アメリカでの配偶者の不貞相手に対する慰謝料請求

弁護士ホーム法律事務所離婚/婚約不履行 > アメリカでの配偶者の不貞相手に対する慰謝料請求
2015.6.19mf
弁護士河原崎弘
相談
アメリカ人の夫と結婚し、カリフォルニア州に5年住んでいます。子供は1人います。
4か月前に夫の浮気が発覚しました。その時、私は、相手の女性と会いましたが、相手は、不貞を認めました。しかし、相手は、謝罪しませんでした。夫とは、あまりうまくいっていたとは言えませんが、何とか普通の生活でした。夫の浮気が発覚後、私たちは、別居することになってしまいました。夫は、現在、相手の女性と住んでいます。私たちは、もう離婚になると思います。 私の、今の気持ちは、相手の女性に、せめて慰謝料を支払ってもらいたいと思っています。
そうでなければ、わたしは一生このまま怨んだ気持ちを持ち続けることになりそうです。精神的にもとても不安定で、仕事にいけない日もあります。
主人とは、日本でも籍を入れてました。私は、離婚するときに慰謝料は請求できないのでしょうか。当地の弁護士に相談しますと、弁護士は、「女性に対し、慰謝料請求できない」 と言うのです。  もし、日本でこれらの裁判ができるのであれば、帰国してもいいと思っています。どうかお力を貸してください。 なお、相手の女性は日本人です。

回答
離婚裁判
この離婚の管轄裁判所は、カリフォルニア州の裁判所で、適用される法律もカリフォルニア州の法律です。 日本で裁判できるのは、あなたが日本に住み、夫から、遺棄された場合です。

女性に対する慰謝料請求
女性に対する慰謝料請求は、管轄裁判所は、カリフォルニア州の裁判所で、適用される法律もカリフォルニア州の法律です。
カリフォルニア州の法律で、不貞の慰謝料を請求できるのか、正確には、わかりません。しかし、カリフォルニア州の民法には下記規定(不貞を理由に訴え提起できない)がありますので、慰謝料請求できないでしょう。アメリカの多くの州では、このような訴訟は、乱用され、恐喝の手段になり、損害が不明確との理由で、法律または判例で認められていません。北欧などでも、このような形の慰謝料を認めていません。
女性が日本にいると、あなたは、日本の裁判所に対し、女性に対する慰謝料請求の訴えを提起できます。しかし、適用される法律は、法の適用に関する通則法11条により、多分、カリフォルニア州の法律でしょう。そうなると、あなたの慰謝料請求は、日本の裁判所においても、認められない可能性があります。

カリフォルニア州の民法、Section 43.5(b)は、Criminal conversation(姦通)を請求原因(cause of action) として訴えることを許さないのです

条文
California Civil Code

43.  Besides the personal rights mentioned or recognized in the
Government Code, every person has, subject to the qualifications and
restrictions provided by law, the right of protection from bodily
restraint or harm, from personal insult, from defamation, and from
injury to his personal relations.

43.1.  A child conceived, but not yet born, is deemed an existing
person, so far as necessary for the child's interests in the event of
the child's subsequent birth.

43.3.  Notwithstanding any other provision of law, a mother may
breastfeed her child in any location, public or private, except the
private home or residence of another, where the mother and the child
are otherwise authorized to be present.

43.4.  A fraudulent promise to marry or to cohabit after marriage
does not give rise to a cause of action for damages.

43.5.  No cause of action arises for:  
   (a) Alienation of affection.
   (b) Criminal conversation.
   (c) Seduction of a person over the age of legal consent.
   (d) Breach of promise of marriage.
2006.7.20
港区虎ノ門3丁目18-12-301(神谷町駅1分)弁護士河原崎法律事務所 03-3431-7161