前田整体院 トップ Q&A集 >ひどい歯ぎしりや噛み締めについて

 

歯ぎしりや噛み締めがひどくてマウスピースをしているのですが治りません。どうしたらいいですか?

今まで聞いたことがない話しだと思うので信じられる人だけ読みすすんでください。ブラキシズムは、約7割くらいが足の舟状骨の問題であることを伊藤聖鎬さんが発見しています。特に距骨と舟状骨で形成されている距舟関節の問題です。舟状骨が歪んで硬くなることによって咬筋や場合によっては表情筋が緊張します。そして、それらの筋の付着部である顔面骨や頭蓋骨、下顎が歪みます。放置しておくと顎関節症になってしまうこともあります。ですから足の施術と口の開閉に関係している部位を施術すると改善していきます。一般的には足の問題は外販偏平足になっていて土踏まずがない人が問題視されていますが、上記のような人はほとんどの人が甲高になっている人です。今まで数千人は施術してきていますが、甲高で足に問題を抱えている人の方が圧倒的に多いです。また、舟状骨の問題として歯の動揺や知覚過敏、歯肉炎なども発症しやすくなります。

Q&A集一覧に戻ります
Q&A集一覧に戻ります