば<八重><九重>のと頓智(とんち/機に応じて即座に働く知恵。機知)の様な

です。でも背景事情を知ると、伊勢大輔当意即妙(とういそくみょう/すばやくその場面に適応

して、機転をきかすこと。)機知(きち/その場に応じてとっさに働く鋭い知恵。ウイット。)が輝いて来ます。

小式部内侍(こしきぶの・ないし)の…からかわれて切り返す機知に、このが並ぶわけです

が、小娘の機知というものを…定家(/『小倉百人一首』の編集者)は…重く見ている様ですね

…」



 8月 9日

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(578)

【62番 → 清少納言】(せいしょうなごん/平安時代の女流作家、歌人。随筆/『枕草子』が有名です。<梨壺の五

                   人>の1人で、著名歌人であった清原元輔の晩年の娘。曽祖父または祖父に、『古今和歌集』

                   の代表的歌人/清原深養父(きよはらの・ふかやぶ)がいる。)


★ 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂(あふさか)の 関はゆるさじ



  < 夜が明けないうちに…

          鶏の鳴き真似をして…

                 人をだまそうと、函谷関(かんこくかん)の真似を謀(はか)っても…

              この逢坂の関は許しません…

                     だまそうとしても、決して逢(あ)いませんよ… >

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(579)

「このは…『後拾遺集 - 巻16/雑』にあり、長い詞書があります。でも、便宜上、『枕

草子』の方から、歌の背景を見てみましょう。

清少納言は…一条朝(/第66代・一条天皇の時代)<四納言>(しなごん/源俊賢・藤原公任・藤原

斉信・藤原行成・・・<四納言>の言葉の由来は、漢の高祖の時代に実在した<四皓>と呼ばれた賢者に例えられたと

言われています。<四納言>は藤原道長・政権を積極的に支えた、すぐれた公卿たち。)1人/大納言行成

藤原行成/・・・藤原北家、右少将・藤原義孝の長男・・・能書家として三蹟の1人に数えられ、その書は後世『権蹟』(ご

んせき)と称された。書道/世尊寺流の祖。)とは親友でした。

恋人というよりは…気の合う、年下ボーイフレンドでしょうか…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(580)

清少納言については…

これまでも何度か触れていますが…第66代/一条天皇中宮/定子にお仕えし、

(だいり/天皇の住む御殿。皇居)お局(おつぼね/・・・寝殿造(しんでんづくり)の宮殿内に、屏風(びょうぶ)

几帳 (きちょう/室内の仕切りに立てた道具)などで区画されて設けられた部屋・・・転じて、そこに居住を許された女房な

どをいう・・・)を頂いている身分です。

紫式部和泉式部赤染衛門伊勢大輔が仕える中宮/彰子は、権力者/道長の娘

で…強引に、中宮押し込んだ形でしょうか。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言  

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(581)

そして、やがて…

中宮/定子3度目出産があり…その直後に、定子亡くなられます。以後、中宮

/彰子名実ともに一条天皇中宮となります。

この話は…清少納言がまだ、内裏お局を頂いていた頃ですから、中宮/定子

在だった頃の話になりますね。



 8月 20日

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(582)

さて…そんな清少納言(つぼね)に、ボーイフレンド藤原行成(ふじわらの・ゆきなり)が来

て、話し込んでいます。

行成一条朝・四納言(いちじょうちょう・しなごん/源俊賢・藤原公任・藤原斉信・藤原行成・・・藤原斉信が大

納言、他の3人が権大納言まで昇った。)1人で、能書家(のうしょか/歴史上の書人で今も書名の高い人物・・・

行成は、書道/世尊寺流の祖。)です。

行成は…【51番 → 藤原実方朝臣で、実方(さねかた)敵役(かたきやく)として紹介して

います。殿上(てんじょう/御殿の中・・・特に、清涼殿にある殿上人の詰所)で、実方(しゃく)(かん

むり)打ち落とされ庭に捨てられた、蔵人頭(くろうどのとう/蔵人所の実質的な長。勅旨や上奏を伝

達する役目を受け持つなど・・・天皇の秘書的役割を果たす。)です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 清少納言   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(583)

話し込んでいるうちに…夜も更け…

行成は…<明日は宮中の御物忌(おんものいみ)にこもらねばなりませんから>と…急

いで帰って行きました。

そして…あくる朝早く行成からが来ます…

<まだ話し足らぬ気持ちですよ。鷄の声に催促されて、帰ってしまいましたが、>



 8月 21日

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(584) 

  「申し訳ありません

             584 ~ 588  を修正し・・・再アップロードします」


(ふみ)といえば…行成能書家です。この走り書きも、さぞ後の世の手本となるよう

な、見事な筆跡だったのでしょう。

清少納言は…さすがね…と行成墨跡(ぼくせき)の流れを眺めつつ、ほくそ笑みます。

そして直ぐに、負けじと、機知を総動員して返歌を詠み…行成に送ります。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(585)

  「申し訳ありません

             584 ~ 588  を修正し・・・再アップロードします」

 

★ 夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ


清少納言気持ちは、こうですね…


       “ほほ…鷄
(とり/にわとり)の声ですって?

            あの夜更けに?

                 それは函谷関(かんこくかん)

                      孟嘗君(もうしょうくん)の鷄の鳴き声かしら?”


これは…中国『史記』(しき/中国・前漢の武帝の時代に司馬遷によって編纂された中国の歴史書)にあ

故事を引用したものですよね。能書行成に、得意機知対抗したのでしょうか?

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(586)

  「申し訳ありません

             584 ~ 588  を修正し・・・再アップロードします」



中国における戦国時代

(せい)王族/孟嘗君(もうしょうくん/田文(でん・ぶん)のことであり、戦国四君の1人。斉の威王の孫に

当たる。)秦王(/初代・始皇帝に捕らえられ、後に脱出して函谷関まで逃げ延びます。

函谷関までが関中(かんちゅう/関中は、函谷関の西側の地域。現在の中国陝西省渭水盆地の西安を中心

とした一帯。春秋戦国時代の秦の領地であり・・・その後、前漢・唐も、この地に首都を置きます。その都/長安/現

在の西安は、咸陽の郊外に別に造られました。)であり…都/咸陽(かんよう/秦朝の首都)を守る難攻

不落要害(ようがい/地勢がけわしく、敵を防ぐのに適している所)であり、そこに作られた関所

す。

孟嘗君は、夜陰に紛れて函谷関まで来ましたが、関所鷄が鳴くまでは開きません。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1   

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(587)

  「申し訳ありません

             584 ~ 588  を修正し・・・再アップロードします」


でも…

孟嘗君食客(しょっかく、しょっきゃく/居候(いそうろう)、客の待遇で養われている人)の中に、鷄の鳴き

真似(うま)い者がいました。それではと…彼が一番鷄鳴き声を発すると、

次々と鳴き出し、関所の門が開けられます。

うーん…(だま)されたのは、なのか、関所の役人なのか?ともかく、孟嘗君虎口

(ここう/恐ろしい虎の口の意で・・・非常に危険な所、危険な状態の例え)を脱し、無事関中の外に出ま

した。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1   

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(588)

  「申し訳ありません

             584 ~ 588  を修正し・・・再アップロードします」


清少納言は…

この函谷関故事にかけて返歌を詠み…能書家の墨跡に、エイッ、と打ち込みます。

教養の高い芸術家どうしの、(いき/さっぱりした気立てで、あかぬけがし、色気もただようこと)

度な遊びですね。いかにも、清少納言ラシイという事でしょうか?

打てば響くように…故事直下に理解した行成は、清少納言機知嬉しくてしょう

がありません。それで、またを返します…



 8月 22日




岡田健吉‏@zu5kokd1        

★★★★★ 《 響子の・・・ 小倉百人一首 》 ★★★★★

 【★(584~588)を訂正します★】  


「…(>_<)… 申し訳ございません!

しばらく、間が空いたので…勘違いしてしまいました。

(584~588)を削除し、修正して、再度アップロードします…」

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(584)  (★ 修正)


といえば…行成能書家です。この走り書きも、さぞ後の世の手本となるような、

事な筆跡だったのでしょう。

清少納言は…さすがは…と行成墨跡の流れ(ほ)れ惚れと眺めつつ、返事を書き

ます。

<鷄(とり/ニワトリ)の声ですって? あの夜更けに?

                 それはきっと、孟嘗君(もうしょうくん)の鷄なのね、>

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(585)  (★ 修正)


清少納言の言う<孟嘗君の鷄>は…中国『史記』にある故事ですよね…

中国春秋戦国時代(せい)王族/孟嘗君(もうしょうくん/田文(でん・ぶん)のことであり、戦

国四君の1人。斉の威王の孫に当たります。)秦王(/初代・始皇帝に捕らえられ、後に脱出して

谷関(かんこくかん)まで逃げ延びます。

函谷関までが関中(かんちゅう/関中は、函谷関の西側の地域。現在の中国/陝西省/渭水盆地の西安を中

心とした一帯。春秋戦国時代の秦の領地であり・・・その後、前漢・唐も、この地に都を置きます。その都・・・長安/現

在の西安は・・・秦の都/咸陽の郊外に、別に造られました。)であり…都/咸陽(かんよう)を守る難攻不

落の要害(ようがい/地勢がけわしく、敵を防ぐのに適している所)であり、そこに作られた関所です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                           清少納言 (菊池容斎・画/明治時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(586)  (★ 修正)


孟嘗君(もうしょうくん)は…

夜陰に紛れて函谷関まで来ますが、関所が鳴くまで開きません。でも、孟嘗君

食客(しょっかく、しょっきゃく/居候(いそうろう)、客の待遇で養われている人・・・剣豪/宮本武蔵も、豊前・小倉藩の

家老/小笠原忠真の食客でした。の中に、鷄の鳴きまね(うま)い者がいました。それでは

と、彼が一番鷄鳴き声を発すると、が次々と鳴き、関所の門が開けられます。

うーん…(だま)されたのは…なのでしょうかか?関所の役人なのでしょうか?

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(587) (★ 修正)


ともかく、孟嘗君は…偽りの鷄の鳴き声で、虎口(ここう/恐ろしい虎の口の意で・・・非常に危険な

所、危険な状態の例え)を脱し、無事関中の外に逃れました。

行成が…<鷄の声に催促されて>に書けば…清少納言打てば響くように、

<孟嘗君の鷄なのね>と…切って返す。

能書家漢籍(かんせき/中国の書籍。漢文で書かれた書物。)堪能(たんのう/その道にすぐれているこ

と)行成は…これが嬉しくてたまらない。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(588) (★ 修正)


行成は、またを返します…

<あれは函谷関の事でしょう。

      あなたと私は逢坂の関ですよ。

           その名も色っぽい、忍び逢いの逢坂じゃないですか・・・>

これは、少々、行成筆が滑った感じです。2人恋人同士なら、こんな思わせぶりな

を、書く必要もないわけですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(589)


さあ、そこで…清少納言この歌

彼女で、行成突っ込み過ぎに、一矢報(いっしむく)いているわけですね。


★ 夜をこめて 鳥の空音(そらね)は はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ



清少納言は…函谷関ならともかく、逢坂の関絶対ダメですよ、と詠んでいます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                        清少納言  (枕草子絵巻/鎌倉時代)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(590)


『枕草子』によれば…にはこの歌の後に、もう一行書き添えてありました…

<心かしこき関守はべり> <しっかりした、関守がいますよ>

この歌よくできた歌だから、行成が言いふらし、人々の評判になった様です。清少納

も、カラリとした性格で、それを(とが)めるのではなく、一緒に喜んだ様子です…」



 9月 5日

岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(591)

【63番 → 左京大夫道雅】(さきょうの・だいぶ・みちまさ/・・・藤原道雅・・・儀同三司伊周の長男。弟66

                       代・一条天皇の皇后/定子の甥

                       祖父・中関白道隆に溺愛されるも、道隆は死去し、翌年、内大臣の父・伊周が花

                       山法皇に対し弓を射掛ける不敬事件を起こし、大宰権帥に左遷され(長徳の変)

                       実家の中関白家が没落する中で成長しました。権力者は叔父/道長の時代。)


★ 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな



  < 今はもう…

       あなたへの想いを…

             あきらめてしまおう…

          このことだけを…

                人づてではなく、直接逢って…

                     言う方法があってほしいものだ… >


岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(592)

このは…『後拾遺集 - 巻13/恋』に…次のような詞書があり、載っています…

<伊勢の斎宮わたりより、まかり上りて侍(はべ)りける人に忍びて通ひける事をお

ほやけもきこしめして、守り女(まもりめ)などつけさせ給ひて、忍びにも通はずなりに

ければよみ侍りける>

 

岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(593)

うーん…このは、『百人一首』の中でも屈指の秀歌と言われます。歌人ではない道雅

が、悲恋に苦しみ歴史の中に輝く秀歌を残しました。

和歌というのは、こうした秘めた想いを謳(うた)い上げるのに、非常に優れた文学なので

しょうか。(いにしえ)の王朝の恋の風景ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(594)

比較的長い詞書(ことばがき)があるように、この歌深い事情があります…

第67代/三条天皇が…政治的立場健康上の理由譲位されたのは1016年(長和

5年)です。御代替(みよが)わりとなれば、伊勢斎宮(いせさいぐう/伊勢神宮に奉仕した斎王の御所。

平安時代以降は、賀茂神社の斎王(斎院)と区別するため、斎王のことも指しました。)お代わりになります。

前・斎宮は…三条天皇娍子(せいし)皇后皇女/当子(とうし)内親王です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(595)

当子内親王は…

10歳斎宮となられて神に仕え5年の間清らかな暮らしを過されて来ました。その

斎宮の任を解かれ、伊勢から帰京された内親王は、涼やかな美少女に成人されていま

した。譲位された三条院皇后も、この姫宮深い想いで迎えられました。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1左京大夫道雅

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(596)

そして…

その翌年春頃から…不思議な噂が広がりました。清らかな花の様な16歳の姫

に、三位中将(さんみのちゅうじょう)・道雅が通っているというです。

藤原道雅は…中関白家(なかの・かんぱくけ/藤原北家の中の・・・平安時代中期の関白・藤原道隆を祖とす

る一族)嫡男ですが、父/伊周失脚してからは、政治生命が絶たれています。

(★ 父/伊周の失脚・・・伊周は8歳年上の叔父/道長ら3人の先任者を飛び越えて内大臣に昇進。伊周の後任の権

大納言は3歳上の異母兄/道頼に譲るという強引な伊周への官位引き上げは、一条天皇の生母東三条院詮子(道隆

の妹)をはじめとして朝野上下の不満を募らせた。

道隆が薨去後・・・人々の伊周への反発を招き、道長の政権奪取の素地を作りました・・・)



 9月 7日

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(597)

道長一族全盛の世で…道雅出世を断絶さたれた、悲運貴公子でした。

一方、皇女というのは…原則独身生涯を終える事になっていた様です。『源氏物

語』にも、<内親王だから、独身でいらっしゃればよかったのに>と、嘆いている下

りがある様ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(598)

うーん…内親王として宮殿に留まり…子を産むこともできたのでしょうか。そうだとした

ら、その方が楽ですよね。

『小倉百人一首』編者/藤原定家が密かに想いを寄せたのも、式子(しきし)内親王

言われていますよね。文献によれば、内親王家というような言葉もあり、女主(おんなある

じ)の家を形成していた様ですね。

(★ 定家の父/歌人/藤原俊成(ふじわらの・しゅんぜい)も定家も・・・この内親王家に出入りしていた様子です。式子

内親王の依頼で、歌論書/『古来風体抄』(こらいふうていしょう)を執筆し、定家もこれを手伝っていた様です・・・)

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(599)

あ、でも…

自由恋愛などは以ての外(もってのほか)だった様ですね。結婚望むのであれば、天皇

適当な相手を選び、皇室から降嫁(こうか)せしめられました。天皇身内ともなれば、

大騒動火種にもなるからです。

それで…内親王として、宮廷内で、大人しくしているのであれば…めでたし、という事

ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(600)

さあ…当子内親王不思議に戻りますが…

皇后心配され、ついに三条院お耳にも入ります。御立腹され、内親王のおそ

ばに<守り女>をお付けになります。

これで…道雅忍んで逢うことも、かなわなくなります。世間では、益々広がりま



 9月 8日

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(601)

三条上皇処置に対し、道雅同情する人々もありました。

『伊勢物語』で、在五中将(ざいごちゅうじょう)・在原業平(ありわらの・なりひら/平安時代初期のスーパー

スター・・『伊勢物語 - 第6段/芥川』 で、二条の后/高子姫との逃避行も有名です。)が、伊勢斎宮忍び逢

ったという話もあるではないか。しかも、当子内親王はすでに、斎宮を下りられているで

はないかと…

でも…三条院お怒り解けませんでした。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1   左京大夫道雅     

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(602)

皇后も、ご兄弟の宮々も…姫宮のご様子に接しられ、大変お苦しみになられます…

そして、道雅も苦しんだわけですね。どんなにしても、もう高貴な恋人には、二度近づ

くことがかないません。そこで、わずかな風の便りにことづけて、姫宮を贈ります。



 9月 9日

岡田健吉‏@zu5kokd1      

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(603)

★ 榊葉(さかきは)の ゆふしでかげの そのかみに 押し返しても 似たる頃かな


  < あなたが神々に仕えられていた頃…

       榊(さかき)の葉の木綿四手(ゆうしで/木綿をたらすこと)で、清らかに護られて…

             俗人は近付けなかったように…

                   今のあなたも、やはり近付けないのですね… >


岡田健吉‏@zu5kokd1      

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(604)

このも…

『後拾遺集 - 巻13/恋』にあるのですが…他にも何首か道雅の歌が載っています。

悲運の貴公子/道雅は…にもある様に…諦めるにせよ、せめてもう一度逢って

自分の気持ちを伝えておきたい…という思いが深かった様ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1     

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(605)

ええと…もう1首…紹介します。


★ 陸奥
(みちのく)の 緒絶(をだ)えの橋や これならむ

                 踏みみ踏まずみ 心惑(こころまど)はす


  < 陸奥の…

       緒絶えの橋というのは、これなのか…

             踏み渡ったり、踏み渡らなかったり…

                   (文を頂いたり、頂けなかったり…)

                          思い乱れています… >


岡田健吉‏@zu5kokd1      

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(606)

道雅は…このを密かに、姫君御所高欄(こうらん)に結び付けてきました。そしてこ

に、『小倉百人一首』で採られた…


★ 今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな


…のが添えられていました。道雅(こ)がれる恋心が…古の彼方(いにしえのかなた)

から、(しの)ばれます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1      

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(607)

『栄華物語』(えいがものがたり/・・・平安時代後期の歴史物語。『大鏡』男性官人の観点を貫くのに対し・・・

年体の体裁をとる『栄花物語』女性の手になるため・・・構造や行文には、『源氏物語』などの女流文学の投影が色濃

く見える様です。)によると…

当子内親王悲しみも、また深く…その年の秋17歳で髪を下ろしになられます。

斎宮(さいぐう/伊勢斎宮)になるのもヘンかも知れませんが、斎宮に戻るわけにもいき

ません。

天皇家では…第40代/天武天皇<国づくり>より、神道仏道非常に近かった

という事が分かりますよね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1      

                          左京大夫道雅/百人一首図会  版本

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(608)

清らかな花の様な当子内親王は…になられた後…やがて、若くして亡くなられます。

一方、道雅三条院勘当もあり…道長の権勢の下では栄達も絶たれ…<荒三位>

(あらさんみ)<悪三位>(あくさんみ)と呼ばれる程に、素行が荒れ狂ったと言います。

この結末を聞けば…人々若い2人贔屓(ひいき)し、周囲が苦しまれた事情も分かり

ます…」

(★/道雅は・・・一方で和歌は巧みであり、中古三十六歌仙の1人としても知られています。うーん・・・若い頃は、歌人

ではなかったのかも知れませんが・・・『後拾遺和歌集』に5首、『詞花和歌集』に2首と、勅撰和歌集に合わせて7首が

入集されていますから、和歌での功績は大きいですよね。晩年は、出家の直後に薨(こう)じています。これは当子内親

王と似ているかも知れませんね。)



 9月 14日

岡田健吉‏@zu5kokd1 権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(609)

【64番 → 権中納言定頼】(ごんちゅうなごん・さだより/平安時代中期の公家・歌人。権大納言・藤原公任

                        の長男中古三十六歌仙の1人。 少し軽薄な性格であったようで、小式部内侍

                        にやり込められた逸話が残っています。相模や大弐三位などと関係を持った。音

                        楽・読経・書の名手であり、容姿も優れていた様ですが・・・病のため出家します。)


★ 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々(せせ)の網代木
(あじろぎ)


  < 朝ぼらけの頃… 

                    空が徐々に明るくなり…

               宇治川の川面の朝霧も薄らぐ…

             切れ切れの霧の間から…

                   瀬々に打ち込まれた…

                         網代木が見えて来る… >


岡田健吉‏@zu5kokd1 権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(610)

この歌は…『千載集 - 巻6/冬』に、<宇治にまかりて侍りける時よめる>として、

載っています。

歌の背景には…『万葉集』柿本人麿があると言われています。そのとは…


★ もののふの 八十
(やそ)宇治川の 網代木に いさよふ浪の ゆくへ知らずも


岡田健吉‏@zu5kokd1 権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(611)

  < 宇治川の…

                      網代木に漂う波のように…

                 行く末が分からないことだなあ … >



<網代木
(あじろぎ)…まず<網代>は、湖や川
(しば)を細かく立て並べ、

(す)の中へ誘い込んで採る仕掛けです。そして、<網代木>とは…網代に用いる

(くい)のことです。もののふとは…物部で、文武官人のこと。<八十(やそ)

は…数が多いことですね。

つまり、柿本人麿は…朝廷に仕えた多くの官人たちは、<いさよふ浪>の様に消え、

その行方も分からない、と詠んでいます。



 9月 15日

岡田健吉‏@zu5kokd1  権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(612)

うーん…

冬の早朝・・・川面の霧が流れ・・・所々に網代木がほの見える・・・

(りん)とした美しい情景歌ですね。宇治川は、琵琶湖から流れ出ている唯一の河川

で、瀬田川・宇治川・淀川と名前を変えて、大阪湾に注ぐ一級河川です。網代氷魚

(ひお、ひうお/アユの稚魚。 体長2、3センチで、体が半透明で氷のようなのでこの名があります。 秋から冬にかけて、

琵琶湖でとれるものが有名です。)を採るのは冬の宇治川景観とか…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(613)

の作者…権中納言定頼/藤原定頼は…<四納言(しなごん/第66代/一条天皇の時代に活

躍した4人の公卿で、藤原道長の政権を支えた。)1人/藤原公任(ふじわらの・きんとう/三十六歌仙

元となった『三十六人撰』は公任の撰による。長男です。和泉式部1人娘/小式部内侍を、か

らかいに出かけ…


★ 大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立
 

                                                 【60番 → 小式部内侍】


…と即座に切り返され、を抱えて逃げた貴公子ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(614)

この、軽薄貴公子が…こんな歌も詠むわけです。公任(きんとう)血を引くのですから

当然かも知れませんが、軽薄さ引き継いだ(公任も、子の無い妹の件で・・・“お妹さんの素腹の后は

お元気なの”と、痛烈なしっぺ返しを受けています様です。

でも、こんな人間がいるから、世の中は楽しいのかも知れませんね。定頼は、小式部

内侍にも惚れたフシがあり、紫式部1人娘/大弐三位(だいにの・さんみ)とも浮名があり

ます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  権中納言定頼

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(615)

少年の頃から…

定頼才気溢れる歌人だった様です。でも、軽薄性も併(あわせ)せ持っていて、若い頃

暴力沙汰でしくじり、第67代/三条天皇逆鱗(げきりん)にも触れています。度々(た

びたび)お役目も取り上げられている様で、ズボラでもあった様ですね。でも、こんな美し

い情景歌も詠むわけです…」



 9月 23日

岡田健吉‏@zu5kokd1相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(616)

【65番 → 相模(さがみ)中古三十六歌仙、女房三十六歌仙の1人。実父は不詳で、摂津源氏・但馬守頼光

                     の養女。母は能登守慶滋保章の娘。)


★ 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋にくちなむ 名こそ惜しけれ



  < あなたのつれなさを、恨んでは思い悩み…

        私の衣の袖は乾く間さえもない…

              ああ、その上に、恋の痴れ者と…

                     世に指差して、嗤(わら)われる…

                             我が名が、惜しいのです… >


岡田健吉‏@zu5kokd1相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(617)

「このは…『後拾遺集 - 巻14/恋』 に…<永承6年 内裏歌合に >として載って

います。

まず、このは…若い小娘の歌ではなく、堂々たる貫禄の漂う女性の、恋の歌です。

相模(さがみ)は、平安王朝末期女流歌人で、女性的貫禄を持つ、知的美人だった

様です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(618)

戦いに没頭する無心の、男性の魅力の様に…

宮廷の様な所では…﨟長けた(ろうたけた/・・・主に女性が、洗練されて美しくなること)上に…恋に脆

(もろ)相模(さがみ)の様な女性も居るわけですね。

彼女は…紫式部清少納言が活躍していた頃は、まだ幼女・童女だった様です。

源頼光(/摂津源氏で、但馬守頼光。彼女は養女だった様です)は、能登守/慶滋保章(よししげの・

やすあきら)と言われます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(619)

相模母方慶滋(よししげ)は、詩文に長じた家柄です。

父/頼光は…驍勇(ぎょうゆう/強く勇ましいこと)で鳴る武人で、政界にも顔のきく大富豪

土御門邸(つちみかどてい/土御門殿(つちみかどどの)・・・藤原道長の邸宅の1つ。)新築した時に

は、当代一流家具一切を、新調して献上した程の大金持です。つまり相模は、その

大富豪の家で、何の不自由なく育った、お姫様ですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(620)

そんなが、第69代/後朱雀天皇皇女/祐子内親王家(ゆうし・ないしんのうけ)女房

して出仕し、若い時から歌人として有名でした。

相模守(さがみのかみ)/大江公資(おおえの・きんすけ)結婚し、任地の相模(北東部をのぞく、神奈

川県の大部分)にも下った様です。相模の呼び名は、ここから来ています。公資歌人で、

仲が良かったのですが、後に離婚します。

(/公資が現地の女と懇(ねんご)ろになり・・・、彼女は悩み、百首の歌に詠んで、伊豆走湯権現の社頭に埋めた・・・と

か。)

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(621)

その後…中納言/定頼(/四納言の藤原公任の長男。和泉式部の1人娘/小式部内侍に、しっぺ返しを食ら

った・・・【60番 → 小式部内侍】・・・貴公子で歌人です。)をはじめ、多くの恋愛遍歴を重ねた様です。

そして、再び祐子内親王家に仕え、多くの歌合に出て、勅撰集にも多く(と)られてい

ます。

うーん…環境・才能に恵まれ、恋の荒波も超え、自由堂々と、生きた女性ですよね。

でも…この貫禄も、研鑽(けんさん/(学問などを)みがき深めること)努力賜物(たまもの)です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(622)

さて…詞書(ことばがき)の…<永承6年 内裏歌合(だいり・うたあわせ)に>ですが…

『栄華物語』 によれば…

第70代/後冷泉天皇永承6年5月5日、久々に大がかりな歌合が催されました。

白左大臣頼通(よりみち)後見し、若き27歳帝を中心に…中宮・皇后・女房、そして

殿上人(てんじょうびと/五位以上の人、および六位の蔵人(くろうど)で殿上にのぼることを許された人。)たちが

流れて…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 相模

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(623)

…それはまるで、1世紀前<天徳4年の歌合(/天徳4年3月30日(/960年4月28日)・・・

第62代/村上天皇によって行われた歌合。その典雅さなどにおいて、後世の歌合の手本となった。)を見る様

だったと言います。そして、この歌合は、平安王朝落日も近く、王朝としての最後の

輝きともなった様です。

この時…相模50代半ばでした。女流歌人としての貫禄も有り、源経俊と番(つ

が)えられて、勝っている様です…」



 10月 1日

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                             大僧正行尊/・・・前大僧正行尊 坊主

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(624)

【66番 → 大僧正行尊】 (だいそうじょう・ぎょうそん/平安時代後期の天台宗の僧・歌人。平等院大僧正とも呼

                      ばれる。父は参議/源基平。園城寺(三井寺)の明尊の下で出家、頼豪(らいごう)

                      ら密教を学び、覚円から灌頂(がんじょう)を受けた。大峰山・葛城山・熊野などで修行し

                      て、修験者として知られた人です。)


★ もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし



  <もろともに…

        愛しいと思っておくれ、山桜よ…

              この深い山奥では、桜の花の他に…

                     知り合いもおらず…

                           互いに、ただ独りなのだから…>

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 

                                                              大僧正行尊/・・・前大僧正行尊 坊主

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(625)

「このは…『金葉集 - 巻9/雑』 に、詞書(ことばがき)に…

<大峰にておもひかけず桜の花の咲きたりけるをみてよめる 僧正行尊>

…として載っています。

大峰山とは…大和/吉野(/奈良県)主峰(/吉野熊野国立公園に含まれ・・・【紀伊山地の霊場と参

詣道】として、世界遺産に登録されています。)ですよね。ここは知る人ぞ知る修験道(しゅげんどう)

聖地現在女人禁制(にょにんきんせい/女性の立入りを禁じ、男性主体の修行や参拝に限定する事。)

を貫いている所です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  

                                                         大僧正行尊/・・・前大僧正行尊 坊主

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(626)

行尊は…この山中厳しい修行中に、ふと、ひっそり可憐に咲く山桜の花に出逢っ

たのでしょう。

桜の花といえば、西行法師かと思ますが、西行行尊よりも半世紀以上後の

です。

(★ 西行法師

・・・平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人です。北面の武士でしたが、出家して僧侶になった人

です。

『吾妻鏡/東鑑』(あずまかがみ/ 平安時代末期から鎌倉時代中期までの、歴史の推移を叙述した歴史書の1つ )

よれば・・・東大寺再建の勧進(かんじん/浄財の寄付を求める。)を奥州藤原氏に行うため、2度目の奥州への旅の途

上・・・たまたま鎌倉の鶴岡八幡宮の境内で、源頼朝に声をかけられ、鎌倉御所に招かれて対談しています。褒美に銀

作りの猫をもらいますが、すぐに近所で遊んでいた子供にくれたことが、『吾妻鏡』に記されています。そして、それから、

まもなく頼朝に滅ぼされる、大戦前夜の奥州・平泉へ、珍客として参上し・・・都から来た遠い親戚筋の者・・・として歓待

されています。源義経の、その後の静御前の動静も、届けられたのでしょうか・・・)

うーん…行尊は…

俗世(ぞくせ)を捨てた厳しい修行中にあって…なおも可憐な花に、<熱い血が残る・・・

我身>なのでしょうか…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                            大僧正行尊 (京都時雨亭所蔵)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(627)

行尊は…第67代/三条天皇皇子(みこ)である、小一条院敦明(こいちじょういん・あつあき

ら)・親王孫にあたる人です。敦明親王は、第68代/後一条天皇御代(みよ)

太子ですが、藤原道長圧迫があり、辞して小一条院(こいちじょういん)となられます。そ

悲運親王の子/参議・源基平(みなもとの・もとひら)3男が、行尊と言われます…



 10月 2日

岡田健吉‏@zu5kokd1 

                                                            大僧正行尊 (京都時雨亭所蔵)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(628)

行尊10歳を失い、12歳の時、近江園城寺(おんじょうじ/三井寺(みいでら)・・・滋賀県

大津市にある、天台寺門宗の総本山。)出家します。そして17歳で寺を出、諸国を巡る修行

始めました。

山伏修験者(やまぶし・しゅげんじゃ)として(ほま)れ高く様々な逸話(いつわ)に飾られた人

です。また、白河・鳥羽・崇徳(すとく)天皇護持僧(ごじそう)として、朝野(ちょうや/朝廷と

在野)尊崇(そんすう)(あつ)かった…と言われます。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                            大僧正行尊 (京都時雨亭所蔵)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(629)

行尊は…後に延暦寺(えんりゃくじ/・・・天台宗・総本山比叡山延暦寺の事。滋賀県大津市坂本本町にあ

り、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。比叡山、または叡山と呼ばれることが多い。平安京の北にあった

北嶺とも称された。)座主(ざす/大寺を統括する首席の僧職・・・天台座主)/大僧正(だいそうじょう/僧

の最高の位)となっています。

あ…護持僧(ごじそう)というのは、加持祈祷(かじきとう)によって災難(いや)し、

(はら)ものです。

うーん…

大峰山(おおみねさん/奈良県の南部にある山。現在では広義には大峰山脈を・・・狭義には山上ヶ岳(さんじょうが

たけ)をさします。)の修験道(しゅげんどう/山へ籠もって厳しい修行を行うことにより、悟りを得ることを目的とする

日本古来の山岳信仰が、仏教に取り入れられた、日本独特の混交宗教(/様々なものが入りまじった宗教)です。

験宗とも言います。修験道の実践者を修験者または山伏と言います。)というのは、ずいぶん古くからある

様ですね。

仏教公伝(ぶっきょうこうでん/国家間の公的な交渉として仏教が伝えられたことを指します。上代の日本において

は、6世紀半ばの第29代/欽明天皇期において、百済から倭(古代日本)への仏教公伝のことを指すのが一般的。)

以前大陸交流で、密教(みっきょう/秘密の教え・・・秘密仏教。日本では、空海を開祖とする真言宗の東密

や、天台宗での台密がある。)陰陽道(おんみょうどう/太古に発生した中国の民間信仰。天の動きと人の世の動

きには、関係があるという思想に立ち、万事に吉凶を天文の変化から予知し、これによってどう対処してゆくかを決めるも

の・・・とか・・・。)日本に入ってきて…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                            大僧正行尊 (京都時雨亭所蔵)

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(630)

…これが、日本古来民族宗教融合し、修験道を作り上げた様ですね。

修験道は…燃焼度の高い荒行(あらぎょう)で知られ、山を疾駆(しっく)断崖絶壁を覗

(のぞ)き、体力の限界の苦行を、一定期間続けます。

行尊は…その苦行の中で、ふと、桜の花に出逢い、覚醒(かくせい)するものが、あった

のでしょうか。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                         行尊/・・・ 画・菱川師宣  国立国会図書館蔵

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(631)

限界的な苦行の中にあり…<なお・・・可憐な桜の花に心を動かす・・・ゆとり>

は、行尊力量を示すものですよね…

この山伏修行聖地は…女人禁制(にょにんきんせい/女性に対して社寺や霊場、祭場などへの立入

りを禁じ、男性主体の修行や参拝に限定する事。)の上に、(まい)る人入山に先立ち精進潔斎

(しょうじん・けっさい/肉食を断ち、行いを慎んで身を清める事。)しなければなりません。王朝の頃は、

三七日(さんしちにち/21日間)・五十日・百日精進(しょうじん/身を清め、行いを慎む事。)した様

す。



 10月 3日

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                        行尊/・・・  画・菱川師宣  国立国会図書館蔵

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(632)

紫式部夫/藤原宣孝(ふじわらの・のぶたか)は…蔵人(くろうど/天皇の秘書的役割。蔵人所は事

務を行う場所のことで、内裏校書殿の北部に置かれました。)(けん)左衛門尉(さえもんの・じょう/左衛門府

の判官)優秀ですが、派手好き伊達男(だておとこ)です。この御嶽詣り(みたけまいり/大峰

山に入ることをいう。その前に精進潔斎することを、“御嶽精進”と言います。に、規定粗末な白衣をまと

わず、派手に着飾って行って、世間ビックリさせました。人々はバチが当たると思っ

ていたら、昇進したから、二度ビックリしたと言います。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                      行尊/・・・ 画・菱川師宣  国立国会図書館蔵

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(633)

いずれの時代にも、こうした物見湯山的(やから)はいるものですね…

でも…修験者(しゅげんしゃ)巌窟(がんくつ/岩の洞穴)に寝て葛布(くずふ/葛の繊維で作った布。

耐水性があり、雨具・ふすまはりなどに使う。)を着、を喰らい、水垢離(みずごり/神仏に祈願するため、

冷水を浴びて体のけがれを去り、清浄にすること。)をとって欲界の垢(よくかいのあか)をそそぐ者共で

す。

行尊も、こうした苦行真摯(しんし/まじめで、ひたむきなさま。)に対峙する修行者でした。だ

からこそ、延暦寺座主ともなったわけですね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                        行尊/・・・  画・菱川師宣  国立国会図書館蔵

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(634)

そんな大僧正の…<若き苦行時代の歌>と見ると…格別な思いが湧きますよね…

芭蕉『奥の細道/羽黒山』(はぐろさん/山形県鶴岡市にある山。出羽三山の主峰/月山の、北西山麓

に位置する丘陵です。修験道を中心とした山岳信仰の山として知られます。)で…

<春を忘れぬ遅桜(おそざくら)を見て、行尊を偲んでいます…

<行尊僧正の歌のあはれもここに思ひ出でて、なほまさりておぼゆ>

ともかく…解脱者/行尊清々しい歌ですね…」

                               ★ ・・・・・<『奥の細道』/羽黒山・・・は、こちらへどうぞ



 10月 6日

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(635)

【67番 → 周防内侍】 (すおうないし/平安時代後期の歌人。女房三十六歌仙の1人。本名は平仲子(たい

                    らの・ちゅうし)。掌侍/正五位下。父は桓武平氏の周防守/従五位上/平棟仲。母

                    は加賀守/従五位下/源正軄の女で、後冷泉院の女房となり小馬内侍と呼ばれた

                    者、と言われます。)

                    ★ 掌侍(ないしのじょう)・・・とは律令制における女官の1つ。本来は内侍司の判官

                       でしたが、後に尚侍・典侍とともに後宮全体の実務を取り仕切る立場になりました。

                      掌侍の第一臈(上首)を特に勾当内侍(こうとうのないし)と称しました。



★ 春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ


  < 春の夜の…

        夢のようにはかない…

              お戯れの手枕のせいで…

           浮き名が立ってしまったら…

                 口惜しいではありませんか…

                        ホホホ…イヤねえ… >

 

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(636)

「このは…『千載集 - 巻16/雑』にあり、詞書この時の様子が紹介されています…

< 陰暦2月頃の月の明るい夜・・・関白教通(かんぱく・のりみち)の邸(やしき)に女房たち

が集まり、夜通し語り明かしていた時でした。周防内侍が、ふと横になろうとして

・・・「枕がほしいわね」・・・と呟きました。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(637)

・・・それを耳にした大納言忠家(だいなごん・ただいえ)が・・・「これを、枕にどうぞ」・・・と

御簾の下から自分の腕を差し入れました。そこで周防内侍が、この歌を詠んで返

したものです>

当意即妙(とういそくみょう/すばやくその場面に適応して機転をきかすこと。)が光るですね。現代なら

セクハラ沙汰(ざた・さた/人々の口にのぼるような、事件・行為)ですが、笑いさざめく声と、

の高い機知(きち/その場でとっさに働く智慧)に、感嘆の声に包まれたのでしょうか…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(638)

うーん…

このは、<かいな>甲斐なくと、腕のかいなを掛けていますよね。流麗な調べで、

言葉も美しく男の冗談見事に受け流していて…しかも、座を白けさせていません。

【65番 → 相模】 は、臈長けた(ろうたけた/洗練されていて美しいこと、様々な苦労や経験をして成熟し

ていること)を感じますが…周防内侍中々のものですね…



 10月 7日

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(639)

さて…

見事、ボールを投げ返された大納言忠家は、どう(さば)いたのか?ここでコケたり、

式部内侍に袖を掴まれ(/【60番 → 小式部内侍】逃げ出し定頼の様では、女性1本

取られてしまいます。大納言忠家は…


★ 契りありて 春の夜ふかき 手枕(たまくら)を いかがかひなき 夢になすべき



…と返歌を返しました。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(640)

  < 前世からの…

        深いご縁があるのに…

              この春の夜更けの手枕を…

                     何故、無意味で儚(はかな)い夢に…

                  終わらせられるでしょうか…

                         私は、真剣ですよ…真剣… >


うーん…

大納言忠家も、それなりに上手返歌を返していますね。でも、やはり、取って付けた

がありますよね…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(641)

周防内侍平安時代・後期11世紀末~12世紀初め頃の人です。桓武平氏(か

んむ・へいし/第50代/桓武天皇の系統で臣籍降下(しんせきこうか)により平姓を賜った一族です。 平氏の由来は桓

武天皇が築いた平安京にちなむとする説が有力です。桓武天皇から1000年にわたり、日本の都は平安京におかれま

す。明治維新の時、天皇が動座して江戸に移り、東京となります。)周防守/平棟仲(たいらの・むねなか)

加賀守/源正軄(/?)の娘です。

後に…<源平の合戦>を引き起こす平氏源氏武家流れが、まだこの様な関係

にあったわけですね。彼女双方の血を引いています。

(★ 源氏は・・・

   桓武天皇の第2皇子で第52代/嵯峨天皇の系統から臣籍降下した嵯峨源氏や・・・第56代/清和天皇の系統か

   ら臣籍降下した清和源氏を含め、21の流派があるとされます。)



 10月15日

岡田健吉‏@zu5kokd1周防内侍 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(642)

「ええ…」響子が言った。「ちなみに…

彼女宮廷での呼名/周防内侍(すおうないし)は、父/平棟仲(たいらの・むねなか)周防守

(すおうのかみ/・・・周防国は、現在の山口県の東南半分)だったからですね。

周防内侍王朝末期紫式部1人娘/大弐三位乳母となった第70代/後冷泉

天皇第72代/白河天皇第73代/堀河天皇に仕えた様ですね…」

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(643)

【68番 → 三条院】  (さんじょういん/第67代天皇・・・第63代/冷泉天皇の第2皇子。冷泉天皇が弟・守平親

                  王(円融天皇)に譲位してから7年後、冷泉上皇と、女御藤原超子の間に生まれました。

                  超子の父は、当時、正三位権大納言であった藤原兼家。7歳で母を失い、父帝・冷泉上皇

                  は精神病を患っていたため、その後見は薄弱でした。一方、外祖父/藤原兼家に容姿が酷

                  似し、風格があったといい、兼家の寵愛を受けて育ったことが・・・『大鏡』に記されています。)


★ 心にも あらでうき世に ながらへば 恋しかるべき 夜半の月かな



  < 心ならずも…

         はかなきこの現世で…

                もしも生きながらえたなら…

            今宵の夜半の月は…

                   恋しく思い出されるに違いない…

                          もう目の見えなくなった…この身には… >



 10月16日

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(644)

「このは…『後拾遺集 - 巻15/雑』に…

<例ならずおはしまして、位など去らむとおぼしめしけるころ、月のあかかりける

を御覧じて>

…として載っています。はお身体の具合が悪く退位を決意された頃、月の明るい

を御覧になられて、詠まれました。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(645)

薄れゆく視力に、夜半(よわ)の月美しかったのでしょう。

三条院第67代/三条天皇は、お気の毒な方でした。4年間の在位の間に、内裏(だ

いり)2度も炎上しています。

健康もすぐれず目を病み、その上…時の権力者/道長との関係も、円滑を欠いてい

ご様子です…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(646)

権力者/道長は…

自分の孫先帝の皇子を、1日も早く即位させるべく、<早く退位すればよい>…と

言わんばかりの仕打です。

廷臣道長の顔色を伺う有様であり、帝の立場がありません。お目を悪くされた帝は、

幼い皇女お髪(おぐし)を撫でつつ月を眺め落涙されます…



 10月17日

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(647)

今…三条院視界から、全てが薄れ消えようとしています。そして…

<心にも あらでうき世に ながらへば・・・>

…と失意の中で、静かに詠まれます。

この詠まれて…1月後に、退位翌年崩御(ほうぎょ/天皇・皇后・皇太后・太皇太后が死ぬこ

との尊敬語。)されました。御製歌(ぎょせいか/・・・御製とは、天皇・皇族の作った詩文や和歌。現在では、特に

天皇のものに限定されています。)は、三条院人間性が溢れていますよね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 三条院 

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(648)

うーん…

<心にも あらでうき世に ながらへば・・・>ですか…

三条院本当のお気持ちは分かりませんが…分かる部分もあります。などは、逆の

意味ですが…《当HP/企画担当》仕事も、思いの外、上手くいったと思っています

し…もう、あまり思い残す事も無いという意味で…交錯します。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1

                               三条天皇北山陵

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(649)

私自身は…ふわふわと生き長らえていますが…それも良し、としています。

うーん…さて…

三条院第1皇子/小一条院(こいちじょういん/敦明親王(あつあきらしんのう)は…皇太子であら

れましたが、道長の圧迫に堪(た)えかねて辞退されます。かくして、道長の孫に当たる

2皇子が、続けて皇位に就くことになります。

(★ 敦明親王(あつあきらしんのう)は・・・

自ら皇太子廃位を願い出ました。これにより、寛仁元年(1017年)8月9日に皇太子を辞退、同25日に道長の計らいで、

小一条院の尊号が贈られ、いわゆる准太上天皇(じゅん・だいじょうてんのう/・・・太上天皇(/上皇)に准じた待遇)とし

ての処遇を得ます。また、道長の娘/寛子(母・源明子)を妃に迎えます。更に家司として受領・随身を受け、親王所生の

子供達が三条天皇の猶子の資格として、二世王でありながら親王宣下を受けるなど、破格の待遇を受けます。

一方・・・親王に捨てられる形となった妻・延子は、悲しみの余りに寛仁3年(1019年)に急死し、続いてその父親の左

大臣藤原顕光も、治安元年(1021年)失意のうちに病死します。顕光父娘はその後、怨霊となって道長一族に祟った

されます。)



 10月19日

岡田健吉‏@zu5kokd1    

                                                                 『紫式部日記絵巻』 に描かれた土御門殿釣殿に立つ藤原道長

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(650)

第67代/三条天皇(/父親は第63代・冷泉天皇)退位に追い込み、皇太子/敦明(あつあきら)

親王辞退させ…

第68代/後一条天皇8歳即位します。第66代/一条天皇第2皇子

道長の娘/中宮彰子です。紫式部和泉式部赤染衛門伊勢大輔が仕え…清少納

が仕えた中宮定子が、亡くなる経緯があります。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1           

                                                             『紫式部日記絵巻』の旧森川家本 ・・・藤原道長

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(651)

道長摂政となり、歴史的な権勢を振るいます。

              

                               (上の画の全体) ・・・ 旧森川家本第五段(個人蔵)

       几帳(きちょう/室内の仕切りに立てた道具)のかげに隠れていたところを道長に見つかり、祝いの和歌を詠

       むように迫られる、紫式部と宰相の君。
 

幼い天皇に…道長の娘/叔母にあたる威子(いし、たけこ)中宮として入ります。天皇の

外戚の地位藤原氏御堂流(ふじわらし・みどうりゅう/ 中臣氏→ 藤原氏→ 藤原北家→ 九条流→ 御堂流)

以外に渡すまいと…他に妃は入れず(/当時としてい異例)内親王2人のみをもうけ、皇子

には恵まれませんでした。そして後一条天皇は、29歳の若さで崩御します。



 10月27日

岡田健吉‏@zu5kokd1           

                                                              ネットより、写真借用

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(652)

さあ…

後一条天皇には皇子がなく…実弟第69代/後朱雀天皇即位します。一条天皇の

第3皇子道長の娘/中宮彰子です。

後朱雀帝の後は…第1皇子第70台/後冷泉天皇即位します。道長の娘/

中宮嬉子乳母紫式部1人娘/大弐三位(だいにの・さんみ)です…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1           

                                                              ネットより、写真借用

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(653)

でも…

藤原系皇子は、ここで、後を絶ちます。道長は既(すで)この世にはなく、その子/頼

(よりみち)世代になっています。

その…

頼通内裏(だいり)に入れた藤原系の姫達は、いずれも皇子を産むことができなかった

のです。こだわりにこだわった…その運命的・反動が来たのでしょうか…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1      

                                                                   後三条天皇   /画像はパブリックドメイン=著作権フリー

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(654)

ついに…第2皇子皇統を継ぎます。

その第2皇子母君こそが…あの三条天皇鍾愛(しょうあい/あつく寵愛(ちょうあい)すること()し、

お髪(おぐし)を撫でながら月を眺め、このを詠まれた姫君/禎子(ていし)内親王その人

だったのです。

つまり三条院・女系孫宮(まごみや)が…帝位に即かれます。英明の聞こえ高い、第71

代/後三条天皇であり…その名継がれています。



 10月28日

岡田健吉‏@zu5kokd1

                                                      太陽神である天照大神が隠れ、世界が真っ暗になった岩戸隠れ伝説の舞台

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(655)

道長は…

次々と内裏に入れ、外孫2皇子続けて帝位に即(つ)けて…


★ この世をば わが世とぞ思ふ 望月
(もちづき)の 欠けたることも なしと思へば


…と…三条院の歌とは対称的な、傲慢(ごうまん)な歌を詠んでいます。でも、人智を超え

高天原(たかまがはら、たかあまはら、たかあまのはら/・・・『古事記』に含まれる日本神話および祝詞(のりと、

しゅくし)において、天津神(あまつかみ)が住んでいるとされた場所のことで、有名な岩戸の段(/天の岩戸)も、高天原

が舞台です。)で、<天の采配>があった様ですね…」


★ 天津神(あまつかみ)国津神(くにつかみ)

大国主(おおくにぬし/“国譲りの神”とも呼ばれる。出雲大社の祭神。)など、天孫降臨以前からこの国土を治めていた

とされる土着の神(地神)を、“国津神”・・・

天照大神(あまてらす・おおみかみ/日本神話に登場する神。皇室の祖神で、日本民族の総氏神とされています。)など

がいる高天原の神を、“天津神”といいます。)



 10月30日

岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(656)

【69番 → 能因法師】 (のういんほうし/平安時代中期の僧侶・歌人。俗名は橘永愷(たちばなの・ながやす)

                    法名は初めは融因。近江守・橘忠望の子で、兄の肥後守・橘元愷の猶子となった。子に

                    橘元任がいる。中古三十六歌仙の1人

                    甲斐国や陸奥国などを旅し、多くの歌を残しています。『後拾遺集』に31首の他、勅撰

                    和歌集に67首が入集しています。歌集に『能因集』があり、ほかに私撰集/『玄々集』

                 歌学書/『能因歌枕』があります。)


★ 嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり



  < 山風が吹いている…

        三室山の紅葉…

             それが吹き散らされて…

                   竜田川の水面は…

                         錦のように絢爛(けんらん)たる美しさだ… >


岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(657)

「このは…『後拾遺集 - 巻5/秋』に…<永承4年(1049年) 内裏歌合によめる>

して載っています。

能因法師には、『古今著聞集』(ここんちょもんじゅう/鎌倉時代の13世紀前半に、伊賀守橘成季によって編纂

された世俗説話集)有名な逸話があります。

能因はある時、歌作に没頭して、我ながら名作と思う歌を得ます…


★ 都をば 霞
(かすみ)とともに たちしかど 秋風ぞ吹く 白河の関


岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(658)

…というものです。

でも、この歌を作ったのではハクがないと思い…長い間家に籠(こも)って人にも会

わず日に当たって黒く日焼けしてから…

<みちのくへ修行に行ったときによみました>

…と披露(ひろう)したと言います。

うーん…気持ちは分かりますが、能因法師ほどの歌人が…こんなウソをつくとは…?

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(659)

画家にも…

野外キャンパスを置いて描く人と、画廊心象風景描く人などもいますから、創作

千差万別です。でも…<創作活動を・・・これほど偽る>というのは、どうなのでしょ

うか?

さて…『小倉百人一首』この歌ですが…

この歌も昔から、地理的矛盾があると指摘されています…



 11月 1日

岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(660)

三室山(みむろやま)竜田川(たつたがわ)とは離れていて、紅葉竜田川へ散るわけがな

と言います。

あ、でも、三室山奈良県明日香村(あすかむら)とする人と、斑鳩町(いかるがちょう)

南備山(かんなびやま)という人と、様々です。竜田川の方も、大和川上流といいますが、

諸説あります。いずれも、紅葉の名所として名高い所です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1 能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(661)

つまり…

ここでも能因法師は、実証的には詠んでいないのです。三室山竜田川というイメージ

から、絵の様な美しい一首を創り上げたのです。

これも芸術であり、すぐれた能因の感性ですよね。でも、<絵の様な>ということで、

この歌評判は、あまり良くない様です。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(662)

うーん…

凡歌(ぼんか/平凡な歌)と見るならば、地理的矛盾から来る弱さは、確かにありますよね。

いずれにしても、この『古今集 - 秋/下』の…


★ 竜田川 もみぢ葉ながる 神奈備(かんなび)の 三室の山に しぐれ降るらし



…を意識している様です。



 11月 2日

岡田健吉‏@zu5kokd1能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(663)

能因には…

『後拾遺集』にもう1首嵐を詠んだ歌があります。

詞書(ことばがき)に…<十月ばかり山里に夜泊りてよめる>として…


★ 神無月 ねざめに聞けば 山里の あらしの声は 木の葉なりける

うーん…『小倉百人一首』では…こっちの歌の方を、採らなかったわけですか…?

 

岡田健吉‏@zu5kokd1能因法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(664)

能因法師永延2年の生まれで、没年は分かりません。ただ永承5年があり、こ

の時は63歳でした。

俗名橘永愷(たちばなの・ながやす)文章生(もんじょうしょう/律令制で、大学寮で詩文・歴史を学ぶ学生)

肥後進士(ひごの・しんじ/・・・初め、文章生に補されて肥後進士と号した。)といいます。

歌人/藤原長能(ふじわらの・ながよし/姉(/母が同じかは不明)に藤原道綱母。姪に菅原孝標女がいる。)

師事し…中古三十六歌仙の1人です。

能因<やらせ(/報道などで、事前に当事者と打ち合わせて事を進めておきながら・・・自然に起きたか

のように装うこと。)もありますが、人々には愛されていた様です…」



 11月 6日

岡田健吉‏@zu5kokd1良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(665)

【70番 → 良暹法師】 (りょうぜん・ほうし/平安時代中期の僧・歌人。生没年不詳。出自・経歴については不

                    明ですが、比叡山の僧で、祇園別当となり、その後大原に隠棲し、晩年は雲林院に住

                    んだといわれています。)


★ さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮



  < 何とはない寂しさが…

          そぞろ、身を噛む秋の夕に…

               たまらなく…

            庵を出て、辺りを見回せば…

                  どこも同じ、もの寂しい…

                        秋の夕暮が広がるばかり… >


岡田健吉‏@zu5kokd1良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(666)

「この歌は…『後拾遺集/秋』に載っています。

うーん…

<秋の夕暮>結句とするは、有名なものが多いと言います。それだけで、深い寂

寥感(せきりょうかん/寂しく、わびしい様子)と、孤独なロマンが漂います。でも、この良暹法師

かなり早くに作られ、『新古今集』 時代の先駆けなのだそうです。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(667)

良暹法師(りょうぜん・ほうし)は…第70代/後冷泉天皇(/紫式部の1人娘・大弐三位が乳母)時代

歌人の様ですが、生没年は不明です。1説では、祇園の別当(べっとう/長官)で、

藤原実方(ふじわらの・さねかた/【51番 → 藤原実方朝臣】・・・第66代/一条天皇の面前で藤原行成と歌に

ついて口論になり、怒った実方が行成の冠を奪って投げ捨てるという事件が発生。天皇の怒りを買い、<歌枕を見てま

いれ>と命じられ、実方は陸奥守に左遷された。藤原公任・源重之・藤原道信などと親しかった。また、清少納言と交

際関係あったとも伝えられる。)の家に仕えた女童(めのわらわ)/白菊といいます。

良暹(りょうぜん)は…

後拾遺集(/『後拾遺和歌集』(ごしゅういわかしゅう)は・・・八代集の第四、『拾遺集』の後継たるべく編まれた

和歌集。勅命は白河天皇、撰者は藤原通俊。)活躍し、詞花集(/『詞花和歌集』(しかわかしゅう)は・・・

八代集の第六にあたる勅撰和歌集。崇徳院が下命、撰者は藤原顕輔や、千載集(/『千載和歌集』(せんざい

わかしゅう)とは・・・平安時代末に編纂された勅撰和歌集『詞花和歌集』の後、『新古今和歌集』の前に撰集され、勅撰

和歌集の第七番目。後白河院より藤原俊成に撰集の院宣が伝達された。『小倉百人一首』の編者/藤原定家も、父/藤

原俊成の編纂の助手を務めた。)にもがある様です。

それらのから…大原(京都市左京区北東部の、比叡山西麓高野川上流部に位置する小規模盆地)雲林

(/京都市北区紫野にある臨済宗の寺院。)にも住んでたと推察されます…


*******************************************************************************

★ 勅撰和歌集 ★

天皇や上皇の命により編集された歌集のことです。古今集に始まり、新続古今集までの

534年間で、21の勅撰和歌集があり、総称して 「二十一代集」 といいます。

三代集 ・・・ ( 1. 古今集  2. 後撰集  3.拾遺集 )

八代集 ・・・ ( 1. 古今集  2. 後撰集  3. 拾遺集  4. 後拾遺集  5. 金葉集  6. 詞花集 

           7. 千載集  8. 新古今集 )         (★ 三代集と八代集は重複しています。)

十三代集

         ( 9. 新勅撰集 10. 続後撰集  11. 続古今集 12. 続拾遺集 13. 新後撰集

          14. 玉葉集 15. 続千載集 16. 続後拾遺集 17. 風雅集 18. 新千載集

          19. 新拾遺集 20. 新後拾遺集 21. 新続古今集 )

    *******************************************************************************


 11月 7日

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(668)

良暹法師(りょうぜん・ほうし)は…単純・素直で、人々の心に受け入れられやすく、日常

の中で愛された様です。歌人としても尊崇されていたらしく、『袋草紙』(ふくろぞうし/平安時

代後期に、藤原清輔(ふじわらの・きよすけ/【84番 → 藤原清輔朝臣】が著した歌論書)に、こんな話があり

ます。

<源俊頼(みなもとの・としより/【74番 → 源俊頼朝臣】/平安時代後期の官人・歌人)が、友人と大原

へ遠乗りに行った時…急に馬を下りた。人々が驚いてわけを聞くと…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(669)

…ここはかって、良暹法師が住んでいた辺りだ。どうして馬に乗ったままでおれよ

う。そんな無礼なことはできない、と言います。皆も感嘆し、馬を下りた。>

…という事です。深く愛されていた様ですね。



さて…<秋の夕暮>結句ですが、この後の『新古今集』(/後鳥羽院の命によって編纂。撰者

は、源通具・六条有家・藤原定家・藤原家隆・飛鳥井雅経・寂蓮の6人が、後鳥羽院の院宣により定められた。)の時

(/あえて言えば・・・『万葉集』は荒々しく・・・『古今集』は中庸・・・『新古今集』は気取っている・・・と評されます

は、一種の流行になります。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(670)

うーん…良暹法師(りょうぜん・ほうし)は、その流行走り(/出回り期の、最初に出るもの)だっ

たという事ですね。

良暹比叡山修行していたのですが、年老いたので下山し、洛北大原(らくほく・おおはら

/京都の北東部で、若狭へ通ずる鯖街道にも近く、周囲をなだらかな山に囲まれた盆地)を結びます。

このは、厳しく賑やかだった比叡を離れ、侘び住い(わびずまい/世間から離れてひっそりと暮

らしていること)一人修行を始めた頃の歌で…無性に寂しかった様ですね。



 11月 8日

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(671)


うーん…良暹法師人間性心に沁(し)ます…

原始仏教でも…

釈尊(しゃくそん/釈迦牟尼世尊・・・80歳で入滅)晩年にも、こんな話があります。高弟舎利

(しゃりほつ/サーリープッタ・・・釈迦の10大弟子の1人)目犍連(もっけんれん/モッガラーナ・・・釈迦の10

大弟子の1人。)が…釈尊に先立ってこの世を去ります。

その訃報(ふほう/死去したという知らせ)に齎(もたら)された時…教団(/釈尊の関わる8大聖地

があり、教団本部は祇園精舎)には、深い寂寥感(せきりょうかん)が漂った様です。そうした時、

は…くり返し、弟子たちに語りました…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(672)


<比丘(びく/修行僧たちよ、ここに汝(なんじ)らは…

自らを洲(す)とし、自らを依拠(いきょ)として、他人を依拠とせず…

(ほう/仏法)を洲とし、法を依拠として、他を依拠とせずして…

(じゅう)するがよい…>

良暹法師晩年になり…釈尊この教えを依拠として、一人修行に励んでいたわけで

すね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(673)


それでも…

身の震える様な寂しさがこみ上げ…庵の外に出てみたわけです。でも、そこにも同じ

に、寂しい秋の夕暮があるばかりです。それは、命の風景そのものです。

この情景が…『新古今集』 時代の、流行の走りになるわけですが、良暹もよくぞ詠み

切っていますよね。



 11月 9日

岡田健吉‏@zu5kokd1           

                                          現在の祇園精舎  (ネットより、画像借用)/一帯は歴史公園に指定されています

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(674)


また『犀角経』(さいかくきょう)という…(げ)/偈陀(げだ)経文で仏徳をたたえて教理を説

く詩…があります。


群衆を喜ぶ者が…

解脱(げだつ/悟りをひらくこと)に至る道理はない…

仏の言葉にしたがって…

(さい)の角のごとく、独(ひと)り往(ゆ)くべし…


は群れず、(ただ)1本の角を前に突き出し、真っすぐに進みますよね。

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師   

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(675


<三夕歌/三夕の歌>(さんせきか/さんせきのうた/『新古今集-巻4に並んでいる、<秋の夕暮れ>

                   を詠んだ3首の名歌。『新古今集』の代表的な名歌で、いずれも新古今調の特色を

                     なす、三句切れ・体言止め。)

 

★ さびしさは その色としも なかりけり まき(槇/緑樹の総称)立つ山の 秋の夕暮

                                      (寂蓮法師)(じゃくれん・ほうし)

    <この寂しさは

          特にどの色のせいだということは、なかったのだなあ

                杉や桧の常緑樹の茂る山の秋の夕暮れよ



★ 心なき 身にもあはれは 知られけり しぎたつ澤の 秋の夕ぐれ

                                      (西行法師)

    <ものの趣など、解すべくもないわが身にも 

           しみじみとした情趣は、感じられることだ

                鴫(しぎ)の飛び立つ沢辺の、秋の夕暮れよ



★ 見わたせば 花も紅葉も なかりけり 浦のとまや(苫屋)の 秋の夕ぐれ

                                      (藤原定家)

    <見わたすと

           花も紅葉も何もない

                  浦の苫屋(とまや/とまぶきの(粗末な)家)だけが見える

                         秋の夕暮れよ

 

岡田健吉‏@zu5kokd1  良暹法師    

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(676)


うーん…

藤原定家は、『小倉百人一首』編者ですね。寂蓮法師定家と同じく、『新古今集』

6人の撰者1人です。でも、途中没した様です。

西行法師は、北面武士(ほくめんのぶし/・・・院御所の北面(北側の部屋)の下に詰め、上皇の身辺を警衛、

あるいは御幸に供奉した武士のこと。 11世紀末に白河法皇が創設した。)でしたが出家し…平安王朝

最後期奥州/平泉(/奥州藤原氏は清衡、基衡、秀衡、泰衡と4代100年に渡って繁栄を極め、平泉は平

安京に次ぐ日本第2の都市となっていました。戦乱の続く京を尻目に、平泉は発展を続け、半ば独立国でした。でも、源

平の争乱に勝利した源頼朝は、次に奥州/平泉に兵を進めます。)における、からの最後の珍客(/都

からの、僧であり歌人であり、親戚筋でもある・・・最後の文化人/西行法師という珍客。実は東大寺再建の勧進のた

めの訪問でした。平泉は、弓の弦が張りきったような戦争前夜の様相です。そして、別ルートからの逃亡者/義経主従

の到着となり・・・時代が大きく動きます。)となりました…」



 11月14日

岡田健吉‏@zu5kokd1  大納言経信

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(677)


【71番 → 大納言経信】 (だいなごん・つねのぶ/源経信(みなもとの・つねのぶ/平安時代後期の公家・歌人。

                      宇多源氏、権中納言・源道方の六男。官位は正二位・大納言。桂大納言と号す。

                      詩歌・管絃に秀で、有職故実(/朝廷や公家の礼式・官職・法令・年中行事・軍陣など

                      の先例・典故。また、それらを研究する学問。平安中期以後、公家や武家の間で重んじ

                      られました。)にも通じ、その多芸多才は藤原公任に比較された。

                      長久2年(1041年)の<祐子内親王家名所歌合>など、多くの歌合に参加しています

                      。当代一の歌人とされましたが、経信をさしおいて藤原通俊が撰集した『後拾遺和歌集』

                      に対して、
『後拾遺問答』『難後拾遺』を著して批判しました。)


夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆(あし)のまろ屋に 秋風ぞ吹く


    < 夕方になると…

              家の門前の、豊かな水田の稲穂に…

                   さわさわと風が吹き渡って来る…

                 蘆(あし)ぶきの小屋にも…

                   早や、秋風が吹いている… >


岡田健吉‏@zu5kokd1  大納言経信

《 響子の・・・ 小倉百人一首 》・・・(678)


「このは…『金葉集 - 秋』(きんようしゅう/『金葉和歌集』(きんよう・わかしゅう)とは、平安時代後期に編

纂された勅撰和歌集。全10巻。『後拾遺和歌集』の後、『詞花和歌集』の前に位置し、第5番目の勅撰集。)に…

<師賢(もろかた/経信と同じ宇多源氏で、参議・源資通の長男)の朝臣の梅津の山里に人々まか

りて田家秋風といへる事をよめる>

…として、載っています。

初秋の秀歌双璧の、1方として…人々に愛されてきた歌です。もう1方は、『古今集

- 秋歌/上 169 』藤原敏行(ふじわらの・としゆき)で…

 

岡田健吉‏@zu5kokd1